このページは、HOMEの中のバックナンバー 2014年(第60巻)の中の9月号「PHOTO&WRITING」「随筆」「編集後記」のページです。

バックナンバー2014年(第60巻)2014年バックナンバー一覧

2014年9月号(第60巻9号)


写真提供 : 株式会社アイカム

新・真菌シリーズ 9月号
アスペルギルス・フミガツス
Aspergillus fumigatus

 アスペルギルス症は、カンジダ症に次いで発生頻度の高い深在性真菌症として知られている。そればかりか近年増加傾向にある侵襲性アスペルギルス症発症者の予後がきわめて不良なことから、アスペルギルス症は死亡に関連する最多真菌症として恐れられている。その原因菌こそがアスペルギルス属Aspergillusの菌種にほかならない。
 Aspergillusという属名は顕微鏡的形態の特徴に由来する。本菌の分生子頭から分生子柄にかけての形が、キリスト教カトリック派のミサで行われる聖水散布式(潅水式)に使われる水を振りかけるための用器(先端に多数の小さな孔があいた丸い部分がついた棒状の用器)に似ていることから、そのラテン語名aspergilliumをもじって名づけられた。この属名が最初に使われたのは1729年に出版されたMicheliの著書の中であり、最も歴史の古い属名の1つに数えられる。彼がAspergillusとして記載した菌種はたった9つに過ぎなかったが、研究が進むにつれて急速にその数を増し、今では800種を超えるとさえいわれている。しかしヒトへの病原性が確認または推測されているのは、せいぜい50菌種程度であり、私達が日常遭遇する菌種に限ればせいぜい10菌種またはそれ以下になる。
 Aspergillusが注目されるのは何も医真菌学の領域ばかりではない。とくにわが国では「麹(こうじ)かび」とよばれるA.oryzaeをはじめ幾つかのAspergillus spp.が古くから醸造や発酵食品の製造に広く利用されてきた。清酒、焼酎、味噌、しょうゆ、味醂、甘酒、米酢、漬物、なれ鮓、しょっつる、鰹節、いずし、などはどれもそうである。最近日本食が海外でももてはやされていると聞くが、その世界に冠たる日本の食文化もAspergillusなしでは生れてこなかったに違いない。
 閑話休題。アスペルギルス症の最多原因菌種は、いわずと知れたA.fumigatusである。しかしこの菌が免疫能の低下した患者に侵襲性肺アスペルギルス症をひき起こすことがわが国で知られるようになったのは、そんなに古いことではない。今からちょうど60年前の1954年3月1日、北太平洋マーシャル群島沖で操業中の遠洋マグロ漁船第五福龍丸は、不運にも近くのビキニ環礁で行われた水爆実験に遭遇した。その結果、23名の乗組員全員が被災し、なかでも最も重い放射能障害を受けた久保山愛吉氏が同年9月に死亡した。遺体の剖検にあたった故奥平雅彦博士は、肺炎像を呈する組織からAspergillus1株を分離し、この分離株をA.fumigatusと同定した。まさしく侵襲性肺アスペルギルス症の国内症例第1号であり、わが国の深在性真菌症研究を進展させる大きな契機となった。
 Aspergillusに共通する顕微鏡的形態の特徴は、空中に伸びた菌糸(分生子柄)の先端が膨らんで頂嚢となり、その表面を徳利(またはボーリングのピン)の形をしたフィアライドが部分的または全面的に覆うとともに、その先に分生子を連鎖状または不規則に生じることにある。さらにフィアライドや分生子は菌種ごとに特有の鮮やかな色に着色している。そのために、Aspergillusの顕微鏡像は数ある真菌のなかでも1、2位を争うほどの華やかな印象を与え、「かんざし」や「女王の冠」に例える研究者もいるほどである。
 A.fumigatusは、分生子柄が比較的短くて(<300μm)表面平滑であることや、フィアライドが頂嚢の上1/2〜2/3の部分のみに密生し、しかも分生子と平行に並んで生じる結果、円柱状を呈する(円柱形成とよばれる)ことなどを特徴とする。濃淡様々な色調に着色した分生子もまた整然と並んだ連鎖をつくるので、分生子頭全体が緑色の円柱の形にみえるのが印象的である。

写真と解説 山口 英世

1934年3月3日生れ

<所属>
帝京大学名誉教授
帝京大学医真菌研究センター客員教授

<専門>
医真菌学全般とくに新しい抗真菌薬および真菌症診断法の研究・開発

<経歴>
1958年 東京大学医学部医学科卒業
1966年 東京大学医学部講師(細菌学教室)
1966年〜68年 米国ペンシルベニア大学医学部生化学教室へ出張
1967年 東京大学医学部助教授(細菌学教室)
1982年 帝京大学医学部教授(植物学微生物学教室)/医真菌研究センター長
1987年 東京大学教授(応用微生物研究所生物活性研究部)
1989年 帝京大学医学部教授(細菌学講座)/医真菌研究センター長
1997年 帝京大学医真菌研究センター専任教授・所長
2004年 現職

<栄研化学からの刊行書>
・猪狩 淳、浦野 隆、山口英世編「栄研学術叢書第14集感染症診断のための臨床検査ガイドブック](1992年)
・山口英世、内田勝久著「栄研学術叢書第15集真菌症診断のための検査ガイド」(1994年)
・ダビース H.ラローン著、山口英世日本語版監修「原書第5版 医真菌-同定の手引き-」(2013年)

