このページは、HOMEの中のバックナンバー 2011年(第57巻)の中の1月号「PHOTO&WRITING」「随筆」「編集後記」のページです。

バックナンバー2011年(第57巻)2011年バックナンバー一覧

2011年1月号(第57巻1号)

虫林花山の蝶たち(13):
賀正:朝日の中のヤマトシジミ
Pale Grass Blue

 明けましておめでとうございます。
 昨年、Modern Mediaの表紙とエッセイを依頼され、どうなることかと思いましたが、何とか一年続けることができました。私の拙写真と駄文にお付き合いいただきまして、心から感謝する次第です。
 今回はチョウの写真の解説は少しにして、私の「虫遍歴」について記してみたいと思います。そもそも虫に興味を持ったのは小学生の頃で、夏休みの宿題は毎年、近くの林で採集した虫の標本を提出していました。小学校の図書館では、加藤正世博士著の「趣味の昆虫採集」という本がお気に入りで、図書カードには私の名前がいつも並んでいました。中学校に入り「虫熱」は消えるどころかさらに増幅してしまいました。その頃は小生意気な盛りで、京浜昆虫同好会や日本蛾類学会にも入会し、いっぱしの虫屋(虫が好きな人のこと)気取りでいたと思います。ちょうどその頃、同じクラスにいた虫好きのI君と東京の高尾山や奥多摩、伊豆半島の天城山などに昆虫採集の遠征をしました。高校生になると群馬県の裏日光(丸沼、菅沼)などかなり遠くの地まで採集テリトリーが広がりました。この裏日光では、当時大珍品(人気があって極めて稀な虫のこと)だったオオトラカミキリというカミキリムシを採集し、「昆虫と自然」という雑誌にその記録を投稿したのを覚えています。実は私の症例報告の第1号は人ではなくて虫だったのです。このことをきっかけにカミキリムシに傾倒するようになりました。大学は岩手県盛岡市にある岩手医科大学に進学し、医学を学びました。その頃の岩手県の昆虫相はあまり知られていないうえに、種々の興味ある虫たちを次々に発見することができ、とにかく学生時代はカミキリムシばかりを夢中で追い求めていたように思います。大学卒業後、病理学教室に入局し、医学研究と組織細胞診断の道に入りました。実は医学の中でこの道を選んだ理由も、病理学という学問への純粋な興味もさることながら(これがもちろん大きいのですが)、昆虫という多様な形態学への興味の延長線上に病理学という学問があったからだと思っています。さらに、現在研究対象としている甲状腺の疾患も、きっかけは甲状腺という内分泌臓器の形が蝶に似ていたという理由もあります。人生の軌跡の理由は後になってわかるものかも知れません。
 山梨県の山梨医科大学(現山梨大学)に赴任した時(20年前)に補虫網からカメラにかえて、週末はのんびりと虫や花の写真を楽しむようになり、現在の私のモットーは「虫を楽しみ、花を楽しみ、自然を楽しみ、そして人生を楽しむ」です。
 今年はModern Mediaの担当2年目(最後の年)になります。今年のトップバッターである1月号の表紙は、数年前の11月に紀伊半島を訪れた時のものです。輝く朝日の中で浮かび上がったヤマトシジミの姿が今でも瞼に焼き付いています。通常、蝶たちは夜になると、葉などの物陰に移動して眠ります。しかし、ヤマトシジミは写真のように花や草の上で夜を明かすという習性があるようです。この習性のためにこのような写真が撮影できました。
 本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。
 虫林花山の散歩道:http://homepage2.nifty.com/tyu-rinkazan/
 Nature Diary:http://tyurin.exblog.jp/

虫林花山の蝶たち 加藤良平

昭和27年9月25日生まれ

<所属>
山梨大学大学院医学工学総合研究部
山梨大学医学部人体病理学講座・教授

<専門>
内分泌疾患とくに甲状腺疾患の病理、病理診断学、
分子病理学

<職歴>
昭和53年…岩手医科大学医学部卒業
昭和63-64年…英国ウェールズ大学病理学教室に留学
平成2年… 山梨医科大学助教授(病理学講座第2教室)
平成8年… 英国ケンブリッジ大学病理学教室に留学
平成12年…山梨医科大学医学部教授(病理学講座第2教室)
平成15年…山梨大学大学院医学工学総合研究部教授

<昆虫写真>
 幼い頃から昆虫採集に熱を上げていた。中学から大学まではとくにカミキリムシに興味を持ち、その形態の多様性と美しい色彩に魅せられていた。その後、デジタルカメラの普及とともに、昆虫写真に傾倒し現在に至っている。撮影対象はチョウを中心に昆虫全般にわたり、地元のみならず、学会で訪れる国内、国外の土地々々で撮影を楽しんでいる。

