このページは、HOMEの中のバックナンバー 2014年(第60巻)の中の4月号「PHOTO&WRITING」「随筆」「編集後記」のページです。

バックナンバー2014年(第60巻)2014年バックナンバー一覧

2014年4月号(第60巻4号)


写真提供 : 株式会社アイカム

新・真菌シリーズ 4月号
トリコフィトン・メンタグロフィテス(毛瘡白癬菌)
Trichophyton mentagrophytes

 皮膚糸状菌症(白癬)の原因になる皮膚糸状菌は、ヒトや動物の皮膚、毛髪、爪などに主成分として含まれているケラチンとよばれる不溶性タンパク質を分解して栄養源にする能力を持つ。皮膚糸状菌が宿主(ヒト、動物)生体に寄生または感染して発育する場合には、生きた組織に侵入することは決してなく、死んで角化した細胞からなる皮膚の最外層(表皮角質層)の中にとどまる。その際に産生・放出されるプロテアーゼなどの酵素に対する炎症その他の宿主反応の結果こそが白癬とよばれる病態にほかならない。まさしく皮膚糸状菌は、ケラチンの安定な供給源であると同時に生体免疫からも逃れられる表皮角質層を「快適で安全な」棲家とするように進化した賢い真菌といえよう。
 現在まで約40菌種の皮膚糸状菌が見つかっており、それらは次の3つの属に分類されている。(i)ミクロスポルム(小胞子菌)属Microsporum、(ii)トリコフィトン(白癬菌)属Trichophyton、(iii)エピデルモフィトン(表皮菌)属Epidermophyton。ヒトに感染することが確認されているのはその中の約20菌種であり、前号および前々号に登場したミクロスポルム属の2菌種も含まれている。しかしそれよりも遥かに高い頻度でヒトに白癬をひき起こす皮膚糸状菌は、トリコフィトン属の2つの菌種、T.rubrum(猩紅色白癬菌)とT.mentagrophytes(毛瘡白癬菌)、であり、両菌種合せて白癬全体の原因菌の90〜95%を占める。わが国ではこの2菌種が白癬患者から分離される比率は、1950年代頃までは同程度だったようだが、それ以降はT.rubrumが徐々に優勢となり、現在ではT.mentagrophytesを3〜4倍も上回っている。このようにT.mentagrophytesは、白癬原因菌の順位としては2番目にあるものの、形態学的にはT.rubrumよりも遥かに複雑多彩で映像的にも面白味があるので、本号ではこの菌を紹介する。
 トリコフィトン属菌種には、小型の単細胞性分生子(小分生子)を豊富に産生するとともに、さほど数は多くないものの大型の多細胞性分生子(大分生子)も併せてつくるという共通した特徴がみられる。ここに示すのはT.mentagrophytesの大分生子を狙って撮影された写真の1枚であるが、これを見て私は驚いた。前号に載せたM.canisの大分生子の形が日頃からスライド培養で見馴れた通りだったのに対して、本菌の大分生子は大きな団子を4つとさらにその先に小さ目の団子が数個つながっているというまったく予想外の奇妙な形をしていたからである。ここからは私の想像だが、「小さな団子」がやがて「大きな団子」と同じ位の大きさになって全体が教科書にあるような葉巻状を呈する大分生子に成長するのだろう。また「小さな団子」の先端にはかすかながらフィラメント状の構造物も見える。もしかしたらこれは「ネズミの尻尾 rat tail」とよばれる本菌特有の構造物かも知れない。

写真と解説 山口 英世

1934年3月3日生れ

<所属>
帝京大学名誉教授
帝京大学医真菌研究センター客員教授

<専門>
医真菌学全般とくに新しい抗真菌薬および真菌症診断法の研究・開発

<経歴>
1958年 東京大学医学部医学科卒業
1966年 東京大学医学部講師(細菌学教室)
1966年〜68年 米国ペンシルベニア大学医学部生化学教室へ出張
1967年 東京大学医学部助教授(細菌学教室)
1982年 帝京大学医学部教授(植物学微生物学教室)/医真菌研究センター長
1987年 東京大学教授(応用微生物研究所生物活性研究部)
1989年 帝京大学医学部教授(細菌学講座)/医真菌研究センター長
1997年 帝京大学医真菌研究センター専任教授・所長
2004年 現職

<栄研化学からの刊行書>
・猪狩 淳、浦野 隆、山口英世編「栄研学術叢書第14集感染症診断のための臨床検査ガイドブック](1992年)
・山口英世、内田勝久著「栄研学術叢書第15集真菌症診断のための検査ガイド」(1994年)
・ダビース H.ラローン著、山口英世日本語版監修「原書第5版 医真菌-同定の手引き-」(2013年)

オリンピックの“魔物”

