このページは、HOMEの中のバックナンバー 2011年(第57巻)の中の2月号「PHOTO&WRITING」「随筆」「編集後記」のページです。

バックナンバー2011年(第57巻)2011年バックナンバー一覧

2011年2月号(第57巻2号)

虫林花山の蝶たち(14):
イグアスの滝とウラモジタテハ
Eighty-eight (88)

 日本人は古来より「滝」が好きな国民です。どうしてそんなに滝が好きなのか良くわかりませんが、多分、畏怖すべき自然崇拝の象徴の一つが「滝」なのでしょう。そんな滝好き日本人が世界三大瀑布として崇めるのは、北米のナイアガラの滝、南米のイグアスの滝、アフリカのビクトリアの滝です。中でも、ブラジル、パラグアイ、アルゼンチンの国境に位置するイグアスの滝は、その規模、迫力において世界一とも言われています。しかし、僕にとってこの滝の魅力は、滝そのものもさることながら、周囲の亜熱帯樹林やそこに棲む多くの生物です。とくに蝶は種類数、個体数ともに豊富で、四国の1/6程度の面積しかないイグアス国立公園には、日本産の全種類(237種)を上回る250種以上の蝶が棲息しているのですから、蝶好きの僕にとっては夢のような場所といえるでしょう。
 昨年の10月、ブラジル(サンパウロ市)で開催された国際学会の後、「イグアスの滝」に立ち寄りました。実は「イグアスの滝」には以前(5年前)にも訪れたことがあるので、これが2度目の訪問になります。この時期のブラジルはちょうど雨季でしたので、イグアスの滝は水量を増し、想像を絶する水の固まりが数キロにもわたり大迫力で落下し、周りの自然のすべてを飲み込み押し流しているように見えました。それは恐ろしいほどの豪快さで、その姿に単なる滝以上の何かを感じました。そんなイグアスの滝が養っている亜熱帯樹林の中を散歩すると、金属的な青い輝きを持つモルフォチョウを初めとして、多くの南米の蝶たちに出会うことが出来ました。そこの蝶たちは、日本やアジアに棲息するものとは形態や色彩が異なるので、見つけるたびに新鮮な驚きや喜びを感じたものです。
 ブラジル側の滝が一望できる展望台に立ってみると、一頭の小型のタテハチョウが観光客の周りを飛びまわっていました。近づいて見ると、イグアス国立公園を代表する蝶の一つ「クリメナウラモジタテハ」でした。この蝶はEighty-eight (Cramer'seighty-eight)と呼ばれていて、翅裏の紋が数字の88に見えます。紋が数字に見えるというのは、単なる自然界の偶然といえるものですが、それだけでこの蝶に特別な親しみが沸くのですから人間とは勝手なものですね。
 そこで、豪快なイグアスの滝をバックにして、このウラモジタテハを撮影してみたいと思いました。そのためには、広角レンズをカメラに装着し、滝側に静止する蝶を近接撮影しなければなりません。しばらく蝶の後を追った末、とうとう僕の拳の上に静止して、ストローを延ばして吸汗を始めてくれました(蝶も根負けしたのかも?)。蝶は吸汗を始めるとあまり動きませんので、蝶が乗った腕をそっと滝の方に向けて、何度もシャッターを切ることができました。実はこの写真が撮影できたのは、イグアス滞在最終日の午前中で、正午にはイグアス空港経由で、日本に帰国しなければなりませんでしたので、文字通りのラストチャンスでした。
 プレートテクトニクスによれば、太古の南米は現在のアフリカ大陸やオーストラリアなどとともに一つの超大陸(ゴンドワナ)をつくり、一方、アジアは北アメリカ大陸、ヨーロッパなどとともに別な超大陸(ローラシア)にありました。すなわち、南米の蝶たちは、アジアのものとはもともとのルーツが異なり、独特の進化や分化を示したのか知れません。
 日本の寒い2月の夜には、「ゴンドワナの申し子」ともいえる南米の蝶たちが懐かしく思い出されます。いつの日か、恐ろしくも魅力的な南米の大地を再び訪れて、群れ飛ぶ蝶たちと戯れてみたい…と夢見ています。
 虫林花山の散歩道:http://homepage2.nifty.com/tyu-rinkazan/
 Nature Diary:http://tyurin.exblog.jp/

