このページは、HOMEの中のバックナンバー 2014年(第60巻)の中の11月号「PHOTO&WRITING」「随筆」「編集後記」のページです。

バックナンバー2014年(第60巻)2014年バックナンバー一覧

2014年11月号(第60巻11号)


写真提供 : 株式会社アイカム

新・真菌シリーズ 11月号
アスペルギルス・ニゲル
Aspergillus niger

 A.nigerは、その学名の通り黒く着色した分生子によってコロニー表面全体が黒い色調を呈することから、「くろかび」ともよばれる。アスペルギルス症の原因菌としては、A.fumigatus, A.flavusに続いて3番目に多く分離される。侵襲性アスペルギルス症をひき起こすことは比較的まれであるが、しばしば肺アスペルギローマや慢性壊死性肺アスペルギルス症の原因菌になるほか、耳真菌症の主要な原因菌として外耳道から高い頻度で分離される。
 もともとA.nigerは土壌微生物相の代表的な構成メンバーとして知られ、地球の炭素循環に重要な役割を果たしている。この菌が植物のリグニンやセルロースの分解にあずかる様々な水解酵素、酸化酵素などを持っているからであり、現在これらの酵素はバイオテクノロジー産業に欠かせないものになっている。またA.nigerは分子生物学の研究材料としても重要であり、真核細胞におけるタンパク質分泌機構、種々のバイオマス分解酵素の発現・分泌の調節に及ぼす多様な環境因子の影響、真菌の形態形成メカニズムといった研究のモデル生物として広く利用されている。
 A.niger特異的な代謝活性として以前から知られていたのは、クエン酸や蓚酸を糖分からつくる能力である。清涼飲料や菓子などの食品原料として需要の大きいクエン酸の工業的製造にA.nigerは盛んに利用されてきた。クエン酸をつくるAspergillusといえば、私達日本人は「あわもりこうじかび」(A.awamori)の存在を忘れてはならない。A.nigerに近縁なこの菌が沖縄の特産物である泡盛の醸造に伝統的に使われてきた理由もそのクエン酸産生能にある。産生されたクエン酸によって仕込み後のもろみのpHが低下する結果、沖縄のような気温の高い亜熱帯地域でも十分に雑菌の汚染が防げるからである。
 A.nigerのもう1つの特異的代謝産物である蓚酸については、クエン酸ほどの産業的価値はないものの、医真菌学的にはこちらのほうがはるかに重要である。慢性壊死性肺アスペルギルス症患者の生検肺の組織切片を鏡検すると、美しい結晶が病変組織内に観察されることがある。これは組織内で産生された蓚酸が組織液や血液中のCa++と反応してできた蓚酸カルシウムの結晶像にほかならず、この所見だけでA.nigerによる感染症と確定診断することができる。
 A.nigerの分生子柄は白色で、著しく長い(400〜3,000μm)。頂嚢も大きく(直径、30〜70μm)、その全周を複列性のフィアライドとそれに付着した分生子が放射状に覆っている。そのために、分生子頭全体は大きな暗褐色の球状を呈し、まるで造り酒屋に吊るされているうちに枯れてしまった杉玉のように見える。

写真と解説 山口 英世

1934年3月3日生れ

<所属>
帝京大学名誉教授
帝京大学医真菌研究センター客員教授

<専門>
医真菌学全般とくに新しい抗真菌薬および真菌症診断法の研究・開発

<経歴>
1958年 東京大学医学部医学科卒業
1966年 東京大学医学部講師(細菌学教室)
1966年〜68年 米国ペンシルベニア大学医学部生化学教室へ出張
1967年 東京大学医学部助教授(細菌学教室)
1982年 帝京大学医学部教授(植物学微生物学教室)/医真菌研究センター長
1987年 東京大学教授(応用微生物研究所生物活性研究部)
1989年 帝京大学医学部教授(細菌学講座)/医真菌研究センター長
1997年 帝京大学医真菌研究センター専任教授・所長
2004年 現職

<栄研化学からの刊行書>
・猪狩 淳、浦野 隆、山口英世編「栄研学術叢書第14集感染症診断のための臨床検査ガイドブック](1992年)
・山口英世、内田勝久著「栄研学術叢書第15集真菌症診断のための検査ガイド」(1994年)
・ダビース H.ラローン著、山口英世日本語版監修「原書第5版 医真菌-同定の手引き-」(2013年)

