このページは、HOMEの中のバックナンバー 2015年(第61巻)の中の8月号「PHOTO&WRITING」「随筆」「編集後記」のページです。

バックナンバー2015年(第61巻)2015年バックナンバー一覧

2015年8月号(第61巻8号)


写真提供: 株式会社アイカム

肺炎原因菌シリーズ 8月号
緑膿菌
Pseudomonas aeruginosa
「経気道感染ラットの肺胞腔内での増殖像を示す走査型電子顕微鏡写真」

 近年、医療の高度先進化に伴って、そうした治療を受けたことによって本来の生体防御機構に破綻を来した患者(易感染性患者)に好発する病院内感染症(院内感染症)がますます深刻な問題となっている。数ある院内感染症のなかで2番目に多い疾患が院内肺炎である。この場合、原因菌は定着部位である口腔・咽頭から誤嚥によって下気道・肺胞へ到達し、そこで感染が成立して肺炎が起こると考えられる。院内肺炎は、重症化しやすく、院内感染による死亡の最多原因であり、その死亡率は20〜50%と高く、とくに人工呼吸器を装着している患者に発症する肺炎(人工呼吸器関連肺炎)の死亡率は50〜70%にも達する。大きな脅威となった院内肺炎の原因菌として、黄色ブドウ球菌に次いで多いのが本号でとり上げる緑膿菌にほかならない。
 緑膿菌は、グルコース非発酵性の偏性好気性グラム陰性桿菌であり、quorum sensingシステムをもつことやバイオフィルムを形成することでもよく知られる。本来湿った自然環境(土壌、植物、野菜など)中で発育・生存しているが、栄養要求性が低いので栄養分の乏しい院内環境中にも広く生息する。様々な病原因子をもつものの、健常者に感染症をひき起こすことはなく、院内肺炎をはじめ敗血症/菌血症、慢性気道感染症、感染性心内膜炎といった難治性の重篤な感染症がみられるのは、癌化学療法、人工呼吸管理、広域抗菌薬投与、大手術の術後、広範囲熱傷などのリスク因子をもつ入院患者にほぼ限られる。それだけに、これらの感染症の治療には強力な抗緑膿菌活性をもつ抗菌薬(抗緑膿菌薬とよばれる)の使用が不可欠である。
 緑膿菌はもともと多くの抗菌薬に抵抗性であり、抗緑膿菌薬としてこれまで治療に用いられてきたのは、ペニシリン系、セフェム系、カルバペネム系、アミノグリコシド系およびキノロン系の一部の抗菌薬に限られていた。さらに厄介なのは、近年、そのなかの複数の抗菌薬に幅広く耐性を示す多剤耐性緑膿菌(multi-drugresistant Pseudomonas aeruginosa ; MDRP)が出現したことであり、これが緑膿菌感染症の治療をますます困難にしている。
 こうした状況にあることから、より優れた緑膿菌感染治療法の開発はきわめて重要な研究課題であり、そのために緑膿菌肺炎の動物モデルがしばしば利用される。本号の表紙に示すのは、カルバペネム系薬剤の有効性を検討するための動物試験を行った際に撮影した感染肺組織の走査型電子顕微鏡写真である。免疫抑制剤による前処置を行ったラットの片肺に寒天ビーズ法を用いて緑膿菌(IID 1088株)を感染させ、その約10時間後に採取した肺組織の標本を作製し、写真を撮影した。気管支内への菌接種からさほど時間が経っていないが、すでに肺胞腔内に到達した緑膿菌は増殖を始めており、小さな集簇を作っている(緑膿菌を緑色に着色)。免疫抑制処置を行ったためか白血球浸潤はほとんど認められない。感染18時間後には肺胞腔は緑膿菌で充満された。

写真と解説 山口 英世

1934年3月3日生れ

<所属>
帝京大学名誉教授
帝京大学医真菌研究センター客員教授

<専門>
医真菌学全般とくに新しい抗真菌薬および真菌症診断法の研究・開発

<経歴>
1958年 東京大学医学部医学科卒業
1966年 東京大学医学部講師(細菌学教室)
1966年〜68年 米国ペンシルベニア大学医学部生化学教室へ出張
1967年 東京大学医学部助教授(細菌学教室)
1982年 帝京大学医学部教授(植物学微生物学教室)/医真菌研究センター長
1987年 東京大学教授(応用微生物研究所生物活性研究部)
1989年 帝京大学医学部教授(細菌学講座)/医真菌研究センター長
1997年 帝京大学医真菌研究センター専任教授・所長
2004年 現職

<栄研化学からの刊行書>
・猪狩 淳、浦野 隆、山口英世編「栄研学術叢書第14集感染症診断のための臨床検査ガイドブック](1992年)
・山口英世、内田勝久著「栄研学術叢書第15集真菌症診断のための検査ガイド」(1994年)
・ダビース H.ラローン著、山口英世日本語版監修「原書第5版 医真菌-同定の手引き-」(2013年)