虫林花山の蝶たち 加藤良平

昭和27年9月25日生まれ

<所属>
山梨大学大学院医学工学総合研究部
山梨大学医学部人体病理学講座・教授

<専門>
内分泌疾患とくに甲状腺疾患の病理、病理診断学、
分子病理学

<職歴>
昭和53年…岩手医科大学医学部卒業
昭和63-64年…英国ウェールズ大学病理学教室に留学
平成2年… 山梨医科大学助教授(病理学講座第2教室)
平成8年… 英国ケンブリッジ大学病理学教室に留学
平成12年…山梨医科大学医学部教授(病理学講座第2教室)
平成15年…山梨大学大学院医学工学総合研究部教授

<昆虫写真>
 幼い頃から昆虫採集に熱を上げていた。中学から大学まではとくにカミキリムシに興味を持ち、その形態の多様性と美しい色彩に魅せられていた。その後、デジタルカメラの普及とともに、昆虫写真に傾倒し現在に至っている。撮影対象はチョウを中心に昆虫全般にわたり、地元のみならず、学会で訪れる国内、国外の土地々々で撮影を楽しんでいる。

2枚の現役時代のスキー写真

元札幌医科大学附属病院 検査部 佐々木禎一

 先週札幌で例年より早目の初雪があった。そして今私の手許に2枚のスキーの写真があり、これを見て私は北大スキー部時代(昭和20〜26年)の想い出が懐かしく蘇ってくる。1枚は合宿所近くの初心者用Geländeで回転を楽しんでいる写真で、私は薄いセーターに角帽を被っている。しかしフォームは極めて理に適っており(谷肩の入れ方、stockの捌き方、両枚の平行状況等々)、今見ても非の打ち所がないものであった。もち論私も競技大会(回転、滑降および両成績の計で競う新複合種目)ではそれなりの活躍−全日本学生での入賞、全日本選手権や国体への出場、全日本回転で4位入賞等々−を収め、その頃の健斗振りを誇らし気に想起できる。
 もう一枚の写真は現役時代1回も練習せず、いきなり大倉Schanzeでの試合(宮様大会)に出場した際の飛躍フォームである。実は先輩から或る日突然「北大はjumperが少ないのでalpineの選手もjumpをやれ」との檄があり、私が挑む破目になった結果であった。当時のSchanzeは札幌冬季五輪で改修する前の古い台で、もち論liftも無く、右側斜面に設置された木製観覧台の前の階段を重いjump用skiを肩に1歩ずつ登って行くという(start台まで4000段以上とか)可成り大変なものであった。それ以上に現在と違いヘルメット無しでsweaterのみで危険防止の対策もなかった。さらに私の靴は親戚の人が復員した際の軍靴を貰い受けたもので私には大き過ぎ、厚い毛糸の靴下2足と父の足袋を重ねて履き足を固定した。一方経験豊富な一流選手でも“初めてのjumpでは緊張の余り無我夢中で途中のことは全然覚えていなかった”と云っていたが、私の場合出発〜踏切り〜風圧等よく覚えており、空中で前の選手達の着地した折のSpurも次々と目に入り、「結構飛距離を伸ばしているな」と予想以上に冷静だった。私は結局2回の飛躍共80数米を飛び、着地のTelemarkもピタリと決まり、可成り好い飛型点を貰った。手許の写真はこの時の鋭い前傾姿勢で飛び出した飛躍フォームを正直に撮していた。会場では心配気に観戦していたスキー部の先輩や応援に来ていた在籍中の北大理学部化学科の指導教官も安堵の胸を撫で下していたのを知り、私自身も満足であった。その日の夕刻閉会式があったが、飛型点が思ったより低く入賞できなかった点今でも悔やまれる想い出であった。
 この試合以降私もjumperとして認められたが、その翌年度北大を卒業し札幌医大に就職したが、一時体調を崩し入院した折また宮様大会に病院から抜け出して大倉Schanzeに挑んだが、流石に大転倒しスキーも細々に砕け、救護班により運び出される始末、しかし特に怪俄もなかった。その結果私はjumperから足を洗った。
 以上手許にあった2枚の現役時代のskiの写真を手に、昔日の想い出を紹介した。本誌の随筆欄としては少々相応しくない文となったことを気にしながら責務を果したい。

