このページは、HOMEの中のバックナンバー 2014年(第60巻)の中の12月号「PHOTO&WRITING」「随筆」「編集後記」のページです。

バックナンバー2014年(第60巻)2014年バックナンバー一覧

2014年12月号(第60巻12号)


写真提供 : 株式会社アイカム

新・真菌シリーズ 12月号
アスペルギルス・テレウス
Aspergillus terreus

 A.terreusは、砂漠の土、草地、堆肥などから、また貯蔵中の穀類、ピーナッツなどの汚染菌としても分離されるごくありふれた腐生性の土壌真菌の一員である。本菌は様々な二次代謝産物をつくり、そのなかには代表的な抗コレステロール薬として脂質異常症の治療に広く使われているスタチン系化合物が含まれることから医薬品製造の領域ではとりわけ重要な真菌に数えられている。
 一方、医真菌学の領域では、A.terreusが爪真菌症や耳真菌症をひき起こした例は以前から報告されていたものの、深在性真菌症の原因菌になることは知られていなかった。ところが今世紀に入って造血幹細胞移植などによって極度の免疫不全に陥る患者の増加とともに、本菌に起因する侵襲性アスペルギルス症の発症例がしばしばみられるようになった。しかもその予後は他のAspergillus spp.の感染の場合よりも不良であり、死亡率も高いとして大きな臨床的注目を浴びるに至ったのである。A.terreus感染がなぜ重篤化するか、その真の理由は未だ不明である。しかし少なくともその一因は、侵襲性アスペルギルス症治療の第一選択薬として使用されてきたアムホテリシンB(AMPH)に対する本菌の感受性がA.fumigatusその他の病原性Aspergillus spp.よりも明らかに低いことにあると考えられている。A.terreusは、アゾール系薬に対する感受性も低下しているものの、AMPHほどではないことから、本菌感染の治療に際してはボリコナゾールを優先して使う必要がある。これは原因菌としての本菌と他のAspergillus spp.との鑑別・同定がきわめて重要であることを物語っている。しかしA.terreusは、emerging fungal pathogenに数えられるだけあって、その疫学、AMPH耐性メカニズム、病原性、分類学などについてはまだまだ不明な点が多い。今後最も目が離せない真菌として研究がさらに進展することを期待したい。
 A.terreusの顕微鏡形態は、色調こそ異なるものの、一見A.fumigatusに似た外形をもつ。分生子柄が比較的短く(<300μm)、頂嚢が小さい(直径、10〜20μm)などの点である。黄褐色ないしシナモン褐色のフィアライドはその先に生じる同じ色の分生子とともに頂嚢の上半分にのみ形成され、それらの構造物が円柱状にぎっしりとまとまって見える。

追記:9月号以降Aspergillus属の4種の主要病原菌種を順次紹介してきた。いずれの菌種についてもゲノム解析が完了したかまたは進行中であり、得られた分子生物学的データから各々形態学的特徴がどこまで説明されるようになるか、これからが楽しみである。

写真と解説 山口 英世

1934年3月3日生れ

<所属>
帝京大学名誉教授
帝京大学医真菌研究センター客員教授

<専門>
医真菌学全般とくに新しい抗真菌薬および真菌症診断法の研究・開発

<経歴>
1958年 東京大学医学部医学科卒業
1966年 東京大学医学部講師(細菌学教室)
1966年〜68年 米国ペンシルベニア大学医学部生化学教室へ出張
1967年 東京大学医学部助教授(細菌学教室)
1982年 帝京大学医学部教授(植物学微生物学教室)/医真菌研究センター長
1987年 東京大学教授(応用微生物研究所生物活性研究部)
1989年 帝京大学医学部教授(細菌学講座)/医真菌研究センター長
1997年 帝京大学医真菌研究センター専任教授・所長
2004年 現職

<栄研化学からの刊行書>
・猪狩 淳、浦野 隆、山口英世編「栄研学術叢書第14集感染症診断のための臨床検査ガイドブック](1992年)
・山口英世、内田勝久著「栄研学術叢書第15集真菌症診断のための検査ガイド」(1994年)
・ダビース H.ラローン著、山口英世日本語版監修「原書第5版 医真菌-同定の手引き-」(2013年)

What is P ?

