このページは、HOMEの中のバックナンバー 2015年(第61巻)の中の7月号「PHOTO&WRITING」「随筆」「編集後記」のページです。

バックナンバー2015年(第61巻)2015年バックナンバー一覧

2015年7月号(第61巻7号)


写真提供: 株式会社アイカム

肺炎原因菌シリーズ 7月号
レジオネラ・ニューモフィラ
Legionella pneumophila
「ラット腹腔マクロファージを用いたin vitro感染モデルにおける本菌の特徴的な細胞内局在を示す位相差顕微鏡写真」

 レジオネラ属菌(Legionella)は、50以上の菌種からなるブドウ糖非発酵性、好気性のグラム陰性桿菌の1群である。In vivoでは短桿菌の形態を呈することが多い。喀痰などの検体中の菌はグラム染色では染まりにくく、検出にはヒメネス染色法や鍍銀染色法を用いる必要がある。また通常の細菌検査用培地には発育せず、活性炭と酵母エキスを含み、しかもpHを6.8〜7.0に厳密に調整したBCYEα培地などの特殊培地に培養しなければならない点も大きな細菌学的特徴である。
 Legionellaは、もともと土壌、河川、湖沼などの自然環境中に広く生息し、自由生活型原虫や藻類と共生してその細胞内で増殖する環境細菌である。その一方で、ホテルや工場の配水システム、さらには病院や長期療養施設の給水設備などの人工的な水系環境内にも入り込んで増殖する。この場合、共生微生物に加えて温水(25〜42℃)、湯垢その他の有機堆積物の存在といった条件がそろえば(連続循環型浴槽など)、Legionellaの増殖はさらに促進される。
 こうしてLegionellaで汚染された水(とくにエアゾル)が誤嚥されたり吸入されたりすると、レジオネラ肺炎が起こる。今や欧米ではLegionellaは市中肺炎および院内肺炎双方の重要な原因菌となっている。これらの肺炎をひき起こすLegionellaは10菌種以上あることが知られているが、L.pneumophilaが原因菌の80〜90%と圧倒的多数を占める。レジオネラ肺炎が最初に報告された歴史的事件として、1976年、米国フィラデルフィアのホテルで開催された退役軍人(在郷軍人)会におけるアウトブレイクが有名であるが、この時の原因菌がL.pneumophilaであった(こうした経緯からレジオネラ肺炎は在郷軍人病ともよばれる)。わが国では、レジオネラ肺炎の第1例が1981年に報告されて以来、とくに2000年代後半からは急激に症例数が増えており、現在4類感染症に指定されている。
 レジオネラ肺炎の発症機序に関連して最も注目されているLegionellaの特徴は、宿主の防御機構とくに食細胞とのユニークな相互作用にある。汚染されたエアゾルの吸入などによって肺胞腔に到達したLegionellaは、肺胞マクロファージによって貪食される。通常の細菌であれば、貪食された菌はまずファゴソーム(食胞)内に捕捉され、次いでリソソームが融合してファゴリソソームが形成され、その中に取り込まれた菌はリソソーム由来の活性化された種々の加水分解酵素や殺菌性蛋白の作用によって死滅する。ところがLegionellaが感染した細胞ではファゴソームとリソソームの融合が阻止される結果、菌はファゴソーム内で生存・増殖を続けることができる。このようにして細胞内殺菌を免れた一部のLegionellaは食細胞が破裂するまで増殖し、破裂後はまた新たな細胞に貪食され、同様の周期的発育プロセスをくり返す。
 ここに示すのは、ラット腹腔マクロファージを用いたin vitroモデル実験系においてL.pneumophilaの菌液にマクロファージを加えてから約30分後に撮影した位相差顕微鏡写真である。固定・染色処理を施していないために細胞の輪廓は不鮮明であるが、核の近くの細胞質内には円形のファゴソームが6個ほど互いに隣接して存在し、各ファゴソームはLegionellaと思しき桿菌状または短桿菌状の構造物を内蔵している。同様の構造物はファゴソームの外にも多数認められ、菌が細胞内で活溌に増殖していることをうかがわせる。

写真と解説 山口 英世

1934年3月3日生れ

<所属>
帝京大学名誉教授
帝京大学医真菌研究センター客員教授

<専門>
医真菌学全般とくに新しい抗真菌薬および真菌症診断法の研究・開発

<経歴>
1958年 東京大学医学部医学科卒業
1966年 東京大学医学部講師(細菌学教室)
1966年〜68年 米国ペンシルベニア大学医学部生化学教室へ出張
1967年 東京大学医学部助教授(細菌学教室)
1982年 帝京大学医学部教授(植物学微生物学教室)/医真菌研究センター長
1987年 東京大学教授(応用微生物研究所生物活性研究部)
1989年 帝京大学医学部教授(細菌学講座)/医真菌研究センター長
1997年 帝京大学医真菌研究センター専任教授・所長
2004年 現職

<栄研化学からの刊行書>
・猪狩 淳、浦野 隆、山口英世編「栄研学術叢書第14集感染症診断のための臨床検査ガイドブック](1992年)
・山口英世、内田勝久著「栄研学術叢書第15集真菌症診断のための検査ガイド」(1994年)
・ダビース H.ラローン著、山口英世日本語版監修「原書第5版 医真菌-同定の手引き-」(2013年)

