このページは、HOMEの中のバックナンバー 2011年(第57巻)の中の10月号「PHOTO&WRITING」「随筆」「編集後記」のページです。

バックナンバー2011年(第57巻)2011年バックナンバー一覧

2011年10月号(第57巻10号)

虫林花山の蝶たち(22):
カンバーウェルの美女 キベリタテハ
Camberwell beauty

キベリタテハ(黄縁立羽)は、翅表外縁に黄金色(黄色)の太い帯が縁取り、そのすぐ内側に水色の斑紋が一列に並ぶ。さらに、地色は暗小豆色のベルベットのようなしぶい光沢があってとても気品がある美しいチョウです。日本国内では、中部地方の山岳部から福島県以北にかけての冷涼な地域に分布し、また世界的にみても、ヨーロッパをはじめとする北半球に広く分布する北方系のチョウといえるでしょう。
 キベリタテハは英名をCamberwell Beauty(カンバーウェルの美女)といいます。もともとこのチョウが最初に発見されたのは、1748 年に南ロンドンのCamberwellの近くのCold Arbour Lane という場所です。その後、モーゼス・ハリス(Moses Harris)という英国人の昆虫学者は、1766 年に発刊された“The Aurelian”という本の中で、このチョウを「Camberwell Beauty」と名づけたのです。カンバーウェルの美女とは何と魅力的な名前なのでしょう。このCamberwell `という場所は、有名なロンドン橋から南に3マイル程の距離に位置していますが、当時のロンドンはテムズ川の北側だけをさしていて、Camberwellがあるテムズ川より南側は、劇場や娼館などが立ち並び、浮浪者が多く住むぶっそうな歓楽街だったと思われます。ですから、ハリス先生がCamberwell beautyと呼んだのは、もしかして「その筋のケバいお姐さん」をさしていたのかも知れません。でも、カンバーウェルの美女にしろ、カンバーウェルのお姐さんにしろ、彼がこのチョウを見てその美しさ驚き、そして魅了されたことは間違いない事実でしょう。ところが、現実とは皮肉なもので、現在の英国には、このチョウは定住しておらず、ヨーロッパ大陸から渡ってくる個体が稀に見られる程度なのです。実際、僕はこれまで英国に2度ほど留学しましたが(ウェールズ大学とケンブリッジ大学)、英国滞在中にこのチョウに一度も出会ったことはありません。
 昆虫少年だった子供の頃、このキベリタテハに憧れ、図鑑でこのチョウを見るたびにその美しさにため息をついていました。でも、残念ながら僕が生まれ育った神奈川県にはこのチョウは分布していなかったので、長い間、高嶺の花ならぬ高嶺のチョウだったのです。それからしばらく経った高校時代の夏に、昆虫採集を目的で訪れた八ヶ岳山中で、川を渡ろうとして足を滑らして倒れてしまいました。服を濡らして川から立ち上がった時に、一頭のタテハチョウが目の前の河原から飛び立ち、近くのシラカバの木の幹に静止したのでした。ふとそのチョウをみると、あろうことか憧れて久しかったキベリタテハでした。それは今思い出しても衝撃的な出会いでした。
 時は過ぎ、毎年8月の中旬になると車を運転してこのチョウに会いにシラカバ(このチョウの食樹)がある山地の林を訪れます。今では訪れるたびにこの美しいキベリタテハをみることが出来ますが、何度見ても、幾つになっても、このチョウは僕の胸をときめかせてくれます。カンバーウェルの美女(キベリタテハ)は、これからも僕の永遠の憧れであり続けることでしょう。
 虫林花山の散歩道:http://homepage2.nifty.com/tyu-rinkazan/
 Nature Diary:http://tyurin.exblog.jp/

虫林花山の蝶たち 加藤良平

昭和27年9月25日生まれ

<所属>
山梨大学大学院医学工学総合研究部
山梨大学医学部人体病理学講座・教授

<専門>
内分泌疾患とくに甲状腺疾患の病理、病理診断学、
分子病理学

<職歴>
昭和53年…岩手医科大学医学部卒業
昭和63-64年…英国ウェールズ大学病理学教室に留学
平成2年… 山梨医科大学助教授(病理学講座第2教室)
平成8年… 英国ケンブリッジ大学病理学教室に留学
平成12年…山梨医科大学医学部教授(病理学講座第2教室)
平成15年…山梨大学大学院医学工学総合研究部教授

<昆虫写真>
 幼い頃から昆虫採集に熱を上げていた。中学から大学まではとくにカミキリムシに興味を持ち、その形態の多様性と美しい色彩に魅せられていた。その後、デジタルカメラの普及とともに、昆虫写真に傾倒し現在に至っている。撮影対象はチョウを中心に昆虫全般にわたり、地元のみならず、学会で訪れる国内、国外の土地々々で撮影を楽しんでいる。

