このページは、HOMEの中のバックナンバー 2015年(第61巻)の中の2月号「PHOTO&WRITING」「随筆」「編集後記」のページです。

バックナンバー2015年(第61巻)2015年バックナンバー一覧

2015年2月号(第61巻2号)


写真提供 : 株式会社アイカム

肺炎原因菌シリーズ 2月号
肺炎球菌
Streptococcus pneumoniae II
「培養した気道上皮細胞に感染させた菌の
細胞内増殖を示す共焦点顕微鏡写真」

前号では位相差顕微鏡による観察法を用いて培養気管上皮細胞内で起こると推測される肺炎球菌の増殖の姿に迫った。しかしこの方法を含めて通常の光学顕微鏡法には次の点で大きな限界があることにやがて気がついた。第1 点は、解像力が不十分なために観察の標的とする構造物すなわち感染菌の形態・存在様式が不明確なことである。さらに第2 には、二次元の情報しか得られないために標的構造物の三次元的位置、つまり細胞の表面にあるのかそれとも細胞内にあるのか、が確認できないことである。これらの限界を乗り超えるためには共焦点レーザー顕微鏡による方法が最適と考え、これを用いて観察を行った。
 上の写真は、平面的走査によって感染上皮細胞を上から見た場合の画像である。緑色を呈する上皮細胞の内側に強い黄色の蛍光を発する構造物が多数集まっていること、しかも個々の構造物は互いに隔離されていることが分かる。この黄色蛍光は肺炎球菌の菌体を示しており、隣の菌体とはおそらく直接接触しているものの、両者の間には莢膜が存在するために離れて見えるものと考えられる。通常の光学顕微鏡法の場合と比べると、共焦点顕微鏡法で得られる菌体(黄色蛍光構造物)の像ははるかにシャープである。前者の方法では焦点面の情報だけではなくその前後の面の情報も被ってくるために細部が不明瞭になるのに対して、後者では焦点面の情報に限定されるので解像度のより高い画像が得られることによる。
 下の写真は、立体的に走査した場合に得られる上皮細胞を真横から見た共焦点顕微鏡像である。この画像から、黄色蛍光構造物(菌体)が細胞の表面ではなく確かに内部に集っていることが分かる。これは感染した肺炎球菌が気道上皮細胞に侵入し、細胞内で増殖することを明確に示している。

写真と解説 山口 英世

1934年3月3日生れ

<所属>
帝京大学名誉教授
帝京大学医真菌研究センター客員教授

<専門>
医真菌学全般とくに新しい抗真菌薬および真菌症診断法の研究・開発

<経歴>
1958年 東京大学医学部医学科卒業
1966年 東京大学医学部講師(細菌学教室)
1966年〜68年 米国ペンシルベニア大学医学部生化学教室へ出張
1967年 東京大学医学部助教授(細菌学教室)
1982年 帝京大学医学部教授(植物学微生物学教室)/医真菌研究センター長
1987年 東京大学教授(応用微生物研究所生物活性研究部)
1989年 帝京大学医学部教授(細菌学講座)/医真菌研究センター長
1997年 帝京大学医真菌研究センター専任教授・所長
2004年 現職

<栄研化学からの刊行書>
・猪狩 淳、浦野 隆、山口英世編「栄研学術叢書第14集感染症診断のための臨床検査ガイドブック](1992年)
・山口英世、内田勝久著「栄研学術叢書第15集真菌症診断のための検査ガイド」(1994年)
・ダビース H.ラローン著、山口英世日本語版監修「原書第5版 医真菌-同定の手引き-」(2013年)

Air-travel Borne Infections

慶應義塾大学 名誉教授
相川 直樹

西アフリカで発生したエボラ出血熱(Ebora virusdisease : EVD)が猛威をふるっている。過去にもアフリカでアウトブレークがあったが、今回は、現地で患者を扱って発症した医療人が医療を受けるため航空機で搬入された欧米にも侵入した。欧米からみれば輸入感染症だ。
 昔、あるコラムに“Air-travel Borne Infections”の記事を書いたことがある。2009年の新型インフルエンザ(A/H1N1)の時、WHOのパンデミック宣言2か月前の4月に、ロンドンからマイアミに行く仕事があった。その数日前にメキシコで患者が発生したので、マイアミ空港の検疫は厳しいと推察していたが、非流行地の英国からの乗客と中南米からの乗客に区別はなく、簡単に入国できてしまった。ところが、その8日後にシカゴから成田に到着した時は、宇宙服のような重装備の検疫官がキャビンに乗り込んできて、乗客一人一人に質問しサーモグラフィーで検温、機外に出るまで1時間ほどを要した。安易な米国に比べ、日本の徹底した検疫の厳しさに感激したものの、その後日本でも患者が多発、厳しい空港検疫でもA/H1N1の輸入を防げなかった。1370年代にペストが流行した時、海洋交易都市ベニスで入港前待機を40(イタリア語のquaranta)日に延長したQuarantine(検疫)でも慢性感染症は防げなかったし、15世紀末の新大陸からの梅毒も検疫をすり抜けた。
 潜伏期が短い急性感染症には港の検疫は有用だが、いまやヒトの大陸間異動は専らair-travelとなり、成田空港だけでも年間2千5百万人以上の入国者が持込む感染症を防ぐのは至難の業だ。潜伏期間が最長3週間ともいわれるEVDには、入国者が流行地への渡航歴を偽りなく申告しない限り空港検疫は機能しない。このような感染症を筆者は“Air-travel BorneInfections”と呼んでみた。インフルエンザ、麻疹、結核などのAirborne Infectionsとは一味違う造語である。

