このページは、HOMEの中のバックナンバー 2014年(第60巻)の中の6月号「PHOTO&WRITING」「随筆」「編集後記」のページです。

バックナンバー2014年(第60巻)2014年バックナンバー一覧

2014年6月号(第60巻6号)


写真提供 : 株式会社アイカム

新・真菌シリーズ 6月号
アルテルナリア・アルテルナータ
Alternaria alternata

 Alternaria(アルテルナリア)は、黒色真菌の主要な属の1つであり、ススカビ属ともよばれる。代表的な土壌菌そして植物病原菌といわれるだけあって、その生息域は予想以上に広く、果実、穀類、枯葉・枯草、乾し草などの自然環境中は無論のこと、家屋の壁、古本・古紙、餅といった屋内の器物・食品からもごく普通に見出される。加えて、アルテルナリアは、同じく黒色真菌のCladosporium(クラドスポリウム)と並ぶ主な空中浮遊真菌でもある。そのためか最もアレルゲンになりやすい真菌としても知られ、花粉などと同様にしばしば気管支喘息やアレルギー性鼻炎の原因になる。今から40年ほど前、小学生だった私の娘が小児喘息に罹り、専門病院で検査を受けた結果、何と原因抗原はアルテルナリアと判明した。妻からは、私がこの菌を研究室から家に持ち込んだのではと疑われ、大いに閉口した。言い訳がましいが、当時アルテルナリアによる喘息は決して珍しくなかったのである。それでも気になって調べたところ、戦後間もなく横浜近辺に進駐した米軍兵士の間で流行した「横浜喘息」とよばれる呼吸器病の原因がアルテルナリアの胞子だったという記録を見つけた。しかし、この真菌は日本中どこにでも生息しているし、曝露されたのは日本人の住民も同様だったはずなので、にわかには信じ難い話である。
 アルテルナリアがひき起こす病気はアレルギー病だけではない。発生頻度はそれほど高くないが、この菌による深部皮膚真菌症(とくに顔面に多い)のほか、角膜炎、副鼻腔炎、骨髄炎などの症例が報告されている。最多原因菌種は、環境から最も高頻度に分離される菌種として知られるAlternaria alternataである。
 A. alternataを通常の寒天培地で培養すると、初め白色〜灰白色で、やがて緑がかった黒色〜褐色になるふかふかした羊毛状のコロニーをつくってくる。この写真は、比較的若い発育時期を狙って撮影したものである(発育がさらに進むとコロニーの色が濃く黒ずんできて、撮影に必要な透過光が不足するため)。本菌の特徴とされる倒棍棒形(遠端はくちばし状に先細りし、近端は円味を帯びている)の分生子の連鎖はすでに作られているものの、教科書にあるような大きく膨らんだ暗褐色の石垣状に見える成熟した分生子の典型的な像を呈するまでには至っていない。この写真の倍率では無理だが、もっと高い倍率で鏡検すると、分生子の表面に針のような棘が無数に生えているのが観察される(同じ大きさの分生子でもアスペルギルスやペニシリウムの分生子にはそれがない)。この棘によっておそらくアルテルナリアの胞子は下気道から排除されずにそこに長く留まることができるために、アレルゲンとして働きやすくなるのかもしれない。
 Alternariaalternataも同様)の菌名は、ギリシャ語のダンベル(亜鈴)を意味するaltersに由来する。本菌の分生子の形が亜鈴を連想させたのだろう。

写真と解説 山口 英世

1934年3月3日生れ

<所属>
帝京大学名誉教授
帝京大学医真菌研究センター客員教授

<専門>
医真菌学全般とくに新しい抗真菌薬および真菌症診断法の研究・開発

<経歴>
1958年 東京大学医学部医学科卒業
1966年 東京大学医学部講師(細菌学教室)
1966年〜68年 米国ペンシルベニア大学医学部生化学教室へ出張
1967年 東京大学医学部助教授(細菌学教室)
1982年 帝京大学医学部教授(植物学微生物学教室)/医真菌研究センター長
1987年 東京大学教授(応用微生物研究所生物活性研究部)
1989年 帝京大学医学部教授(細菌学講座)/医真菌研究センター長
1997年 帝京大学医真菌研究センター専任教授・所長
2004年 現職

<栄研化学からの刊行書>
・猪狩 淳、浦野 隆、山口英世編「栄研学術叢書第14集感染症診断のための臨床検査ガイドブック](1992年)
・山口英世、内田勝久著「栄研学術叢書第15集真菌症診断のための検査ガイド」(1994年)
・ダビース H.ラローン著、山口英世日本語版監修「原書第5版 医真菌-同定の手引き-」(2013年)

