このページは、HOMEの中のバックナンバー 2009年(第55巻)の中の3月号「PHOTO&WRITING」「随筆」「編集後記」のページです。

バックナンバー2009年(第55巻)2009年バックナンバー一覧

2009年3月号(第55巻3号)

水族園

 勝手なことを考えるもので、江戸時代や明治の初めのころには水族館といった贅沢なものはなかっただろうから、今までそうは描かれていないだろうと思い、皆が描かない現代の墨絵を描いてみようと、葛西にある東京都立水族園に行ってみた。週日に行くと見物人が少なく静かでよい。週末や、特に学校が休みになると、子供でいっぱいで、とても絵が描ける雰囲気ではない。
 入ってすぐに、鮫が何匹も悠々と泳いでいる水槽があった。格好がよい。動物園に行ってもこんなに動き回る動物はめったにいない。他の魚にしても、じっと静かにしている魚は非常に少ない。ほとんどすべての魚が動き回っているので、スケッチするのも楽ではない。「ああいい格好だ、絵になる」と思ったら、もう泳いで場所が変わり、泳ぐ格好も変わっている。文明の利器を使って写真に撮ればよいと思っても、「魚を驚かさないように、フラッシュによる写真撮影はやめてください」と張り紙がしてある。
 水族園の中を見て回っているうちに、これは見ものだと感心したのが“くらげ”である。細長い円筒状の透明な水槽の中を、上っては降り、降りては上る。透明な笠の下に羽衣のような足をひらひらさせて動くさまはとても美しく、また見飽きない面白さがある。透明な体の中に内臓器官が浮き彫りになっている。早速スケッチした。
 次は熱帯魚の体の模様のよさ、写真や絵本でよく見ていてなじみの魚である。群をなして泳いでいるのがよい。方向変換をしてターンをするときの姿態などいっそう面白い。
 このようにしてスケッチしてきたものを、一枚の大きい和紙にまとめて描いてみた。結構楽しんで描いた一枚である。もう一度よく観察してこようと、雪が積もった冬の日に出かけてみた。物好きな人だと自分ながら感心する。さすが見物人が少なく、中は温度調節がしてあり、多くの魚が悠々と泳いでいた。

絵とエッセイ 藤本吉秀

大正15年(昭和元年)生まれ。昭和の年号がそのまま年齢になった。

<職歴:内分泌外科医>
もと東京女子医大内分泌外科教授。1987〜1989の2年間国際内分泌外科学会会長を務めた。
今は癌研有明病院、日本赤十字社医療センター、調布東山病院で甲状腺診療をしている。

<絵の略歴>
昭和59年、八丈島から贈られた黄色のシンピジウムがとても美しいので色紙に描いてから、季節の草花を色紙に描くのが趣味となった。平成10年、柏市で甲状腺外科検討会がひらかれた時、会場の近くの画廊で色紙の個展をした。
その後、松下黄沙(Group 82)について墨絵三昧。
2人展(平成14年)、12人展(平成16年)をはじめ、春、初夏、秋にそれぞれ各種グループ展に出展。