前立腺“がんもどき”

藤田保健衛生大学医学部 病理学 教授
堤   寛

 最近、前立腺癌針生検の検体数が激増している。しかも、以前と異なり、10本以上、多い施設では20本近い生検検体が提出される。多くが60歳以上の患者。PSA(prostate-specific antigen)によるスクリーニングで異常値を示すと生検される。PSA値が4〜10ng/mlのグレイゾーンでは数ヶ月おきに再検され、少しずつ値が上昇すると生検対象になる。結果的に、小さな前立腺癌(多くはGleason score 6)がみつかる。従来経験しなかった頻度だ。
 剖検時に小さな癌(ラテント癌)のみつかる頻度は前立腺と甲状腺に高い。これは病理医の常識。針生検で標本全体のごく一部にみつかる前立腺癌(高分化型腺癌)の多くはラテント癌ではないかと思われる。その証拠に、大阪府がん登録の統計で、前立腺癌の罹患率が急増しているのに、死亡率はそれほど変化していない(前立腺癌の5年生存率は1987年が52%、2007年には97%!)。
 PSA検診が前立腺癌の死亡率を下げないことから、米国や欧州では10年以上前からPSA検診無用論が常識。なぜ日本だけが「早期発見・早期治療」を錦の御旗に、PSA検査が正論化されるのだろう?毎日のように前立腺癌の診断をせざるを得ない病理医(私)は、診断を前立腺“がんもどき”にしたい衝動に駆られる。
 PSAが10ng/ml以下だと、生検標本に癌がみつかる頻度は半分程度。PSA上昇が慢性炎症による症例が多い。でも、正常組織像も決して少なくない。これらの症例では、病院に自転車で通院したか、検査前日にセックスをしたと想像される。サドルによる前立腺マッサージや射精による前立腺の収縮が血清PSA上昇を招くことを、男性陣にもっと啓発したい。前立腺癌を煩った私の父親が言っていた(91歳の老衰死まで、治療前100近くあったPSAはホルモン療法で15 年間超低値を維持)。「(経肛門的生検で)あんなあられもない格好をさせられるのはこりごりだ。」
 韓国人女性にみつかる甲状腺癌の頻度は日本人の10倍以上。これも過剰な超音波検査のせいである。過剰診療を避けることは、医療費削減のみならず、国民の健康感にとっても重要である。「知りたくない権利」を守るために、医療者がPSAや甲状腺超音波を検査しない決断が必要である。

○入れ替わり立ち替わりやってくる猛暑や台風に悩まされた7 月も終わりに近づき、今日の東京は、嘘のようにだんまりの曇り空である。
 こうなるとギラギラした太陽が鎮座するエネルギーに満ちた真夏の青空も恋しくなるもので、どんよりとした冴えない天気のまま、夏が通り過ぎていかないよう心で祈るのである。
○家の小さな植え込みのコーナーに随分前から柑橘系の何かの植物の木が植わっている。手入れが悪いせいか小さな実を付けるが、それも何かに利用してみようと思う頃には目ざとく鳥が見つけ、忙しく行き来をしては気まぐれにあちこち啄ばんでしまう。
 調べてみると恐らく、柚子よりも低木で小さな実を付ける「花柚子(一才ゆず)」と呼ばれる樹木ではないかと思っている。
 この木の下に貼られたタイルに枯葉や塵が目立つので、せっせと掃き掃除をするも、不均一な大きさの丸い粒がコロコロとあちこちに散らばり、てんでまとまらない。腹立たしい思いで見上げると、細い枝には相当不釣り合いな丸々と太った芋虫を発見した。思わずぎょっとする私に芋虫は知らん顔。
 何を遠慮することもないと思うのだが、縁あってこの木の上で生を受け、この日私に出会うまで、数多の天敵にも負けず、密やかに成長を重ねてきた芋虫には気迫のようなものが漂い、これに敬意を表してこちらがそっと退散した。
 緑色をして胸のあたりに目玉のような二つの模様がついた姿。アゲハ蝶の幼虫に違いない。
 1 ミリほどの卵から孵化したばかりの幼虫は黒くボツボツと体中突起のある姿。うっかりすると毛虫と間違って退治されてしまいそうだ。孵化した幼虫はまずは自分が出てきた卵の殻を食べて栄養を補給する。これを一齢幼虫といい、ここから脱皮を繰り返し二齢〜四齢幼虫までは鳥の糞のような黒字に白い帯が入った姿をしている。あたたかい気持ちで見守る心がなければお世辞にも可愛いとは言えないが、これも悪臭を放つ臭角同様に天敵の鳥や虫たちから身を守る手段の一つなのであろう。
 私が見たのは、最後の脱皮を終え、黒と白の野暮ったい容姿から美しい黄緑色に変身した五齢幼虫である。この段階では旺盛な食欲で葉を食べて5 センチほどになるまで成長し、やがて蛹になる。
 よく見かけるアゲハ蝶だが、幼虫の体に卵を産み付けるハチの存在などもあり、無事に羽化をして蝶になれるものは少ないときく。私が見た幼虫はかなり大きくなっていたので、無事であれば間もなく羽化するだろう。もう幾ら探しても幼虫も蛹も見つけられないが、アゲハ蝶の姿になった元芋虫にいつか再会したいものである。

(大森圭子)

お探しのキーワードから過去の記事を検索できます