このページは、ホームの中の株主・投資家向け情報の中のよくあるご質問のページです。

よくあるご質問

皆様から寄せられるよくあるご質問をご紹介。

会社情報について

Q.会社が設立されたのはいつですか?開く

A.

1939年(昭和14年)2月20日に「興亜化学工業株式会社」として設立されました。1969年(昭和44年)に現在の「栄研化学株式会社」と社名変更しました。

Q.会社の経営理念は?開く

A.

【経営理念】
『ヘルスケアを通じて人々の健康を守ります。』

【経営ビジョン】
『EIKENグループは、人々の健康を守るために、検査のパイオニアとしてお客様に信頼される製品・ サービスを提供し、企業価値の向上を図ります。』

Q.社章の由来はなんですか?開く

A.

生命に関連する企業として、生命にとって最も重要な「炭素」を企業のシンボルとしてイメージ付けたものです。

事業について

Q.栄研化学は何をしている会社ですか?開く

A.

栄研化学は、総合臨床検査薬メーカーとして、ほぼ全ての検査分野を網羅する臨床検査薬を製造・販売しています。さらに、自動分析装置、システムを開発・販売し、検査の効率化・迅速化と検査データの標準化にも貢献しております。

また、食品微生物検査用試薬、環境微生物検査用試薬、そして、各種検査に対応する検査用器具・器材製品といった産業関連製品のラインナップも充実しております。

さらに、自社独自技術の遺伝子増幅法 「LAMP法」を医療、食品、環境、農業・畜産、植物といった幅広い分野に展開しております。

Q.臨床検査薬とはどういうものですか?開く

A.

定期健診など、病院で体内の健康情報を調べる検査を一般に「臨床検査」といいます。臨床検査は、大きく別けて『検体検査』と『生理検査』があります。人体から排泄される尿、便、また人体を流れている血液、髄液、そして人体を作っている細胞、臓器などの検体を調べるのが『検体検査』、臓器の状態を物理的に捉える、例えば超音波検査や画像診断等が 『生理検査』 です。検体検査は、検査方法の原理、検体の種類などから、細菌検査、一般検査、生化学検査、免疫血清検査、血液検査、RIA検査、遺伝子検査などに分類されております。

Q.代表的な製品はなんですか?開く

A.

代表的な製品には、大腸がんの早期診断のためのスクリーニング検査に使用される免疫法便潜血検査用試薬『OCシリーズ』、尿検査用試験紙『ウロペーパーIII』、各種細菌検査用培地『ポアメディア』、『パールコア』などがあります。また、それらの検査に使用する各種自動分析装置を開発・販売しております。遺伝子増幅技術「LAMP法」による製品は『Loopamp(ルーパンプ)』シリーズとして販売しております。

Q.栄研化学の製品はどこで使われていますか?開く

A.

当社製品は、病院、検査センター、血液センター、保健所等での検査に使われており、皆様の健康を見守っています。

Q.国内シェア・順位はどれくらいですか?開く

A.

検査事業の売上(2007年国内:検査薬+検査機器)では7位、検査薬のみでは5位となっております。
主力の免疫法便潜血検査薬では、国内で5割以上を占めるトップメーカーです。
また、老舗的分野の微生物検査薬(培地)ではシェア18.9%と2位です。
(出典:「臨床検査市場の展望と戦略2008年版」(株)矢野経済研究所)

Q.研究開発はどのように取り組んでいますか?開く

A.

研究開発の3本柱は、遺伝子検査(LAMP法)、免疫検査、微生物検査であり、それぞれ独自性のある技術を生み出し、オリジナル製品への展開を図っています。特に、FIND(結核菌遺伝子診断)との遺伝子検査(LAMP法)の共同研究開発の推進に注力しています。

Q.POCTについて教えてください。開く

A.

「ポイント・オブ・ケア・テスティング」の略で、ベッドサイドなどの患者さんのすぐそばで迅速に行う検査のことです。当社では、医療関係者を対象とした「EIKEN POCT SITE」を開設し、感染症分野を中心に迅速かつ適切な診療をサポートしています。

業績・財務に関するご質問

Q.最近の業績を見たいのですが?開く

A.

財務ハイライトをご覧ください。

Q.目標とする経営指標は?開く
 

A.

検査分野におけるグローバル企業の実現に向けて、連結売上高300億円、海外売上比率10%以上の早期達成を目標としております。また、堅実かつ収益性を重視した経営を実践し、連結売上高営業利益率10%以上の早期達成を目標としております。

Q.中長期的な計画について知りたいのですが?開く

A.

当社は、新経営構想として“EIKEN ROAD MAP 2009”を策定し、平成21年3月12日公表いたしました。
新経営構想では創立80周年にあたる2018年度を1つの目標点として捉え、グランドビジョンとして「2018年までに、検査のパイオニアとして人々の健康を守るため、グローバル企業 “EIKEN” を実現する」を掲げております。 具体的には、「臨床検査事業」、「食品・環境検査事業」の2つを事業ドメインと定め、着実な成長と収益性向上を実現し、また、このドメインの中で次の成長を担う新規事業を創出することを目指しています。 なお、基本戦略は以下の通りであります。
@国内市場での自社製品シェアアップ
Aグローバル展開の推進
Bコア技術の洗練
C生産性の向上
D市場優位性の確立
E新規事業・新規市場の創出
F戦略的提携の実施
Gコーポレートブランドの向上

株式に関するご質問

Q.証券コードは?開く

A.

4549です。

Q.取引単位は何株ですか?開く

A.

100株です。

Q.決算期はいつですか?開く

A.

毎年3月31日です。

Q.株主配当はいくらですか?また配当に関する考え方は?開く

A.

株主配当につきましては「財務ハイライト 1株当たり配当額」をご覧ください。弊社では配当を株主の皆様に対する利益還元として経営の最重要施策の一つとして位置づけ、業績に応じた安定的な配当の継続を基本方針としております。

Q.株主優待制度はありますか?開く

A.

実施しておりません。

Q.株主構成は?開く

A.

株主構成につきましては、株式情報の「株主構成」をご覧ください。

Q.株式諸手続きはどこでおこなえば良いですか?開く

A.

三菱UFJ信託銀行株式会社です。詳しくは「株式情報内、株式手続きのご案内」をご覧ください。