このページは、HOMEの中のバックナンバー 2014年(第60巻)の中の8月号「PHOTO&WRITING」「随筆」「編集後記」のページです。

バックナンバー2014年(第60巻)2014年バックナンバー一覧

2014年8月号(第60巻8号)


写真提供 : 株式会社アイカム

新・真菌シリーズ 8月号
リクテイミア・コリムビフェラ
Lichtheimia corymbifera

前号で述べたように、所謂「接合菌」の形態学的特徴といえば、本菌に限ってみられる特殊なタイプの有性胞子(すなわち接合胞子)と無性胞子(すなわち胞子嚢胞子)を産生すること、それに菌糸に隔壁がない(無隔性菌糸)ことがふつう強調される。しかし接合菌の特徴は決してそればかりではない。植物の根−茎−花(果実)にも似た栄養形システムと言えなくもない「仮根−匍匐糸(ストロン)−胞子嚢柄−胞子嚢下嚢(アポフィシス)・胞子嚢」の各構造物が整然と組み合わされて独特の形態をつくり上げている点を忘れてはならない。ただし属(genus)によっては特定の構造物(仮根、ストロン、またはアポフィシス)を欠いていたり、胞子嚢柄の形態(長さ、分岐の仕方、外形など)に違いがあったりする。そのためにこれらの構造物を含む栄養形全体の形態学的特徴が接合菌の属(時には菌種)を同定・識別する最も重要な指標となる。
 本号に登場するのは、リクテイミア・コリムビフェラLichtheimia corymbifera という菌名をもつリクテイミア属Lichtheimia を代表する菌種である。この属はかってはアブシジア属Absidia とよばれ、ユミケカビ属という和名が与えられていた(Absidia の名の由来となったギリシャ語のapsis が「ループ、湾曲」を意味することから、この語をアーチ状に湾曲したストロンをもつ本属菌の属名に利用したと思われるし、ユミケカビのユミも同様の連想によるのだろう)。
 リクテイミア属(アブシジア属)菌の栄養形の形態学的特徴としては、(ⅰ)仮根分岐点を結ぶアーチ状のストロンをもつこと、(ⅱ)ストロンのアーチ中間部から比較的短いながらひんぱんに分岐をくり返す胞子嚢柄を生じること、(ⅲ)胞子嚢柄の先端部と胞子嚢の間に円錐形のアポフィシスが介在すること、(ⅳ)胞子嚢は小型の洋梨形を呈すること、などがあげられる。この写真からは、仮根が目立たない点や、嚢子嚢が洋梨形というより円形に近い形にみえる点を別にすれば、本菌に特徴的な発育形態および構造物が比較的良好に保たれた状態で観察される。

写真と解説 山口 英世

1934年3月3日生れ

<所属>
帝京大学名誉教授
帝京大学医真菌研究センター客員教授

<専門>
医真菌学全般とくに新しい抗真菌薬および真菌症診断法の研究・開発

<経歴>
1958年 東京大学医学部医学科卒業
1966年 東京大学医学部講師(細菌学教室)
1966年〜68年 米国ペンシルベニア大学医学部生化学教室へ出張
1967年 東京大学医学部助教授(細菌学教室)
1982年 帝京大学医学部教授(植物学微生物学教室)/医真菌研究センター長
1987年 東京大学教授(応用微生物研究所生物活性研究部)
1989年 帝京大学医学部教授(細菌学講座)/医真菌研究センター長
1997年 帝京大学医真菌研究センター専任教授・所長
2004年 現職

<栄研化学からの刊行書>
・猪狩 淳、浦野 隆、山口英世編「栄研学術叢書第14集感染症診断のための臨床検査ガイドブック](1992年)
・山口英世、内田勝久著「栄研学術叢書第15集真菌症診断のための検査ガイド」(1994年)
・ダビース H.ラローン著、山口英世日本語版監修「原書第5版 医真菌-同定の手引き-」(2013年)

