このページは、HOMEの中のバックナンバー 2011年(第57巻)の中の4月号「PHOTO&WRITING」「随筆」「編集後記」のページです。

バックナンバー2011年(第57巻)2011年バックナンバー一覧

2011年4月号(第57巻4号)

虫林花山の蝶たち(16):
バッコヤナギとヒメギフチョウ
The Small Luehdorfia

ギフチョウ、ヒメギフチョウは年に1回、桜が咲く頃、しかも晴天無風の日にしか飛びません。そのため、天気予報を気にしながら、空を見上げてソワソワ、ワクワクして週末を待ち、やっと週末になると、車を飛ばして彼らが棲むフィールドに出掛けてしまいます。多くの蝶の愛好家にとっては、長い冬を越えて、春一番に現れるこの蝶こそシーズンの幕開けの象徴ともいえるものなのです。そんな春を象徴するイメージがあるので、この両種には「春の女神」などといういかにも素人受けするようなキャッチフレーズが付けられ新聞や雑誌に紹介されています。さらに、時々、「生きた化石」という別名でも呼ばれることもあります。これは本種の貴重さをアピールするために付けられたものでしょうが、明らかに誇大広告というものです。ギフチョウやヒメギフチョウはアゲハ科の中では、比較的古い部類に属しますが、最近のDNA解析を基にしたアゲハチョウの進化についての研究では、ギフチョウ、ヒメギフチョウが近縁の種類から分かれたのはおよそ1000万年前で、何億年も前にその起源をもつ他の昆虫たちに比べるとけっして古いとはいえません。しっかりとした生物学的知見の裏づけの無く、ただ心情的、感傷的な保護キャンペーンはむなしいといわざるをえませんね。
 ギフチョウとヒメギフチョウのギフという名前は、本種が明治16年に岐阜県で初めて発見されたことによります。アゲハチョウ科の仲間では小型の蝶で、その姿かたちは良く似ていますが、ヒメギフチョウはギフチョウよりもより小型で(ヒメという言葉は一般的に小型という意味)、色もギフチョウに比べてややあっさりとした感じがします。絵に例えれば、ギフチョウが油絵で、ヒメギフチョウが日本画といったところでしょうか。
 掲載した写真は、5月の連休明けの日曜日にヒメギフチョウに会いに南アルプス山中の林道を訪れた時のものです。その日は晴天無風で「ヒメギフチョウ日和」のはずなのに、気温が低すぎるためなのかなかなかその姿を見ることができませんでした。まあこんな日もあるさと、小川の傍の石に腰かけて早めの昼食を食べていると、1頭のヒメギフチョウが現れて、近くの大きなバッコヤナギで吸蜜を始めました。そうなると、昼食など食べていられません。早速、脚立の上に乗ってバッコヤナギの花で吸蜜するヒメギフチョウを撮影しました。その後もこのバッコヤナギの花には三々五々とヒメギフチョウが訪れて僕を喜ばせてくれました。ヒメギフチョウの吸蜜植物は、タチツボスミレなどのスミレ類が主ですが、その他サクラ、キブシ、ミツマタなどの花を訪れているのを見たことがあります。バッコヤナギでの吸蜜は想像もしていなかったのでとても意外でした。
 ヒメギフチョウは山の中に棲息するので、里に生きるギフチョウよりも開発の影響を受けることが少ないために、ギフチョウに比べるとその姿を見ることはそれほど難しくありません。春の晴れた日に、スミレの花咲く林道をゆっくりと飛ぶヒメギフチョウの姿をいつまでも見たいものです。
 虫林花山の散歩道:http://homepage2.nifty.com/tyu-rinkazan/
 Nature Diary:http://tyurin.exblog.jp/

虫林花山の蝶たち 加藤良平

昭和27年9月25日生まれ

<所属>
山梨大学大学院医学工学総合研究部
山梨大学医学部人体病理学講座・教授

<専門>
内分泌疾患とくに甲状腺疾患の病理、病理診断学、
分子病理学

<職歴>
昭和53年…岩手医科大学医学部卒業
昭和63-64年…英国ウェールズ大学病理学教室に留学
平成2年… 山梨医科大学助教授(病理学講座第2教室)
平成8年… 英国ケンブリッジ大学病理学教室に留学
平成12年…山梨医科大学医学部教授(病理学講座第2教室)
平成15年…山梨大学大学院医学工学総合研究部教授