(脱稿:2014年11月23日)

○2月の節分には全国的に、鬼を退散させ、福を招き入れる豆まきの行事がある。一瞬、鬼ときくと恐ろしいが、鬼にも様々な性格があるらしく、優しい鬼としてまず思い浮かべるのが童話作家・濱田廣介が書いた「泣いた赤鬼」の鬼である。
 とある山のがけのところに1軒の家があり、人間と仲良く暮らしていきたいと願う赤鬼が住んでいる。家の前には「ココロノ ヤサシイ オニノ ウチデス。ドナタデモ オイデ クダサイ。オイシイ オカシガゴザイマス。オチャモ ワカシテ ゴザイマス。」の立てふだを立てて人間のお客を待っているが、人々は恐ろしがって寄りつかない。来ないお客を待つうちに失意はやがて苛立ちに変わり、立てふだを引き抜きあばれる赤鬼のもとに友人の青鬼がやってくる。話を聞いた青鬼は、自分がふもとの村に行きわざとあばれるから、僕の頭をぽかぽかなぐって退治すれば、人間は君をほめたてて、安心して遊びにくるに違いないとひと芝居企てる。芝居はうまくいき、赤鬼の家には人々が集まるようになるのだが、御礼に向かった青鬼の家の戸口のきわに「…コノママ キミト ツキアイヲ ツヅケテ イケバ、 ニンゲンハ、 キミヲ ウタガウ コトガ ナイトモ カギリマセン。…ソウカンガエテ ボクハ コレカラ タビニ デル コトニ シマシタ。…ドコマデモ キミノ トモダチ」と書かれた青鬼の張り紙を見つけ、静かに赤鬼の下を去った青鬼を思って赤鬼はしくしく泣くのである。青鬼のあまりにも深い思いやりに感極まって、赤鬼とともに泣いた人も多いのではないだろうか。
 濱田廣介には他に、もうこの世にはいない母さん鳥をひたすら待ち続ける椋鳥の子のお話「椋鳥の夢」もあるが、作品に共通するストーリーや文章の美しさ、あたたかさは、赤鬼の書いた立てふだひとつからもうかがえる。見た目で人を判断することの愚かさ、友情の大切さ、自分のことばかりに目を向けていると大切なことに気づかないこと、大事なものは失ってはじめて分かること、日本語の本来の美しさ、更には、美味しいお茶とお菓子目当てに赤鬼の家を訪れる人間の厚かましさなどなど、大人になってからも自分の気持ちひとつで童話から学ぶことは多い。
○他にも、鬼を題材にした物語に「大工と鬼六」がある。大雨が降ると何度となく橋が流されてしまう流れの速い川に、どうしたら橋をかけられるのか、途方に暮れる大工の前に、突然、川底から大きな鬼が現れる。鬼は大工に代わって見事な橋を完成させるが、その代償に目ン玉を貰うが、自分の名前を言い当てられれば目ン玉は諦めてやると言う。大工は怖くなり逃げだそうとするのだが、逃げる途中で偶然鬼の子を見かけ、口ずさむ歌に「鬼六」の名前を聞く。大工は鬼の元にかけ戻り、見事鬼の名前を言い当てると、鬼はそれから二度と現れることなく、また、その橋は二度と流されることがなかったという。
 鬼の話といっても、桃太郎に出てくるような強欲で人間を苦しめる悪い鬼ばかりでなく、友達思いの優しい鬼、器用なうえに約束を守る誠実な鬼まで登場し、住んでいるところもどうやら人間界からさほど遠くないところのようである。物語に出てくる鬼たちは、いつの時代も人のそばにいて、人間が持つあらゆる心を映し出してみせては、良いこと悪いことを学ばせてくれようとする、人間思いの好人のようにも感じられるのである。

(大森圭子)

お探しのキーワードから過去の記事を検索できます