老化現象

独立行政法人 医薬品医療機器総合機構 三瀬勝利

人間を70年以上もやっていると、体の中でいろいろな所が損傷を受けたり、弱体化してくる。唯一、例外的に活動が盛んになっている場所が口舌である。理由は不明だが、こちらは年齢に比例して活動が急激に盛んになってきた。生きていたらの話だが、十年後には口舌の活動はどこまで活発になるか、想像すると自分でも怖ろしくなる。
 外観上、私の体の中で損傷がもっとも激しいものが歯である。生きた神経を持つ歯は、ほとんど無くなってきた。しかし、目には見えないが、歯よりも損傷が激しいのが、体の最上部にある中枢器官のようだ。私は生来、記憶力や理解力に問題が多かったが、最近とみに物覚えが悪くなり、それに比例して物忘れが良くなってきた。特に人の名前が覚えられなくなったり、忘れたりする。男性の名前などはどうでも良いが、若い美人の名前が覚えられなくなったら、人間を廃業しなければならないだろう。幸か不幸か、近年は絶えて久しく若い美人にお目にかかっていないので、自分の絶望的な状況に遭遇しないですんでいる。もっとも、妙齢の美人に会っても、私の眼が悪くなっているため、認識できていない可能性も大であるが。
 年をとり、あまり思い煩うことが少なくなったものには、死の恐怖がある。現実には一歩一歩、死に直進しているはずだが、逆の事態が起っている。若いときに感じた腹の底から突き上げてくる、「自分という存在が亡くなる恐怖」を意識することが稀になってきた。私はキリスト教や仏教が教えるところの、神や仏の存在が信ぜられない不埒な男である。しかし、この天地の間には、曰く言い難い絶対的な存在(もしくは法則)が存在すると思えるようになってきた。人間の形をした神や仏とは異なる「スピノザの神」というべきものだろうか、そうした存在を信ずることが、一つの心の平安をもたらしている。
 死の恐怖が薄れたことは、自分が精神的、かつ哲学的に成長した証と思いたいのだが、単なる生命力の衰えの反映にすぎず、老化現象の最たるものかも知れない。

○明けましておめでとうございます。昨年もおかげさまで一年間とどこおりなく12号を発行することができました。本誌をご愛読たまわっております皆さま、また、お忙しい時間を割いて記事をご執筆いただいた沢山の先生に心より御礼申し上げます。お送りいただいた書類やお電話でいただいたメッセージにも大いに励ましていただきました。
 時代が大きく変わっていくなかで、いつも変わらないあたたかいご支援をいただいていることに感謝で一杯です。今年も一層の努力をして編集作業に務めてまいります。なにとぞ本年もよろしくお願い申し上げます。
○正月の御節(正月)料理は、本来、幸を重ねるという意味から使われている重箱に詰められた料理をさすものである。もとは中国から伝わった風習で、季節の節目を祝う節会のために設えられた祝い膳である。真冬に手に入れることができる貴重な食材の中から、色、形、語呂合わせなどで縁起物として選ばれたものがこの時とばかりに脚光を浴びる。“色の部”では、例えば蒲鉾や蛸、膾なますはお祝いを意味する紅白の色から、栗きんとんは金運を良くする黄金色から、“形の部”では、伊達巻は巻物に似ているので知識を豊かにする、慈姑くわいは芽が出ているので出世をするなどの理由で選ばれている。“語呂合わせの部”では、昆布はよろこぶ、橙は代々繁栄などの意味があり、重箱の中には料理とともに先人の機智も盛り込まれている。御節料理は、作る派、買う派、こだわらない派などいろいろあると思うが、伝承されてきたしきたりが生活スタイルに合わせて形を変えつつも、忘れられることなく守られていることは喜ばしいことである。
 一方、正月飾りの一つ、鏡餅は、人の魂や神事に用いられた鏡の形をかたどったといわれる。鏡開きでは、神に供えたものを包丁で切る行為は神様に失礼になり縁起が悪いとされ、木槌や手で餅を割るのが慣わしである。
 年末の量販店に、プラスチックの容器に入れられた餅の箱が積み上げられる光景も見慣れたものになったが、パックを開ければ切り餅がバラバラとでてくるものであれば鏡開きは簡単、パックに餅が充填されているものでは少々難航する。止むを得ず包丁を入れると包丁の背が丁度沈んだところでにっちもさっちもいかなくなり、そこからはみだした包丁の背にさらにぐいと力をこめて沈めていく。まるで神様から罰を与えられたように赤紫の縞模様になった掌を眺めながら、昔の決めごとの道理はよく出来たものと感心する。長く飾った餅が青や赤の黴の粉に彩られ、餅の表面が厚い皮のようにめくれ、裏返せば自ずとひび割れてきている頃に餅を割るのが丁度良かったのだと。昔は鏡開きの餅から黴をこそげ取ったり水に浸したり。これも凧揚げや双六、福笑いなどと同じくらい懐かしい正月の思い出である。

大森圭子

お探しのキーワードから過去の記事を検索できます

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索
  • ウェブ全体を検索