温故知新

聖隷浜松病院臨床検査科 部長
米川 修

 「先生無理です。第一、英語が話せません。まともな日本語自体が…」。2002年京都での国際臨床化学会でのこと。九州大学の濱ア先生からround table discussionで何かを話せとのお達しへの私の即答である。結局、つまらぬ内容で顰蹙を買うより折角のご厚意を無碍に断る方が失礼と(勝手に判断し)、悩みながらも引き受けた。開発に関係した蛋白分画自動解析システムを紹介することとした。タイトルは、「the serum proteinelectrophoresis : its clinical significance?」。幸い、海外からの参加者からの評判がよく面目を施すことが出来た。外人相手に配布資料には「温故知新」「learn fromthe past」とアピールをした。遺伝子検査を始め最新の技術を駆使するのもいいだろう。最新の技術は、診断を効率よく迅速・的確にするに違いない。しかし、最新の技術の現場への導入には一定の時間・費用がかかる。恩恵を被る患者も限られてくる。検査の人間であれば最新の技術開発に心血を注ぐのは自明のことである。しかし、全員のなせる業でもなく、そうする必要もない。今ある有効技術に新たな焦点を当て診断に寄与することを再認識させるのも職分の一つであろう。
 数少ない市中病院での専任臨床検査専門医で同士、戦友は少なくとも二人いる。まずは、天理よろづの松尾先生。天理での見学無くして当院での私はいない。もう一人は、名古屋掖済会病院の深津俊明先生である。名古屋という地理的条件、加えて、共に輸血部長の兼任との境遇から、頻繁に相談に乗って頂いた。愛知県の技師会の方々の一際勉強熱心なのは深津先生の指導の賜と確信している。技師の方に伺ったエピソードである。「たった一つの検査を選ぶとすれば何ですか?」深津先生は「蛋白分画」と即答したとのこと。「然り」ですよ、先生!
 ホントに蛋白分画は奥が深いのです。見つかる病態はM蛋白だけではない!検体量・保険点数と患者には優しい検査です。この検査が有効利用されず激減している現実を惜しくも50代で鬼籍に入られた深津先生はあの世で嘆いているに違いない。患者に還元してこその検査室である。これを実践せずして検査室の存在意義はない。結局、検査室側は臨床側にも患者側にも義務を果たしていないのであろう。深津先生の「先生、お題目より実行だよ」とのお叱りが聞こえてきそうである。叱られることだけは避けるだけの努力はしているつもりですが…。今こそ一丸となって蛋白分画の有用性を臨床側へアピールすべき時ではなかろうか。

○蒸し暑い季節になった。これだけ雨も多く湿度の高い6月の異名が「水無月(みなづき)」であるのは意外だが、「無」には語と語の関係を示す格助詞の「の」の役割があり、田植え後、田に水を張る時期であることから「水の月」を意味しており、他にも「水月」「水張月」などの呼び名もあるという。また、田植えの仕事をすっかりし尽くした「皆仕尽(みなしつき)」を由来とする説などもあり、何が正しいのかは定かでない。
○6月と12月の晦日には、日本各地の神社で「大祓(おおはらえ)」という行事が行われる。古代の法典「大宝律令(701年)」で定められた宮中の儀式でもあり、日頃意識せずに犯してしまう“罪穢災厄”を取り除く神事である。半年に一度行われることから、「二季の祓」ともいわれ、6月の行事は「夏越の祓(なごしのはらえ)」、12月の行事は「年越しの祓(としこしのはらえ)」と呼ばれ、区別されている。
 「夏越の祓」では、茅の葉を束ねて作られた、人が一人潜(くぐ)れるほどの輪が神前に立てられ、「はらいたまい、きよめたまえ」と祈りを捧げつつこの輪をくぐれば穢れが清められ、疫病にも負けない力が宿るとする「茅(ち)の輪くぐり」という習わしが行われる。
 ことの起こりは、武塔神(むとうしん)(須佐之男命(すさのおのみこと))が嫁取りのため南海を旅する途中、蘇民将来という神に一夜の宿を借り、貧しいながらも心を尽くしたもてなしを受けた御礼にと、疫災を取り払う茅の輪を蘇民将来に授けたとする説話に由来するといわれる。茅の生命力の強さが無病息災に結びついたもので、疫病が流行すると人々は茅の輪を身につけ、自分が蘇民将来の子孫であると呪文を唱えたという。

 「母の分ん も一つ潜る ちのわ哉」 小林一茶

 これは、小林一茶(1763-1828)が日々の出来事を句で綴った「八番日記」に文政3(1820)年、一茶が57歳のときに書かれた句である。一茶は、生母とは3歳で死別し、8歳で迎えた継母とは不仲で15歳で故郷の信州から江戸に上京している。父の死後十数年もの間、遺産相続を巡り継母と争ったというが、母を想いもう一度茅の輪を潜った一茶の心には、継母への複雑な想い、あるいは亡き母への想いが溢れていたのか、私は真相を知らない。
○京都や関西では、茅の輪くぐりにあわせ、三角形の外郎(ういろう)の上に小豆を乗せた「水無月」という和菓子を食す習慣があると聞いた。小豆、三角の形にも厄除けの意味があり「夏越の祓」が行われる6月の晦日に向かう短い期間に限り、この菓子を販売している店が多いようだ。
 平安時代から室町時代にかけて、庶民には手に入らなかった氷室の氷が幕府や朝廷に献上される行事を真似て、庶民は知恵を絞り安価な外郎を氷室の氷にたとえ、この菓子を作った。恐らく、何不自由なく暮らす現代人とは比べ物にならないほどの想像力をもって勝ち得た涼を感じていたのである。工夫が凝らされた小さな和菓子から、様々な便利なものと引き換えに、厳しい季節を乗り越える知恵や季節の趣を楽しむ心の豊かさが、気づかぬうちに失われていく危うさに気づかされた。

(大森圭子)

お探しのキーワードから過去の記事を検索できます