このページは、HOMEの中のバックナンバー 2011年(第57巻)の中の7月号「PHOTO&WRITING」「随筆」「編集後記」のページです。

バックナンバー2011年(第57巻)2011年バックナンバー一覧

2011年7月号(第57巻7号)

虫林花山の蝶たち(19):
ハイマツ仙人 タカネヒカゲ
The Asamana Arctic

故・田淵行男は、山岳写真家、高山蝶の研究者として知られています。彼は1905年に鳥取県で生まれ、東京高等師範学校(現・筑波大学)卒業後、教職の傍ら北アルプスやその近隣の山々を登って蝶の観察を続け、日本の高山蝶の生活史の解明に大きな足跡を残しました。とくに常念岳の乗越(のっこし)には頻繁に通い、一の沢から常念岳へいたるコースは生涯206回も通ったということですから驚きです。
 「次から次へと色とりどりの蝶に出迎えられ見送られて心も弾む常念一の沢朝の道装いを競い模様を凝らして蝶の飾る希望の夏山蝶の道」
 −これは田淵行雄が著した「安曇野の蝶」という本の中に収められている一節ですが、彼はその一の沢ルートを「蝶の道」と呼んでいたようです。
 その稀代のナチュラリストである田淵行男が愛した一の沢から常念乗越への蝶の道をある年の夏に辿ってみました。日頃あまり歩かない生活をしている僕にとっては、田淵が200回以上も通った道とはいえとても長く辛く感じました。でも、苦しい登りの末に稜線に飛び出すと、ハイマツが絨毯のように広がり、その向こうには槍ヶ岳などの北アルプスの名だたる山々が一望でき、高山特有の空気感と達成感に感動しました。しばらく休んだ後に、また歩き出すと、突然足元から褐色の蝶が飛び立って少し先の地面に静止しました。あわてて近寄ってその蝶を見ると高山蝶タカネヒカゲでした。タカネヒカゲは地味な褐色で、地面に静止すると保護色となり飛び立たなければこの蝶がどこにいるのか全くわかりません。また、風が吹くと地面に横倒しになってしまうのでなおさら発見することが難しくなります。前述の田淵がこの蝶を「ハイマツ仙人」と呼称した意味が良くわかります。多分、蝶に興味が無い人が見れば、蛾にしか見えないと思いますが、高山蝶をよく知る人にとっては、タカネヒカゲはこの上なく美しく目に映ります(痘痕も笑窪みたいなものですかね)。
 苦労の末にやっと目的の高山蝶に出会えたのですから、北アルプスの山々を背景にタカネヒカゲを撮影したいと思いました。写真の背景に山を入れるには、通常のレンズでは困難で、広角レンズを使用しなければなりません。ところが、広角レンズで蝶をある程度の大きさに写すには、レンズの先端と蝶との間は10cm以下まで近接しなければならないのです。そこで、タカネヒカゲが飛び出すたびに走り寄り、静止した場所にカメラを近づけてみますが、意外に敏感ですぐに飛び立ってしまいます。どのくらいの時間が流れたか定かでありませんが、やっと槍ヶ岳連山を背景にいれた「ハイマツ仙人」の写真が撮影できたときには感激しました。
 本州には高山蝶といえる蝶は9種類あります。しかし、卵から成虫までの全てを標高2500m以上の高い山で過ごす「真の高山蝶」はタカネヒカゲのみです。そんな過酷な気象条件の中で健気に暮らすタカネヒカゲは、まさしく「地史の落とし子」と呼ぶに相応しい蝶です。また、いつの日かナチュラリスト田淵行男を偲びながら、彼が愛した「蝶の道」を辿りたいものです。
 虫林花山の散歩道:http://homepage2.nifty.com/tyu-rinkazan/
 Nature Diary:http://tyurin.exblog.jp/

虫林花山の蝶たち 加藤良平

昭和27年9月25日生まれ

<所属>
山梨大学大学院医学工学総合研究部
山梨大学医学部人体病理学講座・教授

<専門>
内分泌疾患とくに甲状腺疾患の病理、病理診断学、
分子病理学

<職歴>
昭和53年…岩手医科大学医学部卒業
昭和63-64年…英国ウェールズ大学病理学教室に留学
平成2年… 山梨医科大学助教授(病理学講座第2教室)
平成8年… 英国ケンブリッジ大学病理学教室に留学
平成12年…山梨医科大学医学部教授(病理学講座第2教室)
平成15年…山梨大学大学院医学工学総合研究部教授

<昆虫写真>
 幼い頃から昆虫採集に熱を上げていた。中学から大学まではとくにカミキリムシに興味を持ち、その形態の多様性と美しい色彩に魅せられていた。その後、デジタルカメラの普及とともに、昆虫写真に傾倒し現在に至っている。撮影対象はチョウを中心に昆虫全般にわたり、地元のみならず、学会で訪れる国内、国外の土地々々で撮影を楽しんでいる。

