このページは、HOMEの中のバックナンバー 2015年(第61巻)の中の1月号「PHOTO&WRITING」「随筆」「編集後記」のページです。

バックナンバー2015年(第61巻)2015年バックナンバー一覧

2015年1月号(第61巻1号)

モダンメディア第61巻(2015)表紙「肺炎原因菌シリーズ」

今年の表紙には「肺炎原因菌シリーズ」の画像が採用されることになった。ご存知の通り、肺炎は高い罹患率と多くの死亡の原因になる肺実質の感染症であり、一般に市中肺炎、院内肺炎、人工呼吸器関連肺炎などと分類されている。罹患者がとくに多い市中肺炎は、細菌に加えてウイルスや真菌によってもひき起こされるものの、大半の肺炎症例における原因菌は比較的少数種の細菌に限られる。最多原因菌はいうまでもなく肺炎球菌であるが、患者がもつ危険因子によっては他の病原細菌が感染の原因となる。その典型的な原因菌としてはインフルエンザ菌をはじめ黄色ブドウ球菌、肺炎桿菌、緑膿菌などがあげられる。一方、典型的とはいえないものの、外来受診患者に多い肺炎マイコプラズマや入院患者にみられるレジオネラ属菌も肺炎をひき起こすことが知られている。さらに特殊な基礎疾患をもつ場合には、結核菌(肺膿瘍、HIV感染など)やアスペルギルス(陳旧性肺結核、好中球減少症など)も原因菌になりうる。
 これらの病原菌の顕微鏡的形態はすでに多くの成書に掲載されているが、それにくらべて感染組織・細胞中の存在様式や宿主とのインタープレイがつくる病理組織像を目にする機会は遥かに少ないのではないだろうか。昨年の「新・真菌シリーズ」に見事な真菌の写真を提供して頂いた(株)アイカムは、肺炎に関しても様々な動物感染モデルや培養細胞感染実験系を使った数々の優れた画像データを集積してきた。その一部を今回の「肺炎原因菌シリーズ」に提供して頂いた。同社のご協力に心より感謝申し上げる。


写真提供 : 株式会社アイカム

肺炎原因菌シリーズ 1月号
肺炎球菌
Streptococcus pneumoniae I
「培地中の菌の発育形態と培養した気道上皮細胞に感染させた菌の細胞内増殖を示唆する位相差顕微鏡写真」

 肺炎の最多原因菌として知られる肺炎球菌は、通常、2つの球菌(グラム陽性)が対になって存在することから双球菌とよばれているが、時にはさらに多くの球菌がつながって短い連鎖をつくる。肺炎球菌に見られるもう1つの大きな特徴は、多糖を主成分とする莢膜が本菌を対になった菌体ごとすっぽりと包んでいることである(この莢膜多糖の抗原特異性によって肺炎球菌は90以上の血清型に型別される)。こうした肺炎球菌の典型的なミクロ形態学的特徴は、インディアインク(墨汁)を用いたネガティブ染色標本で明瞭に観察される。右下の部分に挿入した写真は、その位相差顕微鏡像である。
 もともと肺炎球菌は多くの健常人の鼻咽頭腔内に常在する細菌(保菌率10〜60%)であるが、ウイルス感染などによる上気道粘膜バリアの破綻や肺組織の損傷が生じると、菌は増殖しながら上気道から下気道を経て肺胞へ侵入し、肺炎を発症すると考えられている。この感染プロセスを細胞組織病理学的に調べるために、モルモットから採取した気道上皮細胞を用いたin vitro実験系を作成し、肺炎球菌を感染させた。その結果、本体の写真に示すように、形態はやや不明瞭ながら双球菌と覚しき構造物の集蔟が幾つも上皮細胞の輪郭の内側に形成されているのが位相差顕微鏡下で観察された。この顕微鏡像から感染菌は気道上皮細胞内で旺盛に増殖するものと推測される。

写真と解説 山口 英世

1934年3月3日生れ

<所属>
帝京大学名誉教授
帝京大学医真菌研究センター客員教授

<専門>
医真菌学全般とくに新しい抗真菌薬および真菌症診断法の研究・開発

<経歴>
1958年 東京大学医学部医学科卒業
1966年 東京大学医学部講師(細菌学教室)
1966年〜68年 米国ペンシルベニア大学医学部生化学教室へ出張
1967年 東京大学医学部助教授(細菌学教室)
1982年 帝京大学医学部教授(植物学微生物学教室)/医真菌研究センター長
1987年 東京大学教授(応用微生物研究所生物活性研究部)
1989年 帝京大学医学部教授(細菌学講座)/医真菌研究センター長
1997年 帝京大学医真菌研究センター専任教授・所長
2004年 現職

<栄研化学からの刊行書>
・猪狩 淳、浦野 隆、山口英世編「栄研学術叢書第14集感染症診断のための臨床検査ガイドブック](1992年)
・山口英世、内田勝久著「栄研学術叢書第15集真菌症診断のための検査ガイド」(1994年)
・ダビース H.ラローン著、山口英世日本語版監修「原書第5版 医真菌-同定の手引き-」(2013年)

