このページは、HOMEの中のバックナンバー 2011年(第57巻)の中の6月号「PHOTO&WRITING」「随筆」「編集後記」のページです。

バックナンバー2011年(第57巻)2011年バックナンバー一覧

2011年6月号(第57巻6号)

虫林花山の蝶たち(18):
日本の国蝶 オオムラサキ
Great Purple Emperor

世界各国には、それぞれを象徴する国花や国鳥というものがあります。日本の国花はサクラ、国鳥はキジ、ということは動植物にことさら興味がない人でも広く知られています(小学校や中学校の授業で教わる)。ところが、国蝶というと、一般の人にはなかなかピンときません。例えば、東京の街角を歩く若者(若者でなくても良いが)に、日本の国蝶は何ですか?と聞いたとしたら、いったいどのくらいが「オオムラサキ」と答えられるでしょうか…多分、3分の1にも達しないかもしれませんね。国蝶といっても、その認識はまだ低いのです。
 国蝶を選定している国は、日本以外には無いとされています(台湾、マレーシア、ブラジルなど数カ国で国を代表する蝶はありますが)。以前、日本人は秋に鳴く虫の声を愛でるが、欧米人はそれが雑音にしか聞こえないということを聞いたことがあります。つまり、自然界の昆虫にまで愛着を感じるというのは、古来より花鳥風月を重んじる日本人独特の感性なのかもしれません。しかし、近年ではその感性が、だんだんと失われていくのは残念でなりません。
 オオムラサキが日本の国蝶に選ばれたのは、国鳥にキジが選定された1947年から遅れること10年の1957年です。その選定には日本昆虫学会の中でもかなりの議論があったようです。最後まで日本の国蝶の座をオオムラサキと争ったのはギフチョウだったということです。ギフチョウもマニアックな蝶なので、昆虫好き以外の一般人はほとんど知らないと思いますが、こちらは日本特産で、「春の女神」として虫好きの人にはたまらないほど魅力を持った蝶です。一方、オオムラサキはベトナム北部から台湾、中国東北地方にまで及ぶ東アジアの広域分布種ですので、必ずしも日本の自然環境を代表する蝶ではないといえます。でも、タテハチョウの仲間では世界でも最も大きなものの一つで、とくに オスの翅表に広く輝く青い幻光は、何度見ても感激してしまいます。これほど美麗で大型のタテハチョウは国際的にも誇れるものでしょう。つまり、「日本における代表的な大型美麗種」という観点からは申し分ない要素を持った蝶ということで日本の国蝶に選定されたのです。
 オオムラサキは、九州から北海道南部まで広く分布し、幼虫の食樹はエノキです。この蝶は花には見向きもせずに、広葉樹の樹液を吸います。日中のクヌギの木の樹液には、オオムラサキのほかにも、ゴマダラチョウ、ヒカゲチョウなどの蝶や種々の昆虫たちが集まってきます。 樹液に沢山の昆虫たちが群れ集まって、樹液を吸っている様子はまるで酒場のようです。その樹液酒場での乱暴者はオオスズメバチで、先に訪れていた虫たちをしばしば蹴散らして最も良い場所を確保する姿を良く見かけます。でも、オオムラサキだけは、気の荒いオオスズメバチをもろともせずに、口吻や翅を使って退けてしまうのです。日中の樹液酒場のオーナーはオオムラサキなのです。
 オオムラサキの棲息域は人間の生活環境とオーバーラップする里山なので、開発などの影響をダイレクトに受けてしまいます。そのため、この蝶が見られなくなった地域も少なくありません。青空をバックにして、雑木林の梢をオオムラサキがゆうゆうと滑空する姿は、日本の里山の原風景としていつまでも残しておきたいものですね。
 虫林花山の散歩道:http://homepage2.nifty.com/tyu-rinkazan/
 Nature Diary:http://tyurin.exblog.jp/

虫林花山の蝶たち 加藤良平

昭和27年9月25日生まれ

<所属>
山梨大学大学院医学工学総合研究部
山梨大学医学部人体病理学講座・教授

<専門>
内分泌疾患とくに甲状腺疾患の病理、病理診断学、
分子病理学

<職歴>
昭和53年…岩手医科大学医学部卒業
昭和63-64年…英国ウェールズ大学病理学教室に留学
平成2年… 山梨医科大学助教授(病理学講座第2教室)
平成8年… 英国ケンブリッジ大学病理学教室に留学
平成12年…山梨医科大学医学部教授(病理学講座第2教室)
平成15年…山梨大学大学院医学工学総合研究部教授

<昆虫写真>
 幼い頃から昆虫採集に熱を上げていた。中学から大学まではとくにカミキリムシに興味を持ち、その形態の多様性と美しい色彩に魅せられていた。その後、デジタルカメラの普及とともに、昆虫写真に傾倒し現在に至っている。撮影対象はチョウを中心に昆虫全般にわたり、地元のみならず、学会で訪れる国内、国外の土地々々で撮影を楽しんでいる。

