このページは、HOMEの中のバックナンバー 2014年(第60巻)の中の7月号「PHOTO&WRITING」「随筆」「編集後記」のページです。

バックナンバー2014年(第60巻)2014年バックナンバー一覧

2014年7月号(第60巻7号)


写真提供 : 株式会社アイカム

新・真菌シリーズ 7月号
ムーコル・シルシネロイデス
Mucor circinelloides

 接合菌門(Zygomycota)に分類されて接合菌とよばれてきた一風変わった真菌のグループがある。ほかの真菌とどこが変わっているかといえば、第1にあげられるのは菌糸に隔壁がほとんどないことである。それに加えて、無性胞子としては胞子嚢胞子、有性胞子としては接合菌の名の由来にもなった接合胞子、といういずれもユニークな胞子をつくる点も大きな特徴になっている。
 接合菌は真菌分類学のうえでは最も扱いにくいグループとされ、その名称や分類学的位置づけが何度も変更されてきた。最初は、べん毛のついた遊走子をもつ菌群、べん毛菌亜門(Mastigomycotina)、と一緒に藻菌類(Phycomycetes)としてまとめられた。藻類に最も近い真菌だと考えられたからである。1966年、Ainsworthは、接合菌類とべん毛菌類を分け、子嚢菌類、担子菌類、不完全菌類と合わせて5つのグループ(亜門)に真菌を大別する分類体系を提唱し、これが近年まで広く受け入れられてきた。ところが分子生物学的系統解析が行われるようになると、従来の接合菌は新たに設けられたグロムス菌門(Glomeromycota)の中に置くべきだとする考え方が強くなった。それに伴って、接合菌という菌群名とともに接合菌症という病名も消えてなくなりつつあるものの、とって代わるはずの「グロムス菌症」という病名はまだ誰も使っていない。一方、ヒト病原性をもつ接合菌は、大半がムーコル目(Mucorales)の中のムーコル属(Mucor)、リゾプス属(Rhizopus)、リクテイミア属(Lichtheimia;以前のアブシジア属〔Absidia〕)、リゾムーコル属(Rhizomucor)などに所属する菌種で占められることから、これらの真菌による感染症の総称としてムーコル症(mucormycosis)という呼び方が定着しつつある。
 つい分類や病名の話に深入りしてしまった。ムーコル症の発生頻度は、最近、様々な免疫不全の患者の増加とともに上昇する一方である。ムーコル目菌の血管侵襲性が強く重症化しやすいこと、早期診断が困難なこと、ポリエン系以外に有効な抗真菌薬がないこと、などの理由から、本症の脅威は益々増大している。 元々ムーコル目菌の多くは、主な土壌菌、植物病原菌・共生菌、さらには空中浮遊菌として知られていたが、ヒト病原菌としての記載もムーコル属菌を皮切りに19世紀前半から見られるようになった。なかでも確証された最初のムーコル症とされているのは、1876年にFurbringerが報告した肺ムーコル症の症例であり、彼は分離された原因菌をMucor mucedoと同定したが、後にこの菌がMucor circinelloidesにも似ていると述べている。いずれにせよMucorは真菌のなかで最も早く記載された由緒ある属名である。このことは、Mucorがラテン語でカビを意味する事実、つまりカビの元祖であることにも示されている。
 上述のM. circinelloidesは、ケカビともよばれるムーコル属の代表的な病原菌種である。この菌を寒天培地に培養すると、真直ぐに伸びた綿毛状の菌糸が速いスピード発育し、綿菓子のようにふわふわしたコロニーが数日で培地表面を埋め尽くしてしまう。そのコロニーを詳しく観察すると、綿毛状の菌糸の先端に黒い点が付いているのがところどころに認められる。これが胞子嚢であり、その被膜が薄いために中にぎっしり詰まった黒色の胞子嚢胞子の凸凹が透けて見える。この胞子嚢の全体像はまるで空中に漂う球形のアド・バルーンのようである。一方、それを支える菌糸は照明の熱によって萎縮・変形したためか、円い粒が数珠のようにつながった像を呈している。

写真と解説 山口 英世

1934年3月3日生れ

<所属>
帝京大学名誉教授
帝京大学医真菌研究センター客員教授

<専門>
医真菌学全般とくに新しい抗真菌薬および真菌症診断法の研究・開発

<経歴>
1958年 東京大学医学部医学科卒業
1966年 東京大学医学部講師(細菌学教室)
1966年〜68年 米国ペンシルベニア大学医学部生化学教室へ出張
1967年 東京大学医学部助教授(細菌学教室)
1982年 帝京大学医学部教授(植物学微生物学教室)/医真菌研究センター長
1987年 東京大学教授(応用微生物研究所生物活性研究部)
1989年 帝京大学医学部教授(細菌学講座)/医真菌研究センター長
1997年 帝京大学医真菌研究センター専任教授・所長
2004年 現職

<栄研化学からの刊行書>
・猪狩 淳、浦野 隆、山口英世編「栄研学術叢書第14集感染症診断のための臨床検査ガイドブック](1992年)
・山口英世、内田勝久著「栄研学術叢書第15集真菌症診断のための検査ガイド」(1994年)
・ダビース H.ラローン著、山口英世日本語版監修「原書第5版 医真菌-同定の手引き-」(2013年)

