このページは、HOMEの中のバックナンバー 2015年(第61巻)の中の12月号「PHOTO&WRITING」「随筆」「編集後記」のページです。

バックナンバー2015年(第61巻)2015年バックナンバー一覧

2015年12月号(第61巻12号)


写真提供: 株式会社アイカム

肺炎原因菌シリーズ 12月号
結核死亡例の肺に認められた結核菌と糸状菌(アスペルギルス?)の混合感染像

結核菌と糸状菌が肺病巣中に共存しているところをとらえた珍しくもまた貴重な結核感染患者の病理組織写真を打ち止めにしてこのシリーズの幕を閉じたい。ここに示す走査型電子顕微鏡(SEM)写真は、(財)結核予防会結核研究所に半世紀以上もの長い間保存されてきた古い剖検肺標本から新たに試料を作成して観察・撮影したものである。同研究所の記録によれば、この剖検例は1937年に結核で死亡した21歳の男性とのことである。1930年代といえば、わが国では依然として結核が猛威をふるい、まだ治療薬もなかったことから、彼のように若くして結核菌に命を奪われる人が跡を絶たない悲惨な時代であった。今から振り返ると隔世の感があるが、結核との長い戦いの歴史にあらためて思いを致さざるを得ない。

この肺標本の肉眼的病理所見としては、気管支の支配領域に沿って乾酪巣が大きく広がっているのが特徴的であった。SEMで詳しく観察したところ、乾酪巣やその周辺に大小様々な肺胞が存在するなかで或る肺胞の内部に屈曲した有隔菌糸を伸ばしている糸状菌(緑色に着色)が見つかった(写真A)。さらにその一部分を強拡大したSEM像からは、肺胞壁を貫通した二叉状の菌糸の近くに粘液状の構造物と絡み合った結核菌(紅色に着色)の小集簇が存在することも確認された(写真B)。この写真に写っている糸状菌が何であるか今となっては正確な同定は難しいが、菌糸が有隔性であることや肺感染を引き起こす頻度の高さなどを考慮するならば、アスペルギルスである可能性が最も高い。

それにしてもこの混合感染像は意外であった。肺結核が治癒した後に残った浄化空洞内にアスペルギルスが経気道的に侵入・増殖して生じる非侵襲性肺アスペルギルス症(肺アスペルギローマ)は、わが国では肺アスペルギルス感染症の大半を占める最多病型としてよく知られている。しかし重篤な活動性肺結核の患者にアスペルギルスの混合感染が起こったという事例はこれまで聞いたことがなかったからである。この症例に限らず、もしかしたら難治性の肺結核にはアスペルギルスなどの真菌による混合感染例がかなり含まれているのではないか、そんな疑念まで抱かせる興味深い写真である。

昨年の新・真菌シリーズに引き続いて今年の肺炎原因菌シリーズもこれをもって予定通り完了することができた。真菌は無論のこと、形態がはるかに単純な細菌ですら、時に美しい姿を垣間見せて私を魅了する。こんな独りよがりに共感して下さる方が1人でも多く居られることを願いつつ、2年間お付き合い頂いたことに深謝いたします。最後になりましたが、両シリーズを通して暖かい励ましとご協力を惜しまなかったモダンメディア編集室・大森圭子さん、ならびに毎号当方の意にぴったりな写真を快く準備して下さった(株)アイカム・山内修氏にあらためて厚く御礼申し上げます。

写真と解説 山口 英世

1934年3月3日生れ

<所属>
帝京大学名誉教授
帝京大学医真菌研究センター客員教授

<専門>
医真菌学全般とくに新しい抗真菌薬および真菌症診断法の研究・開発

<経歴>
1958年 東京大学医学部医学科卒業
1966年 東京大学医学部講師(細菌学教室)
1966年〜68年 米国ペンシルベニア大学医学部生化学教室へ出張
1967年 東京大学医学部助教授(細菌学教室)
1982年 帝京大学医学部教授(植物学微生物学教室)/医真菌研究センター長
1987年 東京大学教授(応用微生物研究所生物活性研究部)
1989年 帝京大学医学部教授(細菌学講座)/医真菌研究センター長
1997年 帝京大学医真菌研究センター専任教授・所長
2004年 現職

<栄研化学からの刊行書>
・猪狩 淳、浦野 隆、山口英世編「栄研学術叢書第14集感染症診断のための臨床検査ガイドブック](1992年)
・山口英世、内田勝久著「栄研学術叢書第15集真菌症診断のための検査ガイド」(1994年)
・ダビース H.ラローン著、山口英世日本語版監修「原書第5版 医真菌-同定の手引き-」(2013年)

