このページは、HOMEの中のバックナンバー 2009年(第55巻)の中の6月号「PHOTO&WRITING」「随筆」「編集後記」のページです。

バックナンバー2009年(第55巻)2009年バックナンバー一覧

2009年6月号(第55巻6号)

アーチチョーク

菊科の多年草、地中海沿岸が原産、朝鮮アザミとも言う。高さが1.5mくらいになり、頂にアザミに似た大きな紫色の頭花をつける。若い花の花托と萼の肉質部は食用になる。
 よく行く神代植物公園には、別々にはなれた2ヵ所に植えられており、とにかく物々しく大きい草で、周りを圧倒して大きくなる。やがて頂に野球のボール位の大きさの塊ができ、その先端に紫色の細管状の花がびっしりアザミのように附く。気持ちのよい青紫色である。何といっても大きいので壮観である。こうした大型のものが墨絵にはもってこいのよい画題として好まれる。向日葵も然りである。
 すべての草花が、本当に見ごろなのはいいところ7〜10日間である。よかったと思って1週間たって次の週末に出かけると、もう初めて見た時の印象とかなり変わっていることが少なくない。そこで、よいと見たときのイメージをできるだけその時に十分に把握するため、先ずスケッチをする。それも観点を変えて、あちらから一度、こちらから一度とやる。最近は簡単に写真を撮れるようになったので、カメラに収め、帰宅してすぐに焼付けして写真にする。その両方を見ながら墨絵に仕上げる。
 墨絵といっても、やはり見た眼に美しい草花には、絵の具で色をつけるといっそう絵が引き立つ。色を加えた墨絵を彩墨画と呼ぶ人がある。

絵とエッセイ 藤本吉秀

大正15年(昭和元年)生まれ。昭和の年号がそのまま年齢になった。

<職歴:内分泌外科医>
もと東京女子医大内分泌外科教授。1987〜1989の2年間国際内分泌外科学会会長を務めた。
今は癌研有明病院、日本赤十字社医療センター、調布東山病院で甲状腺診療をしている。

<絵の略歴>
昭和59年、八丈島から贈られた黄色のシンピジウムがとても美しいので色紙に描いてから、季節の草花を色紙に描くのが趣味となった。平成10年、柏市で甲状腺外科検討会がひらかれた時、会場の近くの画廊で色紙の個展をした。
その後、松下黄沙(Group 82)について墨絵三昧。
2人展(平成14年)、12人展(平成16年)をはじめ、春、初夏、秋にそれぞれ各種グループ展に出展。

