このページは、HOMEの中のバックナンバー 2011年(第57巻)の中の9月号「PHOTO&WRITING」「随筆」「編集後記」のページです。

バックナンバー2011年(第57巻)2011年バックナンバー一覧

2011年9月号(第57巻9号)

虫林花山の蝶たち(21):
旅するチョウ:アサギマダラ
Chestnut Tiger

 マダラチョウ科のチョウたちの多くは亜熱帯から熱帯に分布し、派手なオレンジ色や魅力的な紫色を身にまとっています。日本に分布するマダラチョウの仲間のアサギマダラというチョウは(中国、朝鮮半島、台湾などにも分布)、その名前のごとく爽やかな浅葱(あさぎ)色でとても日本的で優雅に見えます。
 マダラチョウ科のチョウの中にはまるで渡り鳥のように「渡り」をする習性が知られています。渡り(migration)というのは生物が規則的に生息地を移動することで、その移動が規則正しく、主に季節的で、陸上あるいは空中を移動する現象をいいます。鳥に比較して視力などの感覚器能力が著しく劣ると思われるチョウたちが、渡る進路をどのように認識出来るのかなどについては、十分に解明されているとはいえません。
 日本のアサギマダラも秋になると日本列島の北から南に渡ることがマーキング調査(翅に印を付ける調査)によってわかってきました。今回の表紙写真は、ある年の9月に長野県の白馬村で撮影したものです。そこには、アサギマダラが好むフジバカマという花が群生し、日が高くなって、気温が上昇してくると多数のチョウたちがフジバカマの花に集まって吸蜜していました。一見、ひ弱にみえる彼らがこれから紀伊半島、四国を経由して、九州、沖縄まで渡って行くということがにわかには信じ難い気がします。でも、実際、白馬村で翅にマークをつけられたチョウが沖縄で見つかっているのですから事実なのです。つまり、アサギマダラが長距離ドライブの運転手だとするならば、白馬村は「パーキングエリア」あるいは「道の駅」ということになるのでしょう。
 昆虫たちにとって最も重要な捕食者は「鳥」です。しかし、アサギマダラの幼虫が食べるガガイモ科植物にはアルカロイドという毒成分が含まれ、また成虫が好んで吸蜜するフジバカマやヒヨドリバナの蜜にもアルカロイドが含まれています。鳥たちは彼らを食べると、アルカロイドの毒によって具合が悪くなってしまい、以後、このチョウを食べなくなります。すなわち、体が大きくて、ゆっくりと飛翔するアサギマダラにとって体内に毒を持つことは、鳥からの襲撃を防ぎ、長い旅を可能にする唯一の手段なのだと思います。
 秋になって、山路を歩くとアサギマダラの姿を見るかも知れませんが、彼らをみた時には、やさしくボン・ヴォヤージュBon Voyageと言ってあげましょう。
 虫林花山の散歩道:http://homepage2.nifty.com/tyu-rinkazan/
 Nature Diary:http://tyurin.exblog.jp/

虫林花山の蝶たち 加藤良平

昭和27年9月25日生まれ

<所属>
山梨大学大学院医学工学総合研究部
山梨大学医学部人体病理学講座・教授

<専門>
内分泌疾患とくに甲状腺疾患の病理、病理診断学、
分子病理学

<職歴>
昭和53年…岩手医科大学医学部卒業
昭和63-64年…英国ウェールズ大学病理学教室に留学
平成2年… 山梨医科大学助教授(病理学講座第2教室)
平成8年… 英国ケンブリッジ大学病理学教室に留学
平成12年…山梨医科大学医学部教授(病理学講座第2教室)
平成15年…山梨大学大学院医学工学総合研究部教授

<昆虫写真>
 幼い頃から昆虫採集に熱を上げていた。中学から大学まではとくにカミキリムシに興味を持ち、その形態の多様性と美しい色彩に魅せられていた。その後、デジタルカメラの普及とともに、昆虫写真に傾倒し現在に至っている。撮影対象はチョウを中心に昆虫全般にわたり、地元のみならず、学会で訪れる国内、国外の土地々々で撮影を楽しんでいる。

