このページは、HOMEの中のバックナンバー 2017年(第63巻)の中の4月号「PHOTO&WRITING」「随筆」「編集後記」のページです。

バックナンバー2017年(第63巻)2017年バックナンバー一覧

2017年4月号(第63巻4号)

旅先、街角のスナップ(4)

桜色

機材:SONYα7RII
レンズ:Summar f=5cm 1:2

今月の一枚は、JR 市ヶ谷駅前にある釣り堀にて。駅のホームから見下ろせるところにあるので、ご存知の方も多いのではないでしょうか。意外にも週末には隠れたデートスポットになるようです。

これを撮影したカメラは、いつものライカではなく ソニーのミラーレス一眼現行機種ですが、そこにライカのオールドレンズ(1930年代生まれ)をつけて撮ってみました。ソニーのカメラにライカの、しかも80年以上前の古いレンズがなんでつくの?と思われる方もいらっしゃると思いますが、世の中には便利なものを開発してくださる方がおられて、ソニーのカメラマウントにライカのレンズを合わせるためのアダプターがいくつも出されているのです(そもそもこのオールドライカレンズを今のライカカメラにつけるためのアダプターも装着しているのですが、混乱するので省きます…)。中にはライカカメラ+レンズ本来の組み合わせでは絶対不可能な、オートフォーカスを可能にしてしまったという最強アダプターまで登場していて、もうびっくりの一言です。最新の撮像素子*で一眼ならではの正確なピントが掴めるというわけで、巷のライカユーザーにはこのソニーのαというカメラが密かに人気です。

もちろん、80年前のレンズの味わいは変わらず堪能することができます。モノクロ写真を撮る前提で作られたレンズは、カラーで撮ると彩度が低く周辺は若干光が落ちて独特の雰囲気を醸し出します。現代のくっきり鮮やかな絵を描くレンズとは対照的ですが、むしろ肩の力が抜けた優しい描写と言ってもいいのではないかと思います。この淡い描写が桜の色合いとぴったり合い、ふたりを桜色に染めていました。

*光をデジタル信号に変えるイメージセンサー。従来のカメラで言うと フィルムに当たります

写真とエッセイ 水地 大輔

<所属>
東京逓信病院 血液内科医長 医学博士

<略歴>
1994年 群馬大学医学部卒業、
      東京医科歯科大学第一内科入局
2004年 東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科修了
2005年 東京医科歯科大学血液内科助手
      同年10月より現職

<主な展示>
・個展
「ordinary days」神楽坂 キイトス茶房(2008年)
・主なグループ展
「水」渋谷 ギャラリールデコ(2014年)
「旅ライカ」渋谷 ギャラリールデコ(2015年)他

稀勢の里フィーバー

浜松医科大学医学部教授
前川真人

稀勢の里がやってくれました。素晴らしい、画期的な、予想外の、まさかのどんでん返し。本割、優勝決定戦と2番連勝しての逆転優勝。いやあ、歴史に残る素晴らしい優勝でした。稀勢の里劇場なんていう言葉も使われたりしました。しかし、盛り上がりました。13日目に日馬富士に押し倒されて土俵外に転落、左肩を負傷、12日目まで完璧な相撲で全勝街道まっしぐらだったのに、不調の日馬富士にあんな形で負けるなんて、ありえんと思いました。14日目は鶴竜になすすべなく両差しで寄り切られ、やはり相撲を取れる状態ではないのかと皆思ったでしょう。なので、千秋楽で勝つとは。さらに優勝決定戦でも勝つとは。傷だらけの稀勢の里だったので、あれだけのフィーバーになりました。日本人特有の(特有でもないようですが)判官びいきの一つの表れなのでしょう。格闘やバトルが関係する競技やドラマ、アニメなど、全てこれが鉄板です。一方の照ノ富士は貧乏くじをひきました。14日目に琴奨菊に勝った相撲がよくなかった。立ち合いの変化で勝ったため卑怯者というレッテルを貼られてしまいました。もしかすると、照ノ富士も膝の故障が完全にはよくなっておらず、14日目ともなるとよれよれになっていたためかもしれません。

さて、個人的には今でも記憶に残っているのは、アントニオ猪木とタイガー・ジェット・シンの死闘です(かなりマニアックかも)。正義が痛みつけられれば痛みつけられるほど、つまりどん底からてっぺんまでのギャップが大きければ大きいほど、観衆の興奮は高まり、人気を博します。孫悟空がフリーザやセルに勝ったのも、ルフィがミンゴに勝ったのも、傷つき追い詰められた主人公(正義)が悪役を破って逆転勝利する、判官びいきと勧善懲悪のいかにも日本人向けのストーリーなのでしょう。このネタは今月号限定だろうと考え、選んでみました。

ともあれ、稀勢の里、感動をありがとう。そして優勝おめでとう。

○この季節、室内から眺める景色はすっかり春めいて明るく穏やかでも、一歩外に踏み出せば突風にさらされることもある。吹きすさぶ風の中で思い浮かぶのは「花に嵐のたとえもあるぞ、さよならだけが人生だ」の一文、元は漢詩「勧酒」の一節「花発多風雨人生足別離」を小説家・井伏鱒二が訳したものである。

多くの人が開花を心待ちにし、ようやくその時期を迎えて咲き誇る桜の花の上にも、ぬくもりが宿っているようにも感じられるふっくらとした木瓜(ぼけ)の花の上にも、人知れず咲いている可憐な野の花の上にも、春の嵐は容赦なく吹きつける。

 「さよなら」すら言う間もなく、ひと晩中風が吹き荒れた明け方には、昨日まで咲いていた美しい花々がすっかり無くなっていることも稀ではない。

○ 風にかかわる気象を表す用語には、立春を過ぎて初めて吹く暖かくて強い南よりの風を「春一番」、急に吹く強い風で継続時間の短いものを「突風」、風速の変動幅のことを「風の息」(誰が名づけたのか素敵な響きである)などがある。また季語には、春を告げる「東風(こち)」、春先に砂浜に貝を吹き寄せる「貝寄(かいよせ)」など、もとは目に見えない「空気」であるにもかかわらず、その動きや動かすものによって数え切れないほど沢山の名前が付けられ、色付けされている。これは風が、いかに人々の生活に寄り添っているかという証でもある。

○ 鴨 長明「方丈記」には「…治承四年卯月のころ、中御門京極のほどより、大きなる辻風おこりて、六条わたりまでふける事侍りき。」「三四町を吹きまくる間に籠もれる家ども、大きなるも小さきも、ひとつとして破れざるはなし。」と書かれている(「方丈記」角川文庫 鴨 長明 簗瀬一雄訳注)。

これによれば1180年4月ごろ、3、400メートルを吹きぬける突風が起きて家々は大小の区別なく被害を受けた様子で、このあとの文章では、舞い上がる塵で目もあけられず、鳴り響く風の音で人の声も聞こえないほどであったとして、悪行の報いとして地獄に吹くという「業(ごう)の風」もこのようなものではないだろうかと続けている。

日ごろのつむじ風とは違い、このときばかりはただ事ではない威力であったようだが、人の暮らしが風に脅かされるのは800年以上前の時代も今の時代も同じ、この時期はとくに注意が必要だということを先人はちゃんとわれわれに残してくれているのである。

(大森圭子)

お探しのキーワードから過去の記事を検索できます