このページは、HOMEの中のバックナンバー 2009年(第55巻)の中の4月号「PHOTO&WRITING」「随筆」「編集後記」のページです。

バックナンバー2009年(第55巻)2009年バックナンバー一覧

2009年4月号(第55巻4号)

アンコールトムのバイヨン寺院:クメールの微笑

 世界遺産で有名なカンボジアのアンコールワット見物に孫娘が友達と2人で行くという。本当は自分で行きたいところであるが、足掛け3日のきつい旅行だというからとても同行は無理とあきらめ、たくさん写真を撮ってきてくれと頼んだ。
 アンコールワットから北へ1.5kmのところに、アンコールトムがある。こちらのほうが私の絵になる。9世紀から15世紀にかけ、アンコール王朝が勢力を振るったが、当時王が変わるたびに都を造った。多くの遺跡があるが、有名なのがアンコールワットとアンコールトムである。最盛期の12,13世紀にはインドシナ半島全域を抑えた。アンコール(首都)トム(大きい)は、高さ8m、一辺3kmの外壁で囲まれた都城跡であり、アンコールワットに遅れること半世紀、熱心な仏教信者であった王がバイヨン寺院や王宮を建てた。12kmに及ぶ環濠で周りを取り囲んだ。
 城内遺跡の中心がバイヨン寺院である。ここに描いたのは、第一回廊から中央祠堂を望んだところで、林立する塔に「クメールの微笑」で知られる観世音菩薩が彫られている。日本の仏像とは違った面持ちを持っている。
 この和紙は、三六(サブロク)版といい188×97cmの大きいもので、テーブル一杯に広げ、太い筆に淡墨をつけて先ず大まかに全体の輪郭を描きとり、次いで墨の濃淡に気を遣いながら一気に全体の大部分を描き上げた。最後に、マングースの硬い毛で作った長さ6.5cmの筆先に濃い墨をつけて仏の眼、鼻、口、ならびに塔の飾りなどを描きこんで、絵にメリハリをつけた。何といっても大きい絵であるので、表具師に頼んで掛け軸にしてもらった。絵の縁の布の色は焦げ茶にし古いイメージをだした。
 この絵を描きあげるのに、途中で30分くらいの休憩を取ったが、正味約3時間で一気に描いた。墨絵は、なるべく筆数が少ないほど、墨色が冴えてきれいである。銀座で開かれたわれわれGroup82の展覧会場に、孫娘と友人の2人が見に来てくれた。

絵とエッセイ 藤本吉秀

大正15年(昭和元年)生まれ。昭和の年号がそのまま年齢になった。

<職歴:内分泌外科医>
もと東京女子医大内分泌外科教授。1987〜1989の2年間国際内分泌外科学会会長を務めた。
今は癌研有明病院、日本赤十字社医療センター、調布東山病院で甲状腺診療をしている。

<絵の略歴>
昭和59年、八丈島から贈られた黄色のシンピジウムがとても美しいので色紙に描いてから、季節の草花を色紙に描くのが趣味となった。平成10年、柏市で甲状腺外科検討会がひらかれた時、会場の近くの画廊で色紙の個展をした。
その後、松下黄沙(Group 82)について墨絵三昧。
2人展(平成14年)、12人展(平成16年)をはじめ、春、初夏、秋にそれぞれ各種グループ展に出展。

