このページは、HOMEの中のバックナンバー 2009年(第55巻)の中の7月号「PHOTO&WRITING」「随筆」「編集後記」のページです。

バックナンバー2009年(第55巻)2009年バックナンバー一覧

2009年7月号(第55巻7号)

ひまわり(向日葵)

 平成9年の秋、墨絵の会に入ろうと思った銀座の墨絵展で、一番ひきつけられたのが“向日葵”の絵であった。その後も、毎年の展覧会で誰かが向日葵を描いて出している。夏を代表する豪勢な花であり、輝き、憧れ、希望の表徴のような花である。
 はじめは、少し大空を仰ぎ見るような形で咲き、花の周りをとりまく舌状花はひとつずつ見ても勢いのよい形をしており、中心には無数の筒状花が集まって、そこが褐色のもの、黄みのかかったもの、あるいは緑色がかかったものがあり、ひまわりの種類によって色とりどりであり面白い。
 さて絵に描くとなると、大輪の花はいくらでも景気よく描けるし問題はないが、茎と葉を描く段になると戸惑ってしまう。何といっても高さが2〜3mにもなる大きい草であり、周りに張り出している葉は日光を一杯浴びようと四方に伸びて大きい。そのとおりに描きだすと、絵としての構図が成り立ちにくいのである。ゴッホは、向日葵の花を集めて花瓶に指して名画を描いた。花瓶にさして、花の向きを思い思いの方向に向けて描くのもひとつの解決策である。
 向日葵は夏休みの花と思っていたが、神代植物公園に8月上旬に出かけたら、もう盛りを過ぎ、多くの向日葵の花が重さに耐えられず下向きに垂れかけており、半ば枯れかけているのもあった。
 近年広い畑一面にたくさんの向日葵を植え、観光の誘いにしている写真をよく見かける。観光の後は、種を取って動物の飼料にしたり、また油を絞って食用に供するのだろうと思う。

絵とエッセイ 藤本吉秀

大正15年(昭和元年)生まれ。昭和の年号がそのまま年齢になった。

<職歴:内分泌外科医>
もと東京女子医大内分泌外科教授。1987〜1989の2年間国際内分泌外科学会会長を務めた。
今は癌研有明病院、日本赤十字社医療センター、調布東山病院で甲状腺診療をしている。

<絵の略歴>
昭和59年、八丈島から贈られた黄色のシンピジウムがとても美しいので色紙に描いてから、季節の草花を色紙に描くのが趣味となった。平成10年、柏市で甲状腺外科検討会がひらかれた時、会場の近くの画廊で色紙の個展をした。
その後、松下黄沙(Group 82)について墨絵三昧。
2人展(平成14年)、12人展(平成16年)をはじめ、春、初夏、秋にそれぞれ各種グループ展に出展。

