このページは、HOMEの中のバックナンバー 2011年(第57巻)の中の3月号「PHOTO&WRITING」「随筆」「編集後記」のページです。

バックナンバー2011年(第57巻)2011年バックナンバー一覧

2011年3月号(第57巻3号)

虫林花山の蝶たち(15):
ウラギンシジミと「虫の目レンズ」
The Angled Sunbeam

 ウラギンシジミは翅裏全体が銀白色、でも翅を開くと鮮やかなオレンジの紋が拡がっていて驚きます。このチョウは夏ごろから出現し、まるでフラッシュが点滅するかのように銀色の翅をはためかせながら飛翔する姿が道路脇や林縁の梢で見られます。晩秋になって気温が下がると、常緑広葉樹(柑橘類やカシ、アオキなど)の葉裏で成虫越冬しますが、昆虫の姿を見ることが少ない冬期に、雑木林や公園を散歩していて偶然にこのチョウを発見すると、まるで宝物でも見つけたかのように嬉しくなります。
 掲載した写真はユズの葉裏で越冬するウラギンシジミの姿を写したものですが、良く見ると後翅の縁が一部切り取られたように欠損しているのがわかります。これは俗にバイトマークと呼ばれるもので、鳥などに翅をかじられた跡と考えられています。越冬するチョウたちにとって、最も恐ろしい天敵は鳥で、大部分の個体は彼らに発見されて食べられてしまいます。自然界での生存は、チョウたちにとってはなかなか厳しいものなのです。
 今回の写真は、Gyorome(魚露目)という「虫の目レンズ」をマクロレンズの先に装着して撮影しました。このレンズを用いると、画角(レンズを通した視野)が非常に広くなるとともに、近接しても全域にピントが合います(パンフォーカス)。この写真を撮影した時は、レンズ先端からチョウまでの距離が数センチしかありませんでしたが、被写体のチョウとともに背景に見える家の屋根まで焦点が合っています。通常のカメラレンズではこのようなイメージをえることはできません。多分、この虫の目レンズの基本的原理は、消化管や肺の気管支内を観察する内視鏡レンズと同じではないかなと思います。例えば内視鏡を胃の内部に挿入すると、手前のみならず奥の粘膜面まで広く観察することができます。ですから、内視鏡の先をカメラに付けて撮影すれば、虫の目イメージの画像が簡単に撮影できるはずです。いつか内視鏡レンズを野外で試してみたいと思っていますが、医療機器は高額なのでそう簡単に実験できないのが残念です。
 この「虫の目レンズ」という名前は、昆虫写真家の栗林慧氏によって名付けられたものです。多分、このレンズを通して見える世界が虫の目からのものに近いという意味だと思います。ちなみに人間の視野は、片目で約160度程度、両目だと200度ぐらいですが、昆虫の目は複眼が発達していて、人間よりもかなり広い視野角をもっているようです。ただ、複眼を構成する一個一個の眼に映る情報量は人間の眼よりもかなり少なくて、あまり解像度が高いとは思えません。また、昆虫も色の認識ができるようですが、人間の目ほどの識別能力は無さそうです。以上より総合的にみると、本当の虫の目はこのレンズを通した世界とはかなり異なるようですが、虫の目レンズとはなかなかユニークで面白い名前を付けたものと感心してしまいます。今後、虫の目だけではなく魚の目、鳥の目、獣の目などのレンズが出来れば面白いなと思います。
 虫林花山の散歩道:http://homepage2.nifty.com/tyu-rinkazan/
 Nature Diary:http://tyurin.exblog.jp/

虫林花山の蝶たち 加藤良平

昭和27年9月25日生まれ

<所属>
山梨大学大学院医学工学総合研究部
山梨大学医学部人体病理学講座・教授

<専門>
内分泌疾患とくに甲状腺疾患の病理、病理診断学、
分子病理学

<職歴>
昭和53年…岩手医科大学医学部卒業
昭和63-64年…英国ウェールズ大学病理学教室に留学
平成2年… 山梨医科大学助教授(病理学講座第2教室)
平成8年… 英国ケンブリッジ大学病理学教室に留学
平成12年…山梨医科大学医学部教授(病理学講座第2教室)
平成15年…山梨大学大学院医学工学総合研究部教授

