このページは、HOMEの中のバックナンバー 2015年(第61巻)の中の4月号「PHOTO&WRITING」「随筆」「編集後記」のページです。

バックナンバー2015年(第61巻)2015年バックナンバー一覧

2015年4月号(第61巻4号)


写真提供 : 株式会社アイカム

肺炎原因菌シリーズ 4月号
肺炎球菌
Streptococcus pneumoniae IV
「経気道感染後に膿胸を発症したマウスにおける胸膜表面の走査型電子顕微鏡像」

胸水は、肺炎球菌肺炎の最多併発症であり、かつては罹患患者の1/4に見られた。胸水は浸出液の特徴をもつが、グラム染色や培養では肺炎球菌は証明されない。また大多数の症例においては、胸水の量は少なく、発熱などの症状もみられない。しかし一部の症例は、肺炎に続いて悪寒戦慓を伴う高熱、胸痛、呼吸困難、頻脈、好中球増多症などの症状を伴って急性膿胸を発症する。胸腔穿刺によって膿性浸出液の貯溜が確認されれば診断が確定する。治療には適切な抗菌薬の投与と持続ドレナージが不可欠である。
 肺炎球菌肺炎に続発する急性膿胸の動物モデルについてはほとんど報告を見ないが、1996年に紺野昌俊先生(帝京大学名誉教授、ペニシリン耐性肺炎球菌研究会代表)の監修のもとに(株)アイカムが製作した「肺炎」と題する学術映画のなかにマウスモデルを使って急性膿胸の発症過程を追った見事な映像が収められている。それはヒトの場合と同様にマウスに対しても最も強い毒力を示す肺炎球菌3型菌臨床分離株の培養菌液を健常な近交系マウスの片肺の気管支内に注入して肺感染モデルを作成し、経時的に安楽死させたマウス個体から摘出した感染肺の外表面を覆う胸膜の標本を走査型電子顕微鏡下で観察した映像である。感染15時間後ではすでに多数の菌が胸膜を破ってその外側に出現しているものの、この時点で白血球の姿は認められない。感染24時間後になると、菌の集塊の周りを多くの白血球(好中球)が取り囲み、急性膿胸とよばれる病態が成立したことを明確に示している。その感染24時間後の走査型電子顕微鏡像がこの写真の原画である。ただし分かりやすくするために肺炎球菌を黄色に着色してある。(転載をご快諾下さった紺野昌俊先生に深謝いたします。学術映画「肺炎」は現在DVD版として(株)アイカムから発売されています。)

写真と解説 山口 英世

1934年3月3日生れ

<所属>
帝京大学名誉教授
帝京大学医真菌研究センター客員教授

<専門>
医真菌学全般とくに新しい抗真菌薬および真菌症診断法の研究・開発

<経歴>
1958年 東京大学医学部医学科卒業
1966年 東京大学医学部講師(細菌学教室)
1966年〜68年 米国ペンシルベニア大学医学部生化学教室へ出張
1967年 東京大学医学部助教授(細菌学教室)
1982年 帝京大学医学部教授(植物学微生物学教室)/医真菌研究センター長
1987年 東京大学教授(応用微生物研究所生物活性研究部)
1989年 帝京大学医学部教授(細菌学講座)/医真菌研究センター長
1997年 帝京大学医真菌研究センター専任教授・所長
2004年 現職

<栄研化学からの刊行書>
・猪狩 淳、浦野 隆、山口英世編「栄研学術叢書第14集感染症診断のための臨床検査ガイドブック](1992年)
・山口英世、内田勝久著「栄研学術叢書第15集真菌症診断のための検査ガイド」(1994年)
・ダビース H.ラローン著、山口英世日本語版監修「原書第5版 医真菌-同定の手引き-」(2013年)

