このページは、HOMEの中のバックナンバー 2011年(第57巻)の中の12月号「PHOTO&WRITING」「随筆」「編集後記」のページです。

バックナンバー2011年(第57巻)2011年バックナンバー一覧

2011年12月号(第57巻12号)

虫林花山の蝶たち(24):
秋色のツマグロキチョウ
The Angulated Grass Yellow

連載のトリを飾るのはツマグロキチョウです。今回の表紙に掲載した秋型のツマグロキチョウは夏型に比べると翅の先が帽子のように尖っていてとてもユニークな形です。この写真を撮影したのは数年前の10月で、ちょうど紅葉した葉がバックに入ってとても綺麗でした。ツマグロキチョウの秋型はこのまま冬を越えて春に再び出現しますが、厳しい冬の間にその多くが死滅していくことでしょう。自然とは厳しいものです。
 このツマグロキチョウは子供の頃にはよく庭先で普通に見かけましたが、近年では個体数が激減して、関東地方や中部地方では稀な蝶になってしまいました。実際、環境省が2008年に発行したレッドデータブックをみると、このツマグロキチョウは絶滅危惧II類の中にその名前を見ることができます。つまり、絶滅の危険が増大している蝶のひとつにあげられているのです。ちなみに、最も絶滅が危惧される絶滅危惧I類には、オオウラギンヒョウモン、オガサワラシジミ、チャマダラセセリなど18種類の蝶たちがさらにリストアップされています。これらの蝶たちが絶滅を危惧されるまで減少した原因は、自然環境の破壊あるいは採集者による乱獲によると一般的には信じられているようです。しかし、多くの種における個体数減少の理由はそれほど単純なものではなく、本当のところはよくわかっていないというのが実情でしょう。とにかく、人の暮らしは時代と共に変遷し、それとともにチョウたちをとりまく環境も変わっていくのです。その向かう先は何なのかを考えると不安でなりませんね。
 今回が最後ですので、少しだけ僕の写真感など述べてみます。僕は山に登ること山を歩くことが好きで、現在勤める大学では山岳部の顧問までしています。そこで思うことは、ただ山に登るのだけが目的ならば、目の前の道は、通り過ぎる道でしかありません。そして、山(頂上)に登らないと決めた途端、空、雲、路傍の花、昆虫たちなど目に映る一つ一つがとても魅力的に見えてくるのです。頂上に立たなければ見えない景色は確実にあるけれど、道の途中でしかないひそやかな景色もあるのです。そして、そんな景色をたくさん見つけてこられたのは、そこにカメラがあったからだと思います。撮りたいものは目の前の世界、そこに目を留め、今を軸として薄れている記憶または静止した時間を撮る。つまり、カメラとは「記憶を記録に変える道具」なのだと思います。また、撮影した写真には、まぎれもなくその時の自分がそこにあります。つまるところ、写真撮影とは自分をみつめる作業にすぎないのだとつくづく思えるようになりました。自分が若い時にはそんな気持ちにはならなかったし、そんなことを振り返ろうともしませんでした。そう思うと、写真を楽しむ理由が増えたようで、年を重ねるのも悪くないかなと近頃思えるようになりました。
 2年間(24回)もの長い間、僕の拙写真と駄文にお付き合いいただき心から感謝します。人生には夢中になって過ごせる時間はそれほど多くありません。これからも「虫を楽しみ、花を楽しみ、自然を楽しみ、そして人生を楽しむ」をモットーにして、「虫林花山の蝶たち」を撮影し続けていきたいと思います。
 虫林花山の散歩道:http://homepage2.nifty.com/tyu-rinkazan/
 Nature Diary:http://tyurin.exblog.jp/

虫林花山の蝶たち 加藤良平

昭和27年9月25日生まれ

<所属>
山梨大学大学院医学工学総合研究部
山梨大学医学部人体病理学講座・教授

<専門>
内分泌疾患とくに甲状腺疾患の病理、病理診断学、
分子病理学

<職歴>
昭和53年…岩手医科大学医学部卒業
昭和63-64年…英国ウェールズ大学病理学教室に留学
平成2年… 山梨医科大学助教授(病理学講座第2教室)
平成8年… 英国ケンブリッジ大学病理学教室に留学
平成12年…山梨医科大学医学部教授(病理学講座第2教室)
平成15年…山梨大学大学院医学工学総合研究部教授

<昆虫写真>
 幼い頃から昆虫採集に熱を上げていた。中学から大学まではとくにカミキリムシに興味を持ち、その形態の多様性と美しい色彩に魅せられていた。その後、デジタルカメラの普及とともに、昆虫写真に傾倒し現在に至っている。撮影対象はチョウを中心に昆虫全般にわたり、地元のみならず、学会で訪れる国内、国外の土地々々で撮影を楽しんでいる。

