このページは、HOMEの中のバックナンバー 2009年(第55巻)の中の5月号「PHOTO&WRITING」「随筆」「編集後記」のページです。

バックナンバー2009年(第55巻)2009年バックナンバー一覧

2009年5月号(第55巻5号)

桐の花

桐の花は前から一度描いて見たいと思っていた。句集を開くと次の句が目に付いた。
   駆ければ鳴りし母校の二階桐の花  花田春兆
木造の小学校で、廊下は静かに歩くものだよと常々教えられていても、つい何かの弾みで駆けることがある。すると床の板が鳴るのだろう。そこは2階、桐の花が咲いているのがちょうどこの高さでよく見えるのだ。桐の木は高さが約10m、そして高いところに花が咲くので、地上からは見上げないとよく見えない。
 前に多摩川の堤を歩いていて桐の花に出会ったが、やはり遙か高いところで咲いているので絵には描けなかった。井の頭線高井戸駅のプラットホームは地上高いところにあり、駅のすぐ傍にある家の桐に花が咲き、眼の高さに見えるのでスケッチに出かけたことがある。
 この絵の桐は、家内がたまたま近所を散歩していて、古い寺の塀すれすれに、割合低いところでよく咲いているのを見つけて教えてくれた。早速翌日出かけた。寺の境内の1本の桐であり、もう既に花が地面に落ち始めていたが、上を見上げると見事な花盛りで心が躍った。地面に落ちている花を拾うと、ちょうど柔らかい和紙を触れる感じで、ちょっと触ると容易に凹み、ふわふわの感じである。もっと硬い花弁からできているのかと思っていたが、そうではなかった。
 昔日本では、家の庭に桐の木を植え、娘が育って嫁に行くときには、それを切って箪笥を作って持っていかせたという話をきいた。そのほか桐の材は、琴、小箱、下駄など、軽くてしかも緻密なところが賞用されてきた。枕草子や源氏物語にもその名が見え、また家紋によく用いられてきた由緒ある木花である。

絵とエッセイ 藤本吉秀

大正15年(昭和元年)生まれ。昭和の年号がそのまま年齢になった。

<職歴:内分泌外科医>
もと東京女子医大内分泌外科教授。1987〜1989の2年間国際内分泌外科学会会長を務めた。
今は癌研有明病院、日本赤十字社医療センター、調布東山病院で甲状腺診療をしている。

<絵の略歴>
昭和59年、八丈島から贈られた黄色のシンピジウムがとても美しいので色紙に描いてから、季節の草花を色紙に描くのが趣味となった。平成10年、柏市で甲状腺外科検討会がひらかれた時、会場の近くの画廊で色紙の個展をした。
その後、松下黄沙(Group 82)について墨絵三昧。
2人展(平成14年)、12人展(平成16年)をはじめ、春、初夏、秋にそれぞれ各種グループ展に出展。

