このページは、HOMEの中のバックナンバー 2011年(第57巻)の中の5月号「PHOTO&WRITING」「随筆」「編集後記」のページです。

バックナンバー2011年(第57巻)2011年バックナンバー一覧

2011年5月号(第57巻5号)

虫林花山の蝶たち(17):
里山を飛ぶウスバシロチョウ
Glocial Parnaassius

私はもともと海の傍に生まれ育ちましたが、昆虫採集が好きだった子供の頃には、しばしば自転車に乗って近くの里山(雑木林や水田地帯)に出かけました。
 春になると水を張った田の上をツバメが高く低く飛び、小川の土手にはツクシの群れ、野原にはタンポポやスミレの絨毯、雑木林にはカッコーやウグイスの声が響いていました。また、夏になると、山の斜面にはヤマユリが大きな白い花をつけ、ホタルの光が夜を彩り、賑やかなセミの声とともにクヌギやコナラの樹液酒場にはオオムラサキやカブトムシが集まっていました。そして秋の訪れとともに木々は色とりどりの実をまとい、冬鳥たちが訪れる頃には、葉を落とした雑木林にも静寂な冬が訪れました。そんな僕が体験した里山の四季は、日本人の原風景として心の中に多くの人が持っているものかもしれません。
 しかし、里山の多くは戦後の急激な人口膨張による宅地化や経済成長による森林伐採などで失われ、さらに家庭用燃料の化石燃料(ガス、石油など)化や、化学肥料の普及が里山の消滅に拍車をかけました。今日、里山の価値が見直され、当初はそれほど豊かではなかった里山の生態系が、適切な管理の元で育てられてきたことにより、今では見ることも少なくなったゲンゴロウやギフチョウなどの希少な生物が姿を見せるまでになったことが時々報道されています。
 今回掲載した写真は、石川県金沢市郊外で撮影したウスバシロチョウの飛翔写真です。そこで見た風景はまさしく里山のそれで、5 月の暖かい光に包まれた新緑とともに、一様に水が張られた水田は、まるで淡色のステンドグラスのように組み合わさって輝いていました。そんな景色に車を止めて見入っていると、目の前の草むらをウスバシロチョウがフワリフワリとゆっくり飛んでいきました。それはいかにも里山を象徴するように思えて、何とかウスバシロチョウを入れた写真を撮影してみたいと思い立ちました。チョウの飛翔を撮影する場合、通常の撮影法ではなかなかピントを合わせることができません。そこで、視野が広く、被写界深度(ピントの合う深さ)を深くできる広角レンズを用いることにしています。とにかく、被写体までの距離を頼りに、ファインダーを覗くことなくひたすら撮影するので、汗だくになってしまいました。それでも、苦労は報われたようで、ステンドグラスのような水田風景を背景に入れたウスバシロチョウの飛翔写真が撮影できました。
 ウスバシロチョウは、シロチョウという名が付いていますが、実はアゲハチョウの仲間で、近年ではウスバアゲハと呼ぶこともあります。日本国内では北海道から本州、四国にかけて分布します。以前は関東地方ではなかなか見られないチョウでしたが、今は里山にいけば、ネギボウズやレンゲなど、いろいろな花でよく吸蜜する姿を見ることができるようになりました。このウスバシロチョウの仲間(パルナシウス Parnassius)は、中国大陸やヨーロッパ等では美しい紋を持つ種類も多く、世界中の愛好家を虜にしています。
 虫林花山の散歩道:http://homepage2.nifty.com/tyu-rinkazan/
 Nature Diary:http://tyurin.exblog.jp/

虫林花山の蝶たち 加藤良平

昭和27年9月25日生まれ

<所属>
山梨大学大学院医学工学総合研究部
山梨大学医学部人体病理学講座・教授

<専門>
内分泌疾患とくに甲状腺疾患の病理、病理診断学、
分子病理学

<職歴>
昭和53年…岩手医科大学医学部卒業
昭和63-64年…英国ウェールズ大学病理学教室に留学
平成2年… 山梨医科大学助教授(病理学講座第2教室)
平成8年… 英国ケンブリッジ大学病理学教室に留学
平成12年…山梨医科大学医学部教授(病理学講座第2教室)
平成15年…山梨大学大学院医学工学総合研究部教授

<昆虫写真>
 幼い頃から昆虫採集に熱を上げていた。中学から大学まではとくにカミキリムシに興味を持ち、その形態の多様性と美しい色彩に魅せられていた。その後、デジタルカメラの普及とともに、昆虫写真に傾倒し現在に至っている。撮影対象はチョウを中心に昆虫全般にわたり、地元のみならず、学会で訪れる国内、国外の土地々々で撮影を楽しんでいる。