50歳の新幹線に感謝

関西医科大学 臨床検査医学講座主任教授
髙橋伯夫

以前に、本コラムでパソコンと人とを比べる話を書きました。メンタルストレス過剰では、仕事が先に進まなくなりうつ病に突入しますが、長期休暇を与えてから復帰させると復調することが多いですが、これがパソコンと同じで、スタックすると強制終了させてリセットすることで回復することを述べました。私事ですが、断り難い講演依頼で新しいテーマを受けると題材作りに苦労します。アイデアがないので、頭の中が真っ白ですから、考えがまとまらず時間が無駄に過ぎるだけです。そんな時には、敢えて気分を変えるためにジョッギングに出たり、テニスやゴルフを楽しんだりして、再び取りかかると、体は疲れているのに意外と考想がスムーズにまとまり、成果がでます。皆さんも経験がおありのことでしょう、実は、今も通勤の京阪電車の中でパソコンを広げてディスプレイに向かっているところです。今日がこのコラム原稿の締め切り日だと、先ほど気づいたものです。私のお気に入りは新幹線で、京都から東京までは2時間余りですので、丁度良い、集中できる時間です。仕事が溜まると新幹線での出張が待ち遠しいほどで、その往復で片付けることができます。平素は、アルコールが入ると仕事をする気にならないのに、不思議と帰りの新幹線内でカートを引いたお嬢さんに好物の宝缶酎ハイを所望し、チビチビやりながらパソコンに向かう時が一番効率よく仕事ができます。これは、ある程度の雑音があって、それが雑念を払ってくれているのか、移動中という、ある意味で開放感があるせいかもしれませんね。アイデアが湧かないのは脳が雑念で占められているからに違いありませんが、この環境は雑念を一過性に隠してくれるのでしょうね。
 私事ですが、来年3月には、67歳の定年を迎えることになりました。楽しみの新幹線出張も少なくなりつつありますが、一層少なくなると思うと寂しいだけでなく仕事が捗らないのが困ります。でも、大した仕事もないでしょうから大丈夫かな。

○突然の肌寒さに慌てて、あちこちから引っ張り出しては着ていた冬物への衣替えもようやく落ち着いた。ワードローブを開けば「いつでもご用命ください」といわんばかりに待機する武張《ぶば》った冬服たちは、頼もしい戦士のようでもある。まつげの先にちょこんと乗った小さな日だまりさえも温かく感じられるような、そんな冷え込む朝にも慣れてきた。いよいよ本格的な冬の到来である。
○古代中国を起源とする思想「五行説」では、万物は、木・火・土・金・水の5つの元素からなり、各々の変化や互いの影響によって変化するものとされる。 季節もまた例外ではなく、春は「木」、夏は「火」、夏から秋への変わり目は「土」、秋は「金」、冬は「水」の五行が配され、元素それぞれの色が季節の色として、春には青、夏には朱、秋には白、冬には玄(黒)が割り当てられている。
 色と季節とを合わせた言葉「青春」からも明らかなように、ここでいう季節とは人生の一時期のことも表わしており、春の植物のように成長し伸びやかな年代を「青春」、まばゆい夏の太陽のように力みなぎる年代を「朱夏」、実り多き秋のように充実した年代を「白秋」、日を重ね奥深い静かな時を過ごす年代は「玄冬」の言葉で表わすようである。“黒”を意味する「玄」には他に“奥深い悟りの境地”という意味もあり、「玄」のつく言葉「玄関」は「玄:奥深い悟りの境地」への「関:入口」という意味で、もとは寺への入口を示す言葉であったそうだ。年齢を重ねた後に訪れる「玄冬」の年代に、どこまでの奥深い境地に入れるかどうかは人生の修行次第というところだろうか。
○さて「ハクシュウ」といえば、ウイスキーの名前が思い浮かぶが、こちらは「白州」であり、醸造所の所在地山梨県白州町―日向山《ひなたやま》など南アルプスの山々から流れ出た花崗岩の白い砂が川の流れによって運ばれて出来た白砂の扇状地=白い洲に由来する地名である。この町は「水の町」としても知られ、花崗岩のミネラルが溶けだしたミネラルウォーターの生産量はトップクラスだそうである。
○五行説の「白秋」に由来するのは、詩人・北原白秋の名前である。

  青いソフトに降る雪は過ぎしその手か、
  ささやきか、酒か、薄荷か、いつのまに
  消ゆる涙か、なつかしや。  北原白秋

 ソフトとは“soft felt hat”の略称で、頭の部分が縦に織り込まれたつばのある柔らかいフェルト製の帽子のことである。「過ぎしその手」とは、遠い昔に亡くなった優しい母の面影であろうか。温かそうなフェルトの上にそっと落ちてくるふんわりとした雪の、青と白のコントラストも美しく、はかなく消えゆくものを愛おしく懐かしく思い出している情景を思い浮かべれば、自分自身の思い出も束の間、雪に姿を変えて舞い降りてくるようである。
 各地から雪の便りが届くころ、日を追うごとに寒さが増すこの季節、どうぞご健康にお気をつけて毎日をお過ごしください。

(大森圭子)

お探しのキーワードから過去の記事を検索できます