このページは、HOMEの中のバックナンバー 2014年(第60巻)の中の10月号「PHOTO&WRITING」「随筆」「編集後記」のページです。

バックナンバー2014年(第60巻)2014年バックナンバー一覧

2014年10月号(第60巻10号)


写真提供 : 株式会社アイカム

新・真菌シリーズ 10月号
アスペルギルス・フラブス
Aspergillus flavus

 A.flavusは、アスペルギルス症のすべての主な病型(侵襲性アスペルギルス症、肺アスペルギローマ、アレルギー性肺アスペルギルス症など)を通して、A.fumigatusに次いで2番目に多い原因菌である。臨床微生物検査室では汚染菌としてもしばしば分離される。本菌が環境中に広く生息しているためと考えられるが、とくに食品分離例の報告が最も多いことから食品との深い関係がうかがわれる。
 A.flavusをめぐっては、医真菌学というより食品衛生に深くかかわる2つの問題がとくに注目されてきた。1つはカビ毒(マイコトキシン)産生菌として働くことであり、もう1つは食品産業に欠かせないアスペルギルス・オリザエ(「こうじかび」)A.oryzaeと同一菌か否かという問題である。
 1960年、その年の春から夏にかけてわずか数カ月の間に七面鳥の雛鳥が100万羽近くも死ぬという大事件が英国で起こった。原因不明のため初めはターキーX(エックス)病とよばれたこの病気は、やがて飼料に使われたピーナッツ油を汚染したA.flavusによって産生されたマイコトキシンによる中毒症であることが判明したのである。分離同定されたこの毒素は、産生菌であるA.flavusにちなんでaflatoxin(アフラトキシン)と命名された。アフラトキシンの動物に対する毒力は、数あるマイコトキシンのなかでも最強の部類に入るし、ヒトでも肺癌をひき起こすなど発癌性も有することから、わが国の食品衛生管理上最も厳重な監視の対象となっている。
 2番目の問題は、A.flavusと日本の食品製造に欠かせないA.oryzaeとが形態学的にほとんど区別がつかないほどよく似ていることから生じた。両菌は分類学的にきわめて近縁であるばかりか、同一菌だと主張する外国人研究者も少なくない(流石にそういう研究者は日本人の中には私の知る限り1人もいない)。そのせいで一時台湾などは日本の味噌やしょうゆの輸入を禁止したほどである。この件に関しては、国内で使用されている「こうじかび」について大規模な調査が行われ、幸いにもアフラトキシン産生株が1株もなかったことが確認されたことで一応の結着をみたのであった。しかし分子生物学的解析が可能な時代に入ると、A.flavusA.oryzaeの異同が新たな論議の的となり、両菌の全ゲノム構造の比較やアフラトキシン合成にかかわる遺伝子の存在・発現についての研究が盛んに行われている。現在のところ、両菌は分子系統のうえでもきわめて近縁な菌種か、さもなければ同一菌種でありながら生息環境の違いから種々の発現能力に差を生じた異なるエコタイプ(ecotype)ではないかと考えられている。いずれにせよ私達日本人にとっては大いに気になる問題であり、今後の研究の展開に注目したい。
 コロニーもそうであるが、A.flavusの顕微鏡像はA.fumigatusとは著しく異なる特徴をもつ。分生子柄はより長く(400〜800μm)、成熟するとその先端部すなわち頂嚢直下の部分の表面が粗く、棘状になる。またフィアライド(単列性のものと複列性のものが混ざっている)が頂嚢のほぼ全体を覆い、しかも放射状にゆるく広がる。フィアライドの先端には黄緑色〜オリーブ色の分生子が生じるが、そのレンサが短くて不規則に並ぶために、フィアライドと一体になってみえる。その結果、この写真のように分生子頭全体は花びらが開いた黄色い草花にも似た可憐な姿を呈している。

写真と解説 山口 英世

1934年3月3日生れ

<所属>
帝京大学名誉教授
帝京大学医真菌研究センター客員教授

<専門>
医真菌学全般とくに新しい抗真菌薬および真菌症診断法の研究・開発

<経歴>
1958年 東京大学医学部医学科卒業
1966年 東京大学医学部講師(細菌学教室)
1966年〜68年 米国ペンシルベニア大学医学部生化学教室へ出張
1967年 東京大学医学部助教授(細菌学教室)
1982年 帝京大学医学部教授(植物学微生物学教室)/医真菌研究センター長
1987年 東京大学教授(応用微生物研究所生物活性研究部)
1989年 帝京大学医学部教授(細菌学講座)/医真菌研究センター長
1997年 帝京大学医真菌研究センター専任教授・所長
2004年 現職

<栄研化学からの刊行書>
・猪狩 淳、浦野 隆、山口英世編「栄研学術叢書第14集感染症診断のための臨床検査ガイドブック](1992年)
・山口英世、内田勝久著「栄研学術叢書第15集真菌症診断のための検査ガイド」(1994年)
・ダビース H.ラローン著、山口英世日本語版監修「原書第5版 医真菌-同定の手引き-」(2013年)

