このページは、HOMEの中のバックナンバー 2014年(第60巻)の中の5月号「PHOTO&WRITING」「随筆」「編集後記」のページです。

バックナンバー2014年(第60巻)2014年バックナンバー一覧

2014年5月号(第60巻5号)


写真提供 : 株式会社アイカム

新・真菌シリーズ 5月号
スコプラリオプシス・ブレビカウリス
Scopulariopsis brevicaulis

 本菌は皮膚科以外の診療科ではほとんど耳にすることのないまれな病原性糸状菌である。患者の爪から分離されることが最も多く、白癬菌、Candida spp.に次いで3番目に多い爪真菌症の原因菌とされているものの、S. brevicaulisの分離頻度は白癬菌の百分の一以下と低い。そのほかごくまれに角膜や耳の真菌症をひき起こすし、免疫不全患者で肺真菌症の原因菌になった事例も知られている。だがそれよりも微生物検査室では汚染菌として分離されることのほうがはるかに多い。自然環境中に広く生息する真菌だからであるが、ハードチーズの表面や、次に述べるように壁紙に好んで発生するカビとしてよく知られている。
 S. brevicaulisのもう1つのユニークな性質は、無機の砒素化合物からジエチルアルシンという揮発性の有機砒素化合物を産生する代謝能力を備えていることである。ジエチルアルシンはニンニク臭をもち、検出が容易なことから、以前は法医学・司法の分野で注目され、本菌を「砒素カビ」とよんで砒素の検出に利用した時代もあった。
 本菌が砒素ガス(ジエチルアルシン)産生能をもち、しかも壁紙によく生えるという2つの性質が相まって思わぬ事件がひき起こされる結果になった。かつてヨーロッパでは壁紙を彩色するための絵具の顔料(とくに緑色顔料)には醋酸銅・亜砒酸複塩といった砒素化合物がよく使われていた。この砒素系顔料を含む壁紙が貼られた寝室に寝ていた人(なぜか少女が多い)が砒素中毒に罹って、なかには死亡したという事例があったらしい。
 これに関連して今も多くの好事家の間で大きな話題となっているのは、フランスの歴史的英雄ナポレオン・ボナパルトの死因にまつわる諸説である。ワーテルローの戦いに敗れたナポレオンはイギリス軍に捕らえられ、1815年6月セント・ヘレナ島へ流刑となり、1821年5月にこの地で52年の生涯を閉じた。彼の死因は慢性砒素中毒であり、日頃愛用していたワインに砒素を盛られたためとするスウェーデンの歯科医S. Forshufvudらによる毒殺説の論文が1961年Nature誌(Vol.192,p.103-5)に掲載されると、これが定説となった。しかし1982年になって英国ニューキャッスル大学のD.E. Jones& K.W. Ledinghamはこれに反論し、死因は壁紙に含まれた砒素がカビによって気化したことによる中毒事故にあるとする説を同じくNature誌(Vol.299,p.626-7)に発表したのである。カビの種類についての言及はなかったが、該当するカビといえばS. brevicaulis以外には考えられない。
 Jones・Ledingham説の真偽のほどはさておき、本菌を顕微鏡で観察すると、円柱状のアネライドを伴った短い分生子柄が長い菌糸からひんぱんに突き出ている。アネライドはブラシ状に集まることが多く、その先に円い分生子が連鎖状に生じる。属名ScopulariopsisScopulaはラテン語で「小さい庭箒」を意味し、本菌の形態学的特徴をよく表している。

写真と解説 山口 英世

1934年3月3日生れ

<所属>
帝京大学名誉教授
帝京大学医真菌研究センター客員教授

<専門>
医真菌学全般とくに新しい抗真菌薬および真菌症診断法の研究・開発

<経歴>
1958年 東京大学医学部医学科卒業
1966年 東京大学医学部講師(細菌学教室)
1966年〜68年 米国ペンシルベニア大学医学部生化学教室へ出張
1967年 東京大学医学部助教授(細菌学教室)
1982年 帝京大学医学部教授(植物学微生物学教室)/医真菌研究センター長
1987年 東京大学教授(応用微生物研究所生物活性研究部)
1989年 帝京大学医学部教授(細菌学講座)/医真菌研究センター長
1997年 帝京大学医真菌研究センター専任教授・所長
2004年 現職

<栄研化学からの刊行書>
・猪狩 淳、浦野 隆、山口英世編「栄研学術叢書第14集感染症診断のための臨床検査ガイドブック](1992年)
・山口英世、内田勝久著「栄研学術叢書第15集真菌症診断のための検査ガイド」(1994年)
・ダビース H.ラローン著、山口英世日本語版監修「原書第5版 医真菌-同定の手引き-」(2013年)

