このページは、HOMEの中のバックナンバー 2011年(第57巻)の中の8月号「PHOTO&WRITING」「随筆」「編集後記」のページです。

バックナンバー2011年(第57巻)2011年バックナンバー一覧

2011年8月号(第57巻8号)

虫林花山の蝶たち(20):
東日本大地震(津波)とチョウセンアカシジミ
The Korean Hairstreak

今回のテーマはチョウセンアカシジミという橙色の翅を持つ可憐なシジミチョウの一種です。もともと朝鮮半島のチョウとして知られていたのですが、あろうことか昭和28年に日本の岩手県田野畑村で発見されました。そんな理由から、「チョウセンアカシジミ」という和名が付いたようです。その後、山形県や新潟県でも発見されましたが、いずれも田畑の周辺など人里近くに多くて、むしろ山の中には棲息しません。今日、本種は天然記念物に指定されていて、環境省発行のレッドデータブックでは絶滅危惧種U類に入っています。
 今から約60万年前(氷期)の日本列島は日本海が大きな湖の様であり、北は北海道と樺太(カラフト)、南は九州・中国地方・中国・朝鮮半島の東シナ海の北部が陸続きだったようです。この頃は亜寒帯湿地気候で現在より気温が4〜8度は寒かったようです。その後、今から1万年前に大陸から離れて「日本列島」が形成されたようですが、その頃から気温が上昇し、やや涼しい気候を好むチョウセンアカシジミは北日本だけで生き残ったのでしょう。つまり、このチョウは、日本と大陸(朝鮮半島)が以前に陸続きだったという説を裏付ける貴重な生き証人(生き証チョウ?)になっているのです。
 僕がこのチョウを見たのは、数年前に岩手県宮古市郊外の小さな集落の中の渓流沿いの林でした。そこにはチョウセンアカシジミが棲息しているということで訪れたのですが、その渓流沿いに所々あるこのチョウの食樹のデワノトネリコの木を見回ると、それほど苦労なく、この貴重なチョウを見ることができました。このチョウは午後1時を過ぎると、今まで静かだったのが嘘のように活発に飛び交って、しばらくするとデワノトネリコの木で産卵したり、交尾したりする姿が観察できました。デワノトネリコの木の周りを乱舞するオレンジの蝶たちに息を呑んで見上げたのを今でも覚えています。今回掲載した写真はその時に撮影したものです。
 ご存知のように今年の3月11日に東北地方太平洋沖で大きな地震(東日本大震災)が起き、さらにその地震に伴って起きた津波が岩手県の陸中地方に大きな被害をもたらしました。この被災地域の多くは、期せずしてこのチョウセンアカシジミが分布する地域とオーバーラップしています。つまりチョウセンアカシジミというチョウは被災地のチョウといっても過言ではありません。最近、被災地の高校生から「チョウセンアカシジミの写真を復興のシンボルとして使用させて下さい」というメールが僕の元に入りました。もちろん、僕の拙い写真が被災者の皆さんの復興に少しでもお役に立てるのであれば、この上ない幸せですので、喜んで許可したのは言うまでもありません。
 今回の大津波の被災地の皆さんの復興が首尾よく進みますことを心から祈念したいと思います。
 虫林花山の散歩道:http://homepage2.nifty.com/tyu-rinkazan/
 Nature Diary:http://tyurin.exblog.jp/

虫林花山の蝶たち 加藤良平

昭和27年9月25日生まれ

<所属>
山梨大学大学院医学工学総合研究部
山梨大学医学部人体病理学講座・教授

<専門>
内分泌疾患とくに甲状腺疾患の病理、病理診断学、
分子病理学

<職歴>
昭和53年…岩手医科大学医学部卒業
昭和63-64年…英国ウェールズ大学病理学教室に留学
平成2年… 山梨医科大学助教授(病理学講座第2教室)
平成8年… 英国ケンブリッジ大学病理学教室に留学
平成12年…山梨医科大学医学部教授(病理学講座第2教室)
平成15年…山梨大学大学院医学工学総合研究部教授

<昆虫写真>
 幼い頃から昆虫採集に熱を上げていた。中学から大学まではとくにカミキリムシに興味を持ち、その形態の多様性と美しい色彩に魅せられていた。その後、デジタルカメラの普及とともに、昆虫写真に傾倒し現在に至っている。撮影対象はチョウを中心に昆虫全般にわたり、地元のみならず、学会で訪れる国内、国外の土地々々で撮影を楽しんでいる。