<運動>
ずっと以前のことになるが、学生時代、一高、東大を通してボートを漕ぎ、昭和24、25年8人で漕ぐエイトで連続全日本選手権制覇。

はじめの1年間は、「色紙に季節の草花を描く」をテーマにして出します。
次の1年間は、「墨画にのめりこんで」として、風景、植物、仏像など何でも取り上げて描きます。

ヤマビルにご用心

社団法人 日本べんとう振興協会 顧問 遠藤 明彦

山登りは楽しい。しかし、心がけなければいけないことがある。その一つがヤマビルによる吸血だ。生息する山域に入る時には、登山靴やズボンに塩水を含ませる、虫除けスプレーをするとか、衣類の隙間を作らないなど侵入防止が必要だ。それでもいつのまにか靴の中などに入り込み、血だらけとなることもある。無理に取ると、傷口が大きくなって血が滴り止まらなくなる。止血には絆創膏を張る。ヒルが吸血するときに出すヒルジンなどの体液を絞り出して、抗ヒスタミン剤を塗るなどの手当をする。
 ヤマビルの生息域は全国に散在している。しかし、近年、山奥から里山へと拡大し、吸血被害が増大しているとの情報を聞く。野生動物、とくに鹿やイノシシの蹄に食い付き運搬され拡散しているのだ。ヒトによる拡散は少ない。ヒルは吸血すると産卵し増加するので、吸血したヒルは必ず殺す必要がある。しかし、ゴムのように丈夫なので、潰して殺すことができにくい。塩を振りかけるとか、ライターで焼くなどが必要となる。
 ヤマビルを駆除するには、鹿は柵を張り適正に駆除し頭数を減らす、また薬剤散布などがある。さらに、神奈川県や「ヤマビル研究会」で紹介しているもう一つの方法もある。ヒルは寒さに強いが、暑さに弱いことを確かめて、荒れた森林や里山の保全を図ることが必要としている。里山では林業が不振となり過疎化も進み、森林が荒廃しているのだ。森林の枝打、間伐、下草刈りなどを行うと、明るくきれいな里山となる。落葉は集め堆肥に利用する。そうすると、冬期に地表の温度が高くなり乾燥する。越冬できなくなり、ヤマビルの生息数を1/5以下に低下させることができたという。ヤマビルの生息域が狭まることを期待したい。

○すぐ隣の家の庭には梅の木があって、例年、梅の実をたくさん実らせる。ビロード仕立ての緑色の服を着た可愛らしい木の実達が、葉の脇に寄り添うように着いている様、コロンコロンと道のあちこちに転がっている様は愛おしく、毎年懐かしい光景である。

○青梅は梅酒にするが、やや黄色っぽく梅の実が熟せば、梅干の漬けごろだそうである。ご存知のとおり梅干は、塩漬けにした梅の実を何度も日干しにして作る。それゆえ梅干という名がついているのだが、最近では梅を酢漬けにしたような梅干もあるという。特長の防腐効果もなく、梅干風味の梅の酢漬けがこの名を正々堂々と使っているのには感心しない。

○中国では古来より、梅の花の美しさよりむしろ梅の実の薬効が珍重されていた。紀元前200年ほどの史跡の調査からも、この頃にはすでに漢方薬として梅干が使われていたことがわかっている。わが国には奈良時代に薬木として梅の木が渡来し、青梅の実を藁の火で丸ごと燻製にした烏梅(うばい)、実を割って乾燥させた剥梅(むきうめ)なども伝来して、熱さましや咳止めなどの薬用として、また烏梅は染料としても使われていたそうである。江戸時代になるとようやく家庭の常備食として梅干が食されるようになるが、正月の「食い積み」の神事や大晦日や節分の夜にいただく「福茶」に用いられるなど、縁起の良い食べ物としても大切に扱われる存在であった。梅干の薬効は科学的にも証明され、現代でも身近で優れた健康食品としての期待が高い。地方によっては古く、梅干が腐ると凶事が起こるとの言い伝えもあるそうで、それほどまでに梅干の長期貯蔵への信頼が強いものであり、また、漬け損じや保管の悪さから、家人の健康を守る大切な梅干を腐らせることのないように、という先人の教えであったに違いない。

○「梅干の味 私は梅干の味を知っている。孤独が、貧乏が、病苦が梅干を味はせる。梅干がどんなにうまいものであるか、ありがたいものであるか。病苦に悩んで、貧乏に苦しんで、そして孤独に徹する時、梅干を全身全心で充分に味ふことが出来る。」これは俳人・種田山頭火の日記の一文である。行乞放浪の旅を繰り返し、度重なる乱酔の失態、挫折、自責を繰り返した山頭火が、全国各地を巡り其中庵に帰庵した後に書かれたものである。「朝のお茶受はどこでも梅干、たいへんよろしい、日本人は梅干のありがたさを味解しなければウソだ。」「梅干はまことに尊いものだった。日本人にとっては。」山頭火の日記には梅干が何度も登場する。いつも手に届くところにあり、辛いときほど心身に沁みる梅干の味。先達が培い残してくれた英知の有難さに気づかない自分にまた一つ反省を積んだ。

大森圭子

お探しのキーワードから過去の記事を検索できます