このページは、HOMEの中のバックナンバー 2011年(第57巻)の中の11月号「PHOTO&WRITING」「随筆」「編集後記」のページです。

バックナンバー2011年(第57巻)2011年バックナンバー一覧

2011年11月号(第57巻11号)

虫林花山の蝶たち(23):
飛翔するリュウキュウムラサキ
The Great Eggfly

我々が蝶に抱くイメージは、葉の上にじっと静止する姿ではなく、ヒラヒラと飛んでいる姿です。古来より多くの絵画に描かれてきた蝶は、紛れもなく飛んでいる姿であることからもわかります。でも、自然界で蝶の飛ぶ姿は種類によって様々といえます。例えば、アサギマダラという蝶はふわふわとのんびりと飛び、反対にアオバセセリはまるで弾丸のように目にも止まらぬ速さで飛翔します。また、この連載でも以前に登場したマレーシアのキシタアゲハなどはまるでジェット機のようにジャングルの樹上を滑空します。
 そんな蝶たちの飛ぶ姿をカメラで撮影するのが飛翔写真です。蝶たちの飛ぶ姿をカメラで撮すことは決して容易ではありません。まず、高速で羽ばたきながら飛ぶ蝶の翅を止めるためには、1000〜2000分1以上のシャッター速度が必要になります。しかし、そのようなシャッター速度を用いると、絞り値(F値)が小さくなり、結果的に焦点が合う幅(被写界深度)がとても狭くなってしまい、蝶にフォーカスを合わせるのが難しくなってしまいます。また、やってみるとわかりますが、ファインダーを覗きながら不規則に飛ぶ蝶を撮影すること自体が容易ではないでしょう。
 そこで、蝶の飛翔を楽に撮影する工夫が必要となります。まず、使用するレンズは焦点距離が10mmから20mm程度の広角レンズが良いでしょう。このような広角レンズを使用すれば、同じ絞り値でも、被写界深度が格段に深くなるからです。この場合、マニュアルフォーカスにして、被写体(蝶)との距離を予め決めておき、ファインダーは見ずに目測で、ひたすらシャッターを切りまくるのです。当たるも八卦当たらぬも八卦といえる撮影法ですが、それはそれなりにコツもありトレーニングすればうまくいく確率もあがります。
 今回、掲載したリュウキュウムラサキの飛翔写真は、数年前にある研究会に招待されて訪れた長崎県で撮影したものです。そもそもこのリュウキュウムラサキという蝶は、九州では土着しておらず、台風などで運ばれた個体が毎年少数観察されるにすぎません。研究会が終了した翌日に、レンタカーでたまたま立ち寄った島原半島の小さな公園の広場で、何とこの南国からの訪問者(迷蝶)をみることができました。しばらく観察していると、見晴らしが良い枝先に翅を開いて陣取り、邪魔者がくるとスクランブル発進よろしく、突然飛び出してはその闖入者を追い出し、また元の枝先に戻ってくるという行動を繰り返していました(占有行動)。すなわち、一定の飛翔ルートがわかったので、この蝶が飛ぶ軌道上で待ち受け、飛翔写真を撮影することにしました。しばらく撮影した後、カメラのモニターで撮影した画像を確認してみると、思わず息を飲みました。というのも、そこには背景が線状に流れたリュウキュウムラサキの「流し撮り飛翔写真」があったからです。
 「流し撮り」という撮影技法は、動く被写体に合わせてカメラを動かし、背景だけを流して被写体を写し止めるというハイテクニックです。上手く撮影できれば、動く被写体の躍動感や迫力が表現出来るので、オートバイや車のレースなどの撮影にはしばしば使用されています。ただ、流し撮りを行う場合は、シャッター速度は遅く設定しなければならないので、蝶のように小さな被写体を撮影することは難しくて、僕自身もこれまでほとんど見たことがありません。ちなみに、これ以降何度も蝶の流し撮り飛翔写真にトライしてきましたが、残念ながらこの時の写真を超えるものはまだ撮影できていません。
 蝶写真の楽しみは、彼らの生活や形態を正確に記録する以外に、写真撮影そのものの技術や表現力、芸術的なセンスという要素も多分に含んでいます。ですから興味が尽きないわけですが、とりわけこの流し撮りによる飛翔写真は、これからも「永遠のテーマ」となるでしょう。
 虫林花山の散歩道:http://homepage2.nifty.com/tyu-rinkazan/
 Nature Diary:http://tyurin.exblog.jp/

