Environment

環境方針・環境目標の設定

環境方針

当社は、臨床検査事業および食品・環境検査事業を事業ドメインとし、検査のパイオニアとしてお客様に信頼される製品・サービスを提供する企業として、地球環境保全は、企業経営の重要課題のひとつとして位置づけ、環境問題に積極的に取り組みます。

  1. 製品の研究・開発から原材料調達、製造、流通、販売、使用、廃棄に至る事業活動において、「省エネルギー」、「省資源・廃棄物の削減・リサイクル」、「環境配慮型の製品の提供」を通じた環境負荷の低減に取り組みます。
  2. 当社が適用を受ける環境関連法規制・条例・地域協定などを明確にし、順守するにとどまらず、必要に応じて自主基準を定め、一層環境保全に努めます。
  3. 環境マネジメントシステムを運用し、環境目的・目標を設定してその実現を図り、定期的な見直しを行いながら、環境負荷の継続的な改善を図ります。
  4. 環境への影響を評価し、継続的なリスク低減活動により、汚染の予防、持続可能な資源の利用、気候変動の緩和及び気候変動への適応、並びに生物多様性及び生態系の保護に努めるとともに、万一、環境問題が生じた場合には、環境負荷を最小化するよう適切な措置を講じます。
  5. 従業者一人ひとりが環境に高い意識を持ちながら業務を遂行できるよう、環境保全に関する情報提供と教育・訓練を計画的かつ継続的に実施します。
  6. 環境への取り組みを適切に情報開示し、社会とのコミュニケーションに努めます。

認証の取得

環境マネジメントシステムの運用/ ISO14001:2015 認証

当社は地球環境保全を企業経営の重要課題のひとつとして位置づけ、2010年に環境に関するISO14001を取得し、環境問題に積極的に取り組んでいます。

適用規格 ISO14001:2015
適用範囲 [本社]
本社機能及び検査用試薬の販売、診断用機器の設計・開発
[野木事業所]
検査用試薬の設計・開発、製造及び配送
[那須事業所]
検査用試薬の設計・開発、製造及び配送
審査登録機関 テュフズードマネジメントサービスGmbH
認証書登録番号 12 104 26393 TMS
認証書有効期限 2021年4月16日

環境目標

当社は、省エネルギー・省資源について、基準年(2007年、2008年度平均)に対して、中長期の削減目標を設置し、それに向けた活動を推進しています。また、環境配慮型製品の提供についても目標を設定して取り組んでいます。

目的 中期目標(2023年度)、
長期目標(2028年度)※1
省エネルギー・地球温暖化防止 中期
目標
CO2排出量を売上原単位※2で35%削減
長期
目標
CO2排出量を売上原単位で40%削減
省資源・廃棄物削減・リサイクル 中期
目標
廃棄物の60%削減
長期
目標
廃棄物の65%削減
環境配慮型製品の提供※3 中期
目標
開発製品の比率10%以上
長期
目標
開発製品の比率20%以上
  • ※1 基準年:2007年度と2008年度の平均
  • ※2 売上高当たりの環境負荷量(t-CO2/億円)
  • ※3 既存製品の環境影響評価に基づき、開発製品に対する環境評価基準を設定し、環境影響を低減した製品を開発する。

温室効果ガス排出量を算出および削減目標を策定、SBT目標として取り組みを開始しています。

活動実績

省エネルギー活動実績

省資源活動実績

サプライチェーンの環境評価の実施

当社では、サプライチェーンの温室効果ガス排出量をScope1、Scope2およびScope3の分類で算出する取り組みを開始しています。原料調達、製品輸送・使用・廃棄などの各段階の中で、温室効果ガス排出量や排出削減のポテンシャルが大きい段階を特定することで、自社だけでなく、原材料の調達先や販売した製品の使用先を含めたサプライチェーン全体での排出量削減に向けて取り組んでいます。また、サプライチェーンを構成する事業者への情報提供等の働きかけにより、関係事業者の理解促進および連携を図り、協働して温室効果ガスの削減を推進します。

  • ※ Scope1:自社での燃料使用や生産プロセスからの直接排出
  • ※ Scope2:自社が購入した電気や熱の使用による間接排出
  • ※ Scope3:Scope1,2以外の間接排出(原料調達、製品輸送・使用・廃棄、社員の通勤・出張等)

地球にやさしい製品の開発(環境配慮型製品)

当社の製品開発は、常に環境に配慮した取り組みをしています。従来製品に使用していた塩ビ素材について、計画的に代替品へと変更することで削減し、現在の製品には使用していません。
具体的な取り組みのひとつとして、発展途上国でも使用できる結核検査システムのTB-LAMPは、保存条件を冷凍から室温にすることにより、輸送時の保冷に関わるエネルギーを抑え、さらに検査現場においても冷蔵庫を必要とせず、電力に配慮した検査を可能としました。また、検査に必要なプラスチック器材の軽減にも繋がり、廃棄に関わる環境への配慮も意識しています。
医療機器の設計開発は顧客の要求を敏感に取り込み、小型化、軽量化、省電力化、短時間処理およびリサイクル可能であることを要素に入れて取り組んでいます。最新の省エネ機器および高性能処理機器の設置は年度の目標値を決めて促進させています。

全既存製品に対する環境影響評価を実施

当社では、既存製品の環境影響評価に基づき、開発製品に対する環境評価基準を設定し、環境影響を低減した製品を開発しています。

水資源に対する取り組み

当社は、環境関連法(水質汚濁防止法、下水道法など)、条例・協定を順守しています。栄研化学からの排水が環境基準に適合していることを、生物化学的酸素要求量(BOD)、浮遊物質量(SS)などを定期的に測定することで確認しています。また、排水中に有害物質が含まれていないことも確認しています。野木事業所では定期的に排水設備の汚泥清掃を実施し、処理水を排出しています。

Environment環境に対する取り組み