モダンメディアは、1955年8月から発行している
医学と公衆衛生に関する学術情報誌です。

本誌紹介

対象読者 全国の病院臨床検査部、医学部微生物学、免疫学等の各教室、国公私立の微生物・免疫等の各種研究所、公衆衛生関係行政機関などの方々。
創刊  1955年8月
発行形態  毎月1回 
雑誌の特徴  本誌は、細菌・感染症などの医学検査や臨床検査全般、食品衛生、公衆衛生など、主に医学と公衆衛生に関する学術情報の提供を目的としています。本誌が取り扱う内容の詳細については、「主なコンテンツの紹介」をご覧ください。

主なコンテンツの紹介

話題の感染症 新興・再興感染症の話題等、感染症に係る話題を幅広く取り上げて解説する。
話題の感染症
(人と動物の共通感染症)
人と動物の共通感染症のほか、家畜・ペットの病気等、近隣国で問題になっている感染症も取り上げる。
臨床検査アップデート 新規に保険収載された測定方法、検査項目等、最新の臨床検査に関する情報やニュース性がある話題を臨機応変に取り上げる。
グローバル化時代の医療・検査事情 海外の医療・検査の状況、日本との違い、有益な体験談等を写真を交えて紹介する。
食の安全・安心にかかわる話題 食品における化学物質の問題、添加物リスクアセスメント等、食品衛生に関する分野の話題。公衆衛生の観点からのリスクアセスメントを扱う。
医学的に重要な細菌についての 分類学 細菌の分類を中心とした話題。
「新版 全国衛生研究所見聞記」
「衛生研究所概要紹介」
第5巻(1959)~第13巻(1967)に掲載された「地方衛生研究所めぐり」シリーズのリニューアル版。地方衛生研究所の役割を紹介し、地域ごとの特徴的な研究・検査・事例などを取り上げる。
医学検査のあゆみ 微生物、生化学、免疫、遺伝子、一般検査などについて、今と昔との検査方法の違いや変遷について解説する。
臨床微生物検査の
現状分析と将来展望
微生物検査に関する現状の問題点と対策。
Master's Lectures ライフワークとどう向かい合ってきたか、若い研究者へのメッセージなど。テーマを研究に限定することを条件としたもの。
大気の汚染が及ぼす健康被害 大気に含まれる健康への影響が懸念される物質等に関する話題。最近の知見もまじえながら解説する。
シリーズ腸内細菌叢 腸内細菌叢について最近の知見を含めて解説する。
身近で活躍する有用微生物 有用微生物について取り上げ、世界の食文化と微生物との関わりについて解説する。
シネマをいろどる病と医療 病気に係る映画の登場人物やストーリーを紹介する読み物的な内容と医療面からの病気についての解説。
世界臨床検査通信シリーズ 臨床検査関連の世界の情報・話題や、ISOなどの国際情勢の話題。 感染症だけではなく、広く臨床検査関連のニュースについて、世界からの最近の情報を簡潔に解説する。
わだい 全ての読者に紹介したい内容。医療業界で一番ホットな話題等、読者の誰もが興味を持てる「コーヒーブレイク」的な読み物。
新春放談・座談会 話題性のあるテーマについて、ご造詣の深い先生方に座談会形式で語っていただき、資料を交えてまとめたもの。新春放談は毎年1月号に掲載、座談会は年1~2回掲載。
小島三郎記念文化賞
推薦の辞・受賞記念論文
小島三郎記念文化賞推薦者による受賞者の紹介および受賞者による受賞内容の解説。
マスギャザリングと感染症 東京オリンピック・パラリンピックなど、マスギャザリングにおいて重要な感染症について解説する。
表紙シリーズ 学術的な写真と解説、芸術的な写真や絵とエッセイを組み合わせた内容。
随筆 第3巻(1957年)から毎号掲載。毎回バラエティーに富んだ話題を紹介。
書評 本の内容、特長を紹介する。原則として新規出版、編集委員が推薦したもの。本誌が提供する学術情報の領域に合致するもの。
書籍のご紹介 書籍の案内(タイトル、内容紹介、価格、出版社など)。
食水系感染症病原体の検査法 2017年、話題の感染症に統合。
臨床検査ひとくちメモ 2017年、臨床検査アップデートに統合。