虫林花山の蝶たち 加藤良平

昭和27年9月25日生まれ

<所属>
山梨大学大学院医学工学総合研究部
山梨大学医学部人体病理学講座・教授

<専門>
内分泌疾患とくに甲状腺疾患の病理、病理診断学、
分子病理学

<職歴>
昭和53年…岩手医科大学医学部卒業
昭和63-64年…英国ウェールズ大学病理学教室に留学
平成2年… 山梨医科大学助教授(病理学講座第2教室)
平成8年… 英国ケンブリッジ大学病理学教室に留学
平成12年…山梨医科大学医学部教授(病理学講座第2教室)
平成15年…山梨大学大学院医学工学総合研究部教授

<昆虫写真>
 幼い頃から昆虫採集に熱を上げていた。中学から大学まではとくにカミキリムシに興味を持ち、その形態の多様性と美しい色彩に魅せられていた。その後、デジタルカメラの普及とともに、昆虫写真に傾倒し現在に至っている。撮影対象はチョウを中心に昆虫全般にわたり、地元のみならず、学会で訪れる国内、国外の土地々々で撮影を楽しんでいる。

ガダルカナルの旅−ケネディ島−

日本大学 名誉教授
河野 均也

歳と共に記憶力は急激に衰えてきた。本誌の随筆欄に執筆を依頼されたので、忘れないうちに恩師土屋俊夫教授に纏わる話を少しだけ書き残しておこう。先生は酔うとよく海軍軍医時代の事を話された。特に何度も聞かされたのは土屋軍医乗船中の駆逐艦天霧と、後の米国大統領ケネディ艇長乗船の魚雷艇がソロモン諸島、ジョージア島沖で衝突した話である。木造のケネディ艇は大破沈没し、彼は6キロを泳ぎ、周囲500メートル足らずの小島にたどり着き一命を取りとめた。この小島は後にケネディ島と呼ばれるようになった。
 2007年3月、ソロモンでマラリア撲滅の仕事をしていた神戸大学の川端教授に誘われ、ガダルカナル島を訪れる機会を得た。ガダルカナルは餓死島とも呼ばれ、先の大戦中、日本軍が誠に悲惨な戦いをした事で知られている。現在でこそ首都ホニアラには立派なホテルも建っているが、メインストリートには日がな一日一本の煙草と檳榔樹の実を道端に並べて売る女性、郊外では取れたてのカツオや鶏モモを炭火焼している路上レストランなどが見掛けられ、誠にのどかな街であった。しかし、一歩郊外に出ると至る所に飛行機や戦車、銃砲、軍艦などの残骸と共に沢山の慰霊碑が建ち、戦闘の激しさが偲ばれた。
 宿泊した日系ホテルの支配人からケネディ島へ行けると言う話を聞き、急遽飛行機とホテルの予約をしてもらい、ケネディ島に近いギゾ島へ向かった。ガダルカナル戦中、最も熾烈な戦いとなった飛行場奪取戦跡に造られたヘンダーソン飛行場からセスナ機で島伝いに二時間半でギゾ島着。船着き場前のギゾホテルに泊まり、ケネディ島への船の手配をする。翌朝モーター付きの小舟で約30分、念願のケネディ島に辿り着く。椰子の木と竹の密生する小さな島は、サンゴ礁と美しい白砂に囲まれ、人影は全くない。周囲も釣り船がちらほらと見えるだけ。この静かな海で話に聞いた激しい戦いがあったとはとても思えなかった。ギゾ島の船着き場近くには取れたての魚や野菜、雑貨を売るトタン屋根だけの市場が建ち賑わっていた。市場の外れにある、小さな窓が一つ開いただけの郵便局で切手を買い、遠い日本に到着するか否かを心配しながら土屋夫人にケネディ島訪問の葉書を投函した。数週遅れて確実に到着したとのことであった。
 ガダルカナルの丘の上には日本と米国の立派な記念碑が建っているが、米国のそれは守衛が立ち綺麗に清掃されていた。しかし、日本の記念碑周囲には捨てられた弁当箱等が目立ち、申し訳なく大きな塵だけ拾って片付けてきた。帰国直後、ギゾ島周辺でマグニチュード8.0の大地震が発生、津波による多くの被災者が出たとの報道があり心配したが、その後ギゾホテルも立派に再建されたと聞きほっとしている。東日本の震災からの復興はギゾ島のように簡単ではないだろうが、一日も早い復旧・復興を願って筆をおく。

