このページは、HOMEの中のバックナンバー 2015年(第61巻)の中の6月号「PHOTO&WRITING」「随筆」「編集後記」のページです。

バックナンバー2015年(第61巻)2015年バックナンバー一覧

2015年6月号(第61巻6号)


写真提供 : 株式会社アイカム

肺炎原因菌シリーズ 6月号
インフルエンザ菌
Haemophilus influenzae II
「培養した単層上皮細胞に感染させたインフルエンザ菌の付着・侵入像」

前号でも触れた型別不能インフルエンザ菌(nontypableH.influenzae;NTHi)は、上気道とくに鼻咽頭に常在し、小児の中耳炎、結膜炎、副鼻腔炎などの原因菌として古くから知られてきたが、近年、次の点で新たな注目を浴びている。(i)成人の慢性閉塞性肺疾患(COPD)の化膿性増悪の引き金になる最多病原菌である、(ii)COPD、気管支拡張症、びまん性細気管支炎、嚢胞性線維症などの慢性呼吸器疾患をもつ患者やAIDS発症者に肺炎をひき起こす、(iii)気道における本菌の主たる標的組織は気管支上皮であり、TNF-αなどの炎症性サイトカインによって誘導された炎症性の組織構造変化を本菌はさらに増幅させる、(iv)近年抗生物質耐性菌の出現・増加が日本を含めて世界的に問題となっている。とくにわが国で増加傾向が著しいのは新型耐性菌とよばれるβ-ラクタマーゼ非産生アムピシリン耐性(β-lactamase-negative ampicillin-resistant;BLNAR)株であり、全耐性株の40%以上を占めるという。
 本号に示す組み写真は、NTHiと気道上皮細胞との相互作用を細胞レベルで解析するためにHEP-2細胞の単層培養にBLNAR株を感染させたin vitro モデル実験系において得られた走査型電子顕微鏡(SEM)写真の右下の隅に共焦点レーザー顕微鏡(CFLM)写真を挿入して作成したものである。いずれもNTHi感染2時間後に撮影した写真であり、感染の初期段階を示している。
 SEM像からは、インフルエンザ菌(紫色に着色)が上皮細胞から伸びてきた微絨毛(microvilli)に絡まれるようにして細胞に付着する様子が観察される。この像から、菌と上皮細胞表面との最初の接触が微絨毛への付着を介して起こることが分かる。次いで菌は細胞内部に向かって移動して細胞膜と直接接触し、貫通する(写真左上の円で囲った部分)。感染させたインフルエンザ菌が上皮細胞の表面のみならず細胞内にも存在していることは、アクリジンオレンジ染色を施した標本のCFLM像(菌は濃赤色〜淡赤色に、上皮細胞の核は緑色に、各々発色)からも明らかである。この標本をスキャニングした結果、濃く発色した菌は細胞表面または細胞外に、一方、淡い発色を呈する菌は細胞内に、各々存在していることが確認された。
 インフルエンザ菌にとって気道上皮細胞への付着は病原性の発揮に不可欠であるが、付着した菌がさらに強い病原性を発揮するため、および(または)宿主の防御免疫機構を回避するためには、細胞内への侵入はきわめて重要な手段と考えられる。この侵入は、サイトカラシンDによって阻害されることから、アクチンの重合がそれに関与し、おそらくmacropinocytosisを介して起こると推定される。インフルエンザ菌は、Shigella spp.,Listeriamonocytogenes,Legionella pneumophilaといった典型的な細胞内寄生菌とはことなり、一般には細胞内寄生菌とはみなされていないが、実はそうではないことが分かった点も興味深い。

写真と解説 山口 英世

1934年3月3日生れ

<所属>
帝京大学名誉教授
帝京大学医真菌研究センター客員教授

<専門>
医真菌学全般とくに新しい抗真菌薬および真菌症診断法の研究・開発

<経歴>
1958年 東京大学医学部医学科卒業
1966年 東京大学医学部講師(細菌学教室)
1966年〜68年 米国ペンシルベニア大学医学部生化学教室へ出張
1967年 東京大学医学部助教授(細菌学教室)
1982年 帝京大学医学部教授(植物学微生物学教室)/医真菌研究センター長
1987年 東京大学教授(応用微生物研究所生物活性研究部)
1989年 帝京大学医学部教授(細菌学講座)/医真菌研究センター長
1997年 帝京大学医真菌研究センター専任教授・所長
2004年 現職

<栄研化学からの刊行書>
・猪狩 淳、浦野 隆、山口英世編「栄研学術叢書第14集感染症診断のための臨床検査ガイドブック](1992年)
・山口英世、内田勝久著「栄研学術叢書第15集真菌症診断のための検査ガイド」(1994年)
・ダビース H.ラローン著、山口英世日本語版監修「原書第5版 医真菌-同定の手引き-」(2013年)

