このページは、HOMEの中のバックナンバー 2009年(第55巻)の中の2月号「PHOTO&WRITING」「随筆」「編集後記」のページです。

バックナンバー2009年(第55巻)2009年バックナンバー一覧

2009年2月号(第55巻2号)

椿「天ガ下」

 2月、3月は、椿の花が咲く季節である。神代植物公園の奥のほうに椿を集めて植えてある区域があり、椿ファンにはたまらない別天地になっている。椿の原種とされる藪椿は、公園内のあちこちに植えてあり、それぞれ大木になっていて、見ごたえがある。幹には苔が生えている。墨絵に描かれるのも藪椿が多い。鎌倉に行っても、風雪に耐えてきた藪椿の古木が見られ、鎌倉の歴史を代弁しているかのように見える。
 一方、園芸種だろうと思うが、白と赤の混じった優雅な花の椿の一群がある。その代表的なのがこの絵の「天ガ下」であり、最初にこれを見つけたときは、天女が舞い下りてきたかと思うほどのあでやかさで、しかも品がよく、青く晴れ上がった早春の大空をバックに咲き誇っている花を見上げると、寿命が延びるような歓びを感じた。
 植物公園からの帰り道にある三鷹市農協植木市場に立ち寄ったところ、幸い同じ種類の椿を見出し、早速購って持ち帰り、自宅の庭の一等地に植え込んだ。雪見灯篭のすぐ傍である。植えてすぐから、毎年色とりどりの花を咲かせてくれる。墨絵にしても、結構評判がよい。
 忘れられない一枚の椿の日本画がある。京都に行って清水寺に詣でようと緩やかな上りの参道を歩いていたとき、一軒の古物商のショーウインドウにこれによく似た赤白まだらの椿の花を花瓶に挿した絵が目に付いた。とても床しい雰囲気の絵であった。

絵とエッセイ 藤本吉秀

大正15年(昭和元年)生まれ。昭和の年号がそのまま年齢になった。

<職歴:内分泌外科医>
もと東京女子医大内分泌外科教授。1987〜1989の2年間国際内分泌外科学会会長を務めた。
今は癌研有明病院、日本赤十字社医療センター、調布東山病院で甲状腺診療をしている。

<絵の略歴>
昭和59年、八丈島から贈られた黄色のシンピジウムがとても美しいので色紙に描いてから、季節の草花を色紙に描くのが趣味となった。平成10年、柏市で甲状腺外科検討会がひらかれた時、会場の近くの画廊で色紙の個展をした。
その後、松下黄沙(Group 82)について墨絵三昧。
2人展(平成14年)、12人展(平成16年)をはじめ、春、初夏、秋にそれぞれ各種グループ展に出展。

<運動>
ずっと以前のことになるが、学生時代、一高、東大を通してボートを漕ぎ、昭和24、25年8人で漕ぐエイトで連続全日本選手権制覇。

はじめの1年間は、「色紙に季節の草花を描く」をテーマにして出します。
次の1年間は、「墨画にのめりこんで」として、風景、植物、仏像など何でも取り上げて描きます。

医学の進歩に戸惑う

東京大学分子細胞生物学研究所 名誉教授 田中 信男

医学・生物学の基礎は生物の構造、機能、情報および病理・病因の研究にある。医学の基礎は人体の構造を知ることである。明治の初め、日本が中国医学を捨て、西洋医学に走った主な理由の1つは解剖学にあった。
  江戸時代中期以来行われた腑分けの結果、人体の構造は中国の医書に書かれたのは誤りで、西洋の医書が正しいことがわかったためである。私の学生時代(昭和19〜23年)の頃は組織学の研究が行われていたが、さらに組織化学、標識抗体法による免疫組織学などが続いた。昭和30年代になると研究の中心は光学顕微鏡から電子顕微鏡に移り、細胞の微細構造とその機能の研究が盛んになり、細胞生物学が始まった。さらに、細胞の構成成分の立体構造などの分子生物学の研究が行われた。東京大学の私の所属する研究所は昭和28年醗酵工学の研究所として発足し、応用微生物研究所と称していたが、約20年前、分子細胞研究所に改組し、癌、神経科学、核内受容体など、医学・生物学の研究機関になった。その結果、ミニ医科研などと陰口をたたかれたが、最近行われた東京大学本部の評価委員会では全学部・研究所を通じて最優秀の研究業蹟をあげているとの評価をもらっている。
  生体分子間の相互作用の結果生ずる高次の立体構造、プロテオーム、蛋白質と核酸との結合様式などを研究するシステム生物学の進歩などを見ていると、比較的構造の簡単なウイルスの人工的合成が遠くない将来に実現するのも夢ではないと思われる。1828年Wöhlerが尿素を合成して以来、いろいろな有機物の合成が行われ、それまで生体成分は生命力という不思議な力でつくられるという神話が覆えされたが、それ以来200年にして、今や生物そのものの人工的合成に一歩一歩近づいている気がしている。生物の人工的合成はいろいろなメリットがあるが、一方で空恐ろしい気持におそわれる。医学は疾病の予防・治療、食糧問題など人類の福祉に貢献しているが、他方、病原微生物が生物兵器になるなど負の一面もある。

○今年は暖冬ということで東京は比較的寒さをしのげる気候に恵まれたが、それでも思い出したように冷え込みの厳しい日も訪れる。折しもこんな日に親しい人との集いがあると顔を合わせた途端、「久しぶりに熱燗といきましょうか」と話は早い。

○燗酒のお酒は醸造酒に限られ、主に日本と中国で行われる他国から見れば一種独特な風習である。
“良いお酒は冷やで”という認識もあるが、冷たさで舌が麻痺するので本当のお酒の味は人肌でこそ分かるもの、という考え方もある。お酒によって“燗映え”といって温めてはじめて味が開くもの、その反対に“燗崩れ”といって温めて台無しになるもの、また生かすも殺すもお燗の仕方次第といったところで、何が一番良いとは一概には言えない。お燗の段階と大まかな温度は、日向燗(33℃前後)、人肌燗(37℃前後)、ぬる燗(40℃前後)、上燗(45℃前後)、熱燗(50℃前後)、飛び切り燗(55℃前後)に分けられる。一方、冷のほうは常温〜5℃前後までをいい、冷や(常温)、涼冷え(15度前後)、花冷え(10℃前後)、雪冷え(5℃前後)に分けられる。
「冷や」は故意的に冷やしたものという認識の方も少なくないと思うが、もとは常温というのが標準的な考えであったようだ。常温というのも気候や地域差を考えるとまた微妙である。

○「酒は燗、肴は気取(きどり)(刺身ともいう)、酌は髱」という言葉がある。気取とは木工用語で、丸太から無駄なく建築材を採材する「木取り」が語源であり、良い素材を無駄なく上手に調理をしたものの意である。髱(つと、たぼ)は元禄時代に流行った日本髪で、後頭部に張り出した髷(まげ)のことである。鶺鴒(せきれい)の尾に似ているものは鶺鴒髱といわれ、日本絵画の雅やかな美人像で目にされている方もあると思う。
 お酒はお燗、肴は刺身……さえあれば、お酌は髱でも髭でも手酌でも。

大森圭子

お探しのキーワードから過去の記事を検索できます