○二十四節気の小雪しょうせつが訪れるこの頃は、秋の名残のような穏やかであたたかな小春日和と、いつ雪がちらついても不思議ではないような冷え込みの厳しい日とが入り混じり訪れる。長野県小諸町で教師として6年の歳月を過ごした島崎藤村は、1年を通して千曲川流域の自然と人々の暮らしを描写した「千曲川のスケッチ」を書いた。この中でこの頃の気候を、「気候は繰返す。温暖あたたかな平野の地方ではそれほど際立きわだって感じないようなことをここでは切に感ずる。寒い日があるかと思うと、また莫迦に暖かい日がある。それから復た一層寒い日が来る。いくら山の上でも、一息に冬の底へ沈んでは了しまわない。」と書き表している。日を追うごとに寒さを増す日々の合間に訪れる小春日和は、心忙しく、ひときわ長く厳しい冬を受入れる準備をする農夫たちにとって、楽しくかけがえのない日であったようである。
○プラド美術館に所蔵されているスペインの画家フランシスコ・デ・ゴヤの絵画、「着衣のマハ」が東京上野の国立西洋美術館に展示されている。日本では40年振りの公開になるというポスターを目にし、我が国にゴヤ・ブームを巻き起こした「大ゴヤ展」(1971)からの長い年月を実感した。1989年43歳でマドリードの王宮でカルロス4世の宮廷画家となったゴヤは、王侯貴族や延臣の華やかな肖像画を数多く描いたが、46歳の時に重病で聴力を失ってからの後半生では、想像力を広げ自由制作を行い、風刺や社会的メッセージ、争乱の時代を生きた証人としての記録を込めた作品を多く残した。「聾の家」と称した別荘の壁には、ローマ神話の農耕の神サトゥルヌスが支配権を奪われることを恐れ、次々に我が子を飲み込んだという伝承をモチーフに描いた有名な「我が子を食らうサトゥルヌス」をはじめ「黒い絵」と呼ばれる作品群を残した。限りなく深い闇の中から醜悪な表情を浮かべた人々が浮かび上がるように描かれ、人間の憎悪、嘲笑、裏切りなどの醜い側面が壁一杯に塗り込められたような恐ろしい絵である。40年前の「大ゴヤ展」−当時、小学生であった私は、作品のあまりの美しさと恐ろしさに圧倒され、ひと言も発することが出来なくなったように記憶している。
 女性画家・彫刻家のマリー・ローランサンは、「スペインの女達は惑わせるのが上手。でもゴヤのほうが一枚上手」と称賛の言葉を残している。あれから40年、着衣のマハ−スペインの小粋な下町娘は相変わらず美しく、謎めいた微笑みを浮かべて横たわっていることだろう。来年1月の末頃までの公開期間の間にぜひ一度、再会を遂げたいと思っている。

(大森圭子)

お探しのキーワードから過去の記事を検索できます

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索
  • ウェブ全体を検索