<昆虫写真>
 幼い頃から昆虫採集に熱を上げていた。中学から大学まではとくにカミキリムシに興味を持ち、その形態の多様性と美しい色彩に魅せられていた。その後、デジタルカメラの普及とともに、昆虫写真に傾倒し現在に至っている。撮影対象はチョウを中心に昆虫全般にわたり、地元のみならず、学会で訪れる国内、国外の土地々々で撮影を楽しんでいる。

“good choice−better choice−best choice”

順天堂大学医学部 臨床検査医学 教授 三井田 孝

長い人生の中には、さまざまな場面で選択に迷う事がある。進学や就職、結婚、マイホーム購入などの重大な選択もあれば、洋服売り場で自分に似合うものを探すとか年賀状のデザインを決めるなどのささやかな選択もある。ある一流スポーツ選手は、レストランで注文する品を数秒以内に決めるよう心がけているそうだ。これは、試合の途中で瞬時に的確な判断をする訓練になるらしい。一方、囲碁のプロ棋士は、数百手も先を読んでから次の一手の決断をくだすという。しかし、日頃からこんな努力をしていても、一流スポーツ選手もプロ棋士も判断ミスで試合を落とすことがある。マリナーズのイチロー選手でさえ、打席に立った3分の2は凡打に終わる。つまり、直観ですぐに判断しても、じっくり考えて判断しても、悪い結果になってしまうことは避けられないのだ。良い結果が得られる確率をいくら高めても、100%になることは決してない。それどころか、人も羨む強運の持ち主であっても、たった一回の誤った選択で、人生最悪の出来事をまねくことだってある。それでは、後悔しない選択方法はないのだろうか。
 私自身は、何かを選択する場合に、二つのことを心がけている。一つは、選択肢を二つに絞りbetter choice をすることである。多数の選択肢から、一つのbest choice を見つけることは難しい。bestchoice をしようとすれば、いたずらに時間だけが過ぎていく。万が一、現時点でbest choice があるとしても、それが明日も、あるいは一年後もbestchoice である保障はない。状況が変わると、bestchoice は逆にbad choice になってしまうかもしれない。それでは、good choice ならどうだろう。私は欲張りやだから、選択に少し時間がかかっても、better choice をして少しでもよい方向へ進みたい。
 もう一つ私が心がけていることは、最後の選択を自分自身ですることである。自分で選択した事は、誰の責任にもできない。同じ人間が過去の経験に基づいてbetter choice を続けていけば、回り道であっても必ず良い方向に軌道が向くはずだ。もし、逆境に苦しむことがあったら、それはよい兆候だと考えよう。なぜなら、悪い条件の時ほどbetterchoice を自分自身で見つけることは容易だからである。

 このたびの東北地方太平洋沖地震により、お亡くなりになられた方々のご冥福を心よりお祈り申し上げますとともに、被災された皆様に謹んでお見舞いを申し上げます。
 また、日夜を問わず災害復旧作業に全力を尽くされている方々に、深く敬意と感謝の意を表します。
 日を追うごとに被害の甚大さが浮き彫りになり、未だ安否がわからない方々が沢山いらっしゃる状況に、ご家族やご親交のある皆様の心中、ご苦労はいかばかりかと胸がつぶれる思いです。一日も早く、一人でも多くの方のご無事が確認され、被災地で過ごされている方の安全が確保されますことを心よりお祈り申し上げます。

 このたびの地震によりまして、本誌発行に影響が生じる場合がございます。
ご迷惑をおかけいたしますが、ご了承いただきますようお願いいたします。

モダンメディア編集室

お探しのキーワードから過去の記事を検索できます

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索
  • ウェブ全体を検索