このページは、HOMEの中のバックナンバー 2015年(第61巻)の中の3月号「PHOTO&WRITING」「随筆」「編集後記」のページです。

バックナンバー2015年(第61巻)2015年バックナンバー一覧

2015年3月号(第61巻3号)


写真提供 : 株式会社アイカム

肺炎原因菌シリーズ 3月号
肺炎球菌
Streptococcus pneumoniae III
「経気道感染マウスの気管支粘膜上に観察される菌体の走査型電子顕微鏡写真」

肺炎球菌肺炎の発症機序の解明には本症の優れた動物モデルでの組織病理学的解析が欠かせない。そのためにこれまで数多くのタイプの動物モデルが開発されてきた。ヒトの肺炎に似た病像を呈する良好な動物モデルの作成にあたってとくに考慮しなければならないのは、次の3つの要因である。(@)感染させる動物の種類、(A)感染に用いる肺炎球菌の菌株、(B)感染(菌接種)の経路。
 これまでマウス、ラット、ウサギなどの動物を用いて肺炎球菌肺炎の動物モデルの作成が試みられてきたが、現在最も多く使用されている実験動物は近交系マウス(BALB/C、C57BL/6、DBAなど)である。その理由は、免疫系が厳密にコントロールされているために様々な実験的処置に対して均一に応答することにある。同じ動物を使って実験的感染モデルをつくった場合であっても、感染の結果つまり生じる病態は、感染菌として用いた肺炎球菌の菌株によって大きく異なってくる。本菌菌株の毒力がヒトのみならずマウスなどの動物においても莢膜の血清型に強く影響されることはよく知られている。しかし幾つものヒト分離株について検討された結果では、ヒトと動物に対する毒力は必ずしも一致しない。マウスに関していえば、2、3、4、5 および6 型菌はいずれも毒力株であるが、14、19および23型菌の毒力は弱い。こうした多様な毒力をもつ菌株のなかから目的に応じて至適な毒力をもつ菌株を選んで動物モデルをつくることになる。最後に問題となるのは、どの経路から感染させるかである。これまで、経鼻、経気管、または経気管支といった様々な感染経路が用いられてきたが、接種菌液を効率よく確実に肺に送り込むという観点から、現在では後2 者の経路が選ばれることが多い。
 本号で提示するのは、肺炎患者由来の肺炎球菌6 型分離株の菌液を健常(免疫正常)な近交系マウスの片肺の気管支内に注入するという方法で作成した肺炎マウスモデルを用いたin vivo 実験の結果の一部である。この表紙写真は、感染から間もない時点での気管支内腔の走査電子顕微鏡像を示す(分かりやすくするために、肺炎球菌は緑色、粘液球は淡褐色、気管支粘膜表面の構造物は淡紫色、に各々着色してある)。写真から明らかなように、線毛上皮細胞とそこからイソギンチャクのように長く伸びた束状の線毛、上皮細胞間に局在する杯細胞と分泌された様々な大きさの粘液球などが気管支内腔の表面を覆っている。肺炎球菌はこれらの構造物に接して散在しているのが観察される。

写真と解説 山口 英世

1934年3月3日生れ

<所属>
帝京大学名誉教授
帝京大学医真菌研究センター客員教授

<専門>
医真菌学全般とくに新しい抗真菌薬および真菌症診断法の研究・開発

<経歴>
1958年 東京大学医学部医学科卒業
1966年 東京大学医学部講師(細菌学教室)
1966年〜68年 米国ペンシルベニア大学医学部生化学教室へ出張
1967年 東京大学医学部助教授(細菌学教室)
1982年 帝京大学医学部教授(植物学微生物学教室)/医真菌研究センター長
1987年 東京大学教授(応用微生物研究所生物活性研究部)
1989年 帝京大学医学部教授(細菌学講座)/医真菌研究センター長
1997年 帝京大学医真菌研究センター専任教授・所長
2004年 現職

<栄研化学からの刊行書>
・猪狩 淳、浦野 隆、山口英世編「栄研学術叢書第14集感染症診断のための臨床検査ガイドブック](1992年)
・山口英世、内田勝久著「栄研学術叢書第15集真菌症診断のための検査ガイド」(1994年)
・ダビース H.ラローン著、山口英世日本語版監修「原書第5版 医真菌-同定の手引き-」(2013年)

