このページは、HOMEの中のバックナンバー 2015年(第61巻)の中の9月号「PHOTO&WRITING」「随筆」「編集後記」のページです。

バックナンバー2015年(第61巻)2015年バックナンバー一覧

2015年9月号(第61巻9号)


写真提供: 株式会社アイカム

肺炎原因菌シリーズ 9月号
肺炎マイコプラズマ
Mycoplasma pneumoniae
「液体培養でガラス面に付着して発育する本菌の位相差顕微鏡写真と走査型電子顕微鏡写真」

 肺炎の原因になる種々の病原菌を、「定型」肺炎病原体と「非定型(異型)」肺炎病原体とに区別することがある。前者を代表するのは肺炎球菌およびインフルエンザ菌であり、患者によっては緑膿菌、黄色ブドウ球菌、肺炎桿菌なども含まれる。一方、後者にはクラミジア(Chlamydophila pneumoniae)やレジオネラ(Legionellapneumophila)などが該当するが、そのなかで市中異型肺炎の最多原因菌として注目されるのが本号に登場する肺炎マイコプラズマ(Mycoplasma pneumoniae)である。異型肺炎病原体は、標準的な細菌用培地に発育しない、グラム染色で確認できない、すべてのβ-ラクタム系抗菌薬に一次耐性を示す、などの点で定型肺炎病原体とは対照的な検査医学的特徴をもつ。
 市中異型肺炎全体に占めるマイコプラズマ肺炎の割合は、成人においては30〜40%であるが、小児では70〜80%と高くなる。これまでマイコプラズマ肺炎には、一般に予後は良好であり、高齢になるほど発生頻度が低下し、季節的には秋から冬にかけて多発し、4年周期で流行する(流行年がオリンピック開催年と重なることからオリンピック病Olympic diseaseともよばれた)、などが特徴的とされてきた。しかし最近では重症化症例や高齢者罹患率の増加、流行の季節性や周期性がうすれてきたことなど疫学的状況の変化がみられる。マイコプラズマ肺炎の病変は下肺野に多く、胸部X線検査ではスリガラス状といわれる淡い間質浸潤影が典型的な画像所見である。この肺炎像はしばしば移動することから「歩く肺炎(walking pneumonia)」の名でも知られる。
 マイコプラズマは原核生物(細菌)としての細胞構造をもつが、その細胞のサイズ(150〜350nm)からみると細菌よりもむしろウイルスに近い。またゲノムサイズも細菌のなかでは最も小さい(M. pneumoniae では816,394bp)。しかしウイルスと違って、マイコプラズマは高栄養の無細胞培地に発育することができる。自律増殖可能な最小の微生物といわれるゆえんである。マイコプラズマの最もユニークな細胞学的特徴は、細胞壁(ペプチドグリカン骨格)を欠いていることにある。その結果、マイコプラズマの細胞は様々な形を呈する(多形性)ばかりでなく、柔軟であり、ガラスやプラスチックの表面に接着する能力をもつ。この性質を利用することによって、集菌(遠沈)、乾燥、固定、染色といった標本作製のための複雑な処理を行うことなく(したがって変形や人工産物を生じるリスクなしに)、生きたままの状態でマイコプラズマを直接観察することができる。
 今月号の表紙には、液体培地中でガラス面に張りついているM. pneumoniaeの発育・増殖像を示す。底面が平らなガラス容器中の液体培地に本菌を接種して37℃で培養を続け、倒立位相差顕微鏡を用いて2.5〜4分間隔でシネカメラによる連続撮影を行った。培養開始から数時間後、菌接種部位に小さな暗色のコロニーが出現し、時間が経つにつれて大きくなり、それとともにフィラメントが分岐しながら伸張し、コロニーの周りに網目状の構造をつくる。やがてコロニーから離れた場所にもフィラメント形成が見られるようになる。フィラメントは直線状かまたはやや曲がりくねっていて不均一な幅をもち(細胞壁がないため)、先端部および中間部の所々が肥大している。また大きく発育した暗色のコロニーは明るいハローで取り巻かれるようになる。左上の写真は、フィラメントの網目構造が画面全体に広がるようになった培養後3日前後の時点で齣撮りしたものである。写真左下の隅には明るいハローに囲まれた小さなコロニーが写ってみえる。より詳細な発育形態を観察するために、常法に従って固定、臨界的乾燥、金属蒸着を順に行って試料を作製し、走査型電子顕微鏡法により撮影したのが右下の写真である。所々でこぶ状に膨れた不定な幅をもつフィラメント状の菌の不規則な網目構造や球状の菌が多数集まってつくられるコロニー像など、M. pneumoniaeの多形性を物語る形態学的特徴が明瞭に示されている。

写真と解説 山口 英世

1934年3月3日生れ

<所属>
帝京大学名誉教授
帝京大学医真菌研究センター客員教授

<専門>
医真菌学全般とくに新しい抗真菌薬および真菌症診断法の研究・開発

<経歴>
1958年 東京大学医学部医学科卒業
1966年 東京大学医学部講師(細菌学教室)
1966年〜68年 米国ペンシルベニア大学医学部生化学教室へ出張
1967年 東京大学医学部助教授(細菌学教室)
1982年 帝京大学医学部教授(植物学微生物学教室)/医真菌研究センター長
1987年 東京大学教授(応用微生物研究所生物活性研究部)
1989年 帝京大学医学部教授(細菌学講座)/医真菌研究センター長
1997年 帝京大学医真菌研究センター専任教授・所長
2004年 現職