教育の仕事に携わらせていただいて

独立行政法人 大学評価・学位授与機構 教授
中原 一彦

私は現在、(独)大学評価・学位授与機構に勤務しているが、今年で10年目となる。こんなに永く勤めることになろうとは最初思っていなかったが、月日の経つのは早いものである。大学評価・学位授与機構という名前はあまり聞いたことがないと言われる方もあると思うが、主な仕事は文字通り、「大学の評価」と「学位の授与」である。平成3年、国立の機関として学位授与機構が創設され、その後、平成12年に大学評価が加わって現在の名称となり、平成16年、国立大学が法人化されたと同時に当機構も独立行政法人となった。大学評価と学位授与のうち、私が所属しているのは学位授与の部署である。
 私は小さい頃から、大きくなったらお医者さんか、学校の先生になろうと思っていた。何か漠然と人の役に立ちたいと思っていたのかも知れないが、母方の祖父の影響が大きいのではないかと思っている。そして希望通り、医師となることが出来たが、考えてみると機構に来る前の、大学での仕事は、診療・教育・研究の3本柱で、その意味では医師としての診療と、学生への教育といった観点で、はからずも子供のころの希望が叶ったこととなった。現在の仕事は、この中でも教育に比較的特化した仕事となり、また、教育と言っても直接学生に講義をするわけではなく、試験や単位を認定するなどして学位を授与する仕事が主であり、いわゆる教育とは少し趣を異にするが、自分としては現在の仕事に満足している。毎年、多くの人が当機構に学位の申請をしてくるが、学位取得の理由は様々である。専門学校や短期大学を卒業して実社会に出たが、やはり大学卒の学位が欲しい、あるいはもう一度勉強をし直したいなど様々である。年に2度、学位授与のための試験を全国的に行うが、毎年3,000名ほどの人が受験し、皆一様に真剣である。緊張して受験する受験生の顔をみると、全員が合格してくれることを願わないではいられない。努力が実ってみごと合格して学位を取得し、感謝の言葉などをもらうと、この仕事をしていて良かったなと思う。当機構での学位は大学の学位と全く同等であることが法律上も規定されているが、まだ認知度が低く、もう少し世の中の人々に知ってもらいたいと思うこと切である。我々にはそのための広報活動が求められている。機構で働いて良かったと思うことは、大学時代では味わえなかった、他の専門分野の先生方と日常接することが出来ること、また教育を医学のみならず、少し大局的な観点からみることが出来るようになったのではないかと思うことであり、これは私自身の勉強となっている。いずれにせよ、教育はあらゆる事柄の中で最も根幹となるものであり、そうした事業に少しでも関わっていることが出来ることは私にとって幸せであり、感謝している。

○新しい年を迎え、皆様のご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます。
 本年もご支援のほどよろしくお願い申し上げます。
○お正月休みが明け、押し寄せる忙しい毎日に今年も舟を漕ぎ出せば、お休みの日々を振り返ることはもうない。以前は、正月の浮ついた気分を切り替えるという意味で“お屠蘇気分を抜く”などという言葉をよく耳にしたが、この頃では、インターネットで「お屠蘇気分」と検索すると、「お屠蘇気分とはどんな気分ですか」という質問が上位に挙がっている。そういえばこの頃は、この言葉を耳にすることもめっきりなくなった。
 「お屠蘇」の元になる「屠蘇散」の中身は、地域によって異なるが、利尿、健胃、鎮咳などの効能も期待できる白朮、山椒、桔梗、肉桂、防風といった数々の植物である。昔はこれを絹製の赤い小さな袋に詰めていたそうだが、今は白い和紙などで、これを酒や味醂に浸して作る。
 新年の朝を迎え、こっくりした艶を放つ塗の屠蘇器と一年ぶりに対面し、お銚子から盃に注がれたお屠蘇を飲み無病息災を祈る。この際、通常の礼儀作法とは逆に、いただく順番を年少者から年長者の順とするのは、年少者の精気を年長者に渡すという意味合いだそうである。また、お屠蘇を飲むときは家族全員で東の方向を向き「一人これを飲めば一家苦しみなく、一家これを飲めば一里病なし」と唱えること、使用済みの屠蘇散は井戸に落とし、この水を飲めば一年間健康でいられるなど、他にも色々な習わし、言い伝えがあるようである。
 最近では、元旦に飲むお酒であれば何でも「お屠蘇」との誤解もあるようだ。
 週休二日制が取り入れられる以前、土曜の午前中は会社や学校があるが午後の半日はお休み、これを「半ドン」といった。オランダ語で休日を意味する「ドンタク」に由来するという説があるが、週休二日制になりこの制度が無くなると「半ドン」は廃語となってしまった。多忙な現代人は切り替えの早さが勝負ということもあってか「お屠蘇気分」は廃語への仲間入りが危ういが、お屠蘇をいただくというような、先人たちの沢山の知恵と純粋な思いが溶け混んだ古式ゆかしい風習はできれば継承されていって欲しいものである。
○先日、編集会議の前に、「松の内」はいつまでか?という話題になり答えが分かれた。調べてみると、始まりは12月13日でほぼ統一されているものの、終わりは地域によって大きく異なり、関東では1月7日、関西では1月15日とする地域が多いとのこと。一方、「鏡開き」は「松の内」とは別で、関東を中心に1月11日が多く、関西を中心に1月15日が多く1月4日などもあるようである。
 さてさて、長々とお正月の話題をしていると、「お屠蘇気分が抜けていない」と叱られそうである。
 それでは、この辺で失礼いたします。

(大森圭子)

お探しのキーワードから過去の記事を検索できます