今どきの若いもんは

天理医療大学医療学部 臨床検査学科 科長
松尾 収二

私は2年前、天理よろづ相談所病院から、同病院が設立した天理医療大学へ異動となった。臨床検査学科長として自分の子どもより若い学生と接するようになった。自分の大事な教え子だからかも知れないが、「今どきの若いもんは」とは思わなくなった。よく考えてみれば、自分の子どもに「今どきの子どもは」と口にしたこともなければ思ったこともない。学生に対する思いもこれに近い気がする。
 「今どき」とはいつと比べて言うのだろうか。過去の記憶がないと比べられないので、遡ってせいぜい5、60年前までと言うことになる。今の60歳代から80歳代と言うことになるが、私も含め、これらの年代の方達の今の姿は、「今どきの若いもん」より優れていた結果だと言えるのだろうか。
 当時の若者は今の若者に比べ、本当に勝っていたのだろうか。学問への情熱が高かったのだろうか。人への思いやり、年配者への畏敬の念が強かったのだろうか。マナーがよかったのだろうか。暴力や殺人は少なかったのだろうか。戦前の若者からみれば、「戦後の若者はなっとらん」と言われていたかも知れない。そう思うと「今どきの若いもんは」の言葉は、心身のパワーの衰えを感じる寂しさ、過去の郷愁等が入り交じっている気がする。
 「今どきの若いもん」は、意外と礼儀正しくナイーブである。親孝行であり、年配者にも畏敬の念も持っている。家が貧乏な学生の中にはバイトをしながら仕送りしている者もいる。路上で「切れた老人(昔の若いもん)」にじっと我慢する若者もいる。もし若者の良さを感じ取れなかったら、それは年をとり鈍感になってきたか、進化が止まった年寄りになってきたことを示している。私だけかも知れないが、人は年をとっても器は成長しないことがわかった。年配者より若者に学ぶべきことの方が多い。「今どきの若いもんは」を口に出したときは、「今どきの年寄りは」と思われているのだと自分に言い聞かせるこの頃である。

○梅雨が明けたというのに水気を吸ったスポンジのようにずっしりと重い空気が辺り一面に漂う。少し歩けば吹き出す汗と、体温を超える気温で体に水滴が付着するのか全身がベタベタになり、息を吸えば生暖かい空気が胸いっぱいになるようで息苦く感じられる。
 近年「戻り梅雨」「返り梅雨」という言葉が生まれるほど、梅雨が明け、数日真夏らしい暑さが続いた後に、梅雨に戻ったようなぐずついた天気になることが多い。
 夕立と雷は梅雨明けの合図のようなものと思っていたが、最近の異常気象により、梅雨明けとは無関係な5月や6月にも夕立に見舞われることもある。
 からりと晴れ渡っていた空が掻き曇り、傘が役にたたないほどのどしゃぶりの雨と激しい雷に見舞われ、一つ屋根の下で多くの人が足止めを食う光景も、夏の風物詩ではなくなってしまうのか。日常生活に散りばめられた小さな季節の標が、いつの間にか静かに消えていくのは寂しいことである。
○諺で、予想もしないことが起きることを「セイテンノヘキレキ」という。初めて聞いたとき「セイテン」は「晴天」、耳慣れない「ヘキレキ」という言葉は、瓦礫の親戚のようなものかと思ったが、「晴天」は「青天」、「霹靂」とは雷のことで、晴れ渡った青空に突然雷鳴がとどろくことと知った。
 この諺は、中国王朝 南宋(1127〜1279)の詩人陸游(1125〜1210)が、長く伏していた病の床から俄かに起き上がり勢いよく筆を走らせる様子を「正如久蟄龍 青天飛霹靂」(まさに長い間土の中に居た龍が、晴天に雷を飛ばすようだ)と例えたことに由来する。
 英語では同じ意味の諺に“a bolt out of the blue”があり、イギリスの評論家 トーマス・カーライル(1795〜1881)が「フランス革命史」の中で、青天から突然稲妻に打たれるように、奇妙な犠牲者が拘束されていく様子を“Arrestment, sudden really as abolt out of the Blue, has hit strange victims”と記したことに由来する。
 古くからこのような諺があったところをみると、人類は、ときに天候の気まぐれに驚かされ続けてきたのだろう。
○トーマス・カーライルの残した名言に“The healthyknow not of their health, but only the sick”(健康な人は自分の健康に気づかない。病人だけが健康を知る)がある。
 環境省から発行されている熱中症の予防・対処法のパンフレットによると、「人間の体は暑い環境での運動や作業を始めてから3〜4日経たないと、体温調節が上手になってきません。」、「急に暑くなった日や、活動の初日などは特に注意」とあった。
 生命力の溢れる季節、梅雨と真夏の境界線を彷徨うような不安定な空ではなく、太陽の光いっぱいの潔い青空が恋しいが、一方で体には厳しい季節。熱中症や冷房病で体調を崩し「青天の霹靂」とならないよう、予防と対処法の知識を身につけておきたいところである。

(大森圭子)

お探しのキーワードから過去の記事を検索できます