このページは、HOMEの中のバックナンバー 2014年(第60巻)の中の3月号「PHOTO&WRITING」「随筆」「編集後記」のページです。

バックナンバー2014年(第60巻)2014年バックナンバー一覧

2014年3月号(第60巻3号) 通巻700号記念号


写真提供 : 株式会社アイカム

新・真菌シリーズ 3月号
ミクロスポルム・カニス(イヌ小胞子菌)
Microsporum canis

 本菌は、先月号に登場した鉄錆色小胞子菌Microsporumferrugineumと同じくMicosporum属の菌種であり、系統発生学的にも両菌はかなり近い関係にある。しかし表現型とくに発育形態のうえでは大きくことなり、M. ferrugineumではまれにしかみられなかった大分生子がM. canisでは豊富につくられる。
 両菌は生態や疫学の面でも対照的である。M. ferrugineumが古くからわが国に土着していたと考えられるのに対して、M. canisは第二次大戦後に海外から国内へもち込まれた外来種なのである。感染源となったのは高級ペットとして輸入された外国産のイヌやネコであり(本菌の菌名もそれに由来する)、1960年代後半、激減したM. ferrugineumと入れかわるようにして出現した。当初は頭部白癬の原因菌として北海道でのみ流行がみられたが(そのためMicrosporum sapporoenseの異名を持つ)、1970年代後半からは大都市を中心に全国的に蔓延するようになった。それに伴って白癬原因菌種としての出現頻度も上昇し、Trichophyton rubrumおよびTrichophyton mentagrophytesという2大原因菌に続いて第3位を占めるに至った。しかしそれも2000年代後半からはTrichophyton tonsuransにとって代わられた。栄枯盛衰の習いは真菌の世界にもあるらしい。
 M. canis に関して忘れてはならないのは、本菌の有性世代がわが国を代表する医真菌学者の1人長谷川篤彦博士(東京大学名誉教授)らによって発見され、1975年に世界で初めて報告されたことである。長谷川博士によれば、その菌名であるNannizzia otaeは、太田正雄博士(前号参照)に敬意を表して名付けたものだという。N. otaeは、その後Nannizzia属がArthroderma属に統一されたことからArthroderma otaeと変更された。またその無性世代に関しては、近年、Microsporum distortumM. canisの変種(M. canis var. distortum)として扱われるようになったため、従来のM. canisの正式菌名はM.canis var. canis に変更されている。
 この写真にみられるように、本菌の大分子は形態のうえでも特徴的である。菌糸から突出した大分生子は長く(10-25x35-110µm)、紡錘形で、表面に粒々が付着して粗くみえる。また内部が6個以上の区画(小室)に仕切られているのが表面の構造からも分かる。

写真と解説 山口 英世

1934年3月3日生れ

<所属>
帝京大学名誉教授
帝京大学医真菌研究センター客員教授

<専門>
医真菌学全般とくに新しい抗真菌薬および真菌症診断法の研究・開発

<経歴>
1958年 東京大学医学部医学科卒業
1966年 東京大学医学部講師(細菌学教室)
1966年〜68年 米国ペンシルベニア大学医学部生化学教室へ出張
1967年 東京大学医学部助教授(細菌学教室)
1982年 帝京大学医学部教授(植物学微生物学教室)/医真菌研究センター長
1987年 東京大学教授(応用微生物研究所生物活性研究部)
1989年 帝京大学医学部教授(細菌学講座)/医真菌研究センター長
1997年 帝京大学医真菌研究センター専任教授・所長
2004年 現職

<栄研化学からの刊行書>
・猪狩 淳、浦野 隆、山口英世編「栄研学術叢書第14集感染症診断のための臨床検査ガイドブック](1992年)
・山口英世、内田勝久著「栄研学術叢書第15集真菌症診断のための検査ガイド」(1994年)
・ダビース H.ラローン著、山口英世日本語版監修「原書第5版 医真菌-同定の手引き-」(2013年)