花摘む野辺に

浜松医科大学 名誉教授 菅野剛史

花摘む野辺に日は落ちて、此れは故郷をしのぶ歌である。しかし、この歌を教えてくれたのは実は音痴であった私の父親なのであった。親父は音痴であった。子供たちに遺伝されたら困るというので、母はピアノを買って姉に習わせた。姉がピアノを弾かなくなって、そのピアノは弟の私に順が回ってきた。ピアノは疎開した福島に持ってこられていた。その因果で、母と同じ歯医者仲間であった福島に住んでおられたM先生にピアノを習うことになった。月に一度のレッスンがきまったのである。そこで、月に一度はバスに乗って福島に行く事になるのだが、当時の木炭自動車のバスは、行きは下りだから問題なく走るのに、帰りにはバスをお年寄りを除いた全員で降りて、バスを押して坂道を登ったものであった。それにしてものどかな話である。
 さて、心臓に好いということで百合の花が開いた場所を覚えておいて、根っこを掘ってきてたべさせていた母が終戦の年の1945 年の4 月に亡くなってしまった。ピアノは祖父が折角だから続けるようにとの事で相変わらずの福島行きが続いていたが、親父が4 月、5 月と家にいたことで親父との間に音痴の歌をおそわる羽目になってしまった。思えば親父には宴会などでの持ち歌が2 曲だけ在ったようだ。それは「徐州、徐州と軍馬は進む」という軍歌と「花摘む野辺に日は落ちて」の故郷を懐かしむ歌である。第二次大戦も末期であったことで、親父が教えてくれたのは、「花摘む野辺に」の歌であった。「花摘む野辺に日は落ちで、皆で肩を 組みながら 歌を歌った帰り道幼馴染のあの友この友 ああ 誰か故郷を想わざる」音程は別として、この歌詞には亡き母を思い出すことで、胸の中に深く刻み込まれた。そのころの父親にしては珍しく音痴の父親は手を繋いで散歩道を歩いてくれたものであった。しかし、親父はその1週間後に再び戦地の中国へ帰ってしまうのであるが、また会える日も知らずに、一人残していく息子への抱きしめたい気持ちをこらえて、せめて手を握ったものと理解したい。場所は、旧松川小学校から水原へ抜ける旧道を挟んだ田んぼ道であったことは鮮明に記憶している。
 「2 番;一人の姉が嫁ぐ日に 小川の岸で 寂しさに ないた涙の懐かしさ 幼馴染のあの山 この川 ああ 誰か故郷を想わざる。」そして、この2 番ゆえにあの山、あの川と周りの風景が非常に重要になるのである。
 「3 番:港に雨の降る夜は、涙に胸も湿りがち 遠く呼ぶのは母(?)の声幼馴染のあの友、この友 ああ 誰か故郷を想わざる。」
 この歌詞は音痴の親父に教わったのだが、なぜか東京に出てきて、電車のドアの閉まることに驚いて、寂しさを感じたことがあったことが、思い出される。
 松川町のような田舎では列車は走ってから乗り、止まらない前に降りるとしておった習慣から驚いたまでなのであるが、電車のドアが閉まるのに「東京は冷たい所だなあ」と感じて、「都会の寂しさ」に驚いた私が、今に思えば冷たく感じた東京の第一の印象でもあったようだ。しかし、山も川も田舎の松川町のそれとは異なるものであった。その後、私は松川に帰ることはあっても住んだことはない。私には幼馴染のあの友、この友は消滅してしまっていたのである。

○ある風の少し強い土曜日、時折散策をしている仲間内で今回は東京タワー近辺を散策した。東京名所の一つではあるものの、いつでも行ける東京タワーは近くて遠いところ。近くで眺めることはあっても、其の実そこまでは辿り着かない場所でもある。今回、思い立って行ってみると、近づくにつれて沢山の人の気配を感じ、タワー入り口のほうを見遣るとその前に大勢の人だかりが出来ていた。
○何かと覗いてみると、思いがけず猿まわしショーの真っ只中。江戸時代の猿使いは、古手巾、弊衣(ボロの着物)、竹棒といういでたちであったそうだが、現代の猿使いとお猿はキリッとした揃い半纏に身を包み、見た目からして小気味良い。
 猿使いの女性の威勢のよい掛け声で、ちょっと惚けた愛らしいお猿が滑稽な格好で動きまわり、笑いを誘っていた。暫く見ていると、あるとき只ひたすらにお猿が立って歩き回るので、何が面白いのか?と皆、意味が取れずにいたところ、絶妙なタイミングで発せられた猿使いの言葉で、お猿が二本足で歩き回ることは立派な「芸」であることに一斉に気がついた。歩みがヨタヨタしていたのはそのせいであったか、とお猿の労をねぎらい、拍手と爆笑が湧き起こった。
○古くから猿は馬の守護神とされており、また、魔を去る(さる、猿)ものと信じられていた。そのため、鎌倉から室町時代頃まで、武士にとって大切な馬の疫病払いや厄払いの祝福芸として、武家の厩舎や身分の高い人の邸宅などで、猿回しの芸が行われていたそうである。
 やがて宗教性は無くなり、大衆娯楽の大道芸として栄えたものの、一時期その姿をすっかり消したこともあったそうだ。それでもなお復活し、いまだ人の心を魅了して止まない日本古来の伝統芸。笑顔と拍手に包まれたそこには、時代や世代を超えたあたたかな空間が出来上がり、皆で春の日の安らぎを仲良く分け合い、心地よく共有しているかのようであった。

(大森圭子)

お探しのキーワードから過去の記事を検索できます

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索
  • ウェブ全体を検索