Eiken POCT SITE
< Home
POCT製品
脳脊髄膜炎起炎菌莢膜多糖抗原キット
製品一覧に戻る
イムノキャッチ® -肺炎球菌
写真 『イムノキャッチ® -肺炎球菌』は、付属のスポイトで検体を滴下するだけの簡便な1ステップ操作により、反応時間15分で検体中の肺炎球菌莢膜抗原を高感度に検出します。また、クリアな判定像で視認性にも優れています。さらに、『イムノキャッチ®‐レジオネラ』と操作・判定方法が同一なため、同じ尿検体から簡単な操作で、市中肺炎の主要な原因菌である肺炎球菌とレジオネラ属菌2つの検査を行うことも可能です。
専用スポイトで簡単1step操作
(希釈や展開試薬の操作不要)
反応時間は15分
尿または髄液中の肺炎球菌莢膜抗原を高感度に検出
視認性の高いクリアな判定像
製品概要 操作方法 判定方法
製品概要
測定原理 イムノクロマトグラフィー法
判定時間 15分
(反応時間内であっても、コントロールライン、テストライン両ラインが出現した場合は、陽性と判定できます。)
貯蔵方法 室温保存
有効期間 2年間
包装単位 10回分
製品構成 <構成試薬>
 反応容器・・・10個
<付属品>
 スポイト(約90μL)・・・10本
製品コード E-ET04
保険適用

D012 感染症免疫学的検査 36 肺炎球菌莢膜抗原定性(尿・髄液) 198点
D026 6 免疫学的検査判断料、月1回に限る 144点
<留意事項>
 免疫クロマト法により実施した場合に限り算定できる。
*診療報酬の算定方法の一部改正に伴う実施上の留意事項について(通知)
令和2年3月5日保医発0305第1号

ページトップへ
操作方法


●検体採取
1. 検体(尿または髄液)を採取します。

●測定

2. 付属スポイト(約90μL)のゴム球部を一杯までつまみます。          
  
3. 1回で最大限(90μLを超える量)の検体をスポイト内の排液窓付近に滞留しないように、ゆっくりと吸い上げます。
(液だまりがスポイト内の排液窓付近に滞留し、反応容器への滴下量が過剰になるため、勢いよく吸い上げないでください)
                                         
         
  
4. 1回で滴下します。
(過剰に吸い上げた検体はスポイト内に残ります)

※市販のピペットを用いる場合は、90μLを滴下します。
         
  
5. 15~30℃の室内温度で、15分間静置します。            

●判定

陽性 赤色のコントロールラインとテストラインの両方が出現した場合
判定に従い、赤色のテスト(T)ラインが薄くても 肉眼で確認されたら「陽性」と判定してください
陰性 赤色のコントロールラインのみが出現した場合



無効 コントロールラインが出現しない場合



POCT製品
添付文書
学術資料
製品FAQ
ニュース&イベント
お問い合わせ
関連リンク集
栄研化学株式会社
ゲノムサイト

 
ページトップへ

  Copyright(C)2005 Eiken Co., Ltd. All Rights Reserved.