日本人であることに誇りをもとう

ベイラー医科大学 臨床病理学教授(終身)
小児科内科兼任教授(終身)
照屋 純

最初にボストンに留学したのは1989年。アメリカ生活に馴染むために、生活のすべてをアメリカ式に変えて、良い習慣も悪い習慣も真似しようとした。例えば、アメリカ人はわずかに身体が触れただけで、ソーリーと言って謝る。それは良いことであろう。日本ではあまり経験しないことである。しかし、いざ自分に責任、特に金銭的な責任が及ぶようなこと、例えば車をぶつけた時などでは、明らかに自分が悪くてもまず謝らない。飛行機に乗って荷物が目的地に着かなくても、目的地の空港係員は、自分のせいでは無いということで決して謝らない。自分が会社の一員で、会社のために謝るという教育を受けていないらしい。
 日本人は一般的に清潔好きである。ウォッシュレットがついているトイレットの普及はすごいものである。ヒューストンの私のうちでも使っているが、アメリカではその普及率はごくわずかである。日本では、家の中には玄関で靴を脱いであがるのが当たり前である。外の綺麗ではない所を歩いた靴でうちの中も歩く、と言うのは清潔とは言えないだろう。アメリカ人で家の中で靴を脱ぐのは、少数派である。ただ生足のままであがったり、病院などでスリッパに履きかえるのがより清潔なのか、と言う議論はあるかも知れない。レストランに行くと、日本ではまずおしぼりが出る。それで手を拭くことでどれだけ綺麗になるのかは疑問であるが、少なくとも汚れはある程度落ちるし、清潔そうなおしぼりであれば何よりも気持ちがいい。おしぼりが出るレストランは日本以外では稀なので、私はどこでも殺菌効果のあるハンドサニタイザーを持ち歩いて、食べる前に手指の消毒をしている。私の行っているスポーツクラブのロッカーでは、使ったタオルが床に散乱している。日本ではそのような光景を見ることは稀である。小学校から高校まで、自分たちの手で教室を掃除をするという習慣があるせいなのかも知れない。
 外国に住んでいると、日本という国がよく見えてくる。そして改めて日本という国に生まれて良かったと思う。私の血は日本人であり、そして日本人であることを誇りに出来ると言うことは素晴らしいことである。しかし、私は15年前に仕事と生活の場をアメリカに移す決断をした。その決断は正しかったと思う。何故ならば、日本の病院では、私がこちらで患者診療に貢献しているのと同じような場を求めることはできないからである。臨床病理に関して言えば、日本ではむしろ退化していっているのではないだろうか、と心配している。

○寒暖を繰り返しながら春へと向かう季節もようやくゴールに到達し、気がつけば日射しは明るい。色とりどりの花達は、それぞれに与えられた場所で満ち足りた面持ちでのびのびと揺らぎ、柔らかな木々の葉はまだ少し心細そうに春風にそよぎ、あちこちにお辞儀を繰り返している。
 何か良いことが始まりそうなこの季節に、本誌が通巻700号を迎えられ、新たな一歩を踏み出せたことはこのうえない喜びです。
○あらためまして、本誌にいつもあたたかいご支援をいただいております読者の皆様、記事の作成と本誌の発行にご尽力いただいているご執筆者、取材にご協力いただいた先生方、歴代の編集委員の先生方に衷心より厚く御礼申し上げます。
 そして、奇しくも本記念号の発行と時期を同じくして、編集委員としての10年の任期を終え、退任の時期を迎えられた第5代目編集委員の岩本愛吉先生(東京大学医科学研究所)、河島尚志先生(東京医科大学)、熊坂一成先生(上尾中央総合病院)、林谷秀樹先生(東京農工大学大学院)の4名の先生には、ご多忙のなか大変長い間、本誌の編集にご注力いただいたことに深く感謝申し上げます。
 また、いつも最善を尽くして対応してくださるデザイン、製版、印刷、製本、発送に関わるスタッフの皆様にもこの機会を借りて御礼申し上げます。
○本号は、特集の1と2をあわせた総合ページ数が90ページにもなり、通常の本誌の3冊分もあろうかと思われる厚さになりました。お忙しい先生方にご無理をお願いしましたが、快くご協力をたまわり、表紙1ページの山口英世先生の新・医真菌シリーズに始まり、表紙4ページの照屋純先生の随筆に至るまで、貴重な情報とあたたかい想いが沢山詰まった1冊の本が完成しました。

 人生は人間が共同で利用するぶどう畑です。
 一緒に栽培して、ともに収穫するのです。
 (フランスの作家 ロマン・ロランの言葉)

 本誌は60年の長きに亘り、皆様が力をあわせて作り育ててきた学術情報誌です。皆様のご協力で、沢山の方々のふれあいの場として本誌があり続けられる幸せにいつも感謝しながら、わたくしもそのメンバーの一人として編集の仕事に携わっていきたいと思っております。
 モダンメディアが、いつも皆様の傍らに寄り添う応援団のような冊子でありますよう、これからもかわらぬご支援、ご指導をいただきますようお願い申し上げます。

(大森圭子)

お探しのキーワードから過去の記事を検索できます