このページは、HOMEの中の目次一覧 2011年(第57巻)のページです。

目次一覧2011年(第57巻)2011年バックナンバー

表紙シリーズ「虫林花山の蝶たち」:写真とエッセイ

タイトル 執筆者 掲載月
虫林花山の蝶たち(13):賀正:朝日の中のヤマトシジミ
Pale Grass Blue
加藤良平 1月
虫林花山の蝶たち(14):イグアスの滝とウラモジタテハ
Eighty-eight (88)
2月
虫林花山の蝶たち(15):ウラギンシジミと「虫の目レンズ」
The Angled Sunbeam
3月
虫林花山の蝶たち(16):バッコヤナギとヒメギフチョウ
The Small Luehdorfia
4月
虫林花山の蝶たち(17):里山を飛ぶウスバシロチョウ
Glocial Parnaassius
5月
虫林花山の蝶たち(18):日本の国蝶 オオムラサキ
Great Purple Emperor
6月
虫林花山の蝶たち(19):ハイマツ仙人 タカネヒカゲ
The Asamana Arctic
7月
虫林花山の蝶たち(20):東日本大地震(津波)とチョウセンアカシジミ
The Korean Hairstreak
8月
虫林花山の蝶たち(21):旅するチョウ:アサギマダラ
Chestnut Tiger
9月
虫林花山の蝶たち(22):カンバーウェルの美女 キベリタテハ
Camberwell beauty
10月
虫林花山の蝶たち(23): 飛翔するリュウキュウムラサキ 
The Great Eggfly
11月
虫林花山の蝶たち(24): 秋色のツマグロキチョウ
The Angulated Grass Yellow
12月

臨床検査ひとくちメモ

タイトル 執筆者 掲載月
No. 206 多剤耐性アシネトバクター属菌の検出が検査室での課題となっています。
本菌の耐性機構と耐性菌検出法について教えてください。
 〔PDF:225KB〕
石井良和 2月
No. 207 最近のブドウ球菌の同定では、コアグラーゼは省略してもよいのでしょうか。
また細菌を同定する上で、どの性状をもって菌名を特定したらよいのでしょうか。
 〔PDF:243KB〕
池戸正成 12月

臨床微生物学の「礎」を築いた人々
−気道関連の微生物研究に携わった研究者達の技術と思索−

タイトル 執筆者 掲載月
連載にあたり 〔PDF:110KB〕 熊坂一成 7月
1.Diplococcus pneumoniaeと称せられるまでに活躍した人々(その1) 〔PDF:304KB〕 紺野昌俊
2.Diplococcus pneumoniaeと称せられるまでに活躍した人々(その2) 〔PDF:351KB〕 8月
3.Paul EhrlichとHans Christian Gram(その1) 〔PDF:378KB〕 9月
4.Paul EhrlichとHans Christian Gram(その2) 〔PDF:431KB〕 10月
5.Paul EhrlichとHans Christian Gram(その3) 〔PDF:408KB〕 11月
6.Richard PfeifferとShibasaburo Kitasato(その1) 〔PDF:469KB〕 12月

話題の感染症

タイトル 執筆者 掲載月
牛疫根絶への歩み 〔PDF:482KB〕 山内一也 3月
周産期のサイトメガロウイルス感染症 〔PDF:373KB〕 沼さき 啓
高病原性豚繁殖・呼吸障害症候群について 〔PDF:779KB〕 川嶌健司 他 9月
わが国のマラリア−いまどのように診断して治療するか− 〔PDF:590KB〕 狩野繁之 11月

人類と感染症との闘い
−「得体の知れないものへの怯え」から「知れて安心へ」−

タイトル 執筆者 掲載月
第9回「インフルエンザ」 −人類に最後まで残る厄介な感染症 〔PDF:1.0MB〕 加藤茂孝 2月
第10回「国際ネットワークで感染症に備える」 −今日りんごの木を植えよう 〔PDF:1.5MB〕 4月
第11回「余話」 〔PDF:1.35MB〕 6月

臨床微生物検査の現状分析と将来展望
−患者さん中心の医療を実現するために−

タイトル 執筆者 掲載月
15.これからの臨床微生物検査:検査センターの役割 〔PDF:407KB〕 小林寅てつ 8月
16.検査センターの立場から −院内感染対策サーベイランスの紹介を兼ねて− 〔PDF:405KB〕 柳沢英二 12月

真菌

タイトル 執筆者 掲載月
ニューモシスチスとはどんな微生物か? −その生物学と分類学を中心に− 〔PDF:798KB〕 山口英世 5月

細菌

タイトル 執筆者 掲載月
細菌感染とオートファジー 〔PDF:505KB〕 天野敦雄 6月

ウイルス

タイトル 執筆者 掲載月
細胞質ウイルスセンサーRIG-Tファミリーの発見 〔PDF:380KB〕 藤田尚志 2月

海外における医療・検査事情

タイトル 執筆者 掲載月
アフリカトリパノソーマ症診断の現状と迅速確定診断法の必要性 〔PDF:766KB〕 井上 昇 6月
ミャンマーでの医療人育成支援 〔PDF:996KB〕 小出典男 11月

