社長メッセージ

ステークホルダーの皆様には、日頃より格別なご高配を賜り厚くお礼申し上げます。
ここ数年において、国連SDGsやパリ協定等を機に、企業は事業を通じたグローバル課題の解決をより一層求められていることに加え、金融市場ではESG投資が増加するなど、世界は持続可能な社会の実現に向け大きく動き始めています。また、新型コロナウイルス感染症の世界的拡大が、これまで以上に生命、健康や衛生に対する人々の意識の高まりや、世界の医療における技術の進化を加速させた一方で、医療アクセスの更なる格差の拡大など新たな社会課題も出ております。
栄研グループは、経営理念「ヘルスケアを通じて人々の健康を守ります」、経営ビジョン、モットーを基本とする “EIKEN WAY” に基づく事業活動そのものが、持続可能な社会の実現に資するものと考えております。この度、その考えを「サステナビリティ方針」として明確化し、中長期的な視点から顕在化する社会課題に対して、ESGへの取り組みをより一層強化するための指針といたしました。そして、その具現化のために、当社としての重要課題(マテリアリティ)に対し、具体的方策と目標を設定しており、全社一丸となって取り組みを加速する所存です。それが、社会課題の解決と当社の更なる成長につながるものと確信しております。
栄研グループは、今後も世界の人々のいのちと健康を守るという社会的責任を果たし、地球環境保全や人権問題など、社会から求められるさまざまな課題に対して積極的に向き合い、ステークホルダーの皆様の期待に応えてまいります。 今後とも一層のご支援を賜りますよう、よろしくお願いいたします。

2022年4月

代表執行役社長