プロテインS比活性測定

佐世保市保健所 所長
九州大学 名誉教授
濱崎直孝

親に顔や骨格、性格が似るのは当然であり、それが遺伝であることを皆は知っている。一方、個人の知力、知能については、遺伝よりもその個人の努力の成果が反映されている。例えば、算盤の達人が、凡人には信じがたいような計算を瞬時に正確に行うのは、その達人が素晴らしい能力を遺伝的に持っていたのではなく、その達人が努力して、頭脳が持つ算盤機能を有効に利用することができるようになったことを意味している。アルバート・アインシュタインやスティーブン・ホーキングなど天才物理学者といわれている人々でも基本的には同様な努力をしたと思われる。頭脳も遺伝するのは間違いないが、人間が日常生活で活用している頭脳機能(知力、知能)は、その頭脳機能を使えるように各個人で努力して獲得しなければならないということである。それ故に、卓越した知識人の子息が凡人以下ということもしばしば起こるのである。
 医学・医療を学び始めた医学生時代には考えもしなかったが、最近では、各個人の健康状態はほとんど遺伝に左右されていると考えるようになった。災害や交通事故などによる直接的な障害は別であるが、環境的要因が大きいと考えられている感染症の発症ですら遺伝の影響を受けている。“普通の病気”でも各個人が持つ様々な遺伝子の組み合わせ(=体質)の違いで病気の発症や病勢に影響が出る。全て体質(遺伝子の組み合わせ)によって運命的に影響されるのである。そのような中で、知力、知能に関しては遺伝ではなく、無限の可能性を各個人の努力とした仕組は、神様が人類に与えた恵みなのだろうか。
 最初から話が横道にそれたが、我々は“エコノミークラス症候群”(正式病名:静脈血栓塞栓症)の危険因子となる遺伝子の一つを明らかにすることができた。九州大学病院検査部の皆さん方と1993年(平成5年)から定年退職する2006年(平成18年)までの足かけ15年間の系統的な調査をした結果である。静脈血栓塞栓症は昔から体質的に発症しやすい人々がいることは知られており、そのような人々を血栓性素因(Thrombophilia)を持っていると称している。15年に亘る系統的な調査で日本人の約4%の人々は血栓性素因を持っており、大きな手術後や長時間の飛行機旅行や避難所生活で静脈血栓塞栓症を発症する危険度が5−10倍も高くなることが判明した。その危険な遺伝性素因(血栓性素因)はプロテインSとよばれる血液凝固にブレーキをかけるタンパク質の遺伝子で、プロテインSの機能異常(=遺伝子異常)がその発症の原因であった。その帰結からさらに9年経過する2015年(平成27年)4月からプロテインS機能検査(プロテインS比活性測定)が医療保険による通常の血液検査で手軽に検査ができるようになる。苦節20年である。

○長く慣れ親しんだ地との別れを惜しむ冬に、何度となく居場所を譲り渡していたお人よしの春も、ようやく冬を送り出し、あるべき場所に腰を落ち着けてくれたようである。
 春風の気まぐれに、しなやかな枝を鷹揚に任せている枝垂れ桜は、大きな薄紅色の噴水のように荘厳でありながら、舞妓さんのうなじで揺れる花かんざしのように可憐でもある。木々の小枝から恐る恐る顔を出した新米の木の葉達は、今にもこぼれ落ちそうな明るい日差しを小さな葉いっぱいに受け止めるのが精いっぱいといった様子で、どんなに手の込んだイルミネーションも足元にも及ばないほど、自分らが美しくきらめいていることに気がついていないようである。
 生まれたばかりの春の使いがあちこちに舞い降りてくる、心躍る季節である。
○先日、青果売場を覗いてみると、プラスチックケースにコロコロと並んだグリーンピースが目にとまり、炊き込みご飯を作ろうと買い求めた。しかしなかなか手が付けられず、それから数日して野菜室から取り出してみると、わずかながら根を出しているものを見つけた。あまりのけなげさにとても炊飯器には入れられず、コットンに水を含ませ豆を乗せておいたところ、驚くほどの速さで葉と茎を伸ばし、一週間もすると5センチほどの高さになった。
 牛をお金に換えようと牛を売りに出た少年ジャックは、大切な牛を魔法の豆と交換してしまう。怒った母親が豆を庭に捨てると、翌日には雲の上にまで届いていた…というイギリスの童話「ジャックと豆の木」は、作者が豆の成長の勢いに驚かされて出来たのものであろうか。調べてみると、グリーンピースの草丈は150〜200cmにもなるようだが、本来、秋に種をまき、幼苗で越冬し、春にツルを伸ばして収穫に至る植物。残念ながら今、芽を出したものは、気温が上がれば生育は望めないようである。
 グリーンピースはエンドウの未成熟な豆であり、エンドウにはほかに、若いサヤを食べる「サヤエンドウ」、サヤごと豆を食べる「スナップエンドウ」がある。次々と現れる新種の野菜には全くついていけず、初めてスナップエンドウを見た時は、肉厚でころっとした形状をグリーンピースと思いこみ、豆の小ささを嘆きながら幾つかサヤを剥いたあとに、ようやくグリーンピースではないことに気がついたほどである。
 他にも「ツタンカーメンの豆」と呼ばれるエンドウもあり、古代エジプトの君主・ツタンカーメンの墓に死後の食物として、穀類などとともに壺に入れられていた豆と言われている。それが日本の食卓に並ぶまでに一体どのような壮大なストーリーがあるのか本当であれば知りたいが、残念ながら確かな証拠はないようである。

(大森圭子)

お探しのキーワードから過去の記事を検索できます