病理医の悲哀

東京逓信病院 病理診断科 部長
田村浩一

本誌5月号に掲載された坂本穆彦先生の随筆の中にある「病理検査/診断」という言葉に思わず反応してしまうのは病理医だけかもしれない。検査ではデータとして現れる結果が伝えられ、これをもとに依頼した医師が判断を下す。病理で言えば、検体を顕微鏡標本にするまでが「病理検査」になるわけだが、作製した標本を「検査結果」として返されても依頼医師は困るだけだろう。病理に求められるのは、標本にみられる所見を元にした「病理診断結果」であり、病理の報告書は「検査結果報告」とは異なるのである。しかし標本作製から病理診断までを含む良い言葉がない。恐らく患者さんに説明するにも「病理の検査結果では」と話す医師が多いことだろう。実はわれわれ病理医は、長らくこの「病理検査」という言葉に苦しめられている。
 「病理診断は医行為である」と国が認めているにも関わらず、病理診断業務は「生体検査」の中で扱われてきた。世間に名の知られたある内科医に「病理診断って医者しか出来ないんですか?!」と公然と聞かれて面食らった覚えがある。他科に患者を紹介するのに名前と診断名だけの紹介状を送りつける医者はいないはずだが、患者氏名と「○○の疑い」という臨床診断名だけの病理“検査”依頼書が後を絶たないのは、そのような認識によるものだろう。
 保健所に届け出る「医師届出表」に病理の項目はなく“その他”の医師扱いの時代が続き、直接患者を診ないという理由で病理は標榜も認められてこなかった。つまり国が病理医の人数や全国での分布を正式に把握する機会はなかったのである。現在、日本の病理専門医の数は2000名余、その平均年齢は55歳、まさしくアホウドリに並ぶ絶滅危惧種になっている。自分たちではDoctor of doctorsなどと粋がっていても、若い研修医から「早くケンサ結果を返してくれないと困るんだけど!」などという電話があるようでは、病理医志望者が増えないのも当然だろう。「病理検査/診断」という言葉に込められた病理医の想いは深い。
 この数年の間に、病理診断科が標榜科として認められ、病理専門医は基本診療領域の専門医の1つとなった。診療報酬でも、第3部「検査」第2節「病理学的検査」であったものが第13部「病理診断」として独立し、さらにDoctor’s feeである「病理診断料」の算定も可能となった。遅ればせながら、絶滅に対する保護政策が取られ始めているようだ。多くのひな鳥たちが飛び立つ日を夢見て、病理診断学を確立してきた団塊世代の病理医たちは、定年を超えても働き続けているのである。

○ある晴天に恵まれた休日、仲の良い方達と“はとバス”に乗ることになった。
 はとバスは東京観光をするためのバスで、その歴史は古く、ホームページを覗いてみると、1949年の3月から東京の昼と夜を紹介する定期観光バスとして始まったこと、以来、東京観光といえば「はとバス」と言われ続けているとあった。
 1949年-終戦からまだそれほど経っていない時代に、東京観光のバスが走り始めたことは時期尚早のように思えたが、ホームページによれば、戦後復興の意気込みとして、国内観光において新しい時代の快適なサービスを提供し、国際観光客には平和な日本の姿を紹介することを趣旨としてこの会社が設立されたようであった。
 湯川博士が日本人初のノーベル物理学賞を受賞し、歌でいえば「銀座カンカン娘」「青い山脈」などが流行した年でもある。この年に発行された穴のあいた5円玉は、稲穂・水・歯車という産業に関わるモチーフで飾られているが、この小さな穴からも、明るい日本の未来を見ることができただろうか。
○はとバスの乗り場は東京駅に近いことから、まずは東京駅最寄りのKITTE(旧東京中央郵便局)の入口で待ち合わせをした。ここには何度か来たことがあったが、この建物の中にミュージアムがあると初めて知って、3階にある学術文化総合ミュージアム「インターメディアテク」に立ち寄り、東京大学の学術文化財である様々なコレクションを見学した。
 所狭しと置かれた沢山の鳥のはく製や、古代人が織ったとは思えない、猫科の動物や鳥などの複雑な文様が織り込まれた美しいアンデスの織物など、思いがけず貴重な資料を見学して得をした気持ちになった。
○そうこうしているうちに、バスの発車時刻も近付き、“ 'O Sola mio”という2階建てのオープン(屋根の無い)タイプのはとバスに急いで乗り込んだ。
 沢山のコースの中から選んだのは、東京タワー、レインボーブリッジ、築地、歌舞伎座、銀座などをまわるコースで、一度もバスから降りることはなく、全て車窓から見学する。私にとって、どこも何度か訪れたことのある場所ばかりなのだが、2階建てという高い位置から眺める景色はどこも新鮮で、あっという間の楽しい時間であった。
 ガイドさんの説明でも知ってるようで知らないことを沢山教えてもらったが、身の回りに楽しいことが沢山転がっていることも教わった有意義な一日になった。

(大森圭子)

お探しのキーワードから過去の記事を検索できます