○ある方から台湾にある国立故宮博物院のおみやげとして、「翠玉白菜」という収蔵品の写真がのったコースターをいただいた。「翠玉白菜」は、緑と白の二色を併せ持つ翡玉(翡翠)の原石を白菜の形に彫り刻んだもので、色のコントラストを葉と芯の部分に巧みに使い分けて彫りこんである。この彫刻物は、光緒帝の側室であった瑾妃の紫禁城の寝室に置かれ、珊瑚でできた霊芝とともに瑾妃が鑑賞していたと伝えられる。長さ18.7センチと白菜にしては小ぶりであるがつやつやとして愛らしい。白菜の形ばかりに目をとられていると見落としてしまうが、そこにキリギリスとイナゴが彫られていることを知って目を凝らすと、一旦気付いてしまえばぎょっとするほどの大きさのバッタが葉の部分に張り付いていた。元・明時代に流行した草虫画の世界でも植物と昆虫の組み合わせは縁起が良いとされるが、ここでは純潔をあらわす白菜に多産の象徴でもあるキリギリスとイナゴが施されていることから、瑾妃の嫁入り道具であったとも考えられている。瑾妃といえば西太妃の命令で井戸に落とされ殺害された珍妃の姉である。永遠に変わることのない清らかな「翠玉白菜」を、うつろう時代のなかで瑾妃はどのような思いで眺め続けていたのか。
 中国の紫禁城(現在の故宮博物院)にあった収蔵品は、日本軍の侵略や日中戦争、第二次世界大戦と文化大革命などの内乱による破壊の恐れから、中国各地を転々とした後、とくに逸品とされるものが台湾にある国立故宮博物院に移されたのだそうだ。
○白菜は日本の伝統食品である漬物のイメージが強いせいか日本の野菜とばかり思っていたが、英名では“Chinese cabbage”フランス語で“chou de Chine”と呼ばれるように、中国が原産の野菜である。もとは蕪と青梗菜の野生の交雑から生まれた「牛肝菜」という不結球の植物であり、それを半結球、結球型へと進化させた。わが国では明治8年、清からの半結球の山東白菜が東京博覧会で紹介されたこと、さらに日露戦争で農村出身の兵士が種を持ち帰ったことを発端に試行錯誤が重ねられ結球型の栽培ができるようになり、普及した。
 精進料理での「養生三宝」とは「豆腐」「大根」「白菜」のことである。冬将軍が猛威を奮うこの季節、鍋の白菜を沢山食べて風邪が予防できるのなら、願ったり叶ったりである。なお、時折、白菜にそばかすのような黒い斑点を目にすることがあるが、これは「ゴマ症」といってポリフェノール類の蓄積による変色で、食しても無害だそうである。ただその原因が、過剰な肥料、高密度の植え付け、収穫時期の遅れ、低温での長期保存などのストレスによる白菜の生理反応だと知ると、ほんの少し胸の痛みを伴うことがあるかも知れない。

大森圭子

お探しのキーワードから過去の記事を検索できます

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索
  • ウェブ全体を検索