抗菌薬が新しい病気を量産している

国立医薬品食品衛生研究所
三瀬 勝利

抗菌薬はワクチンと共に、人類に最大の幸福をもたらした発明品である。抗菌薬を含む医薬品こそが『人生80年』と言われる今日の長寿社会をもたらした。しかし、一方では抗菌薬の乱用や、過剰な衛生志向が、新しい病気を生み出しているという報告も出始めている。代表的なものにはマーチン・ブレイザーの著書Missing Microbesがある)。抗菌薬が広く使用される以前には、過度の肥満、喘息アレルギー、潰瘍性大腸炎などはほとんど見られなかったが、現在ではこれらの病気の患者数が急増している。

抗菌薬の使用によって、上記の新しい病気が増加してきた機構は明らかになっていない。しかし、動物実験の結果などからも、こうした病気が抗菌薬の大量使用と連動している可能性が高い。例えば、生後間もないマウスを抗菌剤入りの飼料で育てると、抗菌剤を含まない飼料で育てたマウスよりも肥満したマウスに成長する。ウシなどの家畜に関しても同様の現象が見られ、抗菌剤添加飼料で育てた家畜の方が、通常の飼料で育てた家畜よりも太った肉質の良い家畜に生育する。太った家畜の肉は高い値段で売れるので、生産者は誰もが抗菌剤入りの飼料を使いたがる。こうした抗菌剤の畜産分野への乱用は、薬が効かない耐性菌を生み出す原因となるために非難が強い。しかし、重要なことは全て『経済の原則』で決定される現世では、抗菌剤の乱用にはストップがかからない。

臨床関係者が痛感しているように、耐性菌の蔓延により、抗菌薬の威力が年ごとに減弱している。一方では、新しい抗菌薬の開発が難しくなっている。斯様な現実を招いた責任は、ウイルス性の風邪にも安易に抗菌薬を処方する医師にもあるが、それ以上に問題なのは畜産や水産分野での抗菌剤の大量使用や、行き過ぎた非科学的な衛生志向による抗菌剤の乱用にある。これらが抗菌薬耐性菌を生み出し、同時に肥満、喘息、難治性消化器疾患などを生み出している。我々は抗菌薬をかけがえのない貴重品として、慎重に使用しなければならないはずだ。

注)最近、山本太郎長崎大学教授により、本書の翻訳本が出版された:『失われゆく、我々の内なる細菌』みすず書房、3200円+税

○クリスマスに近づくと見かけるドイツの菓子パン。日本では「シュトーレン」と呼ばれることが多いが、ドイツ語の発音では「シュトレン(Stollen)」である。一見、砂糖がけをした枕のような素朴なパンであるが、生地の中にはドライフルーツやナッツをはじめ、珍しいバリエーションではチーズやマジパンなどの具材がたっぷり仕込まれ、中身はとても豪華である。14世紀にはすでにドイツのナウムブルグという都市に原点と思われる食べ物の最古の記録があるそうだが、毎年12月に巨大なシュトレンを運ぶお祭りが開催されるドレスデンが発祥の地ともいわれている。ドイツとオランダでは伝統的なクリスマスの食べ物で、クリスマスイヴの4つ前の日曜日から、薄くスライスして少しずつ食べながらこの日を迎える風習がある。まずは中央で切って二つに分け、切り口から外側に向かってスライスしていくのが伝統的な食べ方だそうである。切ってはまた断面を合わせて保存するうちに熟成が進み、味の変化を楽しみながらクリスマスを迎える心の準備をするという、ささやかながらも日々の生活に潤いを与え、心をなごませる日課である。
○家の近所に小さな洋菓子店がある。昭和を思わせる佇まい。取り立てて目立つ店ではないが、シュトレンの予約では600本が即日完売するという人気ぶりである。パティシエはドイツの菓子店で修行を積んだ方で、そこで伝統的な作り方とその店の独自の味を続けることを約束させられた上で、秘伝のレシピを伝授されたそうである。シュトレンばかりは利益を無視してフルーツをじっくり自然発酵させ、手間隙かけて作っているとのこと。以前は、日ごろお菓子を買ってくれる地元の人に、クリスマスやお正月に少しずつ楽しんで食べてもらいたいという思いで作っていたが、インターネットの力には抗えず、いつの間にか広く知られるようになり、すぐに売り切れてしまうので地元の方に申し訳ない気持ちでいるとのことであった。閉店時間間際の店内。いつもは黙々と作業場でお菓子を作っているパティシエのあたたかい気持ちに触れて、縁もゆかりもないものと瞬時に繋がることができる便利さと引き換えに、縁やゆかりのあるものを大切にする機会が失われていることに気づかされた。
○ドイツ出身の思想家カール・マルクスは「人間とは、自分の運命を支配する自由な者のことである」という言葉を残しています。今年も残すところわずかとなりましたが、皆様はどんな一年を過ごされたでしょうか。
 今年も本誌にあたたかいご支援をたまわり、誠に有難うございました。
 どうぞ良いお年をお迎えください。

(大森圭子)

お探しのキーワードから過去の記事を検索できます