隕石の話

帝京大学医学部附属溝口病院 名誉教授 臨床検査科 科長
水口 國雄

 数年前、このコラムで原石収集の話を書いた。今年の正月に編集部から続編を書いてほしいとの年賀状を頂き、心が動いた。本誌の目的に合わない内容で申し訳ないが、「石」の話をもう少しさせてほしい。色とりどりの美しい原石の魅力については前回お話したが、現在私が最も興味を持っているのは隕石である。隕石(Meteorite)とは、惑星間空間に存在する固体物質が地球の表面に落下したものである。そのような固体物質は大気中を落下する間に熱くなり気化してゆくが、気化せずに残ったものが隕石である。隕石はたくさん見つかっている。2000年版の隕石カタログには22,507個の隕石が本物として掲載されており、その大部分は南極で見つかった隕石である。隕石の大多数は約46億年前、太陽系の誕生とともに生まれた。隕石の中心には重い鉄やニッケルが核として残り、周囲にマントルができ表面を地殻が取り巻く。まさに隕石は地球の誕生を示唆しており、私たちが接する隕石はその破片である。日本にも数は少ないが隕石の存在が知られている。隕石落下の記述と実際にその場所から隕石が見つかる例は少なくないが、驚くことに落下伝承と隕石が実在する世界最古の事例は日本にあった、これは紀元861年福岡県直方市に落ちた直方隕石である。隕石は成分によって、鉄隕石、石鉄隕石、石質隕石に分けられる。直方隕石は石質隕石である。私も鑑定書付きの鉄ニッケル隕石と鉄隕石を所有しているが、いずれも外国産で、これらが本物かどうか問題である。東京の立川市にある国立極地研究所には日本南極地域観測隊が南極で採集した隕石1万7000個の一部が展示されている。私の知人のご主人がそこに勤務されているので、鑑定をお願いしたが丁重に断られた。巷に流通している「隕石」の95%は偽物といわれる。本物と思って日々愛でるのがよいということであろう。地球と同じ位の古い歴史を持つ「隕石」を手にして太古の宇宙に思いを馳せる今日此の頃である。

○夏の暑さには冷房が対応し、涼しい室内で団扇(うちわ)や扇子(せんす)はあくまでも補助的な役割となっているが、冷房が誕生してからおよそ100 年と歴史も浅く専ら機能重視なのに対し、団扇や扇子は歴史も古くその役割も多様である。
○団扇は古代エジプトの壁画や紀元前の中国の記録にもみられ、日本には中国から渡来したと考えられるが、扇子は、団扇をもとに発明された日本発祥の道具である。
○日本で扇子が作られた年代は不明だが、まず初めにヒノキの薄片をつづり合わせ、一方を糸で綴じ、もう一方を糸でつないで開閉可能とした檜扇(ひおうぎ)が発明された。檜扇は、宮中の行事で用いられたこともあり、涼をとるためではなく官人の持ち物として、また、神事や儀式等で威儀を正すためにもつ笏(しゃく)(閻魔様が右手に持っている平たい棒のようなもの)の代用としても用いられた。薄片の数で身分の区別もあり、様々な絵も描かれるようになって、宮廷の女性の装飾品としても高い関心を持たれていたようである。一方、団扇から蝙蝠扇(かわほりおうぎ)も生まれた。5本程度の骨をつづり合わせ、一方を綴じ、開いた骨の片面に紙を貼った開閉式のもので、開いた形が蝙蝠に似ていることからこの名がついている。
○団扇や扇子の話をすると、フランスの画家クロード・モネが描いた「ラ・ジャポネーズ」(1876年)という作品が浮かぶ。モネの妻・エミーユが、金髪のかつらをかぶり、太刀に手をかけた猛々しい武者やとりどりの紅葉の刺繍が施された朱色の着物を羽織り、大きく広げた扇子を手に体をしならせて芸者風のポーズをとっている。背後の壁やゴザのような床には、鶴や魚、渡し船、浮世絵などが描かれた団扇が散りばめられている。万国博覧会に日本から出品された浮世絵に影響を受けて描かれたことでも有名な作品である。
○国際博覧会(万国博覧会)の歴史は古く、1798年にパリで開催された博覧会が始まりである。同年の日本は鎖国只中の江戸時代、本居宣長が「古事記伝」を完成させた年でもある。
 1862年のロンドン博覧会では、駐日イギリス大使のコレクションから日本の美術品が初めて出品された。日本が国として初めて参加したのは明治維新からわずか5年後の1873年、ウイーン万国博覧会からである。
 「19世紀後半は万博の時代」とも呼ばれるほど、1798年のパリ以降、万博は各国で開催され大きな発展を遂げている。万博を通じて東西の文化が出合うことで、新たな芸術のスタイルが生みだされた。ヨーロッパ人にとっての興味は、これまで封じ込められていた日本の芸術のみならず、初めて見る日本人そのものにも注がれたようである。
 日本の浮世絵や芸術作品のもつ美しさに各国の芸術家達が大きな影響を受け、ヨーロッパでは日本に対する憧れから“日本趣味”という新たな作風が芽生えた。フランスの画家クロード・モネも日本に魅了された芸術家の一人で、浮世絵を熱心に収集し、フランス風の庭には日本庭園をも設えていたそうである。
○アール・ヌーヴォの旗手、ガラス工芸などで高名なフランスのエミール・ガレは、団扇をモチーフにした花器「四団扇花器」を残している。愛らしい木の実をつけた植物等が描かれた2枚の団扇を、やや横長の「X」型になるよう柄のところをクロスさせ、ちょうど鈴虫が羽を合せるよう僅かに重なりあわせた形をワンセットにして表裏に配置した花器である。団扇と団扇で挟むように花が生けられるようになっている粋な作品である。
 形状の美しさや様々な機能から時代を超えて愛されてきた団扇や扇子。この先どんなに便利な道具が出てきても、先人が残してくれた文化的な財産がもつ価値の高さを忘れることなく、大切にしていきたいものである。

(大森圭子)

お探しのキーワードから過去の記事を検索できます