記憶の樹林に聳える大樹

公益法人 大原記念倉敷中央病院機構
倉敷リバーサイド病院 内科
影岡武士

この度の原稿依頼に勃然と記憶に蘇ったのは、筑波大学臨床病理学教授、及川淳先生の随筆である。私が講師のころ、先生は五十歳代後半で本来なれば学会の中枢で活躍されるべき逸材でありながら、循環器関連の痼疾に飛躍の機会を阻まれ半ば諦観されていたかとも思われる時期であった。先生がある日、やや遠慮がちに渡された医学雑誌の巻頭言の別冊には「敬存 影岡武士先生」と墨書されていた。冒頭の文章の中に、啄木の歌が引用されていた。「友がみな われよりえらく見ゆる日よ 花を買い来て 妻としたしむ」。及川先生の心情が心に沁みた瞬間であった。
 思い出すままに遡及すると、私が臨床病理の領域に足を踏み入れる所縁となったのが、柴田進先生である。日本臨床病理学の開祖とも言うべき渾身の教育者で、頭を白墨の粉で真っ白にしながら黒板に先生の神髄を埋めてゆく姿に感動した。さらに、先生の日常は清貧というに相応しく、未開の原野を行く開拓者の姿であった。柴田先生が山口大学医学部を去られた後、三輪史郎先生が第三内科教授として赴任され血液内科と内分泌内科を二枚看板として更に診療科を発展させたのである。
 周知の如く、三輪先生は赤血球酵素異常症の研究で世界に冠する新進気鋭の研究者であり、ご自身も述懐されているように柴田先生の精神を実直に継承され、求道者のような研究生活をまっしぐらに歩まれた。奥様の言葉を借りると、先生は貧血の研究者ならぬ「金欠病」の研究をしているとのことであった。
 私は、その後幾つかの研究所や大学を経て多くの指導者に巡り合えた。幾人かの方々を挙げると、ミシガン大学のニール教授でありタシアン教授であるが、お二人とも人柄は異なるものの、研究に対する厳密さをしっかりと求められた。筑波大学の及川先生はすでに述べたが、大変温厚で篤実なお人柄であった。
 高知医科大学臨床検査部に10年間お世話になったが、自動検体搬送とロボットに情熱を傾けられた佐々木匡秀教授は一見放胆でありながら、気配りの人でもあった。これらの指導者の方々はそれぞれに個性豊かで、反面教師的な部分も含めながら偉大な存在であったことに今更ながら感慨に浸っている。
 私は今、不肖の息子のように迷走を重ねた末、130床の病院内科医として勤務している。ここ15年間、倉敷中央病院臨床検査部長を経てから内科医への復帰は、当初かなりの戸惑いがあった。それは新規薬剤名の煩雑さと画像診断の驚くべき発展である。我々の世代は安易な臨床検査や画像検査のオーダーをきつく戒められたが、現実は目の前の診療を滞りなく捌くために、心ならずも多種類の検査オーダーをしているわが身にはたと気付くことがある。
 偉大な先達を霞みの彼方に仰ぎ見ながら、抜き差しならぬ現実という大きなうねりに浮沈している己を醒めた目で眺めている。

○立ち並ぶビルや電線で切り刻まれたどんな小さな空にも、忘れられることなく秋の気配が宿っている。街路樹の葉は乾き道に降りて寄り添い、ショーウィンドウのマネキンは早々とコートやセーターに衣替えを済ませた。少し冷たくなった風に、窓に灯るオレンジ色の明かりがあたたかく感じられる。
 目に見えない自然の力が、生活の舞台を夏から秋へと変化させ、新しい秋に息吹を与えるその演出も完璧である。
○9月12日はマラソンの日だそうである。由来は紀元前5世紀、ペルシア戦争の時代にまで遡る。古代イランに起こったアケメネス朝ペルシア王国は、当時、強さの絶頂にあってギリシア征服を計画していた。この侵攻を防ぐため、ギリシアの都市国家が結束して反撃を開始し、ペルシア戦争(前492−前449)が起こった。前490年には、ギリシアアッティカ半島東部の都市“マラトン”にペルシアの遠征軍が上陸。強敵に怯えるギリシャ側であったが、アテネ軍の名将ミルティアデス率いる重装歩兵軍がこれを迎え撃ち、見事勝利を収めた。
 アテネ軍の伝令兵であったフェイディピデスは、この「マラトンの戦い」での勝利を急いで伝えるため、マラトンの戦場からアテネまでのおよそ40kmの距離を駆け抜け、アテネの城門に走りついて勝利を告げると、その場に倒れ絶命した。大切な役目を果たすため、命尽き果てるまで走り続けたこの英雄の故事に因んで、この日9月12日をマラソンの日としたそうである。
 実は他にも、フェイディピデスはペルシャ軍のマラトン上陸の報せをスパルタに伝え、救援を求めるために走った、というまた違った話もあるのだけれど、とにかく、重大事項をいち早く知らせるには人が走るしかない時代、世界のあちこちで大切な報せをもったフェイディピデスが命がけで走っていたということだろう。
○ところで以前、本誌編集事務局の編集人であったTさんは、社内でも有名なマラソンランナー。ご本人の記憶からはとっくに抹消されたと思われる大昔に、Tさんからいただいた何かの附録の小冊子がマラソンの本であったことを突然思い出した。開いてみると、20代をピークにその後は右肩下がりに体力が衰えること、幾つからでもトレーニングで若返ることが出来ること、体力の衰えを緩やかにするためにもまずはウォーキングから始めましょう…と、関心をそそられることばかりであった。
○うっすらと見えてきた今年のゴール。いつの間にか薄っぺらになったカレンダーを見て「残すところ…」と焦る日もそう遠くない。
「秋風、行きたい方へ行けるところまで」
種田山頭火
 縦横無尽に駆け抜ける秋風のように、やりたいことをやれるところまで。
 今のうちに走り出せば、今年のゴールまでにできることはまだまだ沢山ありそうである。もちろん、体力回復による若返りも含めて…。

(大森圭子)

お探しのキーワードから過去の記事を検索できます