シルバーシート・優先座席

元日本大学獣医公衆衛生学 教授
勝部 泰次

傘寿を越えてから早1年半余、年齢的にはシルバーシートの有資格者と思う。物欲しそうに優先座席の前に立たないようにしているせいもあるが、それを含めて座席を譲られたことはほとんどない。外見上、“お年頃”に見えないのであろうと内心ほくそ笑んでいるが、譲る気にもなれない小憎らしい爺さんに見えているのかも知れない。
 過日、友人達と台湾を、また別の機会に韓国を訪れた際、混み合った電車内で若者達がさっと立って席を譲ってくれた。これらは単なる偶然でも、異国人だからでもなさそう。我が国では希になりかけている美風が両国に現存していることを知り、感激した。
 某日、日頃の主義に反し、家内と共に優先座席に座ってしまった。向かい側の席を一人で二人分占拠したきらびやかな若い女性は“車内化粧”に余念がない。有資格者が現れたらと気をもんでいたところ、とある駅で脱兎のごとく下車。次に、栄養満点の体に黒のスーツを纏った青年二人がドスンと座る。若者達は優先座席に座ることに何の躊躇いもないようだ。空いている席だから問題ないだろうという心理か?その後、中年の豊満な女性と、対照的に痩せた初老の男性と入れ替わった。女性は居眠り、男性は何やら書類をめくる。そこに、ほぼ90度に腰の曲がった老婦人を伴った中年の女性が現れた。席を譲らねばと腰を浮かしかけた時、この中年の女性が向かい側の席を指さし、命令口調で“そこ”と老婦人へ指図した。周囲に一瞬緊張が走る。座っていた女性は弾かれたように立ち上がり、席を譲った。男性は無反応!
 また、別の日に、優先座席に座っている青年へ、老男性が“君はそこに座るべきではない”と注意したことがあった。青年は憤然として“俺は身障者だ”と大声で反論。早期の妊婦を含めて、該当者か否かは外見ではわからない。優先座席は思わぬ物議を醸すことを知った。加齢とともに、乗り物の中で本を読むのが辛くなった。でも車内での人の動きをさりげなく見ていると、時のたつのを忘れ、いつの間にか目的地に着く。“おっと”乗り過ごしに注意!

○今年も早いものでもう10月。俗説では神々が出雲に集う月とされ、出雲では神在月、出雲以外では神無月と呼ばれる。各地から集まった神々が、父神である大国主命に一年の報告と来年の話をするこの頃には、紅葉前線が優美な錦の帯を手繰りながら北から南へと流れてゆき、今年一年もつかの間に過ぎゆくことを告げるかのように、過ぎ去ったあとはすっかり冬の色へとうつろっている。
○大掃除といえば年末の風物詩であるが、ひと昔前にはこの他にも、五月下旬〜六月上旬の梅雨を控えての時期、九月下旬〜十月上旬の夏から秋にかけてのこの時期にも行われていたようである。
 古くは、畳、板間、障子、襖を主とした日本家屋では、ごみやほこりを自在に散らすことができるので、掃除道具の主流は箒やはたきであった。
 箒は植物の枝や草の茎を束ねたもので、五世紀にはすでに小枝を束ねて箒の形をしたものがあり、それ以降大きく形状は変わっていないものの、その用途は祭事で用いられるなどの神聖なものとして扱われていたとされる。箒を跨いだり踏んだりすると罰が当たるという迷信や、産室に箒を立てる、妊婦の腹を箒で撫でるなどの風習があったのは、箒には産神である箒神(ははきがみ)が宿っているとされていたからである。
 「煤払い」の風習が始まった平安時代になって、箒は掃除道具として使われるようになり、室町時代にはかまどの掃除に使う小箒の荒神ほうきを売り歩く商人も登場した。
○1930年代の初め、矢継ぎ早に国産第一号の電気洗濯機、電気冷蔵庫、電気掃除機が開発・発売された。家電の名前の頭に一々「電気」と付けるところも昔らしいが、発売当時の掃除機は大卒初任給のおよそ2カ月分の価格で、庶民には手の届かない存在であったそうだ。その後、価格が下がったことと、1950年代半ばから建設ブームとなった公団住宅やアパートなどの集合住宅の増加により、外にごみを掃き出すことがはばかられる環境になり、さらに家屋の西洋化で絨毯が流行したことで掃除機が普及した。
○西洋で箒“broom”を使った諺に、A new broomsweeps clean.がある。これは、新任者が改革に熱心であることを意味しているが、時に改革に走り過ぎることを遠回しに非難する意味で使われることもあるようだ。このあとに、but the old brush knows allthe corners.―でも古い箒は隅々まで全部知っているよ、が続くとか。
 量販店の家電コーナーには驚くほどの種類の掃除機が所狭しと並んでいるが、狭い室内でも軽くて小回りがきき、とくに手入れの必要もなく、民芸品としての趣をも兼ね備えた箒の良さもずっと忘れずにいたい。

(大森圭子)

お探しのキーワードから過去の記事を検索できます

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索
  • ウェブ全体を検索