核心をつく情報を導き出す知力

帝京大学 名誉教授
紺野昌俊

本誌2月号の著書紹介欄に拙著「インフルエンザとインフルエンザ菌」が掲載された。自費出版であるにも関わらずご紹介して頂いたご好意に深く感謝する次第である。本書は小生の身近に居られる若い研究者に対して、病原微生物に関わる古典的な医学論文に解説を加えた書をお送りすることが、何かの折に役に立つと考えて書いたものである。
 お送りした方々からは「もう少し図表を入れて欲しかった。そうすればもっと読み易かった」とのお言葉を頂戴した。確かにお説のとおりである。しかし、1900年初期の医学論文には抄録に類似する原著もあるが、数十例に亘る動物実験の結果を克明に30頁以上に亘って記述している論文も多く、それらのほとんどに図表は用いられていないのである。当時の研究者はこのような記述のみの論文から如何にして確固たる見解を導き出したのだろうか。恐らく、多様な情報源から核心を突く情報を導き出す知力に勝れていたと思わざるを得ないのである。しかし、このような知力は現在でも必要なように思われる。
 多くの臨床検査では結果のみが返される。その結果から何を考え、何を成せばよいのかという洞察力と行動力が不足していることが、院内感染や医療事故に繋がることも見られている。現在では耐性菌の増加に伴い抗菌薬の適正投与が求められているが、そのためには病原微生物の迅速な検出と病因との関係並びに薬剤感受性の結果をいち早く知ることが大切である。しかし、それは検鏡と培養を主体とする現在の微生物検査だけでは到底達し得ない。耐性化がこのまま進むと、30年後には抗菌薬は感染症薬としての主役の座を保てなくなるであろうとの感がする。近い将来、人類は如何なる方法を以って感染症と向き合うことになるのであろうか。今は微生物検査の迅速診断法の確立とそれが抗菌薬の適正投与への有益な情報になり得る臨床での解析法を急速に構築する必要がある。そのためには読者からの反論や経験をも交流できる場があって欲しいと思っている。

○6月と10月は衣替えの季節である。とはいえ梅雨特有の気候で、梅雨晴れで蒸し暑い日もあれば梅雨寒で肌寒い日もあり、服装選びもなかなか難しい。これは衣替えに限らず寝具にも当てはまることで、厚い布団で汗をかいたり薄い布団で体を冷やしたりと落ち着かない。
○寝具の条件としては主に、クッション性や肌触りなどの寝心地が休養や睡眠に適しているかどうかの「適応性」、保温、防暑、衛生面などからの「保健性」、そして「耐久性」の3つが挙げられる。寝具は人の全体重と一晩30回ともいわれる寝返り、コップ1杯ともいわれる汗などに長期間耐えて心地よい眠りを保たなければいけないのである。
○古く日本では、井草や菅(すげ)などをゴザやムシロにしたり、布やムシロに井草などを入れて布団としていた。「蒲団」の語源には、蒲(がま)の上にゴザを敷いて寝ていたことに由来するとの節もある。室町から江戸時代にかけて木綿の生産が盛んになってからは、わたを入れた夜着や布団が普及したが、貧困層や地方によっては明治時代頃まで、地面を掘ったくぼみに籾殻(もみがら)を入れて藁(わら)を敷きその上にゴザを敷いたり、「寝藁」といって寝室専用の小さな部屋に藁を敷き詰め、その上にゴザやムシロを敷いて寝ていたそうである。恐らく、藁の上に井草などで作ったゴザやムシロを乗せていたのが「畳」に進化したものと思われる。
 布団の変遷に纏わる話に、見栄張りの父親が藁布団で寝ていることを隠して「藁を布団と言え」と子に教えていたところ、藁屑が肩に付いているのを見た子が「布団が付いている」と言った、という笑い話がある。江戸時代後期に来日した米国総領事タウンゼント・ハリスは日本滞在記に「私は質素と正直の黄金時代を、いずれの他の国におけるよりも、より多く日本において見出す」と記しており、また、米国の動物学者エドワード・モースも、明治10年代の日本の印象として、貧困層が活気もあり結構楽しく暮らしていることを書き残しているそうだ。一昔前の日本は、貧しいことをも笑い話にできるような良い時代であったのであろう。
○NHK放送文化研究所が行った国民生活時間調査によれば、国民全体の平日の睡眠時間は’95年で7:27、’10年では7:14と減少傾向にあり、早く起きる人と夜遅くまで起きている人のどちらも増えていることがその理由とされる。’10年の調査で、有職者の1日の労働時間は、6〜8時間が21%、8〜10時間が29%、10時間以上が21%だそうだが、残業を遅くまでするのではなく、早くから仕事をして早めに帰宅し、夜はインターネットやテレビ、ビデオなどで夜遅くまで起きて自分の時間を楽しむというライフスタイルに変わりつつあるようである。年々減少する睡眠時間を脇役として助ける寝具。この夏の熱帯夜に向けても、進化を遂げた寝具が様々登場しているようだが、私はゴザあたりで先達の残してくれた知恵を体感し、昔歳の暮らしを偲んでみたいと思っている。

(大森圭子)

お探しのキーワードから過去の記事を検索できます

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索
  • ウェブ全体を検索