東京湾岸で経験した東日本大震災

東海大学医学部 基盤診療学系臨床検査学 教授
宮地勇人

東日本大地震の日、小生は東京湾岸の晴海にいた。学術セミナーの講師役として会場に向かっていた。地下鉄の最寄り駅を出て、晴海通りを歩いていた14時50分頃である。立っているのが困難な強い揺れに襲われた。壁に掴まり怯えた表情の人、建物落下物を心配し上空を見つめる集団。橋はコンニャクのように繰り返し捻れ、崩壊するかに思えた。揺れが弱まった瞬間をついて、恐る恐る橋を渡り、対岸の晴海トリトンスクエア広場に着いた。トリトンスクエアは、連結する3つの近代的ビルから名付けられている。見上げると、40階の高層ビルが大きく揺れ、ビル同士が近づいたり離れたり。ビルの最上階近くをつなぐ連結(通路?)は、揺れに合わせて伸縮! 注射器の内筒と外筒のように2つの構造体の入れ籠(いれこ)が出たり入ったりしていた。後日調べたところ、この連結は、電動モータにて伸縮してビルの揺れを積極的に低減する制動ブリッジで、大地震の際には制動が解除されてビルの揺れに応じて大きく伸縮するとのこと。
 ビルの非常用階段を昇り、15時過ぎ、何とかセミナー会場に到着した。ビルは免震構造のため、船上のようなゆっくりとした揺れが続いた。窓から見ると、東京港の向かいのお台場をはじめ周囲4カ所で黒い煙が立ち上がっていた。消防車がけたたましく何台も通った。鉄道は運行休止中であった。運行再開までの待機場所は免震ビル内が最も安全とのことであった。待機時間を利用して、セミナーを開始した。安全ヘルメットを備えての講師は初めてであった。余震が続く中、防災アナウンスを折々聴きながら、何とかセミナーを終えた。恐怖の中、帰宅難民となり、翌朝の始発電車で帰宅できた。
 晴海をはじめ東京湾岸の埋め立て地は、地盤がきわめて弱い。東京ディズニーランドがある浦安埋め立て地では液状化現象で建物被害が出た。都心の古い建物では壁が崩落し犠牲者が出た。晴海付近の推定震度は大正12年の関東大震災のときと同じ5強前後とのこと。幸いにも晴海の高層ビルは安全であった。免震の高層ビルという高い建築技術レベルと普及に有り難さを感じた。地震に強い湾岸の都市開発技術には、被災地の復興、復旧に生かせる点が多いと思う。あらゆる手だてを尽くして、被災者が安全、安心な生活を送れる日々が早く来ることを心から願っている。

○7月は梅雨の蒸し暑さと本格的な夏の暑さとで体には厳しい季節である。熱中症に気をつけるようマスコミや会話を通じて連日注意が促され、水分補給や温度調整に気を配る日々である。厚労省の調査では、昨年の熱中症による死亡者は1718名、そのうち凡そ8割に当たる1362名が65歳以上の方であり、発症場所は、45.6%と半数近くが家や庭となっている。日本気象協会でも、熱中症の危険度を5段階に分けて知らせる携帯型の熱中症測定器を制作会社と共同企画・開発するなど、熱中症の指数計も出回っている。この季節、年長者への贈り物にも最適と思うが、機械に頼りすぎて危ないのが今の世の中。熱中症対策や兆候の基礎知識も併せてお贈りしたいところである。
○7月の暑さを凌ぐ楽しみな行事の一つに、雑節の土用の丑の日に鰻を食べる風習がある。(ちなみに関西地方では鰻のことをマムシと呼ぶが、これは毒蛇の蝮ではなく「真蒸し」の意味であるそうだ)。真偽のほどは定かではないが、江戸時代に平賀源内が傾いた鰻屋の商策にひと肌脱ぎ、「今日は丑」と看板を書いたことからこの日に鰻を食べる風習が定着したという話が広く知られている。また、万葉集では、奈良時代の歌人・大伴家持が吉田連老という痩せこけた者に詠んだ「石麻呂に吾れもの申す夏痩せによしといふものぞ鰻(むなぎ)とり食(め)せ」の歌が有名である。その昔、土用の丑の日には黒いものを食すと良いとされ、鰻以外でも鯰や鱧や牛蒡などを食べる習慣があったそうだ。また他説では、「丑」の「う」にかけて梅干や瓜など「う」のつく食べ物を食すると良いともされていた。
○先日、ある方とのお話の中で「焙烙(ほうろく)」の話題となった。焙烙とは、豆や米、茶葉などを煎るときや芋などを蒸すのに使う平たい土鍋のような道具である。話によると風情があって便利なものらしい。割れ易いことから、割れた分の損を上乗せして売値を付けること−つまり掛け値をして売ることの例えに「焙烙の一倍」という言葉もあるそうだ。また、歴史を遡ること戦国時代には「焙烙玉」といって、村上水軍がこれに火薬を詰めて武器として用い、強さを誇ったそうである。焙烙の使い方も色々である。
 埼玉県川越市の妙昌寺では、土曜の丑の日に「ほうろく灸」といって、頭に焙烙を被り、その上に灸を据えて脳天に棲む鬼を追い払い、健康を祈る行司が行われるそうである。頭の上の灸はいかにも効き目がありそうだが、かなりの熱さになるのではなかろうか。夏負け知らずの体を作るのはなかなか大変なのである。

(大森圭子)

お探しのキーワードから過去の記事を検索できます

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索
  • ウェブ全体を検索