このページは、HOMEの中のバックナンバー 2014年(第60巻)の中の2月号「PHOTO&WRITING」「随筆」「編集後記」のページです。

バックナンバー2014年(第60巻)2014年バックナンバー一覧

2014年2月号(第60巻2号)


写真提供 : 株式会社アイカム

新・真菌シリーズ 2月号
ミクロスポルム・フェルギネウム(鉄錆色小胞子菌)
Microsporum ferrugineum

 皮膚糸状菌症(白癬)の罹患率はあらゆる真菌症のなかでダントツ第1位である。そればかりか、わが国の白癬患者数は優に全人口の10%を超えると推定されていることを考えると、最早生活習慣病並みの国民病といっても過言ではない。しかも不思議なことに、近年問題となった日和見感染症でもなく古典的な伝染病ともいうべき(患者や罹患動物から直接的または間接的にうつるので)白癬の罹患率は、これだけ生活環境が改善され、本症の感染・発症機序が明らかにされ、診断法も治療法も進歩したにもかかわらず、低下するどころかむしろ上昇傾向にある。それがなぜなのかはさておき、1960〜 65年頃を境にわが国の白癬の疫学は著しく変貌した。それ以前に白癬とくに頭部白癬の主要原因菌種として白癬全体の30%以上、頭部白癬の50%以上を占めていたMicrosporum ferrugineum(鉄錆色小胞子菌)が急激に減少し、1970年代後半には完全に姿を消した。その理由は今もって大きな謎である。
 すでに日本では幻の皮膚糸状菌となってしまったM.ferrugineum は、以前はわが国を含む東南アジア地域における代表的な白癬原因菌であった。したがって第二次大戦前後までは白癬に関心のある皮膚科医ならば誰でも本菌の直接鏡検像や培養コロニーを目にしていたはずである。事実、1920年代初頭には、日本の何人もの研究者が本菌と考えられる白癬原因菌を分離したことを国内の学術誌で報告している。そのなかで新種記載の国際的な基準に則って詳細な記述をフランスの雑誌(Bull, Soc, Pathol, Exot., 1922)に発表した1人の偉大な医真菌学者がいた。多数の優れた文学作品を残した木下杢太郎のペンネームでも知られる太田正雄博士である。現在本菌の正式菌名(有効名)となっているM.ferrugineum も、また和名の鉄錆色小胞子菌もコロニーの色に因んで彼が命名したものである。
 本菌の最も特徴的な顕微鏡的形態は、「bamboo hypha(竹のような菌糸)」とよばれる直線的に長く伸びた菌糸である。ここまではすべての成書に記載されているが、これらの菌糸がくもの巣のように互いにつながっているのを私はこの写真で初めて知った。

写真と解説 山口 英世

1934年3月3日生れ

<所属>
帝京大学名誉教授
帝京大学医真菌研究センター客員教授

<専門>
医真菌学全般とくに新しい抗真菌薬および真菌症診断法の研究・開発

<経歴>
1958年 東京大学医学部医学科卒業
1966年 東京大学医学部講師(細菌学教室)
1966年〜68年 米国ペンシルベニア大学医学部生化学教室へ出張
1967年 東京大学医学部助教授(細菌学教室)
1982年 帝京大学医学部教授(植物学微生物学教室)/医真菌研究センター長
1987年 東京大学教授(応用微生物研究所生物活性研究部)
1989年 帝京大学医学部教授(細菌学講座)/医真菌研究センター長
1997年 帝京大学医真菌研究センター専任教授・所長
2004年 現職

<栄研化学からの刊行書>
・猪狩 淳、浦野 隆、山口英世編「栄研学術叢書第14集感染症診断のための臨床検査ガイドブック](1992年)
・山口英世、内田勝久著「栄研学術叢書第15集真菌症診断のための検査ガイド」(1994年)
・ダビース H.ラローン著、山口英世日本語版監修「原書第5版 医真菌-同定の手引き-」(2013年)