臨床検査の価値を高めたい

前天理よろづ相談所病院臨床病理部長兼副院長/
(株)ファルコバイオシステムズ総合研究所ラボディレクター
高橋 浩

全人医療という言葉は昔からあるが、この頃また聞くようになった。また良い医師を養成するために新しいMedical Schoolをつくる必要があるという人もいる。終末期医療の具体策がないという声もある。今の医学に世間の人は何か不足を感じている。それに臨床検査はもっと役立つと思う。
 現在の医学は病気を具体的な形で捉え、これを除去する事を目標に発達し成果を収めてきた。それは獲物を狙って狩をする姿に似る。我々農耕民族とは違い、身体の局所に注目が注がれ、人全体を余り見ない傾向がある。
 私は新米医師の頃、数拾年前生化学が急速に進歩するのをみて、血液の臨床化学的検査によって病気がわかるのかと思い(実際は違っていたが)、柴田進先生に付いて倉敷から山口医大に赴いた。そこで光電比色法による臨床検査法の改良開発が精力的に行われた。やがて簡易化、微量化、機械化、システムと進み、日常検査としてすっかり普及した。現在は検査法の標準化が進められており、やがて検査データの共有化が実現するであろう。これはこの仕事を始めた頃からの念願であったが、漸く近付いてきた。
 さて次の問題はどんなデータベースを作るかである。ただ蓄積しただけでは使い物にならない。検査からの健康管理、身体異常の早期発見、病気の予後判定などに役立てようとするなら、その目的に応じた編集をする必要があり、データ処理の研究も要るだろう。堅牢で精度の高い再現性のある検査データは、医療の中では他に少ない貴重な資料である。EBMではないが、この分析から実際の治療に即した新しい病名が生まれたり、従来の病名の定義の修正や変更を迫られるかも知れない。今使われている病名の多くは臨床検査以前につくられたものであり、これに検査結果をつき合せようとしているから無理や不足な所があって当然である。
 現在の医学は原因療法を第一としてきたが、その限界があったり原因不明なときは対症療法が大事である。数量化した検査結果は病状の軽重の判定に役立つ。但し人間の体力、復元力には個人差があるから、数字だけからパニックだとか軽重を云々するのは危険である。検査結果の判断は患者情報が必要であり、この部分はアートである。検査そのものはサイエンスであって、機器・試薬はメーカーに依存する。このあたりが臨床検査の活用の難しい所である。
 紙数が尽きたが、昔漢方の名医細野史郎先生から聞いた言葉がある。全く健康の状態は存在しないと。これからの課題は検査結果と患者状態との結びつきであると考える。

○このところの天気は、気温のピークを連日更新するような猛暑が続いたかと思えば、翌日からストンと気温が下がる、激しい雨が降り続くなどなかなか落ち着かない。立秋もとうに過ぎ、間もなく9月になろうというこの時期−季節の移ろいのさなかであることを思えば当然のようにも思えるが、急激な変化にただ驚くばかりで体もついていかない。平安時代の歌人・藤原敏行が「秋来ぬと目にはさやかに見えねども風の音にぞおどろかれぬる」という和歌を詠んでいるが、おだやかさの中でささやかな変化に驚きを感じる当時に比べると現代は自然現象が顕著になっているだろうか。
○この歌を詠んだ藤原敏行にまつわり、「宇治拾遺物語」に「敏行朝臣の事」という怪奇談がある。好色家の敏行が能筆の才を活かし、知人のために200部もの法華経の書写をしたところ、不浄な生活のまま経を書き綴った罪で、突如現れた使者に地獄へと引っ立てられる。使者の助言で、地獄門をくぐる既の所で「四巻経を書き供養する」と願いを立てたことで事沙汰が変わり、娑婆世界に戻されるのだが、とうとう四巻経を書くことなく不浄な生活を続けてしまい、死後地獄で苦しみを受けるという話である。敏行の死から十二年の後、紀友則と僧侶の夢に敏行が現れ、僧侶が代わりに四巻経を書き奉る願いを叶えてやり、ようやく敏行の罪が許されるのだが、愚かな者は罪の報いで地獄に落ち恐ろしいめにあうと示唆した、当時の人には充分怖い、暑さを忘れるほどの怪談話であったに違いない。
○怪談話のほか、夏の風物詩のひとつに花火がある。花火は、打上げ花火と玩具花火とに分かれ、打上げ花火は「玉」と呼ばれる紙製の丸い入れ物に「星」と呼ばれる火薬の玉を詰めて作られる大型のもの、玩具花火は家庭で楽しむ様々な小さな花火である。わが国では種子島に火薬が伝来した1543年以降に花火が製造されるようになった。江戸の打上げ花火では、大飢饉やコレラの大流行による死者の慰霊と悪霊払いを祈念して、翌1733 年に8代将軍吉宗によって大川端で打上げ花火が行われている。
○東日本大震災で被災された方への配慮から、取りやめとなった打上げ花火大会の変わりに、8月27日のある同時刻、それぞれが思い思いの場所で線香花火に火を灯し、心を一つにして、震災で亡くなられた方の鎮魂と被害からの復興を祈ろうという呼びかけが埼玉県深谷市から発信され、国内外にその和を広げていると聞いた。
 線香花火はわずか0.06〜0.08グラムの火薬で作られている。勢い良い火で付けると玉にならず燃え尽きてしまうので、小さな火で付けることが肝心。表面張力で玉になりゆらゆらと輝く線香花火の光。玉が落ちてしまっても、心にともったやさしい明かりはいつまでも消え落ちることはないだろう。

(大森圭子)

お探しのキーワードから過去の記事を検索できます

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索
  • ウェブ全体を検索