このページは、HOMEの中のバックナンバー 2009年(第55巻)の中の8月号「PHOTO&WRITING」「随筆」「編集後記」のページです。

バックナンバー2009年(第55巻)2009年バックナンバー一覧

2009年8月号(第55巻8号)

奥多摩渓流

 どの川も上流に行くと両側から山が迫り、空気はよく、渓流の水は澄んでおり、空には赤とんぼが飛び、命のふるさとに戻るような快さがある。
 私がよく出かける奥多摩の渓流も、週末の特別快速電車を利用すると、新宿から1時間10分で御嶽に着く。電車に乗ると、老いも若きもハイキング姿であり、雰囲気満点である。私がよく行くのは、御嶽駅で下り、そこから渓流沿いによく整備された遊歩道を上流に向かって約1.5km行く。そこに御嶽美術館がある。その途中にキャンプ場、魚釣り場、水遊び場などがある。一方駅の前にある橋を渡って下流に向かうと、玉堂美術館があり、少し下って吊り橋を渡り対岸に移って川沿いを行くと、渓流が岩を噛みあるいは淀み結構眺めを楽しみながら1.5kmで沢井駅に着く。
 渓流が巨岩を縫って流れるさまは、なかなかの見ものである。そこが今日若者の間でカヌーの格好の練習場になっている。御嶽橋のすぐ上流には、カヌーの練習をする選手達の定宿がある。上手な選手も新人選手もいるらしく、沢下りで舟がひっくり返り、また立ち直っているのが見られる。
 川の水が流れているのを見ていると、生き物のように見える。川合玉堂が御嶽に疎開したのは、第二次戦争が終わりに近づいた昭和19年7月、当時71歳。晩年の12年余をすごし、昭和32年に84歳で死去した。彼が描いた奥多摩の自然は今とかなり違う。魚を釣る人は、股引をはき、鉢巻をし、草鞋履きである。村の道を往く荷車も牛や馬が牽いている。雨降りにさしているのは番傘であり、これらすべてが趣のある田舎風情であるが、今は自動車が走る轟音が耳にうるさい。釣り人は皆洋装で、長靴をはき、リールの付いた釣り竿で釣っている。

絵とエッセイ 藤本吉秀

大正15年(昭和元年)生まれ。昭和の年号がそのまま年齢になった。

<職歴:内分泌外科医>
もと東京女子医大内分泌外科教授。1987〜1989の2年間国際内分泌外科学会会長を務めた。
今は癌研有明病院、日本赤十字社医療センター、調布東山病院で甲状腺診療をしている。

<絵の略歴>
昭和59年、八丈島から贈られた黄色のシンピジウムがとても美しいので色紙に描いてから、季節の草花を色紙に描くのが趣味となった。平成10年、柏市で甲状腺外科検討会がひらかれた時、会場の近くの画廊で色紙の個展をした。
その後、松下黄沙(Group 82)について墨絵三昧。
2人展(平成14年)、12人展(平成16年)をはじめ、春、初夏、秋にそれぞれ各種グループ展に出展。

<運動>
ずっと以前のことになるが、学生時代、一高、東大を通してボートを漕ぎ、昭和24、25年8人で漕ぐエイトで連続全日本選手権制覇。

はじめの1年間は、「色紙に季節の草花を描く」をテーマにして出します。
次の1年間は、「墨画にのめりこんで」として、風景、植物、仏像など何でも取り上げて描きます。

伝える難しさ

福島県立医科大学感染制御・臨床検査医学 金光 敬二

熱中症、メタボリック症候群、大腸癌など、時代や季節によって疾患やその予防法がメディアで紹介されている。2009年は、新型インフルエンザが流行し、その対策について何度もメディアに取り上げられてきた。犠牲をより少なくするためには、一般市民に正しい情報を提供するメディアの役割は大きい。そんな中、“マスクは役にたたない”という記事が新聞に載ったという話を聞いた。しかし、私はバカげた話だと思い取り合わなかった。しばらくたって、ある講演会に呼ばれ、そこでも「マスクは役にたたないと新聞に載っている、どうなのか?」と質問されてしまった。その記事を読んでいない私は、その記事がどのような意図で書かれたものか知りたかったが、率直に自分の考えを述べるにとどめた。後日、新聞記事を探してみると、読売新聞の医療ルネッサンスに「マスクの予防効果は限定的」という記事を見つけた。しかし、マスクは役にたたないとは書いていなかった。マスクを正しくつけるというのがこの記事の意図するところだったのだろうが、限定的という表現や一部に否定的ともとれるコメントがあり読者に間違った情報を与えたのだろう。メディアが情報を正しく伝えることの難しさを感じた。
 しばらく前の話だが外勤先の病院で、看護師にインフルエンザの講義をする機会があった。「インフルエンザウイルスはRNAウイルスで、A 型、B 型、C型の3つの型があります。」という話に始まって検査、診断までの概要を話した。その後、その病院に行くと「インフルエンザC型が陽性です」という光景に出くわした。声の主は、私の講義を受けた若い看護師だった。C型を診断するなんて珍しいな?と思った。もしやと思い覗いてみると下のようなキットを持っていた。正しく伝えることが難しいのは教育の現場も同じだった。


○少し前まで台風は秋のものというイメージがあり、この頃はなぜ台風が多いのかと疑問に思っていた。しかし台風が来襲しやすい時期が7〜10月頃とされ、一年の三分の一もが台風シーズンにあたることを知り“しょっちゅう来るもの”というイメージに変わった。過去に遡れば、早いものでは昭和31年の4月下旬に、遅いものでは平成2年の11月下旬に台風が上陸したという記録があり、その幅は約7か月にもなる。ある時自然は、人の理想に副い、ある時自然は、平然と人の予想を出し抜くものなのである。
 来襲する季節によって台風は大きく「夏台風」と「秋台風」に分けられる。北上した台風が、日本の上空を吹く偏西風の流れに乗る「秋台風」では動きは早く、比較的進路予想はつきやすい。一方、偏西風が日本の上空から遠く北に離れた季節に起こる「夏台風」では、動きは遅く迷走する可能性が高い。勢力としては、夏よりも意外にも水温の高い秋のほうが勢力を増し大型である傾向があるそうだ。
 台風の定義はおおまかに、北西太平洋または南シナ海で発生する熱帯低気圧のうち、最大風速17メートル以上のものとされる。風速17メートルというと、たとえば、風に向かって歩けない、あるいは転倒する危険があるという強さである。そんな状況では早く家に帰り、雨戸を閉めるか割れる恐れのあるガラス窓から離れて、部屋の中の安全な場所で過ごすのが何より。
 子どもの頃の家は建て付けの悪い木製の窓枠であったので、窓枠に雑巾を押し当てて豪雨に応戦した。しかし、くたびれた雑巾などは物ともせず、風に叩きつけられた雨が吹き込みボコボコと音を立てて溢れた。窓際の畳は上げられ、狭い部屋の中には植木鉢やらバケツやらが肩を寄せ合うようにして置かれ、ついでに幼いわれら兄弟も肩を寄せ合い、停電に備えて懐中電灯を枕元に用意して不安と胸の高鳴りを感じつつ眠りについた。あの頃の台風が今よりも大型で非常に強く思えるのは旧式な家屋のせいもあったろう。しかし今にして思えば、ある日突然恐ろしい顔を見せる自然の怖さを心に刻み込む良い機会であったと感じるこの頃である。

大森圭子

お探しのキーワードから過去の記事を検索できます