北海道大学大学院保健科学研究院 教授
千葉仁志

大学の卒業祝賀会で学生相手に私が毎年のように話すテーマがある。VSOPである。ブランデーではない。仕事の仕方である。昔、見たTVドラマの中で銀行員が同僚に話したセリフの受け売りである。その銀行員も先輩からの受け売りとして話していた。20代はVitality、つまりバリバリ働け。30代はSpecialty、専門性で仕事をしろ。40代はOriginality、独自性で勝負だ。ここまでは多くの日本人は賛同できる。そうありたい、いや、そうあるべきだ。勿論、芸術の世界では20代でもOriginalityが求められる。科学の世界でも稀には20代で大発見はありえる。しかし、これは凡人の生き方を語っているのである。さて、私はここでいつも学生に質問をする。50代のPはなんだろう?いろいろな答えが返ってくる。答えが出尽くしたのを見はからって、おもむろに私が神のように静かに告げる。Personalityだと。ホ〜と学生たちは安堵したように、驚いたように溜息をつく。50代がPersonalityだと私が納得するのに、思えば長い時間が必要だった。初めて聞いた若い頃は、組織のトップとして指導力を発揮できる人格だろうか、他社のトップと渡り合える堂々たる人格だろうかなどと考えた。これらの答えは私の腑に落ちなかった。自分が50代であることにも慣れたある日、答えが見つかった。研究室にも人が増えて、自分で実験をしなくなって久しかった。実験室の最先端の装置は触れることさえ怖い。進行中の研究に関する知識や経験も若者たちのほうが自分より上だ。自分なんぞは研究室にいる価値があるのか?そう思った瞬間に答えが神の啓示のように降りてきた。自分は神輿(みこし)だ。若者たちが私を担いだ時に価値がでる。担いでもらえるPersonality、それが正解だ。

○風や乾燥が進み空気が澄んでくる頃になると、待ち構えていたように色とりどりのイルミネーションで彩られる町は、クリスマスが近いこと、そして、今年も残りわずかであることを告げているようである。大小とりどりのオーナメントに散りばめられた変幻自在な電飾を目で追うのに夢中になっているうちに、別世界に迷い込んだかのように、どこまでも続く黄金色の光の並木道は幻想的な美しさである。そのまばゆさに遮られ、空の星にまで目が届かないことを少し寂しく感じるが、時代はいつも行きつ戻りつ。濃紺の空で慎ましやかに輝く、星達の自然の美しさにため息をつく日もまた訪れるであろう。
 一年もここまで来ると時間の無駄遣いは禁物…であるが、年末の忙しさとはまた別に、クリスマスの準備に胸をときめかせる季節でもある。
 家族や友へのプレゼントを考える時間もまた楽しいものであるが、もしも、楽しい気持ちで家族や友へのプレゼントを探し歩き、良いものが見つからず仕舞いにはがっかりしたとしても、あれこれ迷っている間中、その人を笑顔にすることだけを一心に思っていた自分に気づき、深い愛情や友情で結ばれていることに心が温まることだろう。その時間は「感謝」という、ひと足早い自分への素敵なクリスマスプレゼントになるに違いない。
○フランス貴族でモラリスト文学者のラ・ロシュフコー(1613-80)の「箴言集」に「弱さこそ、ただ一つ、どうしても直しようのない欠点である。」の言葉があります(二宮フサ訳『ラ・ロシュフコー箴言集』より)。どうやら人間の「弱さ」は、何百年の時を経てどんなに時代が変わろうとも、決して無くすことが出来ないもののようです。
 今年本誌は、創刊から60年を迎え、3月号には通巻700号を数える大きな記念の年になりました。1号から2号、2号から3号へ…と、途切れることなくバトンは手渡され、数え切れないほどの人の手によって本誌が作られ、支えられ、続けられてきました。そのお手伝いをしている事務局である我々のこれまでの歩みを思う時、至らなさにご迷惑をおかけし気落ちすることも多くあったと思いますが、お叱りや励まし、時にはユーモアを交えて進むべき方向を与えていただき、広くあたたかい手の平でそっと背中を押していただいたからこそ乗り越えて来られたように思います。紙面を借りて、これまでの長い間、また、本年もお世話になった皆様に心より御礼申し上げます。

(大森圭子)

お探しのキーワードから過去の記事を検索できます