座談会

タイトル 執筆者 掲載月
新春放談 ワクチンの話題 〔PDF:869KB〕 (聞き手)
河島尚志
1月
食中毒の変遷 −この20年でどう変わったか 〔PDF:688KB〕 (聞き手)
林谷秀樹
7月

シネマをいろどる病と医療

タイトル 執筆者 掲載月
10.「オカン、東京へ来いよ」スキルス胃癌を患った母・支えた息子 映画「東京タワー/オカンとボクと、時々、オトン」 〔PDF:325KB〕 小守ケイ 他 1月
11.“変人”恋愛小説家の恋をかなえた喘息治療
映画「恋愛小説家」
 〔PDF:321KB〕
7月
12.ALSに砕かれたアメリカンドリームと連続出場記録
映画「打撃王」
〔PDF:293KB〕
12月

医学検査のあゆみ

タイトル 執筆者 掲載月
オーダーメイド医療の展望 〔PDF:449KB〕 登 勉 9月

新しい検査法

タイトル 執筆者 掲載月
IgG4測定方法と正常値、診断的意義 〔PDF:334KB〕 岡崎和一 他 5月
「肺炎球菌細胞壁抗原検査」に関して 〔PDF:334KB〕 やなぎ原克紀 7月
新規に保険収載された検査法 「HBVジェノタイプ判定に関して」 〔PDF:225KB〕 新海 登 10月

食水系感染症病原体の検査法

タイトル 執筆者 掲載月
9.下痢原性大腸菌 〔PDF:466KB〕 勢戸和子 1月
10.ボツリヌス 〔PDF:480KB〕 小崎俊司 他 3月
11.プロビデンシア・アルカリファシエンス 〔PDF:416KB〕 朝倉 宏 5月
12.E型およびA型肝炎ウイルス 〔PDF:350KB〕 新開敬行 7月
13.コレラ菌とナグビブリオ 〔PDF:421KB〕 大友良光 9月
14.腸チフス、パラチフス 〔PDF:322KB〕 森田昌知 他 12月

食品衛生

タイトル 執筆者 掲載月
魚介類とメチル水銀について 〔PDF:346KB〕 坂本峰至 他 3月

その他

タイトル 執筆者 掲載月
公益財団法人 黒住医学研究振興財団
平成22年度「第46回小島三郎記念文化賞」ならびに「第18回研究助成金」贈呈式の報告
 〔PDF:140KB〕
- 2月
第46回小島三郎記念文化賞
藤田尚志博士 −推薦の辞−
 〔PDF:190KB〕
松岡雅雄 2月
西アフリカのブルーリ潰瘍の動向とNGO支援の展開:
神戸国際大学ブルーリ潰瘍問題支援プロジェクトの活動を通じて
 〔PDF:1.0MB〕
下村雄紀 他 4月
次世代シークエンサーの医療への応用と課題 〔PDF:314KB〕 水島−菅野純子 他 8月
プロバイオティクスとして用いられる乳酸菌の分類と効能 〔PDF:417KB〕 辨野義己 10月

書籍のご紹介

タイトル 執筆者 掲載月
『《概説》インフルエンザとインフルエンザ菌』 紺野昌俊 著 〔PDF:156KB〕 熊坂一成 2月

書評

タイトル 執筆者 掲載月
『バイオセーフティの原理と実際』 〔PDF:136KB〕 福地邦彦 10月

衛生昆虫の解説

タイトル 執筆者 掲載月
1.クモ 日本における侵入毒グモ 〔PDF:896KB〕 吉田政弘 2月
2.シラミ ヒトに寄生する3種のシラミ 〔PDF:670KB〕 冨田隆史 他 4月
3.ダニ 医ダニ類の形態と病害 〔PDF:881KB〕 たか田伸弘 6月
4.ハエ・ゴキブリ 世界中の嫌われもの 〔PDF:999KB〕 今井壯一 8月
4.ハエ・ゴキブリ 世界中の嫌われもの〔補足〕 〔PDF:175KB〕 11月
5.ブユ・アブ・ハチ ヒトを刺す昆虫 〔PDF:572KB〕

随筆

タイトル 執筆者 掲載月
老化現象 三瀬勝利 1月
2枚の現役時代のスキー写真 佐々木禎一 2月
good choice−better choice−best choice 三井田孝 3月
なぜ人は“ぶれる”のか 本田孝行 4月
花摘む野辺に 菅野剛史 5月
核心をつく情報を導き出す知力 紺野昌俊 6月
東京湾岸で経験した東日本大震災 宮地勇人 7月
臨床検査の価値を高めたい 高橋 浩 8月
「机の上の検査室」と「診療マトリックス」 只野壽太郎 9月
シルバーシート・優先座席 勝部泰次 10月
ガダルカナルの旅−ケネディ島− 河野均也 11月
ここまで治るリウマチ 安倍 達 12月
お探しのキーワードから過去の記事を検索できます

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索
  • ウェブ全体を検索