<運動>
ずっと以前のことになるが、学生時代、一高、東大を通してボートを漕ぎ、昭和24、25年8人で漕ぐエイトで連続全日本選手権制覇。

はじめの1年間は、「色紙に季節の草花を描く」をテーマにして出します。
次の1年間は、「墨画にのめりこんで」として、風景、植物、仏像など何でも取り上げて描きます。

夏の訪問者

杏林大学医学部感染症学 大崎 敬子

私の家のベランダに小さなミカンの木がある。こんな小さな木の場所がどうして判るのだろうと思うのだが、アゲハチョウがやってきて卵を産んでいった。蝶の幼虫というと例の形がちょっと気味悪い生き物なわけで、あまり観察したくないと思っていたが、ある新聞のコラムによると‘柚子坊’と名付けて、毎年訪れるのを楽しみに待っている人もいるそうだ。そこで今年は私も子ども達とともに、柚子坊の成長を見守ることとした。
 ちなみに去年の夏にはその柚子坊達が5mmにも満たないときに発見し、ミカンの木の葉もまだ十枚たらずだったので、木を守るためといって1匹を残し、あとは引っ越ししてもらった。(正確には捨てた)でも、そのあとしばらくして突然消えたので、どうやら鳥の餌となったらしい。今年はミカンの木もひとまわり大きくなり葉の数も増えていたので、うまく蝶まで育つように思えて、ミカンの木にせっせと水をやっていた。
 さて、この柚子坊達はいったいどんな蝶になるのだろうか?何気なく、インターネットで検索してみた。わたしは細菌の同定などを仕事にしているわけだから、蝶の種類だってきっと決められるはずと思い、調べてみた。ネット上にはたくさんの蝶に関するデータがあり、幼虫や蛹の写真も載っていて、すぐに決まると思っていたのだが、なかなか決め手がでてこない。やっぱり、経験がないと蝶の種類を特定するのはなかなか難しいものだなと思って、そのまま調べるのを止めてしまった。
 細菌の同定方法はこれまで大きく変化している。私が初めて細菌学を習った頃にはいくつもの培地を組み合わせて生化学的性状を調べ、菌種の同定をしていた。その後、PCRなどで菌の姿を見なくとも遺伝子から菌種名が決まるようになり、最近では、16SrRNA遺伝子の塩基配列などから菌種を決定する方法が主流になっている。遺伝子を使って菌の同定を行うことは、簡便そうであり、誰にでも一定のレベルの仕事ができるという利点がある。たくさんのコロニーを見て学び、培養に条件に気をつけるといった熟練を必要とせずに一定のレベルの仕事をすることができる。しかし一方で、特に系統解析や分類の分野でのここ数年の進展をみると、また違った感がある。大量のデータが明らかにされればされるほど、私たちがこれまで出会った細菌がほんの一部に過ぎないことに気づかされ、いったいこのデータベースはどこまで増え続けるのだろうかと思うと計り知れないものがある。そして、十分な知識の蓄積と確実な同定技術の両方が揃ってはじめて、新しい知見に出会うことができる、まさに熟達が要求される分野だと思う。
 話を柚子坊達に戻そう。彼らの食欲は旺盛で、とうとうミカンの葉は1枚残らず餌食となり、そこには変わり果てた木がつんつんと枝を残して立っていた。翌朝になって近くを探してみると、ベランダの壁に1匹、残った枝に2匹と、蛹のなりかけがいるではないか…。残念ながらその後、この蛹達は栄養不足のためか蝶になることはかなわなかった。こんなマンションのベランダに卵を産んだ蝶が悪いといってしまえばそれまでだが、ベランダにまで卵を産みにくるほど緑が少ないのかとも思え、自然を残すことの大切さを子供たちに教える機会となった。来年、柚子坊達がまたやってくるかはわからないけれど、もう少し鉢を増やしてやろうかと思案中である。

○ある絵画展にゆかりがあり、岡山県備中高梁市に足を伸ばした。岡山に行くのは久しく十数年ぶりのこと。第44巻(1998)〜45巻(1999)の表紙シリーズに素晴らしい風景写真とエッセイをご提供いただいた八幡義人先生に相談に伺うため、川崎医科大学をお尋ねしたとき以来である。当時の懐かしい思い出とともに岡山駅に到着し、そこから備中高梁駅は特急でおよそ30分、普通では小一時間のところにある。

○さてここは、牛臥山(ぎゅうがさん)に屹立する備中松山城を中心に栄えた古い城下町である。鎌倉時代からおよそ750年の歴史を持ち、山間の町並みは風情豊かで備中の小京都とも呼ばれている。ご記憶の方もいらっしゃると思うが、映画「男はつらいよ」で寅さんの義弟・博の実家があるという設定で、ロケ地としては唯一、2度撮影が行われた場所でもある。残念ながらロケで使われた家は門を残し火事で全焼してしまったそうだが、丘に上がると眼下には落ち着きのある景色が広がり、そこに流れるゆるやかな時間、あたたかな人柄……は映画から写し取ったかのようにそのままに感じられた。
 現地では遠縁の親戚が成羽町の自宅に招待してくれた。ここは河岸場として栄えた町で、ここから高瀬舟に積み込まれ、米・煙草・鉄・銅・弁柄(べんがら)が運ばれていったそうだ。ガラス戸をくぐり中に入るとすぐに梁の沢山入った壁が目に付いた。聞けば元々は米問屋で、壁沿いに俵を積み重ねた時に空気の流通を促すためにそのような造りになっているとのこと。商家に相応しく磨き上げられた高い床に這い上がると奥の間には大きな神棚、そして長い長い廊下と立派な老松のある庭に圧倒された。当時このあたりの諸問屋はえらく繁盛していたのに違いない。翌日、限られた時間の中で市内を案内して貰った。ここには映画「八つ墓村」のロケ地もあるそうで、「中にはここであの悲惨な事件が本当に起こったと思っている人もいて困ったものです」と笑っていらした。ロケ地は幕末から明治にかけて銅の採掘とその捨石から製造される弁柄で栄えた吹屋という集落で、今では重要伝統的建造物群保存地区になっているそうである。弁柄は酸化鉄を主成分としている赤色顔料で、その名は、奈良時代にインドのベンガルから輸入していたことに由来する。渋い赤色は、伊万里、九谷などの焼き物や、格子の塗料としても使われていた……。そうだ!!鳥取県衛生研究所で見学させていただいたあの赤い壁、と鮮やかなベンガラ色が脳裏に蘇った。
 かねてより行ってみたかった地は期待以上の想い出を沢山残してくれた。思っていれば願いは叶うものというのは本当であった。

大森圭子

お探しのキーワードから過去の記事を検索できます

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索
  • ウェブ全体を検索