再び、基準範囲をめぐって

北福島医療センター 名誉院長
福島県立医科大学 名誉教授
吉田 浩

人間ドック学会による新たな基準範囲値に大きな反響が見られた。これは本邦の基準とすべきもので、高く評価している。本稿では、反響・関心の高い脂質値ついて、古きことを思い出し述べてみたい。
 動脈硬化症に対する関心が高まる中で、1985年、米国(NIH)から治療対象となるコレステロール(TC)値が提唱され、わが国でも1986年、日本動脈硬化学会の討議を経て、TC220mg/dl以上、TG150mg/dl以上およびHDL-C40mg/dl以下を治療対象とすべきものと提唱され、これらが広く浸透し、今日に至っている。そのころ、我々の福島医大検査部では生化学検査自動機器の更新を機会に基準値を作成し、更に全国大学病院検査部での基準範囲/正常値についてのアンケート調査を行った。名称も正常値から基準範囲への移行期であったが、多数の値が使われていることを知った。(三浦裕ら:臨床病理1992,QAPNEWS1992)。上限値ではTCは207〜270mgの範囲で43種類、TGは127〜263mgで52種類と全くの混乱状態であった。このような状況の中での一方的な上記提案値に対して、違和感を抱いた。提唱値は病態識別(治療)値だが、本邦での検討も乏しく、米国からの直輸入的な値で、問題だと思った。1993年春、日本医師会でも動脈硬化症に対する知見を広く伝えるべく、講習会が開催された。その会で、当時の脂質の専門家にTG値についての治療の目安について伺ったところ、300〜400mg以上、との返答を頂き、驚いてしまった。彼らも違和感を持ちながら、150mgの値を提案せざるを得なかったのであろうが、以後、ずっとそのままである。
 今回話題となった基準範囲の問題は古くて新しいテーマで、検査関係者への大きな問題提起でもある。病態識別(治療)値はさらに難しい問題で、検査関係者はなかなか立ち入れないが、今回の基準値を参考にして再検討されるべきものと思う。これまでの健(検)診の判定基準により多くの受診者に不要な不安も抱かせてきたが、このたびの機会は、一般社会や臨床系学会の皆様に適正な認識を持ってもらう良い機会でもある。検査関係者は、定期的な現状調査・分析を行い、自己満足にとどまらず、それを広く発信し、より適正な状態になるよう、ご尽力されるよう祈念する。

○秋から冬にかけての季節の変わり目は雨の多い季節でもある。この時期の降ったりやんだりの雨は「時雨《しぐれ》」と呼ばれ、その先の冬の冷たい雨は「冷雨《れいう》」と呼ばれる。わが国では雨に、季節ごと、また降り方の特徴などによってそれぞれ美しい名前が付けられており、「五月雨《さみだれ》(梅雨頃の降り続く雨。田植えを意味する「さ」+雨を意味する「水垂れ」が語源)」「喜雨《きう》(夏の土用の頃、日照り続きのときに降る雨)」「慈雨《じう》(大地を潤し草木を育てる恵みの雨)」「米《こ》(小)糠雨《ぬかあめ》(細かな雨)」「宿雨《しゅくう》(連日降り続く雨)」など、四季を通じ、自然とともに一喜一憂を繰り返しながら生き抜いてきた先人ならではの細やかな感性をその名前から垣間見ることが出来る。
○一方、気象庁の予報文等に用いる用語は「やや強い雨」「強い雨」「非常に激しい雨」などのように、情緒的な要素は不要、目的は、言葉を耳にした誰もがどのような雨の状態なのかを同じように把握できることにある。そのため「雨もよう」といった曖昧な言葉は用いない、また、聞き間違いやすい「暴風」と「暴風雨」などの言葉は音声では用いないか、用いる場合には雨や風のそれぞれの強さを付け加えて解説するなどの配慮がされているようである。
 また、雨量の多いときに何気なく口にする「大雨」には、“災害が発生するおそれのある雨”という意味があり、「弱い雨」と「小降り」とでは、「弱い雨」より「小降り」のほうが降り方が弱いという程度の差がつけられている。
 先人たちに負けず劣らず、現代人もまた違った観点から雨に様々な名前を付けて使い分け、変わりやすい毎日の天候に賢く対応しているのである。
○今月は2週続けて毎週末に大型の台風が襲来し、その間はただひたすらにざあざあ降りの雨であった。これでは、秋の季節を飛び越え、初冬のように驚くほど冷え込む日があるのも不思議ではない。
 陰暦10月12日、時雨の季節に亡くなった松尾芭蕉の忌日は「時雨忌」と呼ばれる。
  秋もはやはらつく雨に月の形  松尾芭蕉
 年々激しさを増していく自然の営みに不安は増すばかりであるが、願わくば、ひっそりと降り注ぐおぼろげな雨のベールを幾たびかくぐりぬけ、静かな冬を迎えたいものである。

(大森圭子)

お探しのキーワードから過去の記事を検索できます