東京湾岸で経験した東日本大地震から3年

東海大学医学部 基盤診療学系臨床検査学 教授
宮地 勇人

東日本大地震から3 年経過した今も大震災は終わっていない。25 万人以上の方々が避難生活をおくっている。原子力発電所での汚染水の漏出は続いている。東日本大地震の日、小生は東京湾岸の晴海にいた。学術セミナー会場に向かって、地下鉄の最寄り駅から、晴海通りを歩いていた14 時50 分頃、強い揺れに襲われた。東京の震度は公表では5 強であるが、地盤の弱い晴海埠頭の揺れはそれ以上であったと想定される。不案内の土地での特別の体験は、あまりにも異様で現実感が乏しい。以来、あの時の自分の足跡を確認したいと考えていた。あれから3 年、再び同地を訪ねる機会に恵まれた。学会有志の企画である恒例の納涼大江戸下町ツアーにて晴海埠頭から「もんじゃ船」に乗ることとなった。驚いたことに、船着き場は、あの日の学術セミナー会場となったビルの斜迎いであった。ビルは連結した3 つの近代的な高層ビルの1 つで、そこから名付けられたトリトンスクエアにある。月島のもんじゃ焼き通りから船着き場に向かって、偶然にも、大地震に遭遇した晴海通りを同じ方向に歩くこととなった。最寄りの地下鉄の駅、晴海通り沿いのマンションを見ながら、トリトンブリッジを渡り晴海埠頭のトリトンスクエアへと同じ順路を辿った。2 回目の訪問であったが、脳裏に焼き付いた当時の光景が不思議と鮮明に甦り、目の前の平然とした光景と奇妙に重なった。暑い中、船に乗る前の待ち時間は皆には歓迎されなかったが、小生にはトリトンスクエアに立寄り、当時を振り返る貴重な時間となった。トリトンスクエアのメインロビーには、地震直後に携帯電話が不通のため、長蛇の列となった公衆電話が今も整然と並ぶ。唯一列が出来なかったテレホンカード専用の電話は当時と同様に設置されていた。それ以来、備えとしてテレホンカードは絶えず携帯している。あの日、公共の交通機関再開を待つ間、情報交換の場となった和食レストランも当時と同様であった。そこから見渡せる不思議なほど落ち着いた夜景も同様であった。もんじゃ船は出航後、レインボーブリッジをくぐり、お台場沖に停泊した。レインボーブリッジは橋脚が初めて虹色にライトアップされた記念すべき夜であった。お台場の美しい夜景を見ながら舌鼓を打った。あの異様な経験をした同じ場所なのか、割り切れない感があった。
 今回、大地震に遭遇した地を再訪問することで、大地震に遭遇した状況を再確認でき、その異様な経験と現実の空間が整理できた。当時は崩壊するかに思えた建物や橋は何も無かったように存在する。あの日は煙が立ち上がっていたものの、大震災と全く無縁であったかのように落ち着いた湾岸の光景は、大震災が終わっていない被災地とは極めて対照的である。あの大災害を総括しきれていない自分は、被災した東北3 県の現状と向い合う上で大切な日となった。昨年岩手県の被災地を本誌の取材で訪問した。今後も被災地の取材を計画中である。両極端の現実があることを認識した上で、被災地を再度訪問し、大震災に向い合いたい。

○二十四節気の「立春」という言葉の響きとはうらはらに、寒さが一層厳しく感じられる2 月。そんななか臙脂色を帯びた葉の無い枝にぽつぽつと梅の花が咲いて、冷えきった空気を少しだけあたたかく感じさせてくれる。
 梅の“花言葉”は「忠実」ときく。その言葉に相応しく、遥か昔に取り決めた約束を守り続けるように、長い間厳しい冬に閉ざされ、ひたすら春の訪れを待つ頃になると決まって“春はもうそこまで来ているよ”とけなげにも可愛らしい花を咲かせて人の心をなごませてくれる。
 「梅雨」という季節の名が、雨の多い時期と梅の実が生る時期とが重なることに由来するように、梅は、梅雨時には沢山の実をつける。収穫された梅の実は、のちに梅干し、梅酒、梅酢や菓子などに姿を変えて食を豊かにしてくれる。また、真っ黒く燻したものは烏梅(うばい)といって、健胃、整腸作用があるとされ漢方薬としても用いられる。
 「忠実」には、真心を持って尽くすという意味もあることを思うと、梅の木にも心があると思わずにいられない。
「春もやや気色ととのふ月と梅」 芭蕉
 冬将軍はいまだ猛威を奮っているが、冷え切った世界のわずかな隙間から春の兆しが入り込み、朧に霞み優しげな表情を見せる月の下、梅の花が咲きこぼれる早春の美しい景色が見られるのももう間もなくである。

(大森圭子)

お探しのキーワードから過去の記事を検索できます