「机の上の検査室」と「診療マトリックス」

財団法人 緒方医学化学研究所 常務理事
只野 壽太郎

1981年Lundbergが診療行為は、まず医師が患者の問題点(主訴・症状)を聞き、問題点を解決する為の検査を頭(Brain)に浮かべオーダーし、返却されたデータを再び頭(Brain)に入れて問題点を解決するというBrain to Brain理論を発表しました。この論文に対する素朴な疑問は、医師はどの位の検査情報が頭に入るかでした。
 頭に入れる臨床検査の情報量を確かめる為、教科書から検体検査に関係ある疾患を拾い出すと約1600疾患ありました。また、現在測定可能な検体検査は約2000項目ですから、疾患と検査の組み合わせは320万通りです。これに、日常臨床で遭遇する主訴・症状70を加えると医師が診断する迄のBrain to Brainの選択肢は2億通りを超えてしまいます。
 この膨大な情報を医師が頭に入れる事は不可能と考え、検査情報を一切暗記しなくても良い方法として「机の上の検査室」を考えました。これは、診察室に診療に必要な検査情報にアクセス出来るツールとして「机の上の検査室」を置き、医師はソフトとして提供される「診療マトリックス」を外付けのBrainとして診療する環境です。
 つまり、主訴・症状(68)、疾患(1600)、臨床検査(2000)で情報の塊を作り、これに縦横にアクセス出来る環境をWEBで提供するシステムが「診療マトリックス」で、目的は医師から暗記作業を解放することです。
 「診療マトリックス」は主訴・症状と特に注意すべき疾患、関連する検査と検査値、スクリーニング検査と検査値、Common diseaseと基本検査、臨床検査1000項目解説・基準値・予期せぬ値を見た場合、病理組織・細胞診所見などがマトリクッス状に縦横に検索出来ます。
 アクセスした先生方からは「診療後に見落としが無いか再確認に使っている」や「診療マトリックスを認めると、勉強しない医師を認めることになる」などの意見が寄せられています。
 「診療マトリックス」で検索しご自由にお使い下さい。

○秋は台風の季節である。大型だった台風15号では浸水や農林関係の被害をはじめ、いまだ大きな爪痕を残している。私事では通勤で使っている電車もこの台風の強風のために運転を見合わせた。ちょうど通勤時間にかかっていたこともあり、閉ざされた改札前には、事態に戸惑う人、電車の運転が再開されるのを待つ人でみるみる溢れ、タクシー乗り場には気が遠くなるほどの長い行列ができ、駅上にあるデパートのベンチまでもが人で埋まっていた。まだ記憶に新しい、都会での自然災害への脆弱さをまたも見せつけられる結果となった。
 台風が通り過ぎ、少し前までの猛暑がうそのように思えるほど肌寒くなった。秋の日は釣瓶落としというが、気づけば辺りがすっかり暗くなっていることに驚き、腕時計を確認しては、日照時間が短くなっていることに少しがっかりするこの頃である。
○この季節になると、例年、秋田の農家の方から直接お米を分けていただくのを楽しみにしている。今年は少し遅れて注文伺いの便りをいただいたが、はじめに放射線量の検査を無事に終えたとの報告があり、無事に検査を終えられて何よりと安心した。
○米の実りを心待ちにしているのはスズメとて同じであろうか。スズメは寒い地域を除き世界ではヨーロッパ、北アフリカ、アジアの大部分に生息し、人家のあるところや農耕地に棲んでいる。雑食で、雛を育てる時期は主に昆虫を食べるが、秋冬には田畑で穀物を荒らすことから害鳥の扱いもされる。しかし、主に稲に食害を起こしているのはニュウナイスズメという別の種だそうで、スズメは穀物を食べる代わりに害虫も食べてくれるので益鳥としての役割が、むしろ大きい。スズメにとって、ニュウナイスズメと混同されがちな点は迷惑であろう。
 時折、街路樹の近くを通りかかると、ひっきりなしに囀り続ける無数のスズメの鳴き声を聞くことがある。見上げてもどこにいるのかまるでスズメの姿は見えないのだが、体温の維持や安全性などを目的として、多いときは数百羽も集まって樹上にネグラを形成しているそうである。まるで鈴の生る木のような賑わいだが、「スズメ」のスズは「鈴」に由来するという説があり、「メ」には群れという意味があるそうだ。他にも各地にお喋りの面から命名された方言があり、沖縄では「ヨモンドリ(読む鳥)」、和歌山県や四国などでは「イタクラ(イタ(イタコ・ユタ):巫女の意味、クラ(クロ)小鳥の意味)」とも呼ばれているようである。富山のある地域では古く「ノキサキノオバサン」という呼び名があったときいたが本当であろうか。

(大森圭子)

お探しのキーワードから過去の記事を検索できます

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索
  • ウェブ全体を検索