グリーフケアと病理解剖

東京逓信病院 病理診断科 部長
田村 浩一

グリーフケアとは、死による喪失から生ずる深い心の苦しみ(悲嘆grief)に対するサポートをいう。通常、病院で患者さんが亡くなられた場合、死亡診断書を発行することで医療は終結する。ご遺族の気持ちに寄り添い、悲嘆から立ち直る手助けが出来ればよいが、日常診療で忙しい医療従事者には、とてもそこまでの手は廻らない。しかし、高齢者が増えた上に核家族化が進み、肉親を失った苦しみを家族の中で支えあうことが難しくなってきた今、グリーフケアは重要な「医療」の1つとも捉えられる。
 病院の中で、患者さんの死に最も近い立場にいるのは、われわれ病理医かもしれない。ご遺族の承諾の元、亡くなられた患者さんの病理解剖を行って医療を検証し、さらに得られた知見を今後の医療の発展に役立てるのは、病理医の重要な責務の1つである。
 東京逓信病院では2008年より、病理医が病理解剖の最終結果をご遺族に直接説明する機会を設けてきた。解剖を承諾されたご遺族が、解剖で判ったことを詳しく知りたいと思うのは当然であろうと考えて始めたことである。原則として、毎年秋に開催する解剖慰霊祭の当日に、あらかじめ希望されたご遺族に対して、用意した資料を用いて短い時間ではあるがご説明している。
 当初は「入院前は孫と遊園地にいくほど元気だったのに、入院して1ヶ月も経たずに逝ってしまい…」などと聞くと、すわ医療不信かと身構えてしまうこともあったが、それに続くご遺族の言葉は異口同音に「どうして、もっと早く気付いてやれなかったのか、悔やまれる」とか「何かもっとしてやれることはなかったのかと思う」という言葉であった。病理解剖でわかった癌のタチの悪さや、あっという間に全身に広がった様子を具体的にお示しすることで、解剖の結果を詳しく聞いて気持ちが楽になったと仰るご遺族が少なくない。「意識もないまま、さっさと逝ってしまった」と嘆くご遺族に「身体が最後まで病気と闘っていた様子」を、病理組織の写真をもとにお話しすることで、説明を聞いてようやく死を受け入れる気持ちになったと仰るご遺族もいる。
 今まで病理解剖の目的は、もっぱら医療従事者が亡くなられた患者さんから学び、医学を発展させるためと言われ、自分もそう考えてきた。しかし病理解剖には、グリーフケアに繋がる「遺族にとっての意義」もあるのだということを、改めて学ばせて頂いている次第である。

○8月も終わりに近づけば、太陽の威力を見せつけるように強く照りつけていた日差しも、黄金色のタイルが少しずつ剥がれ落ちていくように少しずつ色褪せていく。
 気がつけば日が落ちる時間も随分早くなり、夏の疲れを癒すために用意されたような静かな夜に耳を澄ませば、密かに奏でられていた小さな虫の音が、忽ち夜のしじまに取って替わり、不思議とどんどん大きな音になって耳に届き心にまで染みるようである。
○四季のあるわが国では、早春には蝶、初夏には蛍、盛夏には蝉というように、人々の暮らしのそばに居て、季節の訪れを知らせる小さな使者として愛されている虫たちがいる。
 日本には「蛍」が付いた地名が多くあるが、これは蛍の多産地であったことに由来するものだろうか。古来より各地で、蛍を捕ったり眺めたりする「蛍狩り」の行事が盛んに行われていた。しかし、都市をはじめとして次第に生息地がなくなっていったことで、明治時代以降には、多産地で蛍を捕獲して街頭で売る商売が出現したそうである。
 平安時代には、京都の嵯峨野で鈴虫や松虫など秋に鳴く虫を捕まえて籠に入れる「虫狩り」が行われ、これを宮中に運び入れてその音を楽しむ「虫聞き」の行事が行われていた。また、江戸市中にも虫の名所が多くあったことで、庶民の間でも虫聞きは盛んに行われていた。寛政年間には、鳴く虫の人工飼育が成功し、金魚売りなどと同じく、屋形に虫籠を重ねて売り歩く虫屋商売も繁盛していたようである。
 近年、子供の宿題の題材としてカブトムシを売ったところ大当たりしたという話があり、森林が減ったせいでカブトムシも珍しくなり、とうとう虫を売る商売も出てきたかと思っていたところ、古くから虫を売る商売があったことに驚かされた。
○一方で、人々の風雅な趣味をよそに、季節ごとに生活に害を及ぼす衛生害虫の存在がある。明治時代になるまでは害虫駆除の方策がほとんどなかったというが、古くは、稲に害を及ぼす害虫駆除として、虫の霊の依代(よりしろ)となった藁人形を掲げ、これを中心に松明を掲げて列を作り、鉦や太鼓で囃しながら田を練り歩き、最後に藁人形を海や川に流す「虫送り」という行事が行われていたそうである。この行事は「実盛(さねもり)送り」ともいわれ、昔、斎藤別当実盛という男が稲の切り株に躓いて倒れた隙に打たれたことから、その怨念が虫になって害を及ぼすものとして、藁人形を実盛に見立てて祭るようになったことからこの名が付いたのだとか、田の虫の名前「さのむし」が訛ったのだとする説もある。
 全てが透明感を帯び始めるこの季節、ひと休みして日中の忙しさを忘れ、虫の音とともに秋へとうつろう時間を楽しみたいものである。

(大森圭子)

お探しのキーワードから過去の記事を検索できます