<運動>
ずっと以前のことになるが、学生時代、一高、東大を通してボートを漕ぎ、昭和24、25年8人で漕ぐエイトで連続全日本選手権制覇。

はじめの1年間は、「色紙に季節の草花を描く」をテーマにして出します。
次の1年間は、「墨画にのめりこんで」として、風景、植物、仏像など何でも取り上げて描きます。

「夏の闇」の女性

東邦大学 名誉教授 五島 瑳智子

小説家開高健氏の没後20年(1989年12月に逝去)の今年、文芸雑誌「新潮」に1971年掲載された「夏の闇」の直筆原稿が出版された。彼の代表作となった「夏の闇」の主人公は、ベトナム戦争で信ずべき自己を見失った作家とおぼしき「私」が、ある夏10年ぶりにドイツの大学で博士論文を書き上げた女性と再会、秋の気配のただよいはじめたベルリンで別れ、「私」は再びベトナムの戦場に帰っていく。
  文中の女性は、明らかに私の友人S女史をモデルにしている。ロシア革命の後、来日したヴァイオリニスト小野アンナ女史の姉にあたるブブノワ女史(ワルワーラ・ディミトリーエヴナ・ブブノワ)も、日本に住み、早大でロシア文学の講師をしていたが、彼女はブブノワ女史に師事し、後にドイツのボン大学に移った。彼女が博士論文を仕上げたことが当時日本人では珍しかったので、ボンの新聞に写真入で掲載された。その頃私はロンドンで学会の帰途、夏休みの時期でもあり、ボンで彼女と会い、フランクフルトからウィーンを経由し、モスクワまで共に旅をした。1969年の夏であった。
  豊かな水をたたえて流れるライン河畔で、前年のチェコの“プラハの春”の事件をレポートするため、現地で臨時の特派員を依頼され、フォルクスワーゲンを運転して国境を越えたこと、また当時アフリカで起きていたビアフラの内戦の問題が欧州では大きく報道され関心が高いこと、一方日本ではベトナム戦争が問題になっていることなどを語り合った。その時彼女が手にしていたT.KAIKOのラベルのついたオリンパス・ペンD(当時最新の小型カメラ)は、少し前に開高氏と会った時、便利だからと置いていってくれたとのことだった。
 1970年、大阪で万博が開かれ、彼女は仕事で来日した。電話で合う約束をしていたが、その日が来ない中に交通事故に会った。即死だった。まもなく文芸春秋に開高氏の追悼文が載った。
 「夏の闇」の中の女性は、勿論フィクションや創作が加わって別人ではあるものの、彼女の小さなクセや、好みの特徴が書かれていて懐かしかった。モスクワのレストランで飲み残したグルジアのワインをホテルに持帰り、夜が更けるまで平和への希求を語り合ったあの時から40年が過ぎてしまったのに、戦争は各地で起こっていて、平和への道のりはまだ遠い。

○まるで沸かす途中の湯を混ぜたように、予測不可に寒暖入り乱れる季節となった。逸る気持ちに薄着をして失敗をし、朝夕寒い思いをすることもあるが、それにしても日差しはすっかり春。厳しい冬を越え、行ったり来たりしながらも日に日に暖かくなるのが嬉しく、胸躍る気分である。

○この季節、植物の精力には目を見張るものがあり、気がつけば明るい日差しにすくすくと新芽は広がり、色とりどりの花が咲き始めている。わが家の狭い庭にも忘れずに春は訪れてくれたようで、昨年秋に紅葉の美しさに惹かれて衝動買いをし、庭に置き去りにしていたブルーベリーの鉢植えにも小さな蕾が寄り添うように付いている。
 ブルーベリーは元来、北米に自生する植物で、原住民は古くからスープやシチューなど食生活に取り入れていたそうだ。わが国には1951年に導入され、東京農工大学・果樹学教授の岩垣駿夫先生が生産に関する研究を行い、多くの研究者や栽培家を育て発展させた。この業績を称え、岩垣先生は「ブルーベリーの父」と呼ばれているそうである。一方、こうした経済栽培とは別に、他の果樹よりも害虫がつきづらく、挿し木で簡単に増やすことが出来、気候にあわせて品種も選べ、秋には紅葉も……と良い事尽くめであることから、家庭栽培でも人気がある。私もぜひお試しを、とお薦めしたい。

○わが国の伝統的な色の名には、桃色、紅梅色、桜色、菜の花色、菫(すみれ)色など様々な春の花色が取り入れられている。花を愛でる心とともに、花色を思い浮かべることで繊細な色の違いを感じとれるように、とこれも先達が与えてくれた知恵であろうか。
 ブルーベリーの果実に含まれる“アントシアニン”は、抗酸化作用や視力改善効果があるといわれる。深い青紫を呈する菫の花色も実はアントシアニンだそうである。
 「菫程な 小さき人に生まれたし」(夏目漱石)
 可憐に咲く菫の姿、花色は清らかで、心の錆をも落としてしまうに違いない。

大森圭子

お探しのキーワードから過去の記事を検索できます

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索
  • ウェブ全体を検索