<栄研化学からの刊行書>
・猪狩 淳、浦野 隆、山口英世編「栄研学術叢書第14集感染症診断のための臨床検査ガイドブック](1992年)
・山口英世、内田勝久著「栄研学術叢書第15集真菌症診断のための検査ガイド」(1994年)
・ダビース H.ラローン著、山口英世日本語版監修「原書第5版 医真菌-同定の手引き-」(2013年)

「ぎょう虫検査」考

杏林大学医学部感染症学講座寄生虫学部門 教授
小林 富美惠

 「はーい、お尻をだしてごらん」
 朝起きると母親がセロファンテープをもって追いかけてくる。「きゃっきゃっ」と笑いながら子供達は逃げ回るが、最後はお尻にペッタン…。多くの人に幼い頃のこんな思い出があるのではないだろうか。小学校3年生以下の児童に義務づけられていた「ぎょう虫検査」が、文部科学省の学校保健安全法の改正に伴い、2015年度限りで学校健診から消えることになった。
 ぎょう虫検査は1961年度から学校保健法において実施項目となり、組織的な検査が始まった。東京都予防医学協会年報(2015年版)によれば、1961年度の検査実施件数は70,971件。1971年度には759,557件の検査が実施されたが、学校保健法の改正や学童数の減少などにより検査数は低下した。ぎょう虫寄生率をみると、1961年度では21.7%と高かったが、年を追う毎に減少して1999年度には1%以下となり、2013年度は0.14%であった。
 かつての日本国民を脅かしていたのはぎょう虫だけではなく、例えば1949年には国民の70%が様々な寄生虫卵を保有していた。しかし、糞便内の寄生虫卵陽性率も1967年度には1%を切り、2001年度には0.00%を示した。そして、この間に、日本はWHO(世界保健機関)が対策促進重要寄生虫疾患としている寄生虫疾患のうち、マラリアと日本住血吸虫の撲滅にも成功している。
 こうした状況は、むろん、喜ばしいことであるが、怖いのは、この“清潔な”国に住まう私達が寄生虫疾患の恐ろしさに疎くなってしまっていることである。目を世界に転ずれば、10億人以上の人々が回虫症、鞭虫症、鉤虫症、住血吸虫症、フィラリア症などの寄生虫疾患に苦しみ、2億人がマラリアに感染し、毎年70万人がマラリア原虫に命を奪われている。
 2013年度の日本人の海外渡航者数は1747万人、訪日外国人旅行者数も1000万人を突破した。従って、世界の寄生虫事情は決して対岸の火事ではない。寄生虫は、海を越えてやってくるのである。ところが、日本では医学部がある大学のうち10%の大学に寄生虫学担当教員がおらず、担当教授不在の大学に至っては37%を占める(母数62大学)(日本寄生虫学会教育委員会:「医学部における寄生虫学教育の現況調査報告」,2015年)。つまり、日本には寄生虫疾患についてきちんと学ぶ機会を与えられなかった医師が増えつつあるのである。放置されれば死の転帰をとる熱帯熱マラリア原虫に感染して帰国。寄生虫疾患に詳しい開発途上国で受診していれば助かったはずが、日本に帰国したが故に…、ということが、今後、起こりうるのではないか。
 来年度からぎょう虫検査がなくなると聞いて、いろいろなことが脳裏をよぎった。

○ビルとビルとに挟まれたほんのささやかな小道にさえ、どこからかキンモクセイの香りを乗せた爽涼な風が吹き抜け、あたりもだいぶ秋らしくなってきた。
 空を見上げれば、縮れたような、ざらついた白い雲の群れ、その向こうには紛れもない青空が続いている。下界の雑踏をものともしない空の静けさに吸い込まれそうになる。しばらく眺めていたら、天と地が逆さになったような錯覚に陥り、誰一人立ち入ることのない、どこまでも続く真っ白な砂浜と穏やかな海を見たように思った。
○秋といえば、中原中也の詩に「秋」という作品がある。
 次はその最初の一節である。
 
  昨日まで燃えていた野が
  今日茫然として、曇った空の下(もと)につづく。
  一雨毎に秋になるのだ、と人は云ふ
  秋蝉は、もはやかしこに鳴いてゐる、
  草の中の、ひともとの木の中に。
 (現代詩文庫1003中原中也詩集/思潮社)

 この詩にも出てくる「秋蝉」とは、立秋を過ぎてからも鳴く蝉全般のことをいう。9月上旬頃まで鳴く蝉には「ミンミンゼミ」「アブラゼミ」「ツクツクボウシ」などがあり、9月中旬頃までは「ヒグラシ」、10月頃までは「チッチゼミ」といって、チッチッ…と鳴き続ける体調2−3センチほどの小さな蝉の種類があるらしい。場所や時間帯によっても鳴く蝉が異なるので、これらが同じ場所で一斉に鳴くようなことはないそうである。
 激しい夏の季節から静かな秋へと移ろう頃はどこか寂しい。勢いの衰えたとある草叢に立つ木の中で、やがて消えゆく運命に気がついたように懸命に鳴く蝉の声はさぞやさびしく響くだろうと感慨にひたっていると、「春蛙秋蝉(しゅんあしゅうぜん)」などという四字熟語もあって、春に鳴く蛙や秋に鳴く蝉はやかましいだけで何も役に立たないことから、ただうるさいだけの無用な言論の意味だという。聞く者の心ひとつで、ものの捉え方はこうも違うものかと思い知らされる一例である。

(大森圭子)

お探しのキーワードから過去の記事を検索できます