<運動>
ずっと以前のことになるが、学生時代、一高、東大を通してボートを漕ぎ、昭和24、25年8人で漕ぐエイトで連続全日本選手権制覇。

はじめの1年間は、「色紙に季節の草花を描く」をテーマにして出します。
次の1年間は、「墨画にのめりこんで」として、風景、植物、仏像など何でも取り上げて描きます。

おくられびと

東京医科歯科大学 名誉教授 中谷 林太郎

 リーダーバーグ博士(1925-2008)の逝去を米国微生物学会のニュース誌Microbeの訃報欄で知った。まさに「巨星墜つ」である。その経歴と業績は彼が不世出の天才であったことを物語っている。
 彼はイスラエルからの移民の子としてニューヨーク市で育った。1941年コロンビア大学大学院生として入学、動物学科のFrancis Ryan 准教授に師事(1942-44)、1944年には同大学医学部入学するもライアン研究室での研究生活を続けるため1946年に中退。同年3月にはRyan先生の薦めでその友人であるイェール大学のEd Tatum教授の研究室に出張、わずか6週間足らずの間に大腸菌を使っての実験で細菌における交配と遺伝子組換えを証明、これを接合(conjugation)と呼称。その知見を7月のCold Spring Harbor Symposiumでの微生物遺伝学大会で発表、参会の研究者を唖然とさせた。同年イェール大学からPh.D.の学位を授与(学位審査教授会では彼の発表内容を理解できた教授はひとりもいなかったと語り継がれている)。幸運に恵まれたことに、彼が試した20株の大腸菌のうち稔性を示したのは僅か1株だけだった。1947年にはウィスコンシン大学遺伝学教室教授に就任、Esther夫人、N.Zinder、L.Morseなどの学生とともに細菌遺伝学の基盤となった知見を次々と発見した:例えば、ファージ媒介性形質導入という遺伝子伝達法(tansduction)の確立、溶原ファージ・ラムダ(λ)の発見、等々。1958年、Beadle ならびにTatum両教授とともに33歳の若さでノーベル賞を授与された。1959年スタンフォード大学に招聘され、医学遺伝学部を創設、生物学・コンピュータ・サイエンス教授として活動。米国政府、WHOその他の機関の顧問を歴任。1979年に故郷のニューヨークに戻り、ロックフェラー大学学長として1990年まで勤めた。
 晩年に「人生の目標は?」と聴かれたとき、「私は稀に見る天賦の才能に恵まれた人間ですが、この才能を世界の人々の安寧を図るために発揮する使命が与えられていると信じている。」と答えたと云う。リーダーバーグ博士は稀に見る才智、師弟、研究環境と偶然に恵まれて、栄光に満ちた生涯を閉じた。

○今月号に掲載の「新版全国衛生研究所見聞記」では、高知県衛生研究所に訪問取材させていただきました。研究所の皆様には大変お世話になり、誠に有り難うございました。

○これまでの見聞記の取材では一度も欠くことなく探訪子の先生にお供させていただいたが、今回は心ならずも会社の昇格試験と重なり留守番をすることになった。たびたびご連絡をとらせていただいた間崎先生をはじめ衛生研究所の皆様にお会いしてお話しをうかがえないことが残念だったのは言うまでもなく、高知県という感興をそそられる地に足を踏み入れる機会を逃してしまったこともとても残念であった。

○高知県には数多の酒蔵があり、左党を唸らせる数々の銘酒が造られている。たとえば「酔鯨」。土佐藩15代藩主で無類の酒好きであった山内容堂の雅号「鯨海酔候(げいかいすいこう)」から名前をとったという。社会人になって間もなくの頃、宴席で、「酔鯨」という猛々しい名前からどんなに強い日本酒かとたじろぎを感じながら、それを口にすることでいっぱしの酒豪にでもなった気がして得意だったことを記憶している。他に高知には宇宙遊泳をした酵母を使った「土佐宇宙酒」なる日本酒があるという話しで、新旧とりどりあって興味深い。

○高知県では酒宴のことを「おきゃく」と呼んでいる。お客をあたたかく迎え入れ、楽しくもてなすお国柄のようで、お座敷遊びにも独特な文化がある。お酒の強い人向けには“べろべろの神様”(可杯(べくはい)の歌「べろべろの神様は正直な神様よ、男前のほうへおもむきゃれ、おもむきゃれ」を歌いながら駒を回し、駒が向いた先に座す人が酒を飲み干す遊び。おかめ、ひょっとこ、天狗、と容量の異なる3種の杯を使う。それぞれに穴が開いており、酒を飲み終えるまで置くことが出来ない)や“菊の花”(人数分の杯を裏返し、そのうちの一つに菊の花を忍ばせる。「菊の花、菊の花、あけて嬉しい菊の花」と歌いながら杯を裏返し、菊の花の杯を開けた人が、それまでに開いた杯全てに酒を注ぎ飲み干さなくてはならない)、そしてお酒に弱い人にも安心できそうな“箸拳”(向かい合わせで箸を隠し持ち、隠した箸の合計を当てる)などの遊びがある。一方、酒を盛りたてる料理のほうも、大皿に生物、揚げ物、煮物などのご馳走を盛った皿鉢料理、県の魚である鰹を使ったたたきや鯨料理など豪快で種類も豊富である。
 土佐藩初代藩主・山内一豊の妻・千代を主人公とした歴史小説「功名が辻」、BC級戦犯の無念の死を描いた「私は貝になりたい」の舞台となったあのあたたかい漁港の町はどのようなところか、坂本龍馬の記念館にも行ってみたかった、と思いは尽きない。いつかまた機会を得て旅をしてみたいと思っている。

大森圭子

お探しのキーワードから過去の記事を検索できます

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索
  • ウェブ全体を検索