<昆虫写真>
 幼い頃から昆虫採集に熱を上げていた。中学から大学まではとくにカミキリムシに興味を持ち、その形態の多様性と美しい色彩に魅せられていた。その後、デジタルカメラの普及とともに、昆虫写真に傾倒し現在に至っている。撮影対象はチョウを中心に昆虫全般にわたり、地元のみならず、学会で訪れる国内、国外の土地々々で撮影を楽しんでいる。

なぜ人は“ぶれる”のか

信州大学医学部 病態解析診断学 教授 本田孝行

“ぶれる”というのは、“場合により言うことが異なる”と解釈できる。なぜ人は“ぶれる”のか。答えは簡単で、複数の判断基準を持つからである。基準が1つであれば、迷わないので大きくぶれない。小泉元首相に“ぶれ”が少なかったのは、すべてを郵政民営化という基準に照らして判断したためと思われる。最も重要な判断基準を決めて、常にその基準に従えば、違った結論を出すことは少ない。人は、日差再現性のよい思考回路を持った動物である。
 究極の“ぶれ”は、“朝令暮改”と言ってもよい。朝夕では条件が異なるので見解が違うのは当たり前と考え、ぶれるという意識さえなくなってしまう。その人の判断基準以外何も変わらないので、他人には理解できない。信念のない(プライドのない)人で、口先だけでどうにでもなると考えている。書面以外での契約が成り立たない。
 究極の“ぶれない”は赤ん坊である。“心地よい”という本能で判断する。子どもの頃は、正義感や倫理観で判断できるので“ぶれ”が少ない。人は年を増し人間関係が複雑になるに従い、判断基準が増え、ぶれ幅が広くなる。
 多くの“ぶれ”は、前にどの基準で判断したかを忘れることに起因する。その場的な基準で判断するために、同じ結論が導き出せない。ぶれないためには、自分の判断基準に優先順位をつけておけばよい。第1の基準で難しければ、第2、第3の基準を加えて判断するが、基準が増すに伴いぶれる可能性が高くなる。
 国会議員がぶれないためには、正義感や倫理観はさておき、最初に国益という基準で判断しなければならない。選挙、地元利益もしくは党益で判断する限り、“ぶれ”は防げない。臨床検査部において、患者のため、病院のため、検査部のため、検査部職員のため、検査部長のため、はたして、どれが最優先されるべき基準なのか。検査部長でないことだけは明白である。

○4月は卯月と呼ばれる。「卯」とはユキノシタ科の植物である「空木(ウツギ)」のことで、唱歌「夏は来ぬ」の有名な一節「卯の花の匂う垣根にホトトギス早も来鳴きて」にも登場している花である。しかしながら本当の花の季節は旧暦の4月のこと。楚々とした小さな白い卯の花に実際お目にかかれるのはもう少し先のことになる。
○この季節の花といえばやはり桜であろう。その名の由来は、沢山の花が咲くことから「咲く」に複数であることを表した接尾語の「等(ら)」が合わさってこの名になったという説、山の神である「さ神」が、春になると豊穣の神として里に下り、この木を座(くら)とすることからこの名が付けられたという説、木花(桜の花)のように美しい容姿であった富士の神「木花咲耶姫命(このはなさくやひめのみこと)」が、富士の頂から桜の花の種を撒いたことから、「咲耶姫」が「さくら」に転じたとする幻想的な説話もある。
 「月に叢雲、花に風」というが、世の中、良い状態はそう長続きしない。美しい桜の花が咲きちょうど見ごろになったあたりで、決まって春の嵐が猛威を奮うのである。
 わが家の庭にも、とてつもなく小さな桜の木とボケの木が揃って植えてあるのだが、ようやく咲いた花が強風に煽られる姿があまりにも痛々しく、応急処置でクリーニングから戻ったばかりの服に被さっていたビニールで覆っておいたところ、いつの間にやら風はおさまり気温が上昇、あやうく中で花々が茹ってしまうところであった。
 過保護はやはり良くない。
○桜の8割以上を占めるという「ソメイヨシノ」の花は、白とも見てとれるほどの淡いピンク色。人生の新しい門出の季節に相応しく、お祝いの色とも新しい一歩を踏み出す意気に染まった頬の色のようにも思える。
 風に花びらが一斉に散る様子もまた、希望を胸に潔く新しい世界へと旅立っていく勇士のようである。

(大森圭子)

お探しのキーワードから過去の記事を検索できます

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索
  • ウェブ全体を検索