このページは、HOMEの中のバックナンバー 2015年(第61巻)の中の5月号「PHOTO&WRITING」「随筆」「編集後記」のページです。

バックナンバー2015年(第61巻)2015年バックナンバー一覧

2015年5月号(第61巻5号)


写真提供 : 株式会社アイカム

肺炎原因菌シリーズ 5月号
インフルエンザ菌
Haemophilus influenzae I
「インフルエンザウイルス感染フェレットに二次感染させたインフルエンザ菌の下気道粘膜上皮細胞への付着像」

 インフルエンザ菌は、1889年から翌年にかけてのインフルエンザの世界的大流行に際してPfeifferによって患者の咽頭から初めて分離され、1892年に記載された病原細菌であり、当初はインフルエンザの原因菌と考えられた。ところが約40年経った1933年、Smith, AndrewsおよびLaidlawはインフルエンザ患者の濾過した(細菌を除いた)鼻腔洗浄液をフェレットに経鼻接種すると特徴的な発熱性の病気が起こることを見出し、インフルエンザがウイルス性疾患であることが判明した。
 かくしてインフルエンザ菌とインフルエンザとの直接的な因果関係は否定されたものの、両者が密接に関係していることは事実である。その後の研究から、インフルエンザウイルスの感染のみで死亡する人は少なく、とくに幼児や高齢者さらには慢性肺疾患や消耗性疾患の患者、免疫不全患者などに多くみられる死亡例の大半は二次感染として起こる細菌性肺炎の結果と考えられている。そうした二次感染の主な原因菌として肺炎球菌や黄色ブドウ球菌と並んであげられるのがインフルエンザ菌にほかならない。
 インフルエンザ菌は、球桿菌(coccobacillus)ともよばれる短いものから長い桿菌状のものまで様々な形態を呈する多形性のグラム陰性桿菌であり、全ゲノム塩基配列が最初に(1995年)決定された病原細菌としても有名である。本菌は発育にX因子(ヘミン)とV因子(ニコチンアミドジヌクレオチド)を必要とするという特徴的な栄養要求性をもつ。そのために血液寒天培地などには発育せず、培養にはチョコレート寒天培地を使用しなければならない。
 インフルエンザ菌は多糖体からなる莢膜の血清型に基づいてa型からf型まで6タイプに分けられる。そのなかではb型インフルエンザ菌(H.influenzae type b ; Hib)がとくに強い病原性を示し、幼児や小児の化膿性髄膜炎の原因菌になるほか、時には成人も含めて肺炎、急性喉頭蓋炎(閉塞性喉頭炎)、蜂巣炎、敗血症などの重篤な感染症をひき起こし、侵襲型インフルエンザ菌ともよばれる。血液や髄液からの最多分離株はいうまでもなくこのHibである。これに対して、インフルエンザ菌には莢膜をもたない株も存在し、型別不能インフルエンザ菌(nontypableH.influenzae ; NTHi)とよばれる。血液・髄液以外の検体とくに喀痰から検出されるインフルエンザ菌のほとんどすべてはNTHi株であり、鼻咽頭など上気道に常在し、急性中耳炎、鼻副鼻腔炎、さらには肺炎をひき起こす。
 ここに示す走査型電子顕微鏡写真は、かってSmithらがインフルエンザのウイルス病原体説を証明した時と同様にフェレットを用い、まず気管を切開してそこからインフルエンザウイルスを接種しておき、その24時間後にインフルエンザ菌(NTHi株)を同じく経気道的接種し、さらに24時間経った後に撮影した下気道内腔像である。内腔表面を覆う線毛上皮細胞の処々にインフルエンザ菌(淡紅色に着色)が単一個体かまたは様々な大きさの集簇をつくって付着している。上皮細胞表面は、通常、粘液層で覆われており、この粘液中に含まれるムチンにも本菌は付着する。本菌の付着に関してぜひ指摘しておきたい重要な点は、上皮細胞がウイルスなどによって傷害された場合に付着菌数が増加する(したがって二次感染が起こりやすい)ことである。これは、インフルエンザウイルスを予め感染させておかなかったフェレットでは本菌の付着がみられなかったことからも明らかである。

写真と解説 山口 英世

1934年3月3日生れ

<所属>
帝京大学名誉教授
帝京大学医真菌研究センター客員教授

<専門>
医真菌学全般とくに新しい抗真菌薬および真菌症診断法の研究・開発

<経歴>
1958年 東京大学医学部医学科卒業
1966年 東京大学医学部講師(細菌学教室)
1966年〜68年 米国ペンシルベニア大学医学部生化学教室へ出張
1967年 東京大学医学部助教授(細菌学教室)
1982年 帝京大学医学部教授(植物学微生物学教室)/医真菌研究センター長
1987年 東京大学教授(応用微生物研究所生物活性研究部)
1989年 帝京大学医学部教授(細菌学講座)/医真菌研究センター長
1997年 帝京大学医真菌研究センター専任教授・所長
2004年 現職

<栄研化学からの刊行書>
・猪狩 淳、浦野 隆、山口英世編「栄研学術叢書第14集感染症診断のための臨床検査ガイドブック](1992年)
・山口英世、内田勝久著「栄研学術叢書第15集真菌症診断のための検査ガイド」(1994年)
・ダビース H.ラローン著、山口英世日本語版監修「原書第5版 医真菌-同定の手引き-」(2013年)

