このページは、ホームの中の製品・学術サポート情報の中のよくあるご質問のページです。

よくあるご質問

皆様から寄せられるよくあるご質問をご紹介。

尿検査用試薬

Q.尿中の食塩濃度を測定する「ウロペーパー‘栄研’ソルト」の販売方法は?開く

A.

「ウロペーパー‘栄研’ソルト」は、医療用の体外診断用医薬品ですので、販売方法は処方箋不要の医療用医薬品と同じ扱いになります。一般の方向けの検査薬(OTC)ではございません。
仮に個人のお客様が薬局で購入を希望された場合は、まず医療機関への受診を勧めて頂き、そのうえで薬剤師として必要とご判断された場合は、必要最低量の販売が可能となります。処方箋はいりませんが、販売の記録(販売記録は販売品目、販売日、販売数量、患者氏名、連絡先等になります)が必要となります。
「ウロペーパー‘栄研’ソルト」は最小包装が2枚入りとなります。
ご購入をご検討頂ける場合は、お取引のある医薬品卸へご相談ください。

ウロペーパー‘栄研’ソルト(2枚入り)
・製品コード:E-PN71
・JANコード:4987026204673

Q.尿中のケトン体を測定する「ウロペーパーV‘栄研’K」の販売方法は?開く

A.

「ウロペーパーV‘栄研’K」は、医療用の体外診断用医薬品ですので、販売方法は処方箋不要の医療用医薬品と同じ扱いになります。一般の方向けの検査薬(OTC)ではございません。
仮に個人のお客様が薬局で購入を希望された場合は、まず医療機関への受診を勧めて頂き、そのうえで薬剤師として必要とご判断された場合は、必要最低量の販売が可能となります。処方箋はいりませんが、販売の記録(販売記録は販売品目、販売日、販売数量、患者氏名、連絡先等になります)が必要となります。
ご購入をご検討頂ける場合は、お取引のある医薬品卸へご相談ください。

ウロペーパーV‘栄研’K(100枚入り)
・製品コード:E-UR14
・JANコード:4987026135526

便潜血検査用試薬

Q.便潜血検査用製品(便潜血キット)の採便容器の保存方法は?開く

A.

採便する前の採便容器は室温で保存してください。採便後は、できるだけ速やかに検査することをおすすめします。検査までに日数を要する場合は、低温( 2 〜 10 ℃ )に保存してください。

Q.便潜血検査用製品(便潜血キット)の採便容器の提出(回収)期限は?開く

A.

採便後7日以内に採便容器を回収し、できるだけ速やかに検査することをおすすめします。

Q.便潜血検査用製品(便潜血キット)に対する鉄剤服用の影響は?開く

A.

便潜血キットは、免疫法を測定原理としているため、ヒトのヘモグロビンに特異的に反応します。また、これまで通常服用量の鉄剤が検査結果に影響を及ぼすという報告はありません。

Q.便潜血検査用製品(便潜血キット)に対するバリウム便の影響は?開く

A.

便潜血キットは、免疫法を測定原理としているため、バリウム自体が抗原抗体反応に影響を及ぼすことはありません。しかし、高濃度のバリウムが存在する(白濁が強い)場合、装置での測定において若干低値化することがありますので、バリウム使用後の採便は、できるだけ避けてください。
バリウム便を測定せざるを得ない場合は、採便はできるだけバリウムを避けて便の部分を採取し、検査は採便容器を転倒混和した後、少し静置 (30分程度) してから測定することをおすすめします。

Q.便潜血検査用製品(便潜血キット)に対する浣腸液や坐薬の影響は?開く

A.

便潜血キットは、免疫法を測定原理としているため、ヒトのヘモグロビンに特異的に反応します。また、これまで通常使用量内の浣腸液や坐薬が検査結果に影響を及ぼすという報告はありません。なお、浣腸使用排便時の肛門部刺激による出血にご留意ください。

Q.便潜血検査用製品(便潜血キット)は、上部消化管出血の検査に使用できるのか?開く

A.

上部消化管からの出血の場合、下部消化管からの出血に比べて、より多くのヘモグロビンが胃酸や腸内細菌により変性します。そのため、免疫法を測定原理とする便潜血検査用製品(便潜血キット)では、上部消化管からの出血を検出しないことが多いといわれています。

Q.採便容器(製品コードE-PS11)の代替品は?開く

A.

H採便容器(製品コードE-PS20)になります。 製品コードE-PS11をはじめとする従来の採便容器は、穿孔器で容器の先端に穴を開けて滴下しましたが、H採便容器は穿孔器を用いることなく、先端のキャップを緩めることで容器内の便懸濁液を滴下することができます。

迅速検査用試薬(POCT)

Q.「イムノキャッチ-ノロ」で直採便を検査するには?開く

A.

当キットは、糞便で検査ができます。ただし、キットに同封されている綿棒は排泄便の採取用であり、それ以外には使用できません。直腸から直接採取される場合は、医療機器綿棒を別途ご用意いただき、糞便を規定量(20〜50mg)採取して、ご使用ください。

Q.「イムノキャッチ-肺炎球菌」でワクチンを接種した患者さんで検査をした場合はどうなるのか?開く

A.

当社では、当キットにおいてワクチン接種をした方の検討はしておりません。 なお、一般的に、肺炎球菌ワクチン接種後は、数日間ワクチン由来の抗原が尿中に排出され、偽陽性となる可能性はあるかと思われます(※)。
※蛹エ克紀:モダンメディア,57:207-210.2011
http://www.eiken.co.jp/modern_media/backnumber/pdf/MM1107_03.pdf

Q.「イムノキャッチ-肺炎球菌」は、髄液の検査ができるのか?開く

A.

当キットは、尿検体のみの適用となっており、髄液での検査はできません。

免疫血清検査用試薬

Q.尿C-ペプチド安定化剤の使用時の蓄尿量は上限は?開く

A.

尿C-ペプチド安定化剤は、蓄尿を強アルカリにします。1袋に対応する尿量の上限は、4Lを目安としています。それ以上の尿がある場合は、蓄尿を強アルカリにできなくなりますので、新たに1袋を入れてください。

Q.尿C-ペプチド安定化剤を使用したら尿が赤くなってしまったが問題ないか?開く

A.

糖尿病治療薬のエパルレスタット製剤や下剤のセンノシド製剤を服用されていると尿が赤くなることが報告されておりますが、C-ペプチドの測定には影響がありません。

産業関連製品

Q.ハンドぺたんチェック、ぺたんチェック、生培地製品の廃棄方法は?開く

A.

使用前の製品は、培地部分は生ごみ(一般ごみ)、容器はプラスティックになりますので、行政の処理方法に従い廃棄してください。
使用後は、滅菌や消毒処理してから廃棄してください。
<滅菌、消毒処理例>
・121℃、20分以上の高圧蒸気滅菌
・0.1%次亜塩素酸ナトリウム溶液に60分以上浸漬
・30分以上の煮沸