働き方を知る

創業82年(創立1939年2月20日)
21年連続増収
海外売上比率17%(2019年) 目標22.5%(2021年)
研究開発費売り上げの約9%
従業員男女比3:7 女性管理職比率16.8%
年間休日127日 うるう年は128日
全職種スーパーフレックスタイム制 テレワーク勤務制導入済み
出産後の育休等取得率 育休後の復帰率 100%
全社離職率1~2%台

福利厚生・その他制度

自分の枠を超えて新たな仕事にチャレンジするためには、安心した暮らしや充実したプライベートも大切です。栄研化学は、社員の働き方だけでなくライフスタイルも、様々な制度を通じてバックアップしています。

「暮らし」に関する制度 すべての社員に住宅手当が支給されます。自宅からの通勤が困難な社員は借り上げ社宅を利用でき、その家賃や契約費用も、会社が規定額を負担します。
国内外への転勤が発生した場合、引っ越し費用や引っ越し準備金、下見費用が支給されます。
「休暇」に関する制度 「年次有給休暇」は、入社時点で5日間又は10日間(入社月により異なる)、その後も勤続年数に応じて毎年最大20日間が付与されます。その他にも「春季休暇」「夏季休暇」「年末年始休暇」「創立記念日」、出産や育児、介護、療養などに関する休暇制度があります。
一定年齢(35歳・45歳・55歳)に達した社員には「リフレッシュ休暇」が付与され、会社から支給される旅行券を使って、心身ともに活性化を図ることができます。
また、慶弔時やインフルエンザ・新型コロナウイルス感染症罹患時、新型コロナウイルスワクチン接種日には、年次有給休暇とは別に「特別有給休暇」を利用可能です。副反応が出た場合も「療養有給休暇」の取得が認められています。
「ライフイベント」に関する制度 人生の中で、妊娠や出産後の育児、親の介護といったライフイベントはつきものです。男女問わず仕事とライフイベントを両立させるために、休職制度や短時間勤務制度、特別有給休暇を利用することができます。慶弔や災害に関する祝い金・見舞金も会社から支給されます。
「お金」に関する制度 社員が、安定的に老後の資産形成ができるよう「確定給付企業年金(DB)」「確定拠出年金(DC)」「東京薬業企業年金基金」の3つを採用しています。
その他にも、栄研化学の株を小額から購入できる「持株会制度」があり、購入額に対して10%の奨励金が支給されます。
「健康」に関する制度 海外渡航先への出張や、生体由来原料を取り扱う社員へ、ワクチン接種を補助しています。また、すべての社員はインフルエンザ予防接種の費用補助を受けられ、社内での接種が可能です。また、身体だけでなく、こころの健康をサポートする体制として、健康相談窓口の設置やこころのケアに関する教育を行っています。