ゆとり教育はなぜ失敗したのか

信州大学医学部病態解析診断学 教授
本田 孝行

ゆとり教育は、知識詰め込み型教育を打破するために試みられたが、失敗してしまった。ゆとりの中で、誰が何をどのように教えるかが明確にされなかったことが最大の問題であろう。
 ゆとり教育は、1. 論理的思考に基づき、2. 課題認識ができ、3. その解決法を立案し、4. 実行できる
 人材の育成を目指したと思うが、現在の教室型教育では不可能である。ゆとりさえ持たせれば、小・中・高等学校で問題解決型の思考能力の育成ができると考えたのであれば、机上の空論に過ぎなかった。大学においてさえも、多くの学科長たちが“学科の専門分野に特有の知識、技能および技術の習得”を第一の教育目標に掲げるように、社会が望んでいる教育は行われていない。
 いずれは陳腐化する専門知識を教えるだけでも時間が足らないのに、何を教育すればよいのだろうか。“論理的な思考能力”に尽きるように思う。知識として覚えるだけでなく、なぜそうなるかを根本から理解する姿勢を教育できれば、教育目的は達成されたと考えてよいと思われる。理解の過程で生じた違和感が課題認識であり、正確な課題認識ができればポイントを絞った解決法も立案できる。後は実行する気があるかだけである。論理的思考方法は、知識が変革しても陳腐化することはない。
 私は合気道を学生に教えている。無数の技があるが、体に覚えさせろという運動部特有の教育法が行われている。それに逆らって、技の成り立ちを根本から理解しようすると、全く違う技でも共通点のあることに気づく。共通点を整理すると、ひとつ上の定義のような法則に出会う。そして最後にたどり着いたのが姿勢である。最近、個々の技を細かく教えるのではなく、姿勢を主体に教えるので、どの技をやっても同じことしかいわない。正しい姿勢で技を行えば、自然に手の動きや足の運びが矯正されるのには驚かされる。正確な理論さえ教えられれば、学生は自分で知識を吸収し修正することができるのである。教育の極意だとひとり悦に入っている。

○五月といえば思い出すのが童謡「背くらべ」である。「柱の傷はおととしの五月五日の背くらべ ちまき食べ食べ兄さんがはかってくれた背のたけ…」子供の頃、この歌を口ずさむたび、興味を引くのは「背くらべ」ではなく、もっぱら「ちまき」のほうであったことを思い出す。
○日本での粽は、もち米やうるち米、米粉などを練って作った餅を笹の葉や竹の皮に包み、井草で縛って形づくり、蒸したり茹でたりして食べるものである。古い記録から、昔は、菖蒲の葉、藁(わら)、真菰(まこも)など様々なものを使って包んでいたことが分かっており、「ちまき」という名は、茅(ちがや)の葉で包んでいたことに由来するそうである。
 「粽(ちまき)」の起源は中国とされ、日本には平安時代に中国から伝わったとされるが、台湾や東南アジアほか多くの国でも、同様に米や穀物の粉を練ったものに餡などを入れて草の葉に包んで蒸す・茹でる・焼くなどして食べる文化が根付いている。
○葉の巻き方にはいろいろあるが、簡単な方法には、まず団子をやや細長に丸め、2−3枚の笹の葉で団子をくるみ、葉の長さが余った部分を手前側に折って形を整え、まとめた先を井草で縛るというものがある。このほかには、格好の良さに比例するように、複雑で熟練が必要そうなものも数々ある。
粽(ちまき)結ふかた手にはさむ額髪(ひたいかみ)(松尾芭蕉)
 「粽結う」は粽を形づくることを意味し、5月の季語にもなっている。葉をねじる、ひねるなどして餅を包み、紐で結わく仕草からか、粽を「作る」のではなく「結う」とするのがなんとも味わい深い。それに何より、誰かの視線にも気づかず、ひとり無心に料理をする女性の姿は、なんと魅力的なことか。
○同じく5月の季語となっている「蚕(そら)豆」を使った句に
腹立ててゐるそら豆を剥いてをり(鈴木真砂女)
がある。
 真砂女の人生は波乱万丈であった。若くして恋愛結婚で嫁いだ夫は博打にのめり込んだ挙句蒸発してしまい、そののち家業の旅館を守るために亡姉の夫に嫁いだものの、宿泊客の年下の海軍士官に心を奪われて出奔し、のちに家に戻ったものの夫と離婚、その後、銀座で小料理屋を営み、女将俳人として活躍した。
 お店で出す夥しい量のそら豆を剥かなくてはならないこと、もしくは、ひと鞘から数個しか取れない豆の大袈裟な鞘に腹を立てているのか、或いは、この作業に連動して腹の立つことを思い出してしまったのか…。
 怒りの理由はうやむやであるが、人生経験を積んだ真砂女であっても、腹を立てながらそら豆をひたすら剥き続ける姿はどこか初々しく愛らしいものであったに違いないと想像するのである。

(大森圭子)

お探しのキーワードから過去の記事を検索できます