埼玉協同病院臨床検査科 部長
村上 純子

予想では、ソチオリンピックで日本選手が獲得するメダルの数は、過去最高になるはずだった。しかし、例によって実際にはそうはいかず、毎度のことながら、「実力が発揮できない=オリンピックには魔物が棲んでいる」ということになりそうだ(これを書いているのがオリンピック期間中のため)。
 そうではない、予想より実際のメダルが少ないのは、回帰分析でみられる「平均値への回帰」すなわち、実際のデータは、理論上の推測よりも“平均値に近づく”という現象そのものであると、西内啓氏が著書「統計学が最強の学問である」の中で述べている。
 ……スポーツの結果は実力だけで決まるわけではなく、記録は変動する。そのバラつきを左右するものをコンディションと呼ぶとすると、オリンピック至近の大会でたまたま自己最高記録を出せた選手の多くは、本人史上まれにみる好コンディションであった可能性が高い。そうした好コンディション込みの記録をもとに本番の結果を予測するというのは、奇跡がたまたま2回起きることを願うという、虫の良過ぎる“期待”でしかない。統計リテラシーがあれば、本番では奇跡的な好記録より、「平均値へ回帰」する結果となることが容易に推定される。であるからこそ、オリンピック代表選手には、「バラつきをなくす」ことや、「バラつきが関係なくなるほどの圧倒的な実力を示す」ことが求められる……つまり、バラつきを持つ現象に関する理論的な予測はそれほどうまくはいかないということである。
 西内氏は、同書の中で「一面的な単純集計の愚かさ」についても、例を挙げて述べている。〈次の食べ物を禁止すべきかどうか考えてみましょう〉
・心筋梗塞で死亡した日本人の95%以上が生前ずっとこの食べ物を食べていた。
・凶悪犯の70%以上が犯行前24時間以内にこの食べ物を口にしている。
・江戸時代以降日本で起こった暴動のほとんどは、この食べ物が原因である。
 この食べものは「ご飯」である。一面的な単純集計に捉われると、愚かにも「ご飯を禁止する」という結論に至ってしまうかもしれない。
 そんなバカなって思いますか。でも、「ご飯」を「抗がん剤」に置き換えて、こんな感じの理論を振りかざしているヒト、いませんでしたっけ?
 統計リテラシーがないと、魔物に取り憑かれてしまうかもしれません、ご用心のほど……

○よく晴れた日曜、久しぶりに谷根千の辺りに散策に出かけた。谷根千とは、東京文京区から台東区に位置する谷中・根津・千駄木の、それぞれ頭のひと文字をとった呼び名である。戦時下にあっても空襲の被害を比較的受なかったことで、神社仏閣や古い街並みが残る。江戸時代から続く庶民の暮らしが今もなお息づくこの町では、古き良き時代を偲びつつ、谷中霊園や旧岩崎邸庭園など、歴史的名所を訪ね歩くことができる。
○今回の散策でとにかく行きたかったのは、2009〜2013年にかけて行われていた保存修復工事も終了し漸く見られるようになった、彫塑家朝倉文夫(1883-1964)の記念館「朝倉彫塑館」である。朝倉文夫は“東洋のロダン”とも呼ばれ多くの代表作を持つ。なかでも「墓守」は、谷中霊園の中にある天王寺の墓守をモデルとした立像で、国宝・重要無形文化財に指定されている。後ろ手を組み慈愛に満ちた笑みを浮かべる老人の像には実は生命が宿っており、耳を澄ませばその息づかいさえ聞こえ、近づけばそのぬくもりや懐かしい匂いさえ感じられそうである。
 館内に展示された作品にどれも目を奪われることは言うまでもないが、中でも一番大きな作品といえるのは、国の名勝にも指定されているこの館を含む敷地そのものである。嘗てアトリエ兼住居であったこの建物は、朝倉自身の設計によって、広い中庭を取り囲む形で、数寄屋造りの木造建築の部分と鉄筋コンクリートによる洋風建築の部分とを組み合わせて造られている。外壁の一面には防水の目的で一面に真っ黒なコールタールが塗られ重々しく、長い年月を経てもなお独創的な様相を呈している。さらに屋上に上れば庭園があり、銀色に輝く無数の葉を蓄えたオリーブの巨木が数々の草花を従え、主のように構えていた。様々な文化が融合されたその佇まいは訪れる人を決して飽きさせない。
 朝倉文夫が記した『我家吾家物語譚』には「…いろいろな國の建築形式を拝借するからちぐはぐになるのでこれも勝手気儘なアサクリックでゆくか。」の一節がある。施設のパンフレットによれば、この「アサクリック」という言葉は、「アサクラ」と「テクニック」とを組み合わせた造語で、“朝倉流技術”という意味合いであろうことが記されている。形式にとらわれることなく、自分の考えを貫いて造られた空間の何と気持ちの良いことか。
○谷中商店街の一角にあった寒天の製造元からあんみつを購入し、散策の最後に、つつじの名所根津神社の木陰のベンチに腰掛け、心地の良い春風に吹かれながら、他店とは一味違うあんみつを頬張った。歩きすぎて足は痛くなったけれど、細部にまでこだわりを持つ人々の歴史が続く町で、様々な開拓者達と出会い沢山の勇気をもらった気がした。

(大森圭子)

お探しのキーワードから過去の記事を検索できます