このページは、HOMEの中のバックナンバー 2018年(第64巻)の中の1月号「PHOTO&WRITING」「随筆」「編集後記」のページです。

バックナンバー2018年(第64巻)2018年バックナンバー一覧

2018年1月号(第64巻1号)

日本の四季彩巡り(1)

丹頂鶴のロマンス

撮影地:
北海道阿寒郡
鶴居町

毎年、冬になると北海道の釧路北部の釧路湿原に丹頂鶴を撮りに行く。丹頂鶴は日本を代表する鳥でその飛来する美しさに心が引かれる。撮影のポイントは3つあり1つは気温マイナス20度以上の冷え切った朝、音羽橋から霧氷に囲まれた川の中の丹頂鶴のねぐらを狙って撮る場面、2つめは夕陽に染まる空の中、20羽近い丹頂鶴がV字型の連帯を組んでねぐらに帰る場面、そして3つ目は今回掲載した、丹頂鶴が求愛しているロマンスの場面やダンスを楽しんでいる場面である。撮影場所は鶴居村の伊藤サンクチュアリで、頭の黒い雄と赤い雌が上方を向き、“キュキュキュ”と高らかに声を上げている。その声は求愛のサインとされ、その後2羽は首をからませて、外から見ると信じがたいのだが1本の首となり、しばらくして、また元通りに戻った。二羽の鶴が平行して高らかに声を上げる瞬間はよく見られるが、向かい合っての瞬間を見ることは稀である。この写真は、自分自身丹頂鶴の行動を余りよく知らない初期の頃の写真で、この瞬間を狙っていたのではなく、キュキュキュという声に思わずカメラを向けてとれた、大変幸運なショットである。小雪の降る中、そばにいる一羽の丹頂鶴は求愛する二羽に圧倒されたのか終始うずくまっていた。この写真を見た患者さんのご両親が目出度いシーンなので、是非、息子の結婚のお祝いに持たせてあげたいとのお話を聞き、喜んでプレゼントした。

写真とエッセイ 北川 泰久

<所属>
東海大学名誉教授・東海大学付属八王子病院顧問
医療法人 泰仁会 理事長

<プロフィル>

昭和49年慶應義塾大学医学部を卒業し、後藤文男教授の神経内科教室に入局、米国べーラー大学留学後、川崎市立川崎病院に勤務、膠原病と脳卒中の研究を行い、平成4年より東海大学に赴任、東海大学大磯病院副院長を歴任し、平成15年より東海大学神経内科教授、平成17年より付属八王子病院病院長を9年間つとめ平成29年より東海大学名誉教授、付属八王子病院顧問、医療法人泰仁会理事長、現在に至る。

専門は脳卒中、頭痛、生活習慣病、認知症。日本医師会学術企画委員会副委員長をつとめ、日本医師会雑誌の編集に長年携わっている。写真歴は約15年、各季節の旬を盛り込んだ風景写真のカレンダーを11年間作成し続け、平成26年には春夏秋冬の風景写真130余りを盛り込んだ写真集、憧憬を発表。

今まで使用してきたカメラはペンタックスとニコン、現在はニコン850Dを主に使用している。

最高の喜びとは

日本大学医学部病態病理学系臨床検査医学分野
中山智祥

街の書店の入り口で、2−3歳の子供が幼児雑誌を嬉しそうに抱えていた。不意に眼が合った。面識のない私に「これ、買うの。」と言いたげに笑みを投げかけた。たった5秒の出来事なのに心が温かくなる。何の疑いもなく、自分がうれしいことを人に伝えたいという気持ち。人は成長して学校に通うようになり、大人になり、社会人になっていくが、最近の自分にとって、そんな気持ちになること、またそれを行動にうつすことはあっただろうか。

大人が日常生活で喜びを自覚するのはどんな場合だろう。「入学試験に合格した」「ケガが治った」「上の役職に昇進した」「悩みを相談した相手が共感してくれた」「胸のすくようなテレビドラマの結末を見た」「ひいきにしているプロ野球チームが優勝した」など。喜びの定義を「何らかの対象物があってそれが自分の望むようになったときの満足のいく思い」としてみた。そうすると対象物が連続ドラマの筋書き、お気に入りのプロ野球チームの成績などは自分の力ではどうにもならないものであり、これらは受動的な喜びと言える。一方対象物が入学試験、研究実績や論文執筆は自分の意志・努力で成し遂げられる可能性が余地として大いにある能動的な喜びであると考える。同様にスポーツ競技で勝利を目指すのは、心技体の向上を図り、その結果が満足のいく能動的な喜びを求めたいからであると思う。努力や労力は時間も体力も費やしつらいことも多々あるが、能動的な喜びは、受動的な喜びとは比較にならないくらい達成感を感じるのではないか。そしてその成果が自己満足のみならず他人に認められたり、社会貢献につながったらこんなにうれしいことはない。

日常は成功と失敗の繰り返しであり、些細なことにも喜怒哀楽が沸き起こることがある。ほんの小さな喜びでも、活力にしながら過ごしていけば、積み上げられていく経験こそが能動的な最高の喜びにつながるのではないだろうか。あの純真な子供の笑顔で表現できるような瞬間を何度でも経験したいものである。

○謹んで新春をお祝い申し上げます。

東京の正月三が日の天気は何れも晴天で、一点の斑もない、どこまでも続く青空の下で迎えた新年はすがすがしく、希望に満ちて、喜ばしさもひとしおでした。

旧年中は大変お世話になり、誠にありがとうございました。今年も変わらぬ本誌へのご支援、ご愛読をたまわれば幸甚です。どうぞよろしくお願い申し上げます。

○アメリカの成功者で影響を受けていない者はいないといわれる哲学者ラルフ・ウォルドー・エマソン(1803−1882)の言葉に
「他人をよく批判する人は、結局、自分が何をしたら良いのか分からない人だ」
がある。

自分が何をしたら良いか分からないと自ずと他人に目が向き、評論家まがいに人を批判したり、うまくいかないことを人のせいにしたくなり、一方で自分を信じ、自分がやるべきことを見据えて進む人は、自分の内面に目を向け、他人に依存していないので他人を批判することはない、ということである。

今年はどのような年になるか、それは誰にも分からない。ただ、自分の考えと能力を信じて、するべきことを精一杯、コツコツ続けていくうちに、素敵な一年に仕上がっているに違いない。

アルベルト・アインシュタインは“Failure is success in progress.”(失敗とは進行中の成功である)の言葉を残している。もしも自分の考え違いや力不足で失敗をしても、失敗は、成功に近づける幸運なできごと。失敗に負けず、とにかく歩みを止めないことが大切のようである。

○今年の1月号から、表紙シリーズを北川泰久先生にご担当いただくことになりました。今月の表紙は、「丹頂鶴のロマンス」の一枚です。躍動感に溢れ、静寂な空間を貫く鳥たちの鳴き声が聞こえてきそうです。

この後も美しく、生命力に満ちた自然溢れる風景をご紹介いただきます。どうぞお楽しみに。

(大森圭子)

お探しのキーワードから過去の記事を検索できます