「ウイスキー・ラベル物語」のその後

自治医科大学 名誉教授
河合 忠

NHKの朝ドラ「マッサン」が放映されていることもあり、ジャパニーズ・ウイスキーがこの処、マスコミや友人の間でもしばしば話題となっている。小生のつたない随筆シリーズ「ウイスキー・ラベル物語」が本誌に掲載されたのは2002年から5年間にわたり、合計24編となった。間もなく、大阪の「現代創造社」からの依頼があり、それらの原稿をほぼそのままの内容で編集しなおして、「琥珀色の奇跡ウイスキーラベルの文化史」という素晴らしいタイトルの単行本として2007年3月に出版された。もちろん、素晴らしいタイトルと“琥珀色”に近い美しい表紙デザインは出版社の編集スタッフに依るのだが、加えてその出版を快く許可して頂いた栄研化学株式会社並びに本誌の編集嬢の手助けがあってのことであった。医学書以外の単行本としては初めての経験であり、何回も手に取って眺めたことであった。残念ながら出版社の都合で絶版となり、今ではインターネットなどで中古品を探す以外に入手方法はなくなった。日本のウイスキー消費量は、焼酎ブームに圧されて、1982年をピークに激減してきたが、この処2009年頃から国内消費量がやや上向きになっていたが、2014年に大きな転機を迎えている。ニッカウヰスキーはアサヒビールの傘下に入っても創業者竹鶴政孝氏の伝統を守り続け、「マッサン」の放映で人気が上昇中である。サントリーウイスキーは海外進出へ大きく舵を切った。『白州』の里に4基の蒸留窯を増設し、世界140か国に販売網を持つ米国のビーム社を買収し、2020年までには1兆円の売り上げを目指すという。さらに、拙著では第5章の最後のページに10行ほど紹介したイチローズ・モルトが、創業10年の今日秩父のウイスキーとして人気を博し、ニッカ、サントリーとともに国際品評会で最優秀賞を獲得し、文字通りジャパニーズ・ウイスキーは世界に大きく羽ばたきつつある。

○本号には、東海大学名誉教授の小澤 敦先生に、本誌の初代編集委員 佐々木正五先生の追悼文をお書きいただきました。
 読者の皆様の中にも、佐々木先生と深いご親交があった方がおいでになり、先生との様々な思い出を大切にされていることと思います。
 わたくしにとっては、昨年10月に開催された「第50回小島三郎記念文化賞」ならびに「第22回研究助成金」贈呈式の会場で、佐々木先生にお目にかかったのが最後になってしまいました。とてもお元気そうなご様子で、それからほんのひと月後に鬼籍に入ってしまわれるとは思いもよらないことでした。
○佐々木先生は、仏像彫刻の趣味をおもちでした。一度、展覧会にうかがわせていただいたときには、京都・興福寺の国宝館に安置されている「阿修羅像」と同形の作品を出展されていました。
 「阿修羅像」ではとくに、奈良時代に作られた興福寺に安置されている像や鎌倉時代に作られた京都・三十三間堂に安置されている像が有名です。興福寺の像が少年の顔をしているのに対し、三十三間の像は恐ろしいほどに荒々しい顔に表現されています。
 阿修羅像は三面六臂(3つの顔と6本の腕を備えている)の姿をしており、第一手は胸の前で合掌していますが、左右に広げられた第二手の左掌には日輪・右掌には月輪、第三手の左掌には弓・右掌には矢が掲げられていたともいわれています。
 第二手の日輪・月輪は昼夜・東西を表し、いつどこにいようとも私が弓矢で守っている、という意味をもっているとの説があります。
 先生の作品は、目分量で60cmほどの高さがあったでしょうか、立派な仏像で、“未完成”とお聞きしたものの、しなやかな腕と憂いをたたえるお顔は、すでに十分な優しさと貴品をまとっていました。
 佐々木先生がなぜ阿修羅像をモチーフに選ばれたのか、お聞きしないままになってしまい心残りですが、天国にいらっしゃる佐々木先生をがっかりさせないよう、これからも編集に尽力したいと思っております。

(大森圭子)

お探しのキーワードから過去の記事を検索できます