<運動>
ずっと以前のことになるが、学生時代、一高、東大を通してボートを漕ぎ、昭和24、25年8人で漕ぐエイトで連続全日本選手権制覇。

はじめの1年間は、「色紙に季節の草花を描く」をテーマにして出します。
次の1年間は、「墨画にのめりこんで」として、風景、植物、仏像など何でも取り上げて描きます。

第48回インターサイエンスに参加して思うこと

東邦大学医学部 微生物・感染症学講座 准教授 舘田 一博

 2008年10月にワシントンDCで開催された第48回インターサイエンス(48th ICAAC)に参加した。今回は米国感染症学会(IDSA)との合同会議として開催され、世界各国から15,000−17,000名を超える研究者が参加したと報じられている。耐性菌の問題、ガイドライン、抗菌薬の適正使用、新型インフルエンザの脅威など、感染症に関する問題は山積みとなっている状況の中で、感染症領域のオピニオン・リーダーが一堂に集結し、世界的な視点から感染症・化学療法学の将来を議論する場となっていることを改めて実感した。
 ここ十数年、ICAACには毎年出席しているが、特に今回は特別な思いで参加させてもらった。この会への参加を誰よりも楽しみにされていた桑原章吾先生がいらっしゃらなかったのである。先生は、昭和44年の第9回から40年近くにわたってICAACに参加されていたそうである。国産初のセフェム剤として開発されたセファゾリンを世界の舞台でアピールしたいという想いから、1ドル360円の時代に本剤の基礎データを持って米国に乗り込んでいったのが最初だそうだ。偶然にも、第9回大会もワシントンで開催されていたと聞く。2007年のシカゴ大会にご一緒させていただいた時には、86歳というご高齢にもかかわらず広い会場をゆっくりと歩きまわられながら、熱心に資料を集めておられた姿が印象的であった。教室員との食事の席で、昭和40年代の数々のエピソードを楽しそうにお話されていた桑原先生のお顔が思い出される。
 次会のICAACは米国サンフランシスコで9月12−15日に開催される。抗菌薬開発における新展開、感染症領域におけるブレイクスルー・・・・どのような“変化”が待ち受けているのか大変楽しみである。ICAACで世界に誇れる仕事を紹介できるように、先達に少しでも近づけるように、気持ちを引き締めて精進していかなければならないと考える日々である。

○時間の拘束から解き放たれたある休日、千鳥が淵をはすに見下ろしながら土手沿いの緑道をゆっくりと通り抜け、その先にある美術館へと向かった。桜の季節はとうに終わり、その名残すらない土手には、どっしりとした桜の木々が安閑として立ち並んでいる。生憎の曇り空に人影もなく、鬱蒼とした木々の間から差し込む陽光に包まれ、静穏に護られながら、夢を見るように桜の花で華やいだ季節を思い描いた。
 辿り着いた美術館では、はからずもあと数日の会期を残す桜の絵画展が行われていた。夢のつづきを見るように大小様々なキャンバスのなかで咲き誇る桜に囲まれ、至福のときを過ごした。

○4月になると新入社員の姿をあちこちで見かける。新品のスーツもぎこちなく、どこか着られている感があってひと目でそれと見て取れる。電車の中で自己紹介をし合う姿も微笑ましく、通勤時に人通りの多い通路のど真ん中に寄り集まっていてもどこか不安感とけなげさが漂い、大目にみることができる。
 出羽国 米沢藩藩主の上杉治憲(鷹山)は、江戸時代の名君と讃えられる。鷹山は自分の立場を民の父母ととらえ「三助」の精神(「自助」、「互助」、「扶助」)で農民と助け合い、自ら倹約をして、相次ぐ不運で財政が傾いた米沢藩の藩政を立て直しを行った人物である。元米国大統領のジョン・F・ケネディやビル・クリントンからも尊敬する日本人として名があがったこともある。
 鷹山は「なせば成る 為さねばならぬ何事も 成らぬは人の為さぬなりけり」をはじめ多くの名言を残していることでも知られる。なかでも人の教え方として「してみせて 言ってきかせて させてみる」があり、山本五十六の「やってみせ 言って聞かせて させて見せ ほめてやらねば 人は動かじ」や「やっている 姿を感謝で見守って 信頼せねば人は実らず」の言葉は、これに影響を受けたものと言われる。
 「いまどきの若い者は とはばかるべきことは申すまじく候」と山本五十六は言っている。“いまどきの”と嘆くことが古くからの習わしならば、年長者の教える心が伝わり、暫くすれば新入社員と青年社員の区別が付かなくなるほど若者が成長を遂げることもまた、古くからの習わしであろう。

大森圭子

お探しのキーワードから過去の記事を検索できます