細胞診の底力

大森赤十字病院・検査部
坂本穆彦

 例えば癌検診を受けたところ、細胞診で子宮頸部に扁平上皮癌が検出されたとしても、更に組織診でその判定が裏づけられることが治療開始のためには必要とされる。つまり、細胞診は補助診断、組織診が最終診断という住み分けが病理検査/診断のセントラル・ドクマだからである。日常診療ではこの様に細胞診よりも組織診の方が優位に扱われている。
 しかし、これは細胞診の一面にすぎない。診断の根底にかかわる部分では、細胞診は実は大きな力を発揮している。だがこのことは余り知られていない。
 細胞診が組織診をリードした例を、子宮頸部でみてみよう。まず、上皮内癌と異形成の用語と定義の確立についてである。“浸潤がなければ癌とはいえない”などの考え方が交錯する中、1960年代に開催された細胞診の国際会議で、上皮内癌を浸潤のない癌、異形成を良・悪性の中間的病態と定義し、実地に運用した。その有用性は組織診でも確認され、後年組織分類にそのまま取り入れられた。また、20世紀終盤にいたり、ヒト乳頭腫ウイルス(HPV)が異形成や癌の病因として認識された。この流れの中で、1989年に細胞診の側から新しい概念である扁平上皮内病変(SIL)が提唱された。異形成・上皮内癌をHPV感染に関連した病変として一括したものである。この発想は、腫瘍の概念に再検討を求めるほどの画期的なものであったが、それでも徐々に各国に浸透していった。遅ればせながら、我が国でも数年前に細胞診用語として公式に採用された。2014年版WHO組織分類にも遂にSILが組織診断名として掲載された。
 この様に細胞診は、病態の本質にかかわる部分ではたえず時代の先を歩んでいる。この事情を知れば知るほど、細胞診が補助診断としての臨床的側面のみで説明されている現状は何とも歯がゆい。ささやかな試みとして、私は著述や講義・講演では“細胞診の意義は単に補助診断にとどまるものではない”、“細胞診と組織診は病理検査/診断の車の両輪である”と述べることにしている。

○春まだ浅い時期の、薄衣を纏うようなほのかなあたたかさに、ゆるやかな季節の変化を楽しんでいたところ、忽ちのうちに日差しさは強さを増し、東京では早々と夏のような強い日差しが照りつけることの多い5月となった。
 臨機応変に、T-シャツ、素足、サンダル、日傘といった夏さながらのスタイルに変身する人の姿を見ても違和感は感じられず、そのうちに「季節感」という言葉の定義もあやふやになってしまうかも知れないと思いつつ、暑がりの私は、皆より少し早く半袖になった。
○ひと昔前まで、「日傘」というと夏の風物詩のように思っていたが、この頃では早々と街角に現れる。「紫外線」「UV」対策などという言葉がまだあまり聞かれないような古い時代には、日傘というと、紫外線というより暑さを緩和するために「日陰を連れて歩ける便利な道具」というイメージであった。しかし、紫外線対策が重要視される近年では、急激に紫外線が強まる3月頃からすでに対策が必要ともいわれ、とくに美容に敏感な女性の間では、年間で紫外線が最も強い6月から8月頃までの間は、ローションなどの日焼止めに加え日傘は必需品となっている。
○「かさ」には、直接頭に着装する「かぶりがさ」と長柄が装置された「さしがさ」の二つがある。漢字で書くと前者が「笠」、後者が「傘」である。
 「笠」の漢字のなかの「立」は人が立っている姿を表し、その上の「竹」は竹製の被り物を表しているといわれる。また「傘」の4つの「人」の文字はかさの骨を表し、全体はかさを開いたときの形を表しているといわれる。
 これらの象形文字からもその違いは明らかである。
○奈良・平安時代には、笠地蔵がかぶっているあの「菅すげ笠」の大きなものに都度長い柄を付けて、高貴な人に差しかけて使う「柄菅笠」があり、これと中国から渡来した天蓋式絹傘が合わさって変化を遂げ、和傘ができたといわれている。
 平安時代に清少納言が記したとされる随筆集「枕草紙」には
 「雪高う降りて、今もなほ降るに……からかさをさしたるに、風のいたう吹きて横ざまに雪を吹きかくれば、すこしかたぶけて歩み来るに、深き沓くつ、半靴などの脛はばき巾まで、雪のいと白うかかりたるこそをかしけれ」という段がある。
 最近はあまり聞かないが、ここに出てくる「からかさ」とは和傘の総称である。
 この「からかさ」の「から」とは、古い文献に「柄笠」や「柄傘」の文字が残されていることから「柄え」を意味するという説や、「唐から」「韓から」から舶来したことに由来するという説、自由に開閉できることから機械装置を示す「からくり」の言葉に由来するなど、どれも尤もらしい色々な説があって面白い。
○江戸時代の延宝・天和・貞享年間(1673-1688)には、婦女子の間で花鳥や唐草などの模様が描かれた「絵日傘」が流行したそうである。
 「絵日傘」は、もとは子供用であったものが、女性の結髪が大きくなるにつれ「笠」の使用が不便になり、大人用にも作られ流行したそうである。
 今から300年以上も昔から、女性を守るもの、またおしゃれな道具として、日傘の人気が高かったことに驚かされるが、機能的な理由はもちろんのこと、フランスの画家クロード・モネが夫人を描いた作品「日傘をさす女性」からも感じ取れるように、日傘をさした女性が、より女性らしく美しく見えることも人気の衰えない大きな理由の一つだろう。
 少なくとも、季節や天候にかかわらず一年中どこにでも現れる過保護な「乳母日傘」の姿を眺めるよりも、背筋を伸ばして日傘をさした凛とした女性の姿を眺めたいものである。

(大森圭子)

お探しのキーワードから過去の記事を検索できます