ここまで治るリウマチ

埼玉医科大学総合医療センター 名誉院長
安倍 達

私の師匠であった故勝正孝先生は感染症とリウマチを専門分野としていた。私はアメリカ留学時、免疫遺伝学の教室で勉強した。日本に帰り勝先生の下でリウマチの研究、診療に従事した。あるとき勝先生のお供で栄研化学に出かけた。勝先生は栄研化学の培地の開発に携わっていたが、会社は、当時はやりのリウマチ血清診断試薬の開発を決定していた。その関係でリウマチ分野の勝先生に声が掛かり、私が動員された事になり会社との付き合いが始まった。それはもう40年以上も前の話である。関節リウマチの診断試薬の一つに血清反応が使用されていたが、それを日本に導入しようという事になった。そのリウマチ診断試薬はラテックス粒子を血清IgGでコートし、患者血中のリウマチ因子と反応させそれを凝集反応で検出するという原理的には極めて単純な系である。しかしその製品化となると多くの問題が出て来た。先ず使用するラテックス粒子である。成績の安定性に必要となる、均一な円形粒子を入手する事が困難であった。それにやっと目処がつくと今度は感作抗原であるヒトIgGの検討があった。それら多くの問題を会社全体の努力で乗り越え製品が誕生した。その技術のノウハウは栄研化学の資産となりその後幾つかの製品開発に応用され今日に至っている。
 リウマチ因子の存在はリウマチの診断基準の一項目となっている。したがってその検出は診断をより確かなものとした。当時のリウマチ治療の主流は“痛み止め”による炎症の抑制であった。その後数年して抗リウマチ薬が開発され治療の大筋が見えてきたが長期予後となると悲観的なものであった。感染性心内膜炎患者の心弁膜に細菌性有肬を記載し、その後それはオスラーの結節と命名された。その事一つでも分かるように、当時その臨床観察力の確かさで高名な内科医の一人であったオスラー教授でさえもその著書のなかでリウマチの難治性について“リウマチ患者が来院すると私は裏口からそっと逃げ出したくなった”と書いているほどである。
 ところがここ10年来、リウマチ治療はその様相を全く変えたといってよい。今日では発症1年以内に診断し、適切な治療を施行すれば関節症状の消失という臨床的寛解が70〜80%の患者で達成できる。それに満足しないリウマチ専門医はその治療目標のハードルを上げ骨破壊進行抑制という寛解、さらには機能的寛解を目指している。
 この事は患者さんにとってはさらに大きな意味がある。リウマチはその治療パラダイムの変化により、これまでリウマチというと“車椅子や寝たきり”の状態を考え暗い響きのあったリウマチに対する将来像を一気に変えてしまった。若い患者の中には治療を受けながら仕事を継続し育児と両立させている多くの患者さんが増え、その方々から寄せられる喜びの声は私達の診療の励みとなっている。

○例年、10月の声を聞いたあたりで早くも御歳暮商戦が開始され、デパートには特設売場が設けられ、過去に一度だけお取り寄せをした店舗からですらお歳暮用贈答品のカタログが送られてくる。
 今でこそ多種多様な品が贈答用に使われているが、本来歳暮とは、親の健康や長寿を祝福する目的で、塩鮭、塩鰤、するめといった魚類や、米や餅を用意し持参したことが始まりである。
 一方、中元は盆歳暮とも呼ばれ、決まって饂飩や素麺といった麺類、菓子、果物などの食品か、新盆の家には特に提灯や灯篭を贈ることになっていた。今でいう中元は、この日本古来の風習に、天官・地官・水官と呼ばれる神がそれぞれ生まれたとされる三元(上元・中元・下元)の日に祭事を行う古代中国の道教「三官信仰」から、ことに、善悪を見分け人間の罪を許す神―地官を祭る中元の日の習わしが付加されたものだそうだ。
 贈り物をする風習は国によって異なり、欧米ではバレンタインや復活祭が思い浮かぶが、日本では、中元、歳暮の品を贈り合うほかにも、成人式、結婚式などの人生の節目や葬式、法事やお盆などの信仰行事など、いわゆる冠婚葬祭の折にも行われる。彼岸には牡丹餅、三月節供には菱餅、五月節供にはちまき、お祝い事では赤飯、引越しでは引越しそばを近所に配る習慣までをも含めると、何かと贈答を交わす機会が多いようである。
 古くはその根底に、神様に御供えしたもの、もしくは同じものを分け合って食べることで、相互の関係を明確にしより深めたいという願いがあった。現代でも相互の関係を深めたいという願いはそのままに、感謝やお祝いの気持ちから贈り物をすることが多いように思う。贈り物を入れてきた重箱や風呂敷に半紙やマッチを入れて返す、あるいは重箱の赤飯を一口残して返すといった、贈り主の気持ちを有り難く受入れたことを伝える古いしきたり、高い精神性に学び、今年も本誌を支えてくださった沢山の方達へ精一杯の感謝をお贈りし、またほんの僅かでもお返しが出来るよう来年も奮闘したいと思っております。
 本年も本誌にあたたかいご支援をたまわり、誠に有難うございました。今後も変わらぬご支援をいただきますようお願い申し上げます。

(大森圭子)

お探しのキーワードから過去の記事を検索できます

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索
  • ウェブ全体を検索